2018年5月21日 (月)

バローの効果

20日晴れたのでこの間届いたExplore Scientific社の 3X バローレンズを試してみました。

しかし薄雲が厚く、月は朧、スピカがやっと見える程度の眠い空です。まずは眼視してみましたが、案外良さそうです。少なくともボーグの2.2倍エクステンダーよりは遥かにクリアです。ちょうど大赤斑が出てきたところでした。写真を撮ってみました。さすがにF30、6000mmですので暗くなります。ゲインと露出も上げなければなりません。

とりあえずこんな感じ

20180520

左はバローなし、右がバローあり、ノートリミングです。惑星の模様を捉えるには十分な大きさです。この倍率がちょうど良かったかもしれません。

しかし20cmとは思えないできばえ。シーイングはそれほど悪くなかったと思うのですが、やはり薄雲でそうとうコントラストが良くなかったせいでしょうか。ピントも外れていそうです。本来ならボツ写真です。画像処理のやり方もよくわからない。AutoStakkertの使い方も適当ですし、Registax使うと点描画みたいになってしまうのですが、やっぱりどこか使い方が悪いのでしょうか。惑星の画像処理も意外に難しいです。惑星は月に関係なく写せますし、遠征する必要もありません。これから3大惑星の好機ですのでゆっくりやっていきたいと思います。火星大接近までには安定した写りになるようにしたいです。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

大接近に備えて

こんなものが届きました。

Img_0630

Explore Scientific社製 3X バローレンズ

Img_0632

バローレンズは正直なにを買ったらいいか、全然わかりません。とりあえず高いものなら間違いないと思いましたがテレビューのは3万円もします。さらにバローレンズとパワーメイトという2種類あってどう違うのかもわかりません。他にはショートバローという1万円以下のものもあります。製造は1社でいろいろなところにOEM供給しているもののようですが、値段からしてどんなものなのでしょう。ちゃんとしたのは大きいのに小さいというのもどこか無理しているに違いありません。中間のものはないかと思って探していたらこれが見つかりました。値段からいっても悪くはなさそうですし、大きくてずっしり感もあるので光学系もちゃんとしているのでしょう・・・と信じたいと思います。

さて、性能のほどですが、届いてからまだ晴れていません。まず木星を撮ってみたいです。3倍ですとASI 290MC等倍でこんな感じになると思います。先日直焦点で撮ったものを解像度を3倍にして合成してみました。

X3

迫力十分ですね。木星火星土星と立て続けに撮影好機になります。楽しみです。

| | コメント (2)

2018年4月24日 (火)

赤いカメラ届きました

こんなものが届きました。

Img_0606

ZWO ASI ASI290MC カラーカメラです。

Img_0607

火星大接近に備えてです。本当は星まつりで買おうと思っていたのですが、大接近はそれより前なので先に買ってしまいました。実はこういうの選定するのが苦手です。いつも誰かのアドバイスをもらっています。新天研の写真展の時、Wさんにいろいろお話を聞き、ズバリ何がお勧めですか、と訪ねたらこれを勧められました。Wさんは使いこなしていらっしゃいます。様々な販売店の作例にWさんの作品が紹介されています。どれも素晴らしい。あんなによく撮れるかなーちょっと自信ないです。

今まで持っていたカラーカメラは一番安いもので、解像度も低いし、USB2.0なので転送速度が遅く、毎秒数枚しか撮れません。これはUSB3.0で毎秒30枚以上は撮れるようです。しかし私はUSB3.0が付いているノートパソコンを持っていません。唯一ThinkPad X220がUSB3.0のExpress Cardを差し込むことで対応できます。それも取り寄せました。しかし問題が、USB3.0カードがツラ位置よりも引っ込んでしまうので十分差し込めません。カメラを認識しなかったり、してもUSB2.0として認識されたりと非常に安定しません。そこでケーブルのモールドを少しカットしました。

Img_0608

これできちんと差し込めて安定しました。

Img_0609

ただ、カード自体が非常に抜けやすい構造で、差し込んだらケーブルにうかつに触ることができません。気を付けないと。

ThinkPad X220は堅牢で安心感があります。気にいっているのがこれ。

Img_0610

キーボードを照らすライトが付いています。スイッチになるキーが一番左下と一番右上なので手探りでも点灯できます。まさに天体撮影を考えているかのよう。

ファーストライトを日曜日に撮りました。

20180422

シーイングも良くなかったし、色も変だし、全然良くないですが、まあ最初の一歩です。しかし気持ちよくスムーズに取り込めます。やっぱり買い換えてよかった。ちなみに左上はポシドニウス、好きなクレーターです。この後木星を撮ろうと思ったのですが曇られてしまいました。この夏は自宅でも楽しめそうです。

| | コメント (2)

2017年11月26日 (日)

なんとか成功

小型赤道儀CG-4(EQ3 GOTO)の赤緯側がどうにも調子悪くてなんとかならないかと調整を試みていましたが、なんとかうまくいきました。まず回転が渋いのを調整。方法がよくわからなかったのですが海外に動画がありました。日本に情報がほとんどないのってなぜなのでしょう。自分で調整できるくらいのマニアはこんな安物には手を出さないのでしょうか。海外は案外プアーな天文マニアも多く、自分で調整して使いこなそうとしているのかも。

やり方は極軸望遠鏡の蓋を開けて、そこからスパナを突っ込んでナットを回す。ちょっと意外でした。ナットは簡単に回ります。これの締め具合で調整します。ゆるくても自然に回らないような特殊なナットです。名前はなんというのでしょう。これでスムーズに回るようになりました。しかし若干偏芯しているみたいです。まあしかたないでしょう。

次にウォームホイールの調整。例えば北方向に回していて、南に反転しようとするとすぐに南に動かず、かなりの量をまず北に移動してから南に動き出します。逆もそう。この挙動には悩みました。バックラッシュが大きいのかと、強めに締め付けても治りません。いろいろ試行錯誤しながら手動の微動ハンドルをつけて回してみたら動作が再現します。もしかしたら締め付けが強いのでたわみが生じ、逆転するときにそのたわみが開放されて反対方向に動くのではないか、という仮説を立ててみました。ならば逆に締め付けを弱くすれば治るのでは。やってみたら見事改善しました。若干のバックラッシュは残りますが、赤経方向と同じ程度。ガイドにはまず問題ないでしょう。ひ弱な赤道儀ならではの問題ですかね。

土曜日は天気予報とGPVでは23時頃から晴れる様子。夕方まで雨が降っていましたが予報通り快晴になりました。試したくて物星台からテストを行いました。ガイドグラフは暴れることもありますが、安定するとこんな感じ。

20171125

いい成績ですね。

200mmを5分ガイドしてみました。

201711251

Co-Borg 36ED+1.1倍フラットナー(210mm)、EOS 60D(ノーマル)、5分×4枚+1分×4枚、ISO1600、CG-4、ガイド鏡ペンシルボーグ、QHY5-ⅡL、PHD2 Guiding、ノートリミング

ガイドミスはほとんどありません。きれいな点像です。200mm程度のガイドは十分できることが証明されました。

試しに赤道付近はどうか、やってみました。

201711252

こちらは5分1枚です。強トリミング、1/2縮小です。僅かに東西方向に流れていますがまず問題ない程度でしょう。赤緯は流れていません。赤緯側のガイドを止めてみましたが、少し流れます。やっぱり200mmでは2軸ガイドは必要のようです。

これでようやく短焦点望遠鏡でのガイドシステムができました。機材も少しですみますし、設営も楽。機動力が上がるかも。明日も晴れの予報。このところ週間予報が覆って晴れることが多いです。しかし上弦の月が深夜まで沈みませんので明日はお休みにします。新月期まで休息します。

| | コメント (6)

2017年10月 1日 (日)

再調整してみた

セレストロンの赤道儀CG-4(EQ3 GOTO)を再調整してみました。どうも動きがおかしい。コントローラーのカーソルキーで動かすと赤経側は反応が鈍く、キーを押してもすぐ動き出さず数秒後に動き出す。赤緯側は反応はするものの、挙動が変。一旦反対方向にちょっと戻ってから動きだすみたいな。先日のテスト撮影では一応ガイドはするものの、赤経側は修正信号が追いつかず流れていってしまう、という感じ。いくら安物赤道儀とはいえ、500mmを3分くらいは点になって欲しいものです。

まずこのギアボックスを外し、モーターとギアのアセンブリを六角レンチで外します。

Img_0505

このギアを指で回してみて遊びはないか、堅くないかなどチェックします。

Img_0501

遊びはありませんが、ちょっと堅い感じ。

Img_0503

この六角ネジとイモネジで調整します。堅すぎず、ガタつかず、わずかずつネジを回しながら調整します。ネジはほんのちょっと回すか回さないかくらいでも堅さが全然変わります。どこに決めるかはまさに職人芸ですね。私はとうていその域に達することはできません。コツはバカみたいに締め付けないことですね。そのへんの加減がわからず、前に持っていたSEⅡの調整は失敗しました。

組み立ててテストしましたが、やっぱり結果に変わりなし。どうもここでないみたいで、ギアボックスを取り付ける時の噛み合わせみたいです。ここは前緩めに止めていましたが、結構がっちり噛み合わせないとだめのようです。これでかなり改善されたようです。

赤緯側ですが、ここは前、ウォームの噛み合わせが全然だめで、同じような調整をして改善したつもりだったのですが、やっぱりギアボックスの取り付けもだめだったみたいです。この日は時間切れでこっちは別の日に持ち越しました。次の撮影期までに完璧に調整したいです。とはいっても元々が軽量級ですから、300mmくらいを5分程度でいいんですけどね。

| | コメント (2)

2017年9月26日 (火)

夜が長くなりました

3日連続して晴れています。今までの曇り続きがウソのようです。もう19時には薄明が終わります。ついこの間まで19時ってまだ日没にもならなかったような気がしてなりません。本当に日が短くなりました。しかし帰宅前にちょっと撮影ができていいです。普通の時間に帰れるため、無申告でいいので面倒がありません。遠くへ遠征出来ないときの赤塚の畑です。今日はいつもの場所でなく一番奥まで行ってみました。正解でした。車が1台近づいてきましたが、ここまではこなくて途中で曲がりました。たぶんいつもの撮影場所です。これからはここにします。

今日の目的はこの間調整したCG-4のテスト撮影。赤緯ウォームの噛み合わせが悪くてガタガタしてました。テストはたぶんこの赤道儀では最長であろう、490mm。miniBorg 60ED+1.4倍テレコンバータを付けました。この組み合わせではたぶん撮らないと思います。あくまでもテスト。

20170926

ISO3200で3分露光を7枚をコンポジットしました。やっぱりこの光学系は星雲撮影に向きません。ショボいです。肝心のガイド精度ですが。赤緯方向は問題なし。以前より格段に良くなっています。むしろ赤経方向のエラーが目立ちました。こっちも調整してみようと思います。やっぱり500mmクラスはこの赤道儀で難しいようです。リモートスイッチに触れただけでガイドグラフが暴れます。中望遠か300mm程度のminiBorgで撮ることになりそうです。まあ、元々それが目的でしたから問題ありません。しかしこのシステムだと機材が少ないですし、設営も楽。チョイ撮りに威力を発揮しそうです。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

晴れないので調整

今日は変わりやすい天気でした。朝晴れていたかと思えばいきなり雨が降るし、昼は晴れていても入道雲が遠くに見えています。夕方は日没後までほぼ快晴だったので、機材を用意して近くで撮影しようと外に出たら、あっという間に一面の雲。諦めました。

すぐ帰宅するのも勿体ないので、前からやろうと思っていたEQ6PROの高度調整ネジを調整しました。この機種特有の大変有名な不具合で、非常に堅く人間の手で回せないくらいです。毎度極軸合わせのたびに手を痛めています。多くの方は自分で調整していて、ネットでもたくさんの作業例が載っているので参考にしました。いまさら私が書いてもしかたがないんですけどね。

まず大変なのがプラスチックカバーを剥がすこと。

Img_0486

がっちりとボンドで貼り付けてあります。細いドライバーで無理矢理こじ開けるしかないのですが、割ってしまうという例がよく見受けられます。私も細い精密ドライバーで慎重にこじ開けてみました。やっぱり完全無傷で開けるのは難しい。少しカバーに傷が付くのはしかたないみたいです。

少し隙間が出来たら不要になったクレジットカードやポイントカードを差し込み、少しずつ回すように剥ぎ取っていきます。カードが引っかかるので指標は外しておきましょう。

Img_0489

これは私がノートパソコンを分解するときに使うワザ。こうすれば傷つけずにうまく開けられます。2枚使うこともあります。持ち上げて無理矢理剥がそうとすると割れることがあるので注意してください。私も5mmくらいヒビが入ってしまいました。

外れました。

Img_0490

3本のイモネジをレンチで緩めます。そんなにきつくないです。緩めるとクランプでスムーズに高度調整できるようになります。ついでにクランプにグリスを塗っておくといいです。

カバーが少し傷ついたのでヤスリをかけて修正。また剥がすことがあるかもしれないので、両面テープで貼り付けました。

Img_0491

なんでこんなに堅いんでしょうね。作業者に、とにかく力の限り締め付けろ、という指示でもあるのでしょうか。しかしユーザーの声は反映されないのですね。さすがは○国製と言うべきか。

この後帰宅しました。帰った瞬間土砂降りの雨。予報では雨が降るような様子はなかったのに。しかし雨はすぐに止み、再び空には星が。最近の天気は本当に読めないです。

| | コメント (2)

2017年5月29日 (月)

CG-4ガイドテスト

極軸望遠鏡を付けたCG-4でガイドテストをしました。

今日の朝は澄みきった快晴。予報でも一日晴れなので夜も100%大丈夫だろうと思ったら午後から薄雲が。日が沈む頃には本曇りに。しかし特に気圧配置は下り坂ではないので晴れるだろうと思ったら案の定薄明終了頃には雲がなくなりました。しかし透明度は最悪です。朝の透明感はどこへいったのか。

これはイメージです。

201705292

月まであって、北極星ですら霞んで見つけにくい感じ。でもなんとか極望使って合わせました。しかし、機材が軽くて少ないのはいいです。普段の半分くらいです。設定も始めてからガイド開始まで30分もかかりませんでした。とりあえず対象はしし座トリオにしました。

5分露光。盛大にカブリます。液晶画面では真っ白でなにも見えません。帰ってから画像処理でなんとか星が浮かんで来ました。

201705291

mini Borg 60ED×0.85レデューサー(298mm)、Astro 60D(約-9℃)、ISO1600、CG-4オートガイド、5分×5枚

構図外したのでトリミングしてあります。液晶で見えないので修正もできませんでした。ほぼガイドミスはありません。等倍で僅かに流れていますが、私にとっては許容範囲です。今持っている屈折で最長ですが、満足な結果です。これでお気軽中望遠ガイドシステムが出来上がりました。チョイ撮りのために重いEQ6PROを持ち出さなくて済みます。夏の対象撮影に活躍してもらいます。

| | コメント (10)

2017年5月28日 (日)

極望を付けました

CG-4に極軸望遠鏡を付けました。

Img_0440

ほとんどの人には役に立たない情報でしょうが、一応紹介します。

Celestron純正のは高いので、安いSky-Watcher製にしました。同じもののはずです。しかし少し違うようです。Celestronのはレチクルパターンが簡易星図式で、北斗七星かカシオペアの位置で大体合わせ、北極星を導入するものです。目盛盤には何も印刷されていません。Sky-Watcherのは時角式というのでしょうか。時計の文字盤に見立てたレチクルパターンが印刷されていて、コントローラーが示す現在の北極星の位置に合わせ、文字盤のそこに北極星を導入します。目盛盤は飾りで役に立ちません。

取り付けは簡単、今付いているダミーのスリーブを外し、そこにねじ込みます。取り外したこれは本来なんの使い道があるのでしょう。

Img_0443

取り付けたあとは光軸調整をします。この六角ネジを回して調整します。

Img_0442

手持ちのインチサイズの一番小さな六角レンチがなんとか使えました。回しにくい。サイズが微妙に違うのかもしれません。私は極軸望遠鏡の光軸合わせは望遠鏡を傾けるのだと思っていましたが、レチクル板を平行移動して合わせます。緩めすぎると外れてしまいます。ごくわずかずつ緩めては締めるを繰り返します。合わせ方はどの極軸望遠鏡でも共通で、赤経軸を左右どちらか90度傾けて遠くの目標に合わせ、180度回転させてずれた分の真ん中に来るよう六角ネジを調整。さらに180度戻し再びずれた分の真ん中に調整。これの繰り返しで追い込んで行きます。コツをつかめば簡単でした。出来ればバランスウェイト軸が真下にある状態でパターンの0時が真上に来るように調整したいです。少しずれてしまいましたが、ここは正確でなくてもいいと割り切ります。

さて、まだ実際にこれで合わせたことがありません。明日は晴れそうですのでテストがてら撮影できればいいです。平日なので遠くへは行けないし、近くで1時間くらいでしょう。何を撮ろうかな。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

チョイ見用赤道儀

こんなものが届きました。思ったよりでかくて重い。

Img_0433

Celestron CG-4赤道儀です。GOTO仕様です。中古ですが、あまり傷もなくきれいです。

Img_0434

これはSky Watcher のEQ3のOEM品です。Celestron純正ではGOTOキットがないので、EQ3用のものがついていました。目的の一つはHD800を載せるということです。早速載せてみました。

Img_0435

なかなかバランスいいです。耐荷重は公称5.5kg、ぎりぎりですが、若干余裕があるようです。購入元のショップの説明には眼視なら8kg、撮影なら6kgくらいは大丈夫とのことです。電源を入れてみましたが、EQ6PROと同じ感覚でウィンウィン動きます。全然問題ないです。

用途としてはEQ6PROを出すまでもない、玄関先観望や撮影のため。結構EQ6PROは重いし出すのがしんどいので、HD800でちょっと覗いてみたいと思ってもなかなか億劫でした。でもこれなら観望や月惑星撮影にすぐに出せます。もちろん決心した大きな理由は物星台で見るためです。チョイ見に結構役立ちそうです。

こんな感じの小型赤道儀でSmartEQ Proを一時持っていましたが、かなり弱くて正直役に立ちませんでした。しかしこれは結構丈夫です。クランプもしっかりしていて勝手に回ることはありません。さすがに剛性はやや弱く、手で押せば多少はたわみますが、撮影時に触らなければいいだけのこと。十分使えると思います。

それからもうひとつの使いみちは mini Borgクラスの望遠鏡や望遠レンズでオートガイドをすること。

Img_0437

かなり余裕があります。バランスウェイトもついてきたものでなく、ビクセンのGP2用のもの1個で足ります。遠征時に荷物が少なくなるのは助かります。この赤道儀はGP2のクローンのようですね。バランスウェイトとか三脚は互換性があるらしいです。残念ながら、極軸望遠鏡はついてきませんでした。後で買おうと思います。 PoleMasterにしようかとも考えていますが、短焦点ガイドや眼視、月惑星撮影なので準備が簡単な極軸望遠鏡方式にしようと思っています。

ファーストライトで木星でも撮ろうと思ったら、暗くなったころは厚い雲でした。せっかく温度順応までしたのに。明日以降ですね。

しかし軽い。三脚に赤道儀本体、ウェイトを付けたままでも持ち運べます。職場ではこんな風に保管しようと思います。

Img_0438

ちょっと見、他の人には買ったこと、気が付かれないかもしれません。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧