2017年3月28日 (火)

NGC4565

HD800でもNGC4565を撮りました。

201703252

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm(レデューサで1400mm)、Astro 60D(約-25℃)、ISO1600、5分×20枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RAP2にてフラット、ステライメージ、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

初めはオフアキで撮ろうと思いました。しかしガイド星が見つかりません。この間のテスト撮影のときは簡単に見つかったのになんででしょう。やっぱり深宇宙方面は星が少ないからなのでしょうか。かすかにガイド星にはならないくらいの星が入っていたような気もしますが、いびつでピンぼけ。もう一度見直さなければなりません。

諦めてガイド鏡方式に切り替えました。今度はPHDが不調。慣れないPHD2でやってみました。パラメーターを全然いじりませんでしたが、なんとかガイドしてくれたようです。頻繁に薄雲が襲ってきます。1/3は使えませんでした。

それと慣れなくて難しいのが対象の導入。ステラナビゲータで自動導入させますが、視野に入りこそすれ、中心に持ってくるのがとても大変。マウスで少しずらして調整するのですが、当てずっぽうなので何回やっても思ったところに動いてくれません。画面上でどれくらいずらせば実際にどれくらい動くのがまるでわかっていません。こんな時のために対象確認アダプター作ったのですが、ピントが狂うのが怖くて使えませんでした。皆さんは見事に真ん中に入れていますが、どんなワザを使っているのでしょう。とても気になります。

いろんな意味で長焦点撮影の難しさを改めて知りました。簡単に行かないことはわかっています。まあ、簡単に行ったら逆に面白くないのかも。頭の体操と思い、徐々に上達していこうと思います。

| | コメント (12)

2017年3月 4日 (土)

毎日晴れています

今朝起きたら快晴でした。昨夜寝る時と3時ころにトイレに起きたときも星が出ていましたからたぶん一晩中晴れていたんでしょうね。予報では全くそんな様子がなかったので、新潟県の星マニア、たぶん誰ひとりとして思ってもいなかったのではないでしょうか。

夕方は曇りがちながらも金星が見え隠れしていたのでHD800で撮ってみました。面倒なので職場の室内からですが、位置的に低いところまで来ないと導入できなかったので結構ゆらぎが大きかったです。

Planets0303

金火木土天です。あとは水星と、できれば海王星も加えたいです。本当はもう1週間くらいあとのもっと細くなった写真にしたいですが、チャンスがあるかどうかはわからないのでとりあえずこんなもので。いいのが撮れたら差し替えます。

今日は朝は快晴でしたが午後から雨が降ってきました。間違いなく今夜は晴れないだろうと思っていたら、帰宅時の19時頃には金星と月が出ていました。予報を無視して本当に晴れてくれます。

| | コメント (2)

2017年2月19日 (日)

ぱっとしませんが

16日撮影のM42を普通に処理してみました。

201702161

R200SS+コマコレPH(760mm)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、5分×8枚+2分×4枚+20秒×4枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてダークフラット、Photoshop CS6、SI6.5で画像処理

冷却でもIR改造でもないドノーマルの60Dで撮ってみました。赤っぽさがなくクールな感じになるかと思いましたが、そうでもないですね。暗部のノイズも増えるし、やっぱりあまりいいことはないです。やっぱり天体写真は天体写真専用カメラです。

あえてちょっとだけSI6.5を使ってみましたが、さくさく動きます。SI8の重さはなんなんだろうと思いましたが、遅ればせながらSI8aにアップデートしてみました。そうしたらあの鈍重さがなくなり普通になりました。改善内容にそんなことは書いていなかったので放置しておいたのですが、こっそり直していたのですね。これならちょっとは使ってみようか、という気になってきました。

| | コメント (4)

2017年2月15日 (水)

ISSを撮る

ネットをブラ見していたら、今日の夕方国際宇宙ステーション(ISS)が上空を通過することがわかりました。いい具合に晴れていてなにか撮りたいと思っていたのでちょうどいいです。

201702151

18時30分頃から35分頃まで。30秒×9枚、EOS 60D、Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5(10mm F4)、ISO1600

画像処理はPhotoshop CS6でRAW現像、Sirius CompでTiffからダークを引いて比較明コンポジット、その後Photoshopで調整。

せっかくなのでSI8の自動処理モードでもやってみました。

201702152

RAW現像とダーク補正、比較明コンポジットまでを自動でやらせました。色の調整はPhotoshopで行いました。

やっぱり変ですね。微光星が消えています。色も乏しくなっています。調整しても上のようにはなりません。やっぱりどこか情報を欠落させているように見えます。まあ、これはこれでこっちのほうがきれいと思う人もいると思いますが、上の画像を下のようにはできても下の画像を上のようにすることはできません。欠落した情報を戻すことはできません。

やっぱりRAW現像はステライメージには任せられませんね。他のスターシャープとかカブリ補正などの最終調整で使おうと思います。しかしそれらもFlatAideProのほうがいい感じなのでますますSI8の出番がなくなりそうです。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

潜入間近

今日はアルデバランの星食でした。実は知ったのは昨日。23時半頃外に出てみたら雲間からいい月が見えています。冬型の気圧配置でも晴れ間は結構ありますので諦めないほうがいいです。機材はみんな職場に置いてありますが、突発的な撮影ができないのも残念なので、最近は1台だけカメラを家に置いてあります。しかし、レンズは安物の80~200ズームしかありません。でもないよりまし。

Img_4839

新潟での潜入は23時58分頃ですが、これは10分前くらいだと思います。光度差が大きくて月の模様と一緒にアルデバランは写りません。月だけだと寂しいのでわざと流れる雲を入れてみました。

冬場は撮る対象もないのでこういうちょっとしたイベントものを撮ることが多いです。これならどこでも撮れますし、機材も簡単でいいですからね。

| | コメント (4)

2016年12月14日 (水)

大安売り

今日は満月。なんでも今日もスーパームーンだそうです。先月超スーパームーンだったばかりなのに、また~って感じです。なんだかスーパームーンの大安売りで有り難みもないですが、NASAがそう言っているのでしょうがありません。

https://science.nasa.gov/news-articles/2016-ends-with-three-supermoons

スーパームーンの定義って、1年のうちで最も大きく見えるときの月をいうのかと思ったらそうでないみたいですね。最接近時の90%より近ければいいんだそうです。だから今日もそうなんですって。

ネタとして撮ってみたかったのですが、こちらは夜までずーっと冷たい雨が降っていました。しかし、仕事終えて帰ろうと21時頃外へ出たらなんと雲間から煌々と輝いているではありませんか。すぐ戻って望遠鏡持ち出しました。

20161214

mini Borg 45ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス+EOS 60D、実質840mmです。ノートリミング。これから月を撮るときは大きさ比較のためにこの条件で撮ったものを載せようと思います。

帰り道、雪が降りながらも月はずっと出ていました。新潟の冬は雪も降るけれど雲間から星や月が覗くことも多いです。ちゃんとした撮影ができない分、こんな写真を撮って冬の退屈さを紛らします。

| | コメント (4)

2016年12月 6日 (火)

燃料切れ

※こっそり画像を入れ替えました。少しカラフルにしてみました(12月7日)

お待たせしました。いや、待っていた方がいたかどうかわかりませんが、とにかく画像処理に手間がかかりました。

M31、アンドロメダ銀河です。

2016120323

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、上下2枚モザイクそれぞれ8分×4枚+3分×4枚+30秒×4枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6、SI7で画像処理

総露出92分という、私にしては大作です。さすがにモザイクと多段階露光は面倒ですし難しいです。なかなか色が合いませんでした。もうちょっとカラフルに仕上げたかったですがこの辺が限界でした。

縦と横とどっちにしようか悩みましたが、両方載せます。お好きな方で鑑賞してください。

2016120324

この日の直焦点撮影はこれのみ。このあとM42を撮影したのですが、全部撮り終えて結果を見たらすべて流れています。ガイドしていません。見るとガイド鏡の露よけにしていた白金カイロが消えています。レンズが結露で真っ白。燃料補給してレンズも露を取って再開しましたが、今度はパソコンが落ちます。バッテリー切れ。こうなってはオートガイドできません。諦めました。でも赤道儀はなんとか動いています。実はこうなることを想定してノータッチでも行けるレンズも持ってきました。mini Borg 60EDで撮ってみました。だめです。5分はガイドできません。うんと落としてシグマ70mmnにしました。なんとか5分行けました。

車のバッテリーを使っていますが、EQ6PROにしてからバッテリーが早くなくなるようになりました。ステッピングモーターなんてそんなに電気食わないと思うのですが、たまたま偶然バッテリーの劣化が来たんでしょうか。やっぱりディープサイクルバッテリーにしなければだめなのでしょうか。しかし重くて運ぶのが大変そうだし、充電器とか初期投資にもお金がかかるし、どうしようか悩んでいます。これから満月期ですし、どうするかゆっくり考えます。

| | コメント (14)

2016年10月22日 (土)

薄雲の遠征

21日金曜日、天気予報は晴れ。しかし夕方は薄雲の多い天気。せっかくの週末だし、EQ6PROのガイドテストくらいはできるだろうと遠征する気満々でした。しかしこんな日に限って職場に居残っている人がいます。機材だって積まなければならないし、あまり人目のあるところでやりたくないです。もう18時半には薄明が終わります。月が出るのは21時半。時間が短いのでなるべく早く行きたい・・・やっと18時ころに出ることができました。

いつもの早出撮影地には19時過ぎに着きました。やっぱり薄雲があります。でも北から東にかけては比較的少ない。北極あたりは雲もないし、PoleMasterのセットには問題なさそうです。この日はHD800はちょっとお休みで、とりあえず焦点距離の短いR200SSでテストすることにしました。

二重星団です。

201610211

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-19℃)、ISO1600、5分×2枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6で画像処理

5枚ほど撮りましたが、薄雲のために使えそうなコマは2枚だけでした。ガイドはほぼ問題なくバッチリです。前回のような謎の乱れもありません。やっぱりさすがの中型赤道儀、安定しています。

初めて撮ったまゆ星雲。

201610212

R200SS+コマコレPH(760mm)、Astro 60D(約-19℃)、ISO1600、8分×4枚、EQ6PROオートガイド ガイド鏡ペンシルボーグ ガイドカメラQHY5LⅡ PHD Guiding、RAP2にてフラット、Photoshop CS6で画像処理

8分に挑戦してみました。これも問題なし。お恥ずかしながら、500mm以上の焦点距離で完全に真円に星が撮れたのは初めてかもしれません。気分いいです。ただ、これも薄雲のためカブリ気味で、透明感に欠けるのがちょっと残念。

22時頃にはそろそろ月明かりも出てきたので撤収しました。その頃になったら薄雲もほぼなくなり快晴に。本当に今年は晴れる日が少ないです。次はM42を撮ってみたい。今更ながらですが天体写真が楽しくなってきました。

| | コメント (14)

2016年10月20日 (木)

月面飛行

こういう写真を撮ってみたかったです。

201459599

満月近い月の欠け際を拡大するとあたかもかぐやで月の表面を飛行している気分になります。時々こういう写真をフォトコンで見ていましたが、自分でもいつか撮ってみたいと思っていました。機材とか、技術とか、いろいろ難しいですがちょっとは近い写真が撮れたかな、と思っています。シーイングのいいときにもう少し拡大したいところです。

ちょっと浮遊感には欠けますが、満月近くでも見方によっては面白い写真が撮れます。

201705593

シーイングはちょっと悪かったですが、最悪でもなかったです。今年はまだベストなシーイングに出会っていません。もう来年までだめでしょうね。

| | コメント (0)

2016年10月15日 (土)

初めて見た、撮った

今日は快晴でした。しかし満月1日前。撮影は無理ですが、新機材をいろいろとテストしたかったので近くの郊外で様々なテストをしました。

EQ6PROの動作は概ね良好。PoleMasterもきちんと合わせることができたようです。使い勝手はSEⅡと同じなのでまごつくこともありません。しかし根が生えたようにどっしりして安定感があります。それでいて動きは滑らか。アップグレードの甲斐がありました。

この機会に一生に一度くらい見ておきたかったものを見てみました。

天王星

Planets

単独だと寂しいので今年撮った惑星達の仲間に入れてあげました。昔は天王星なんて点にしか見えないので見てもつまらない、と言われてきたと思います。私もそう思い込んできたので今まで一度も望遠鏡を向けたことがありませんでした。しかし近年は高倍率でディスク状に見える、うまくいけば模様も撮れることがある、ということが知られてきたので一度は見てみたいと思ってきました。ちょうど衝をを過ぎたばかりで絶好機です。ファインダーでも簡単に見つかりました。HD800で覗くと確かに面積を持って見えます。土星より遥か遠くの惑星が見られるなんてちょっと感動。

この後22時頃までいろいろ試しました。ちょっと残念な結果でしたが、まあ、初めてですから・・・これから試行錯誤していきたいと思います。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧