2018年3月30日 (金)

菜の花や・・・

菜の花や

Img_2294

月は東に

Img_2315

日は西に

Img_2318

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

冬の旅

先日上越に行った時、娘がバイトをしている間、時間つぶしに海岸沿いを歩いてみました。

以下解説なし。気の向くままにシャッターを押してみました。

Img_2148

Img_2154

Img_2155

Img_2158

Img_2160

Img_2161

こんな感じのスナップを昔はよく撮りました。当時と似せて、モノクロ硬調で粒子を荒らしてみました。まだこんな写真が撮れるんだー、と自分にオドロキ。知らない土地は若き日の感性を呼び起こしてくれます。

| | コメント (10)

2017年6月20日 (火)

夏至(前日)の夕日

明日は夏至です。本当は明日撮ればいいのでしょうが、明日は雨の様子。前倒しで今日撮ってみました。

新潟市青山海岸から

Img_5981

1年で最も北寄りに沈む夕日です。ちょっと雲が多くて隠れてしまうかと思いましたが、なんとか夕日っぽく撮れました。なんの変哲もないですが、まあ記録です。

夏至ってちょっとうれしい。なぜならこれからどんどん夜が長くなるから。今の日没は19時10分です。薄明終わりも21時5分。冬至の頃は18時には薄明が終わってるんですね。今ならまだ地平線はるか上に太陽があるのに。仕事帰りに1~2対象楽に撮れます。しかし今シミュレーションしてみたら、11月末から12月末までの1ヶ月、ほとんど日没時間が変わらないんですね。2月って気候的にはだいぶ寒いんですが、冬至の時よりもう1時間も日没が遅くなっています。晩秋から初冬が一番夜が長いです。私はその季節が大好き。夜が長いと落ち着きます。昼が一番長い時期にそんなへそ曲がりなことを書いてしまいました。

| | コメント (2)

2017年2月10日 (金)

the moon rose over an open field

第一級寒波が日本を襲っています。新潟はさぞかし凄い雪・・・と思うでしょうが今日はほぼ晴れ。とはいえ、高気圧のお天気ではなく、風が強すぎて雲が飛ばされて空いた青空という感じ。

Img_1229

向こうの広い野原に月が昇ってきました。五頭山方面は晴れている感じ。月夜の雪景色の星景でも撮りたかったですが、もう数時間晴れる保証もありません。行きませんでした。

明日はこちらも大荒れの予報。でも新潟市内って新潟県全般の天気予報が当てにならないんですよね。区が違っただけで全く雪の量が違いますし、職場のある西蒲区から中央区に行くまでの間に天気がころころ変わります。今現在は星が出ています。明日はどうでしょう。私の予報ではやっぱり新潟市内は降らないと踏んでいます。まあ、わかりませんけどね。

| | コメント (2)

2016年11月26日 (土)

逃げんなよ

今日はつかの間の晴れでした。ただし昼間限定。冬前にと思って車のワックスがけをしました。ボディにはたくさんの雪迎えの蜘蛛がたくさん止まっています。2年前にこれの大量発生で田んぼが蜘蛛の糸で海原のようになりましたが、今日もそんな光景が見れるかもと散歩がてら行ってみました。しかし全然なし。やっぱり滅多に見られない現象なんでしょうか。

代わりに白鳥の群れがいました。このあたりではどこにでもいて珍しくもなんともありませんが、他の県にはこんなでかい鳥が生活圏にいるなんて考えられないらしく、初めて見た人はすごくびっくりするそうですね。

近づいてみました。気づかれたようです。

Img_1159

全員首を持ち上げて警戒しています。鳴き声も激しくなってきました。

Img_1160

さらに近づきます。とうとうパニクって飛び立つものが出てきました。

Img_1161

全員大慌てで飛び去ります。

Img_1162

クワックワッとけたたましい鳴き声を上げながら次の餌場を探しに行きました。なんにもしないのに、逃げなくていいじゃん。

Img_1163

彼らは人を警戒します。車だと結構近づいても平気らしく、10mくらいまでは逃げません。最近は交通量の多い国道のすぐ脇でも平気で餌をついばんでいます。でも車の窓を開けて顔を出すととたんに警戒します。人の顔は認識できるみたいです。瓢湖とか観光地だと近くで平気で餌をねだったりするのになぜなんでしょうね。

| | コメント (2)

2016年11月 5日 (土)

天気急変

昨夜は夜半すぎから晴れたようですね。朝から快晴でした。それを見越して遠征したかったですが、今日は娘の大学の文化祭で上越まで行かなければならない。どうも生活パターンと晴れパターンが一致しません。

日没まで雲一つない秋晴れでした。透明度はいまいちでしたが、夜まで持てばちょっと撮影したいと、帰って一休みしたら出かけようと思っていました。しかし、家に着くちょっと前、19時頃からあっという間に雲が襲ってきて、1時間後には雨まで。天気予報通りでしたが急変過ぎます。

17時頃はまだ晴れていました。弥彦大鳥居と月です。

Img_1027

せっかく脇を通ったので弥彦公園へ紅葉ライトアップを見に行きました。

Img_1035

盛りにはちょっと早いようですが、たくさんの人。菊まつりから流れてきたのでしょうか。駐車場は結構混んでいました。昼間はどんなにかすごかったのでしょう。でも夜だったからか、駐車場料金は取られなくてラッキーでした。

Img_1041

夜桜ならぬ夜紅葉(よもみじ?)でしょうか。あんまり紅葉のライトアップは美しくない気がします。なぜか考えてみました。桜は花自身が白っぽいので夜の闇に浮かび上がってきれいですが、赤い紅葉は闇に溶け込んで鮮やかさに欠けるからなのではないでしょうか。それと桜は反射光で見て、紅葉は透過光で見て美しい、というのも関係しているのではないかと思います。まあ、持論ですが。

晴れないし、月も大きくなってきたし、星はしばらくだめですね。おとなしくしています。

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

7月の満月

7月といえば七夕を連想。月は普通秋を思い浮かべます。でもしっかりと月に一度はまん丸いものが登ってきます。車でバイパスを走っていたらちょうど管名岳と五頭山の間の谷あいから満月が登ってくるのが見えました。初めて見る、なんとも幻想的な光景でこれは写真を撮らねばと、バイパスを降りたのですが、こういうのってチャンスは秒単位で変化しますね。あっという間に雲に隠れ、出てきたときはだいぶ登ってしまったあとでした。

Img_3206

まあ、でもこれはこれで黄昏らしい美しい光景です。左下のV字の谷あいから登ってきたのですが、年に何回もあることでないので惜しかったです。

こちらはなかなか梅雨が明けないですね。太平洋高気圧が張り出さないと撮影日和になりません。早く夏物を撮りたくてうずうずしています。

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

遅ればせながら

今日は旧横越村に仕事が。五頭に近いし、終わったらホタル撮影地の下見に行こう、と思いながら仕事していました。ところが思ったより時間がかかってしまい、終わったのが18時半。これじゃ下見ではなくいきなり本番です。とりあえず五頭山麓をさまよってみました。サントピアワールド裏に目星を付けていたのですが、あんなうら寂しいところにも結構民家が。水田も少なく19時半頃暗くなってもホタルは1匹も見ることはできませんでした。昔見たような記憶がある、五頭から水原に抜ける県道脇の駐車場でちょっと車を駐めてみました。数匹光っています。おお、ここはいるなあ、と思い少し場所を移動したらいるいる。乱舞とはいきませんが結構な数が飛んでいます。後ろが林なので高く飛ぶのもいます。

201606131

あまり条件がよくない日だと思いますが、それでも2分くらいでこれだけ写ります。脇を結構車が通るのが難点ですが、この川沿いを探せばいいポイントがありそうです。

ちょっと妖しげな雰囲気

201606132

カメラを構えたらなかなか飛んでくれません。早々と20時30分頃にはもうあまり飛ばなくなりました。アクセスのいい場所ですが、かなりの良ポイントと見ました。

今年はこんな感じで人里に近いホタルを撮ってみたいです。このあたりはそういう意味ではなかなかいい場所です。しばらく通ってみたいと思います。

| | コメント (6)

2016年5月14日 (土)

有名撮影地に

よく晴れた12日の夕方、この時期だけ写せる夕日のきれいなポイントに行ってみました。故A氏が撮影した西蒲区鎧潟の夕日。なんと、すでに数人のカメラマンがいるではありませんか。去年発見したのですが、ここに人がいるのは初めて見ました。私が知らなかっただけですでに有名撮影地だったのかもしれません。

Img_0657

もしかしたらここも超有名撮影地になりそうな予感。新潟県はここ以外に松代町の星峠の棚田とか、枝折峠の滝雲とかがあります。私は行ったことがありませんが、すごいカメラの砲列らしいですね。人が多く集まり過ぎるとマナーの問題が出てきます。そしてそのうち立ち入り禁止・・・そんなことにならなければいいのですが。

| | コメント (8)

2015年11月 5日 (木)

柿の木紹介

柿の木星景に使った柿の木を昼間撮ったので紹介します。

Img_0183_r

東北を向いています。枝振りは一番好きなのですが、根元の木がちょっとじゃまです。勝手に切ったらマナーの悪い撮り鉄と同じになってしまいます。ちなみに空には地球影とビーナスのベルト。

Img_0186_r

これが一番一本柿らしいです。周りに雑多なものがありませんのできれいに構図を決められます。でも後ろの住宅地が結構明るい。道路を走る車はそんなに邪魔ではありませんが時々こっちに向かってハイビームがあたることがあります。少しアングルを変えるといいかもしれません。葉っぱが落ちきったときも見てみたいです。

Img_0184_r

これはちょっと離れたところにあります。アクセスがやや悪くこれでは撮影しませんでした。枝振りもちょっと異様で美しくないです。でも角度によってはいいかもしれないので次の機会に撮ってみたいと思います。

ここは福島潟東岸の月岡に向かう途中の畑のなかです。福島潟のほうを見ながら走って行くと見つかると思います。晩秋、晴天の夜、お近くを通りかかった際はぜひお立ち寄りください。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧