2017年11月13日 (月)

ほぼ初めての月

長い天文人生、下弦より細い月は写真に撮った記憶がありません。夜中にトイレに立った時以外、見たことも滅多にありません。なにせ朝が弱いので明け方に起きて写真撮ろうとか、よほどのイベントものでない限りありません。しかし、せっかく物星台ができたことですし、望遠鏡は寝る前にセットしておけば起きてすぐ撮影できます。13日明け方は晴れそうな予報。赤道儀をセットして寝ました。23時はまだ雲に覆われていましたが4時に起きると快晴。

見た感じはこんな風です。

201711131

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、EOS 60D

東の空にこんな形の月ってすごく新鮮に見えます。

201711132

レデューサーを外して2000mmでも撮ってみました。

この前日はレグルスの食だったんですね。撮ろうと思って家の窓からボーグで構えていたんですが、1時になっても晴れなかったので寝てしまいました。ちょっとだけでも記念に撮りたかったです。

なお、ちなみに物星台から見る西側はこんな感じ。

201711133

もう電線のジャングルみたいです。こっち方面の撮影は厳しい。しかし視野角の狭い直焦点撮影なら電線に引っ掛かったコマだけ除外すればなんとかなるような気もします。一度試してみたいですが、なかなかチャンスがありません。

今日は夕方18時頃まで一面の雲でしたが、20時にはほぼ快晴になっていました。わかっていれば1時間でもいいのでちょっとテスト撮影したいことがあったのですが、こういうゲリラ的な晴れ間には心の準備ができません。

| | コメント (2)

2017年10月27日 (金)

失敗作でしたが

昨日の中途半端に終わった遠征の結果をちょっといじってみました。2枚モザイクのはずが1枚目の途中で雲に襲われ断念してしまいましたが、なんとか鑑賞に堪えるものができないかと、いろいろ試行錯誤してみました。こんなものができあがりました。

201710262

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-17℃)、ISO1600、8分×3枚+2分×4枚+20秒×4枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6、SI7で画像処理、トリミング

左右と2枚撮って横構図のM31にしようと思ったのですが、右の最後の1枚を撮っているときに雲に覆われてしまいました。久しぶりの遠征だったし無駄にするのも勿体ないのでこんな構図にしてしまいました。1部拡大だけでも大型銀河なら結構見栄えしますね。お決まり構図だけだとつまらないのでこういうのもいいかな、と思いました。

もうひとつ、ポタ赤で放置プレイで撮っていたものはダメ。ノーマル60DでISO3200はノイズまみれでとても見せられません。こちらは永久ボツです。

今日は期待を持たせながらもとうとう晴れませんでした。最近、予報のお日様マークは当てにならないです。

| | コメント (8)

2017年10月14日 (土)

昼の月

今日の午後1時頃でしょうか。西の空低く下弦をちょっと過ぎた月が見えました。昼の月って午前中に見ることが多いですが、午後に沈みかけたのを見ることは滅多にありません。太陽は高くて、月は低く、なかなか見えにくいというものあるのでしょうか、仕事で空を見ている余裕がない、というのもあるかもしれません。

20171014

夜は明るく輝いて撮影の邪魔をしてくれますが、昼はぼんやりとしてちょっと寂しそうです。

昨日こいつが出る前にちょっと撮影しました。

20171013

miniBorg 45ED+0.85倍レデューサー(255mm)、3分×7枚、Astro 60D(約-15℃)、ISO3200、CG-4オートガイド

レンズの露付きに見えますが付いていませんでした。雲で滲んだようです。30枚くらいの予定でしたが、雲に出たり入ったり、最後はほぼ雲に覆われたので中止しました。ガイドはわずかにミスがありますが、概ね点像です。しかしこれの前に撮った対象は半分以上が大きく流れていました。ガイドはあまり暴れていませんでしたから、どこかが緩かったのだと思います。どうもボーグパーツの締め方が緩かったようです。他もちょっと触ると動くような柔な架台ですから、慎重に扱わなければならないようです。このクラスにEQ6PROを持ち出すつもりはないのでもう少し工夫してみます。

| | コメント (2)

2017年10月 9日 (月)

あと1個

8日はほぼ快晴。久々の天文晴れです。しかし満月過ぎの月とあってはどうにもなりません。おまけに休日。なぜ満月期の休日に定めて晴れてくれるんでしょうか。まあでもこんな日でも撮れる対象はあります。かねてから撮りたかった海王星を撮影してみました。ちょうど衝を過ぎたばかり、いい位置にいます。あらかじめステラナビゲータで星図をプリントアウトして、ファインダーの視野円も書き込んで探しやすいように準備しました。結構簡単に見つかりました。確かに恒星とは違うと一目でわかります。人生初めての眼視と撮影をすることができました。

Planets1007

今まで撮った惑星と並べました。同じ光学系です。天王星もこの日撮ったものと入れ替えました。

残るは水星。今年の春にチャンスがあったのですが、とうとう逃してしまいました。確か一度撮影した覚えがありますが、あまりに低空で写真にならなかったのでボツにした気がします。次に西空に顔を出すのを待ちます。しかし明日からはまたしばらく晴れマークがありません。満月を過ぎると天気が悪くなるという法則は保たれています。

| | コメント (4)

2017年9月27日 (水)

NGC7331

25日に撮りました。いいタイトルが思いつかないのでストレートに。前日がHD800のレデューサ付きでしたので、この日はレデューサなしでガイドできるかを試してみました。適当な対象を探してみましたが、ちょっと小さめで比較的明るい銀河、かつ天頂付近にあるもので探したらこれしかありませんでした。

20170925

Celestron Edge HD800 20cm(2000mm)、Astro 60D(約-10℃)、ISO3200、5分×12枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStackerでフラット、SI8でコンポジット、Photoshop CS6で画像処理

やっぱり光害地だとこれ以上腕を出すのは難しいかも。無理して持ち上げてみたら見るに堪えなくなりました。それに今回はCMOSのゴミが多くて悩まされました。ちゃんと清掃しなければなりません。オフアキは比較的うまくいきます。16枚撮りましたが、4枚はガイドミス。たぶん近くを列車が通った時だと思います。結構揺れます。それ以外はほぼ点。対象を中心に持ってくるとガイド星が見つからないので構図が外れてしまいました。しかしこの対象、撮るのは初めてです。北はこっちが上でいいのでしょうか。下側の視野の外れに有名なステファンの五つ子があるんですね。いつかはそれをまじめに撮ってみたいです。暗いところで撮るのが一番ですが、そこそこ楽しめます。

| | コメント (10)

2017年9月25日 (月)

ISSを見る

今日もいい天気。遠征すれば短時間ですが行けないことはなかったのですが、今日は早々に帰宅しました。物星台からISSを見るため。飛行機好きの女房にISSを見せてあげたかった。まあ、時間は正確にわかるので、時間と方角だけ教えて勝手に見させても良かったのですが、初めて見るのでちょっと解説してあげようと遠征は止めて帰ってきました。予想の5分前から待ち構えます。こういう緊張感っていいですよね。向かいの家から明らかに飛行機と違う光が近づいてきました。天頂に近づくにつれ、だんだん明るくなっていきます。東の空にさしかかると地球の影に入り見えなくなりました。

Img_2016

女房は反応薄かったみたいですね。やっぱり飛行機のほうが夢が広がるみたいです。しかし、物星台から見る南から西はこんな感じ。電柱と電線が邪魔。これをいかに避けて撮影るかに頭を悩ませています。

前日日曜日に撮影したものです。NGC281

2017092412

Celestron Edge HD800 20cm+0.7倍レデューサー(1400mm)、Astro 60D(約-10℃)、ISO1600、5分×16枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStackerでフラット、SI8でコンポジット、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

やっぱり光害地なのでカブリが酷いです。フラットもかなりインチキしています。久しぶりなので画像処理が面倒になっています。まあ、元画像もあまりやる気出ないのでこんなものかもしれません。やっぱり気合いを入れて処理する画を作るには遠征しないとだめですね。

| | コメント (2)

2017年9月10日 (日)

週末は物星台で

この週末は晴れる予報でした。でも満月過ぎたばかりの月があるし、遠征してもしょうがありません。そんなときは家の物星台で見られるものを見てます。

M57です。

201709091

惑星状星雲は月明かりや光害の影響あまり受けずにそこそこ写ります。

HD800 直焦点、Astro 60D(温度不明)、ISO3200、1×21枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ

とはいえ、ピンぼけです。それでも過去の写真よりはずっとよく撮れています。やっぱり大口径長焦点の威力ですね。

キャッツアイ星雲

201709092

HD800 直焦点、Astro 60D(温度不明)、ISO1600、30秒×32枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ

明るすぎます。1分では露出オーバー。でもちっちゃい。木星よりも小さい。これはピクセル等倍です。まさに惑星状星雲。月明かりや光害は全く関係ない、と言う感じ。短時間露光で写るので、不安定な物星台から撮るには絶好の対象です。これらはリモート撮影で家の中からコントロールしています。真ん中に導入するコツもつかんだので。ピントと回転以外は外にいく必要がありません。でも導入で子午線越えて反転するとケーブルが絡む心配があるので、その時は見に行かなければなりません。

夜半すぎには隣の家の屋根から月が昇ってきます。

201709093

予報に反し、薄雲が多かったです。まあ、それでもこれくらい楽しめるのですから物星台作って良かったです。しかし、晴れとはいっても毎回雲混じり。どうにも完全快晴という日がありません。今週末も晴れる予報で、月もなくなるので久々に遠征したいですがどうなることでしょう。今年は本当にだめです。

| | コメント (6)

2017年8月27日 (日)

夏が終わる

例年ならこの週末は胎内星まつりでした。月の具合もいいし、何週間かぶりにそこそこの晴れ。この日だったら結構盛り上がったでしょうね。せっかくの晴れなので遠征したい。しかしちょうと家族で夏のお別れBBQ大会があるので出かけられません。それでも終わった後にでも何か撮ろうとEQ6PROを持ってきました。しかし飲み過ぎてしまい、0時過ぎに設営しようと思いましたが、睡魔に勝てず諦めて寝てしまいました。

翌日は快晴。今日はいけるかな、とまだ太陽があるうちに設定始めました。日が沈んだころにまず月を。

20170827

HD800+0.7倍レデューサー、EOS 60D

薄雲が出ては消えての繰り返しでなかなか撮影の決断がつきません。直焦点撮影は準備に結構手間がかかるし、明日は早起きしなければならないので21:30、結局撮影は諦めました。明日からはお天気が悪くなるし、満月期になるし、またしばらくお休みです。天気も中途半端だし、タイミングも悪いし、今年は本当についていません。私の夏は終わりです。次の撮影期は秋物ですね。その頃はこの異常な天気も終わっていてくれないでしょうか。

| | コメント (2)

2017年7月31日 (月)

ファーストライトはいまいち

星まつりの戦利品、カラーカメラQHY5P-Ⅱを早速ファーストライトしました。

201707311

いまいちです。シーイングは大変悪かったです。川底を見ている感じ。薄雲もかかっていてコントラストも悪い。ピントすら合っているかどうか。カラーバランスも調整方法がよくわかりません。本当なら載せたくないですが、ファーストライトなので記録として。

201707312

土星も同じく。木星も撮りましたが、もっと酷いのでさすがにボツにしました。カラーは調整が難しいです。まあ、初めてなので手探りですからそこはご容赦ください。木星を撮りたかったので今日は郊外から撮りましたが、次は物星台からじっくり撮ってみたいです。せっかく買ったんですから満足いく写真が撮れるまでちょっと頑張ってみます。

| | コメント (8)

2017年7月27日 (木)

案外いけるかも

物星台での直焦点&リモート撮影のファーストライトです。

201707261

mini Borg 60ED×0.85レデューサー(約298mm)、Astro 60D(温度不明)、ISO1600、3分×4枚、CG-4オートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、Rstackerでフラット、Photoshop CS6

光害地にしてはよく撮れたと思います。ここまで写るとは思いませんでした。ガイドもほぼ大丈夫。比較的焦点距離が短いのでステラナビゲータでほぼ思ったところに導入できました。

201707262

mini Borg 60ED×0.85レデューサー(約298mm)、Astro 60D(温度不明)、ISO1600、3分×3枚、CG-4オートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、Rstackerでフラット、Photoshop CS6、若干トリミング

物星台の上ではちょっと歩くだけでも振動します。ですのでリモート撮影はかなり有効です。電車が脇を通りましたが、あんまりぶれていません。300mm程度なら大丈夫のようです。ともかく撮影は生活光の少なくなる22時過ぎが狙い目です。天頂付近なら割と良さそうです。直焦点撮影ができれば物星台の活用もぐんと増えます。時間気にしなくていいんで露光を仕掛けて寝てしまってもいいわけですから時間に縛られなくてすむというのは大変助かります。今度はEQ6PROとHD800で試してみたいです。

さて、明日から胎内星まつりです。私は土曜日に行ってテント泊します。去年と同じここにいます(場所を取られていなければ)。黄色と緑のタープはtantanさんです。それを目印にどうぞ。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧