2019年3月 5日 (火)

晴れてるけどお休み

今日も晴れです。この冬は例年になく晴れが多い。何か撮りに行こうかと思いましたがやめました。土曜日に遠征したばっかりだし、空は霞んでいるし、さすがに年度末は少しは忙しいし。新月期の快晴に撮影に出ないなんてめったにないです。職場から帰るとき、雲も月もない真っ暗な空でしたが、仕事帰りにそんなの見るのは初めてかもしれません。

光害地では霞の影響が大きいので自宅撮影もしません。土曜日に撮影したものをまだ処理していなかったのがあったのでそれをゆっくりやりました。

しし座の銀河、M95、M96、M105付近

201903022

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、GAIN300、300秒×10枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ、Photoshop CS6、スカイフラット

初めて撮ってみました。5つの銀河が集まって賑やかですが、あんまり人気ないエリアですね。

本当はHD800で撮るつもりでした。しかし、重要なものを忘れました。フードです。セッティングしてさて撮ろうか、というところで気が付きました。1時間くらいなら大丈夫かな、と思ったら5分もしないうちに曇り始めてきました。諦めました。また60EDに戻しました。カメラはテストのつもりでASI1600MCにしました。フィールドに持ち出すのは初めてかもしれません。高感度なんでしょうけど、星像はいまいちといった雰囲気です。突いたような星像にはならなようです。やっぱり高感度を生かして長焦点での遠方銀河や惑星状星雲向きのカメラなのかもしれません。手放すかどうか、またまた悩んでしまいます。

| | コメント (2)

2019年3月 3日 (日)

岩本くん、こんにちは

2日土曜日は晴れる予報でしたが、空はなんとなく怪しめ。雲は多いし、霞は酷いし、GPVも白いし、普通なら撮影には出かけない日ですが、気圧配置は真上に高気圧。気象画像でも特に迫ってくる雲もないので、夜はきっと晴れるに違いない、と根拠ない断定で遠征することにしました。だめでも遠征地の雪の状態を見てくるだけでもいいや、と勝率は五分五分で出かけました。いつもの村松の奥ですが、まさかの快晴。透明度が悪そうだった割には意外によく見えています。透明度の悪さって案外光害が少なければそれほど影響ないのかもしれません。

前日大失敗した岩本彗星(C/2018 Y1)のリベンジです。

201903021

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-24℃)、ISO1600、300秒×9枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、Photoshop CS6、FlatAide Pro、ステライメージ、トリミング

私の人生で岩本という名前の人はひとりだけ知り合いがいました。実際にそう呼んでいたわけではありませんが、自分の中ではその人をいつも岩本くん、と呼んでいました。ですのでこの彗星もついそう呼んでしまいます。

なかなか賑やかな領域を通過中ですので、暗くなった今でも結構絵になります。けど構図を失敗してしまいました。彗星を真ん中にしてしまったら勾玉がちょっとはみ出てしまいました。それでちょっとトリミングしてバランスを取っています。せっかくのいい構図だったのに残念でしたが、勾玉自身あまり撮ったことのない対象なので、これはこれでいい作品になったかな、と思うことにします。

| | コメント (2)

2019年2月25日 (月)

銀河祭りはもう始まっている

テレビで、○た○子がヤ○ザキ春の○ン祭りのCMをやっているのを見ると、こっちもそろそろだな、と思わざるを得ないくらい、もう星屋さんの間では定着してしまった春の銀河祭りです。誰がいつから言い出したのかはわかりませんが、2年くらい前のブログでぼちぼち見かけるようになったので、その頃からなのでしょうか。祭りとか、イベントものには乗っかる性分です。

24日は2月だというのに新潟ではあり得ないくらいの快晴。しかし日曜日なので遠征するわけにもいかず、物星台から狙ってみました。

しし座トリオの片割れ、M65、M66

201902241

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN600、SharpCapで20秒×15枚ライブスタックをさらに8枚コンポジット、総露出40分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、フラット補正

まだまだ試行錯誤の最中ですが、ライブスタックは一度に全部をスタックするのではなく、何枚かをスタックしたものを保存、それをまた複数枚撮影するという方法が良さそうです。一気に全部やろうとすると、ガイドミスとか雲とかですべてがパーになる可能性があります。小分けに保存すれば失敗のコマは省けますし、うちのようにしょっちゅう電車が通るところではリスクが少なくなります。今回は高感度、短時間露出でやってみましたが、さすがにGAIN600は上げすぎのようです。もう少し下げてみます。

無謀と思いながらもトゥールの兜を撮ってみました。

201902242

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN600、SharpCapで20秒×15枚ライブスタックをさらに7枚コンポジット、総露出35分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、フラット補正

さすがに光害地ですし、全然写りません。でも写るというのはわかりました。2000mmはちょっとでかすぎるということも。これはやはり暗いところで1400mmで撮りたいところです。しかしこれ、惑星状星雲なのでしょうか、散光星雲なのでしょうか。ウィキペディアでは惑星状星雲でしたが、ステラナビゲータでは散光星雲でした。どっちなんでしょう。

| | コメント (2)

2019年2月 6日 (水)

奇跡の連続快晴

今日も晴れてしまいました。これは全く想定外。高気圧が居座って晴れたのならいざ知らず、曇りを挟んでまったく違う気圧配置で2日続けて連続して晴れるなんて、冬の新潟ではありえません。今年はもしかしたら晴れに恵まれるかもしれません。

遠征したかったですが、用事もありましたし、さすがに連続はきつい。涙を呑んであきらめました。代わりに自宅撮影。

とりあえずM82を撮ってみました。

201902061

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN400、SharpCapで120秒×6枚ライブスタックをさらに8枚コンポジット、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

昨日と比べると光害地なのでやっぱりモチベーションがさがります。久しぶりの暗い空で命の洗濯でした。

昨日の成果の一つです。

201902051

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(15mmくらい F3.2)、ソフトフィルター、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、5分×3枚、CD-1でノータッチガイド、Photoshop、ステライメージ、FlatAide Pro

雲は全然なかったと思いましたが、少し薄雲が流れていたようです。画像処理で目立たなくしています。やっぱり暗い空はいいですね。まだ未処理の画像がいくつかあります。ちょっと面倒なので後回しです。自分的には頑張ったつもりなのですが、どう出来上がることやら。期待はしないでください。

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

日本海側を見捨てず

今日は3年ぶりの部分日食でした。とはいえ、前回は全く見られませんでしたので、金環日食以来の7年ぶりです。その前は10年前の2009年。部分日食は記憶的には結構見ているような気がします。でも写真はそんなに多くありません。案外全経過見たことなんて数えるほどなのかもしれません。

昨日は一日中曇りで天気予報見ても日本海側はほぼ絶望的でした。しかし夜、空を見上げてみたら快晴とまでは行きませんが、結構晴れています。もしかしたら日食大丈夫かも、という期待が広がってきました。さて、起きてみると期待通り結構いい天気。これはいけそう。機材は昨日のうちに準備しておきました。うちからはお隣の家に遮られて見えません。私が借りている駐車場は高台になっていて、ほぼ全天見渡せます。それに駐車エリアが決まっていないので、好きな場所に停められます。撮影に一番適した場所に移動し、車から機材を出します。だだっ広い上に私とうちの子供の車以外ほとんど契約車がいないみたいなので出入りする車もなく、日食撮影には天国みたいなところです。

肝心の日食はというと、欠け初めの時間は雲に隠れて見られませんでした。ちょっとたってから雲間から見ることができました。

0858

miniBorg 60ED+1.4倍テレコンバータ(実質490mm)、EOS 60D、Baader アストロソーラーフィルム、CD-1でガイド

朝方は快晴に近かったくらいですが、厚い雲が出てきました。しばらく中断しましたが、その雲も行ってしまい、再び太陽が顔をだしました。

0914

雲も切れたし、さらに2倍テレプラスを追加して980mmにしました。ノートリミングです。

このあと雲に入ったり出たりしながら日食は進んでいきます。最大時は厚い雲に覆われ見ることができませんでした。しかし彩雲っぽいものが見られたり、雲フィルターで裸眼でも見えたし、結構楽しめました。

最も最大に近かった時間です。雲の合間です。

1017

最大を過ぎたら比較的雲は少なくなりました。ただ、上空雪が飛んでいるようで空が白んでいます。コントラストは悪かったです。

終わる少し前です。

1133

終わりの瞬間は厚い雲のなかでした。北から西にかけては雲が少なくクリアな青空でした。もう少しそっちに行けばよく見えたのかもしれません。

雲が多いながらも1月の日本海側でこれだけ見られたというのは非常にラッキーと言わざるを得ません。神様は重要な天文イベントに日本海側を見捨てなかったようです。だったら去年の皆既月食はどうなんだよー、と言いたいところなのですが。

全コマをまとめてみました。面倒なので時間とかの表記はなし。ただ撮ったものをすべてサムネイルにしてキャプチャしただけです。すみません、手抜きで・・・

20190106

| | コメント (6)

2018年12月24日 (月)

月夜の46P

全然晴れず、更新ネタもありません。毎日テレビとか録りためたビデオとか、ネット動画観てムダに過ごしています。今日もBSのバックトゥーザフューチャー3を観てました。何度目だろう。終わってからなにげに外を見たら晴れています。月もありますが、天頂あたりはきれいに雲がありません。ウィルタネン彗星がいるはずなのですが、双眼鏡では見えず。かといってこれから機材出すのも面倒なので超適当にコンデジで撮ってみました。

Img_2733

PowerShot G7X、ISO125、F2.0、50秒、マニュアル撮影、強トリミング。

こんな日ですから写ればいいや、とかなり適当です。もう少しいろいろ露出を変えたりして撮ろうかと思ったらバッテリー切れ。30分くらい充電して空を見たらもう曇っています。明日晴れるかとちょっとだけ期待していましたがだめっぽいです。たぶん今年最後でしょう。

| | コメント (8)

2018年12月 9日 (日)

46Pを追いかけて

ウィルタネン彗星(46P)を撮影できました。

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-24℃)、ISO1600、120秒×1枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、Rstacker、Photoshop CS6

尾が出ていれば、と思いこの構図にしましたが、残念ながら尾は見えません。

201812081

なぜ、この天気の新潟で?とお思いでしょう。これだけを撮るために県外遠征しました。群馬県沼田市です。彗星はさほど興味のある天体ではないのですが、きれいなものは好きです。この彗星の淡いグリーンが美しく、ぜひとも撮ってみたいと思いました。

初めは水上のあたりと思ったのですが、雲に覆われていて星が見えません。南に下がると晴れていそうな予報ですが、どこで撮影したらいいかわかりません。パソコンでグーグルマップを立ち上げ、探してみます。手っ取り早いのは河川敷でしょう。ちょうど良さそうなところがありました。19時半頃到着。当初は雲が多く北極星も見えませんでしたが、だんだん取れてきました。

70mmカメラレンズで撮影してみました。こんな感じでひっきりなしに雲が飛んできます。

201812082

結局10枚くらい撮ったものの、半分以上は薄雲がかかり使えません。さらにどういうわけか最初の1枚を除いて全部ピンぼけ。彗星基準でコンポジットしてみましたが、全然美しくなく、こちらは非公開です。

場所は片品川にかかる関越道の橋の下です。彗星はここにあります。双眼鏡でもすぐに見つかりました。

201812083

21時前には撤収。わざわざ県外遠征までしてそんな早く切り上げるなんてもったいない、と思うでしょうね。そこが私の私たる所以で、徹夜、半徹夜が苦手。所詮趣味なんで体に無理してまでやらなくても、と思っています。女房も帰りが明け方になる、といったらたぶん出してくれなかったと思います。

久々の長距離ドライブ楽しかったです。行きは長岡あたりはすごい雨でしたが、魚沼からは道路が乾いています。三国超えも積雪ゼロ。帰りも三国は降っていませんでしたが、小出あたりから小千谷まで猛吹雪です。積雪も10センチくらい。でも新雪って案外走りやすく、普通に飛ばして帰ってきました。吹雪だとハイビームが使えません。なので、ナビをちらちら見てカーブになっていないかとか常に確認しながら走ります。なかなか緊張感もあり、楽しいロングドライブでした。

| | コメント (10)

2018年12月 2日 (日)

なぜ日曜日に晴れる

今日はよく晴れました。これで3週連続日曜日が晴れ。自然現象と人間の社会が決めた周期が一致する理由がないのですが、不思議です。そういえば、台風も大体週末。大雪も週末が多い気がします。偶然なのでしょうけど不思議。

昨日土曜日は午後から晴れる予報でした。しかし夕方までほとんど曇りで日が沈んだ頃からちょっと晴れ間が広がってきました。遠征しようか悩みましたが、したところでやっぱり曇られたら勿体ないし、だったら自宅待機で晴れたら自宅撮影でいいかなと、出かけるのを止めました。前ならダメ元で出かけたところですが、家でも見れると思うとついためらってしまいます。そこそこ晴れですが、雲が頻繁に飛んで来て撮影になりません。やっぱり止めて正解だったかもしれません。それでも準備しておいて雲間の星で光軸調整、23時過ぎから雲は少なくなってきました。

NGC1514、クリスタルボール星雲

201812011

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN450、120秒×20枚、SharpCapでライブスタック、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

なに撮るべえ、とステラナビゲータを眺めていて、どうせ淡い星雲は撮れないし、惑星状星団でも撮ろうと、適当に星図上のマークをクリックしたらこれでした。惑星状星雲にしては淡いです。でもわりと大きい。形もきれいですし、ステラナビゲータに名称が載っていないのが不思議なくらいです。やっつけでさくっと撮って見ましたが、一度きちんと撮ってみたいです。

こちらはM76、小あれい星雲

201812012

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN450、120秒×10枚、SharpCapでライブスタック、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

小さいけれどよく写ります。色がきれいなのでこれも今度ちゃんと撮りたいです。しかしどうしてもあれいに見えない。電子基板に乗っているチップコンデンサに見えてしまいます。

透明度は良かったのでもっと時間をかけて撮りたかったですが、雲が多かったので短時間露出になってしまいました。今年はまだ一晩完璧に晴れたことがないです。

| | コメント (4)

2018年11月16日 (金)

馬頭なめてました

15日は曇のち晴れの予報でした。でも夜になってもなかなか雲がなくなりません。予報は外れたかと思いましたが、22時頃からだんだん雲がなくなってきて、月が沈む頃の23時には快晴になりました。まずはBob's Knobsに取り替えたHD800の光軸修正からです。CMOSカメラを付けて、パソコンの画面を見ながら10分くらいでちゃちゃっと。完全かどうかはわかりませんが、とりあえず時間もないし、これでいいです。時間のあるときゆっくり合わせます。

まずはオリオン大星雲を撮ってみました。

201811151

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN300、300秒×9枚+120秒×4枚+30秒×4枚+10秒×8枚、SharpCapでライブスタック、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

ガイドミスか、光軸不良か、若干星がいびつに見えます。GAIN300だとノイズはほぼありません。300秒だと中心部がぶっ飛びますので4段階で他段階露光しました。さすがに光害地ですので周辺の淡い部分は難しいです。でも1400mmで初めて撮ってみました。迫力ですね。

このあと馬頭星雲を撮ってみました。なめてました。みなさん素晴らしい作品撮られているので、それを頭に描いていたのですが、ちょっとくらい露出掛けてもごく淡く写るだけで全然絵になりません。といってGAINを上げると光害ですぐに真っ白。コントラストも低いし、結構難物だと改めて思いました。そいうえば過去に撮ろうと思ったときも淡くて全然だめで、こりゃ難しいと思い、それ以来撮ったことがありませんでした。やっぱり暗いところで明るい光学系使い、何十枚も撮らなければだめなんでしょうね。この冬の目標にしたいと思います。でももう冬に入ってしまうし、来シーズンまでチャンスないかもしれません。

| | コメント (6)

2018年11月 7日 (水)

普通すぎるM31

道院ではM31を撮りました。

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、480秒×6枚+120秒×4枚+20秒×4枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding

2018110321

2018110322

いじくり回してなにがなんだかわからなくなってきました。多段階露光のコンポジットが決まらず変な色ムラが付いてしまいました。上の2枚はフラットの方法を変えてみたのですが、どっちがいいのかよくわかりません。

居直って多段階露光止めて480秒×6枚だけでやってみました。

2018110323

背景はこっちの方がスッキリしています。しかし本体に迫力がありません。やっぱり決定的に露光が足りないのと、60mmなりの写りなんでしょうね。普通すぎて感動もなしです。メジャー対象で納得できるような作品にするのはなかなか難しいです。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧