2017年7月26日 (水)

リモート撮影

今日はよく晴れました。でも梅雨明けではないようです。今朝までは日曜日まで晴れマークだったのですが、再び週末雨マークに。予報は半日毎にころころ変わります。

本当は遠征したかったですが、予定していなかったので急遽物星台でガイド撮影のテストをやってみました。長焦点は無理そうなので300mmクラスのminiBorg 60EDで行いました。それとちょっと試してみたくてリモート撮影をしてみました。

Remote2

撮影用パソコンは物星台に置き、無線LAN経由で家のデスクトップパソコンから操作しています。ステラナビゲータで導入、PHD Guiging2でオートガイド、EOS Utilityでカメラコントロールしました。構図の微調整は実際に外でやる必要がありますが、中望遠程度ならおおざっぱでよければ家の中からできそうです。なかなか面白い。寒い冬の撮影に威力を発揮しそうです。

1枚のみでごく簡単に画像処理してみました。

Img_0004

最大の難点は光害地であること。それに天頂付近以外は家やら電線に囲まれて使えないこと。電線は月や惑星ならまあいいのですが、直焦点ガイド撮影だとだめです。アンドロメダは撮れますが、オリオンは難しいかもしれません。今日は比較的透明度がいい日でしたが、0時くらいに天頂を流れる天の川がかすかに見えた程度です。まあ、当然淡い対象は無理ですが、今日買ってきたビーチベッドに寝転んで見上げる星空は最高です。居ながらにして撮影できるのっていいですね。楽しもうと思います。

| | コメント (2)

2017年7月25日 (火)

女房に感謝

物星台で時々眺めています。これは先週ちょっと晴れ間があった日です。HD800で土星を眺めていました。

Img_1735

この日気がついたのですが、隣の家の前の街灯がいつの間にか蛍光灯からLEDになっています。前はこんなで、ちょうど電柱に隠れて直接光が照らすことはなかったのですが、今日はこっちを向いています。この一ヶ月の間に交換されたんですね。う~ん迷惑。まあ仕方ないなあ、と我慢していたのですが、昨日女房が気づいて「アンタ、あの灯り邪魔じゃないの」と聞いてきました。「うん・・・でも仕方ないよね」と答えたところ「私が直させてあげる」と、すぐに町内会長に掛け合ってくれました。こういうときの女房の行動力には頭が下がります。私は気が小さいのでだめです。住民エゴだと思われないかと心配でしたが、町内会長、電気屋さん共々快く引き受けていただき、今日すぐに来てもらって角度を変えてくれました。女房が物星台の上から指示を出して調整したらしいです。

Img_1745

見事に隠れました。暗くなりました。支線に反射するのは問題ないレベルでしょう。ちょうどω星団のほうですが、なんとか避けてみます。

いつも星見に行くときはあまり快く送り出してくれないのですが、こういうことがあるとこの趣味のこと、どう思っているのかわからなくなることがあります。女心は謎です。ともかく女房には感謝感謝です。足を向けて寝ないようにします。数日は。

| | コメント (8)

2017年7月 9日 (日)

望遠鏡を載せてみる

8日はよく晴れたので物星台にHD800を載せてみました。

Img_1674

こんな感じですね。月に向けています。ご覧の通り、電線や電柱を避けて観望することになります。ちょうど電柱が子午線なので、西側の対象しか観望できません。天頂付近は比較的いいのですが。まあ、自宅観望の宿命でしょう。

月を撮ってみました。

201707081

HD800、2000mmでEOS 60D、4枚モザイクです。夏の下弦の月は天頂近くを通ります。シーイングもいい時期です。あらかじめセットしておいてから寝て、明け方起きてすぐ撮影できるのってすごくいいですね。

土星も撮ってみました。

201707084

小さい方はQHY5L-Ⅱ直焦点、大きい方はボーグの2.2倍エクステンダーを付けてあります。こっちのほうはよくありません。レンズが悪いのか、ピントが甘いのか、かなりぼけています。ボーグのエクステンダーは写真にもいいと言われていますが、どうもうまくないです。星まつりでいいバローレンズを探してみたいと思います。ちなみに色が付いていますが、EOS 60Dで撮ったカラーでなんちゃってLRGB合成しました。

満月が過ぎました。物星台もいいですが、やっぱり新月期は遠征したいです。

| | コメント (2)

2017年7月 7日 (金)

7月7日のファーストライト

今日は7月7日、七夕です。普通梅雨の真っ最中で、例年あまり晴れることはありませんが、今年は珍しく快晴。しかしほぼ満月近い月があります。天の川は望めませんが、織り姫星と彦星は見えます。ようやく物星台でファーストライトです。

Img_1668

ベガはほぼ天頂付近、こうしてみるとあまり視界はよろしくないことがわかると思います。でも大三角形は障害物に遮られないですべて見えるのでよしとしなければならないかもしれません。右側は月の明かりです。あの電柱にLED街灯があるのですが、あんまり影響していないのかもしれません。

12~13分くらい流してみました。

Img_1670

最後でぶれているのはシャッター切るときに動いてしまったからです。途中脇を電車が走りましたが、影響はないようです。しかし月が明るいのですが、結構写るものですね。新月期で透明度がいい真夜中ならわりと行けるかもしれません。

明日天気がいいなら赤道儀を据えてみようと思います。木星と土星がどれくらい見えるか、楽しみです。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

出かけられないので

日曜日はよく晴れました。透明度もいいし、東方最大離角を迎えた水星を撮るには絶好の日です。しかし、休日は出かけないという家族との約束なのでそこはきっちり家庭の平和のために守ります。しかしやっぱり何か撮りたい。風呂上がり、夕ご飯までの間ちょっと2階の窓から眺めてみました。お向かいの屋根の上に見えます。

201704021

まだマイナス等級ですので結構明るいです。

夕ご飯に呼ばれるまでの間、撮り続けてみました。

201704022

10分くらいで屋根に隠れてしまいました。

4日夕方晴れマークがあります。まだ明るくて高度もそこそこなので写真に撮りやすそうです。週末から来週にかけてだと撮れれば細い姿で素晴らしそうですが、暗くて低いのでむずかしいでしょう。お天気も悪そうだし。4~5日が勝負です。

| | コメント (2)

2017年3月12日 (日)

ビッグスワンと満月

我が家からは年に二度ビッグスワンと満月が一緒に撮れる日があります。以前どのように見えるかシミュレーションした記事を載せたことがあります。あれから3年、ようやくそれが実現する日が来ました。

Img_5066

ちょっとずれていますが、一応200mmレンズで同一視野に入っています。これを撮るのが困難なのは、3月か10月の満月の日が休日で、低空に雲がないことが条件だからです。今日はあまり考えていませんでしたが、夕方、そういえば満月だったことに気がつき、月が出る前から待ち構えていました。山から昇ったばかりの月は幽霊のようでぼんやりとしか見えませんでしたが、1~2分で赤みを帯びてはっきり見えてきました。まだ薄明の明るさが残るなかでいい感じで撮れたと思います。ビッグスワンの真上に昇るのも撮りたいですが、これは本当に難しそうです。何年に一回しかない上に、晴天でなければならない、欲を言えば休日、というのは私の残り人生のなかでありそうにないです。

満月も過ぎたし、いよいよ春物撮影シーズンですね。だんだん天気予報にも晴れマークが増えてきました。ようやく冬とさよならです。

| | コメント (4)

2017年2月16日 (木)

頑張らない星見

昨日あたりから予報が好天に転じてきました。晴れそうです。平日ですが、なにか撮りたい。バッテリーを充電せねば、と思ったところにこんなものが届きました。

ディープサイクルバッテリー

Img_0308

噂に違わず超重い。これだけでカラーレーザープリンタくらいの重さがあります。密度がすごい。さて、どうやって箱から出せばいいのだ、としばし悩んでしまいました。脇を持って持ち上げるのは不可能。逆さまにはできないし、箱を解体するしかないのか・・・付属の持ち手付きの紐をなんとか掛けてようやく取り出すことができました。しかし、結局またもとに箱に戻しました。若干でも保温になりそうなのでいいかなと。

充電器も新しく買いました。

Img_0309

同じメーカーでないですが、ネットによると販売元が違うだけで中身は同じとのこと。こちらがポイントが溜まっているヨドバシで扱っていたのでこれにしただけです。まあ、そんなことはどうでもいいのですが。

これもファーストライトというのか、早速これを引っさげて撮影に出かけました。平日ですし、山は積雪で設営が大変そうなので、職場に近い赤塚の畑です。女房もなぜか最近私が夜出かけるのを心配しているし、このブログのキャッチフレーズのように無理して頑張らないことにしました。

意外と暗いです。冬なのでいつも明るいゴルフ場や運動公園が休んでいるためのようです。子午線から西に限ればセカンド撮影地の、五泉の蛭野よりも暗いかもしれません。さすがに重量級バッテリーです。安定して動いています。これで電源問題は解決のようです。明日は仕事ですし、無理せず22時頃やめました。1対象しか撮れませんでしたがまあ、満足です。これは週末にでもゆっくり処理します。

Img_1235

| | コメント (8)

2016年11月14日 (月)

68年ぶり?

今日は超スーパームーンだそうです。それも68年ぶりとか。なんか毎回いろいろなキャッチフレーズで、今回は最高!とか謳っていて、まるでボジョレーヌーボーの宣伝文句みたいですが、ちょっと醒めた目で、違いなんてわかるわけないじゃん、とかへそ曲がりなことを思ってしまいます。

その、前回最大だったとかいう1948年をステラナビゲータでシミュレーションしてみました。ついでに68年間すべての満月をアニメーションにしてみました。

ちょっと止めるタイミングを誤り、止まったところのほんのちょっと前が今日の月です。確かに一番大きいかもですが、よく見なければどれが最大かなんてわからないですね。見慣れている星屋の我々でも、いつもとの違いがわかる人なんてほとんどいないと思います。なんでもこの月を見るためだけのフライトまで企画されたそうな。天文現象もビジネスに利用されつつあるのですね。でもまあ、たまにお祭り気分で空を見上げる人が増えるのも悪くはないと思います。ただ、正しい知識で見て欲しい、と願うのは老星屋の余計なお節介でしょうか。

| | コメント (4)

2016年9月27日 (火)

佐渡に夕日が沈まないマップ

またまた自分の興味でこんな地図を作って見ました。

佐渡に夕日が沈まないマップ

Niigata_yuuhi

なぜこんなものを作ったかというと、グリーンフラッシュを見るためには夕日が海に沈むところがいい。しかし新潟は佐渡があるために季節によってその場所が変わります。その場所が一目でわかったらいいと思ったからです。

ステラナビゲータで毎月5日と20日の日没の方角を調べます。フォトショップの定規を使って佐渡の端っこからその角度の接線を引いて、本土と交わったところで見る夕日が佐渡と海の境界に沈みます。まあ、大体ですが、大まかな目安でいいでしょう。赤い●の南側、青い●の北側だと海に沈みます。混み合ってわかりずらいので青い●のほうは毎月20日だけにしました。10月~2月は遥か県北になるので記入していません。

ようやく私の近くで海に沈む夕日を見ることができるようになりました。それまでは結構な距離を移動していました。しかしグリーンフラッシュシーズンって夏ですよね。せっかく作りましたが来年の夏まで使い道がないかもしれません。

| | コメント (6)

2016年9月21日 (水)

新たな熊よけアイテム

このところさっぱり晴れません。満月以降雨続きです。この週末からいくぶん晴れ間も戻ってきそうですが、どうでしょうね。

秋は熊も冬眠に備えて活動が活発になることが予想されます。今まで星見で熊を目撃したという話しは聞いたことがありませんが、用心に超したことはありません。最近は熊鈴とかラジオは熊も慣れてしまってあまり効果がないとの話しも聞きます。先日本屋さんで、熊に会ったらどうするか、みたいな本を立ち読みしていたら興味深い熊よけ方法が載っていました。

Img_0236

ペットボトルをペコペコするんだそうです。この音はまだ熊も聞き慣れていないため、結構効果があるのだとか。確かに大きな破裂音がしますので、熊はビビるかもしれません。タダ同然で手に入る物ですし、使い方も簡単。時々ペコペコやれば寄ってこないかもしれないですね。早速遠征用持ち物の中に入れました。

秋~冬物は撮りたい対象がたくさんあります。新潟の撮影シーズンもあとわずか。たくさん晴れるといいですね。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧