2020年5月26日 (火)

M63

23日に撮りました。M63、ひまわり銀河です。

202005232

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-10℃)、SharpCap、GAIN139、450秒×12枚、 EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

撮る対象を悩みましたが、シーイングが良かったので複雑な構造のこの対象にしました。細かな構造まで写ったと思います。ただやっぱり12枚じゃ足りません。この倍以上は欲しいです。

今回思い切ってGAINを下げてユニティゲインの139で撮ってみました。撮って出しではこんな感じ。

New4

今までならこれは全く露出が足りないものだと思い込んでいました。しかしこれでもレベルを切り詰めればかなり淡いところまで出てきます。当然ノイズも増えますが、そこで多数枚コンポジットの必要が出てきます。じゃ、ノイズは増えるのを承知でゲインを上げて,その分露出は下げて多数枚コンポジットすれば同じ結果になるのではと、今まではそういう撮り方をしてきました。でもそれだと銀河の中心部が飛んでしまうし、星も飽和してしまっていました。ゲインを上げるって、センサーが受けた信号をただ何倍かして出力しているだけで、画像処理のほうで強調するのと変わりがないのだと思います。ここでやっとバイアスが必要な理由もなんとなくわかってきた気がします。今までダメ画像ばかり量産してきましたが、もうちょっとましになるかもしれません。それにつけても長時間撮影ができる環境が欲しいです。せめて2日くらい連続して晴れてくれればまともな1枚が出来そうな気がするのですが、新潟は難しいです。

| | コメント (2)

2020年5月24日 (日)

内合11日前

まもなく内合になる金星を撮ってみました。

20200524

HD800+Powermate2.5x+ASI290MC、SharpCap、AutoStakkert(約3000枚を5%スタック)、ステライメージ、Photoshop。ピクセル等倍です。前に撮った金星も同じなので大きさの比較になると思います。天頂を上にしてあります。内惑星は撮影時の天頂を上にすることにしています。

昼間です。ちょうど正午あたり。太陽との離角は16度くらいあってまだ日没後でも写せますが、天頂付近でシーイングの影響が少ない真っ昼間です。導入は結構難しいと思い、ゆうべのうちに赤道儀を設置しておいて、アライメントなしに導入即金星が真ん中にくるようにセットしておきました。しかし真ん中にはきません。でもいちおう眼視での視野内に入りましたのでなんとか導入できました。ファインダーでも見つけられませんでしたから外れたらかなり難しかったと思います。ピントもあらかじめ合わせておきました。コントラストがとても低いのでピントが合っていなかったらまず導入は不可能だと思います。前日が晴れで、当日が休日だから撮れるのであって、もう内合までは撮ることはできないと思います。運良く次の日曜日チャンスがあったとしても太陽との離角は6度。前回の内合の時と同じです。前回は非常に苦労してなんとか撮れましたがもう無理でしょう。

ちなみにこんな環境での撮影です。

Img_1180

我が家の物星台は昼間は本来の物干し台になります。狭いですが、周りの目から遮ってくれますし、囲まれ感があってちょっと落ち着きます。ただ、あそこまでたどり着くのに洗濯物をかきわけ、匍匐前進で行かなければならないのが難点です。

| | コメント (2)

2020年5月16日 (土)

M94

14日の晴れた夜、撮ったものはこれでした。りょうけん座の銀河、M94

202005142_20200517011001

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、L(GAIN200 450秒×12枚)、R(GAIN400 300秒×4枚)G(GAIN400 300秒×4枚)B(GAIN400 300秒×2枚)、 EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

ガイドはうまくいきました。電車通過でもゴム板効果で影響はほとんどないです。ただ、最後は電線通過で終了です。Bが2枚しか撮れませんでした。一応色は付いていますが、これでいいのかどうか。RBG画像は品質そこそこでもいいということでしたが、手抜きすぎました。本当は中心部はもっと青っぽくしたいところです。

この日は透明度はちょっと良くなかったですが、シーイングは良かったようです。星も小さいし銀河のディテールも出ています。

L画像がまあまあ良かったのでLのみの写真も載せてみます。

M94mono_20200517011001

この銀河の不思議なところは縁が周りの宇宙空間よりも暗いんですよね。私の画像処理が悪いのかと思ったら他の方の作品見てもそうなっています。縁に光を吸収するなにかがあるのか、実はもっと巨大で、そこだけ星間物質がないのか。その辺は天文学者でないのでわかりません。

元画像を見るとこれだけ周囲が広がっているようには見えませんでしたがきちんとやるとこんなにくっきり出てきます。やっぱり画像処理はバカにできないです。いい素材が手に入ったらPI使ってみようかな、とか思っているのですが、思うだけでなかなかふんぎりがつきません。

| | コメント (4)

2020年5月 3日 (日)

初金星

今シーズンの金星を初めて撮ってみました。

202005021

HD800+Powermate2.5x+ASI290MC、SharpCap、AutoStakkert、ステライメージ、Photoshop

ノートリミングです。前に買っておいたPowermate2.5xを初めて使ってみました。印象としては確かに像の劣化はない感じ。まあ、模様のない金星なのでよくわからないだけかもしれませんが。まだ明るい薄明の時間です。高度が高く、比較的シーイングは良かったようです。いつのかにかこんなに欠けていました。これまでは寒いし、シーイングも悪そうで撮る気にはなれませんでした。内合に向けてちょくちょく写してみたいです。

ついでに月も。プラトン付近。

202005022

結構月面の地名覚えているものです。子供の時に学習したことって固定されているのですね。案外月も面白い。天体写真は長焦点になると対象が多くなって飽きなくなるというのがわかってきました。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

直線壁付近

  しばらく雨の降らない日が続いているので、赤道儀を外に出しっぱなしです。それ以外は全部しまいますが、思い赤道儀運んでめんどくさい虚軸合わせをしないだけでも設置がずいぶん楽です。今日は透明度もシーイングもずいぶん悪かったですが、せっかくなので撮影してみました。

直線壁付近です。

202005011

月面なんとかというのが大流行りの昨今ですが、これがもしかしたらこれが元祖でしょうか(個人の思いつきです)。QHY5III178Mで撮りました。モノクロです。解像度が高いせいか、レートは低いです。惑星用には解像度を落とせばいいのでしょうか。シーイングが悪かったですが、1000枚撮影して半分をスタックしました。レジスタックスであぶり出し。日が当たっている部分が飛んじゃっています。ゲインを下げるべきなのかもしれません。GW中、晴れたら昼間の金星を撮ろうと思ってます。

話は全然違いますが、帯状疱疹というものにかかりました。一週間ほど前から赤いぶつぶつができて痛い。なんだか原因がわからずも放っておけば治るだろうと思ったら一週間たってもよくならない。ネットでいろいろ調べて、これだ、と思いました。なんでも昔水ぼうそうにかかった時のウイルスがずっと潜んでいて、ここにきて活動始めたんだとか。疲れやストレスで免疫が落ちている時になるそうです。自然治癒待っていてもなかなかよくならないらしくて、なるべく早く医者に診てもらった方がいいとのことで、明日から連休になるし午後5時でしたが、診てくれるところをネットで探してなんとか駆け込みました。診断はズバリでした。薬もらってきました。しかしバカ高い。一週間分で6千円です。なんでも抗ウイルス剤が高いんだとか。まあ、でもこれで一安心です。薬飲んでGWはなるべくステイホームしています。

| | コメント (6)

2020年4月27日 (月)

ステラショット2を使ってみました

ステラショット2がなにやら評判良さそうで、いろんな方が使っている様子です。そんなに便利ならちょっと使ってみようかなとお試し版を入れて見ることにしました。早速25日の夜晴れたのでテストです。ただ、あくまでテストなので主砲は出さず、小口径屈折とカラーカメラで簡単に。

赤道儀はASCOMで簡単に認識してくれました。カメラも今回よりZWOをサポートしたとのことで、メーカーを選ぶだけで機種もちゃんと認識します。ガイドカメラも同様。冷却はサポートしていますが、フィルターホイールはサポートしていないのが残念。極軸合わせが北極星に合わせなくてもできるとのことなのでやってみようと思いましたがどこにあるかわからない。昼間動かしていた時には見つけたのですが、いざ実際にやろうと思ったら見つけられません。まあ、これはマニュアルちゃんと読めばわかるのでしょうが、直感的に見つけられないというのはどうなのでしょう。極軸は適当に目で合わせてとにかく導入。これは簡単です。ステラナビゲータとほぼ同じなので迷いません。ターゲットに置いた視野角に、実際にレンズが向いたカメラの視野角が動いてきてピタリとはまるのは気持ちいいです。ライブビューしてみるとぴったり。ウリの導入補正やってみたかったのですがやるまでもありません。次はガイド鏡のキャリブレーション。これがよくわからない。パラメーターが複雑すぎる。とりあえずデフォルトでやってみましたが、PHDよりもかなり時間がかかる感じ。ガイド星は自動で選んでくれるようですが動きが、よくわからないので成功したのかどうかもちょっと不安。ガイドグラフの見方もちょっとわからない。まあ、これもマニュアル読めばすむことですが。本撮影に入りますが、これも自動がウリなので設定箇所が多い。やってしまえばあとは放って置いてもいいのでしょうが、とりあえず2〜3枚撮影してみました。一応撮像しましたが、ここまで。それ以上はわからなくなってやめました。まあ、導入ソフトと撮影ソフトとガイドソフトが1本にまとまっているというのは便利だと思います。でも使いこなしには相当事前の勉強が必要と感じました。歳とって新しいものが覚えられなくなった身にはちょっと難しいかも。お試し期間はもう25日あります。その間いろいろ試してみて、便利だなーと思ったらお金出して買うかもしれません。年寄りには覚えられないと思ったらお試し期間が終わり次第アンインストールということになるかも。もうちょと頑張ってみます。

せっかくなので、その日に撮ったM81とM82。ただ、これはステラショット2での撮影ではありません。なんのためのテストだったのか・・・

202004251

miniBorg 60ED+1.4倍エクステンダー(約490mm)、ASI1600MC-COOL(約-10℃)、LPR-N、GAIN200、900秒×9枚、EQ6PRO、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、SharpCap、ステライメージ、Photoshop、FlatAide Pro

| | コメント (4)

2020年4月19日 (日)

M51

16日はM51も撮ってみました。

202004162

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、Lのみ(GAIN300 450秒×10枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理

今回三脚の石突きの下に厚さ2cmのゴム板を敷いてみたのですが、効果はかなりあるようです。今までは電車が通るとガイド星が飛んでしまってやりなおしになるのですが、一瞬ガイド星を見失うことはあっても飛んでしまうことはなく再びガイドを続行してくれます。その時の撮影コマは若干ボケた感じになって、いくつかは使えないものも出るかもしれませんが、それでもガイドやり直さなくてもいいのはすごい改善です。

2年前に撮った同じような構図のカラー画像があったので、なんちゃってLRGB合成してみました。

202004163

少しカラフルになりました。でもシーイングが良くなかったせいか、とても満足いく出来ではありません。光軸もしばらく合わせていないのでずれているのかも。最大の失敗はGAINを上げすぎたことです。中心部が飛んでいます。星も飽和しています。いろいろ調べたらASI183MMはGAIN119にするのがベストのようです。ASI1600MCは139。頭に入れておきます。あとOffsetも合わせないといけないらしいですが、どうもOffsetの概念がよくわかりません。なかなか使いこなしが難しいですが、かといってデジカメには戻れないのでなんとか頑張っていきます。


コメント欄より三脚の下に敷いた電車の振動防止のゴム板のご質問がありましたので写真を載せます。

Img_1165

ホームセンターのゴム素材売り場で見つけました。ちなみに隣は我が家の鍋敷き。

大きめで厚くて堅いものです。いろいろ試したわけではないのですが予測として、薄いと振動を吸収しない、柔らかいと逆に風や歩く振動で揺れる、と素人考えで選びました。エアコンなどの下に敷く防振ゴムも考えましたが、溝が切ってあって平面でないことと、柔らかいので却下しました。今までは電車が通るたびにガイド星がガイドエリアから外れるくらいに飛び跳ねてガイド失敗になってしまったのですが、これを敷いたらガイド星が細かくぶれて一時的に見失うことはあっても、ガイドエリアから外れないので電車通過後はふたたびガイドするようになりました。今回初めて使いましたが3回通ったうち、いちども失敗することはなかったので一定効果があるものと思っています。

| | コメント (3)

2020年4月17日 (金)

M100

16日はよく晴れました。せっかくなので黄道光撮影に行こうかとも思いましたが最近は出かけるパワーもなく、自宅で銀河撮影することにしました。今日晴れることは予想がついていたので、おとといセットした赤道儀はそのまま物星台に置いたままで、極軸合わせの手間が省けました。撮ったことのないものでも撮ろうといろいろステラナビゲータで探します。フェスオン銀河が好きです。M100にしました。DSS画像見ると南にも大きめの楕円銀河があります。それも入れた構図にします。こういう微妙な位置合わせは室内からパソコン操作でなければやってられません。フィールドでハンドコントローラ使ってやった日には永久に決まらないと思います。

202004161

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、Lのみ(GAIN300 450秒×7枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理

GAIN300はやっぱり高いようです。ノイズっぽさが撮れません。まあ7枚程度は全然足りないです。ASI183MM Pro のユニティゲインは120らしいですが、それで撮るとノイズっぽさも消えるんでしょうか。でも露出時間がかかって大変そうです。PHD2のガイドはうまくいきました。前日は全く追ってくれなかったのですが、何が悪かったのでしょうか。今回はダークを引いてみました。もしかしたらノイズを星と勘違いしてそれを追っていたのかもしれません。こういう細かいところも手を抜けないですね。

自宅撮影といえど、平日は1時頃やめてしまいます。カラーを撮る時間はありませんでした。しばらくはモノクロのみの撮影になりそうです。

| | コメント (6)

2020年3月29日 (日)

銀河まつりは自粛せず

世の中、まつりとかのイベントがみんな中止になっています。でも我々天文マニアの間で地味に開催される春の銀河まつりは自粛しません。

りょうけん座M106

M106

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、SharpCap、(GAIN300 300秒×13枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、トリミング

この銀河は大きくて中心部は明るいですが、周辺がいきなり淡くなるので光害地では難しいです。左下に謎の大きなケラレがあったのですが、オフアキのプリズムがセンサーの短辺側にあったのでそのせいだったようです。ケアレスミスです。

かみのけ座M64黒目銀河

M64

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、SharpCap、(GAIN300 300秒×4枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、トリミング

 電車通過で失敗したコマも多く少なめです。ガイドミスもありますが、勿体無いので使えるものは使いました。でもこの日はシーイングもよかったようで微細なところも結構よく写っています。

C/2019Y4アトラス彗星

C2019y4

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、SharpCap、(GAIN350 350秒×7枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、トリミング

核基準コンポジットがうまくいかないので星基準にしました。彗星は伸びてしまいましたが尾がわずかに見えます。北は下でしょうか。荒いし、全てのコマでガイドミスしていて、あまりいい出来でないのでボツにしようと思いましたが記録なので一応載せることにします。

26日に撮りました。この日は彗星を撮るのが目的でしたので、あえてモノクロカメラにせず、カラーにしました。カラーは処理の手数が少なくて楽なのでこれからも使い分けていこうと思います。

外出は控えるようにとのお達しが出ていますが、家の物星台からですので、自宅から出ていないことになります。それでもこれだけ楽しめるんですからいい趣味ですね。

| | コメント (2)

2020年3月25日 (水)

新月のアトラス彗星

今日は最近まれに見る新月の快晴。普通ならメイン機材で撮影三昧ですが、そっちは諦めちょっと近くの郊外でアトラス彗星を撮ることにしました。久しぶりの望遠鏡でのガイド撮影です。しかし赤道儀が調子悪い。いきなりアライメントの途中で止まったりします。接触が悪かったのか、ケーブルをつなぎ直したらなんとか動くようになりました。EQDIRECTのケーブルを持ってこなかったので手動で彗星を導入します。ステラナビゲータの画面を印刷したものを見ながら四苦八苦。やっぱり自動導入でないと効率悪いです。なんとか構図も決まり、撮り始めたのは20時ちょっとすぎ。普通の時間に帰宅する予定なので1時間くらいしかありません。

202003251

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-19℃)、ISO3200、180秒×8枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、ステライメージ、Photoshop、FlatAide Pro

周辺減光がひどかったですが、無謀にもフラットなしで仕上げてしまいました。フラット画像の在庫がなかったです。撮るのも面倒でFlatAideのお世話になりました。若干トリミングしています。やっぱりISO3200はノイズっぽくなります。でもグリーンが綺麗に撮れてうれしいです。左下にわずかに尾が見えます。上が北です。天頂よりやや北にいましたので、見た目では下が北になるのですが、天体写真のルールではこれでいいのでしょうかね。

合間に撮ったお別れする冬の星座

202003252

結構広々して気持ちのいいところです。光害地に近いですが。見ての通り、西〜北はそこそこです。収穫シーズンになるとドロボーも出没するとかで、ちょっと物騒なところでもあります。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧