2018年10月31日 (水)

ただのネジが

こんなものが海外から届きました。

Img_0832

OPTで買った、HD800に使うBob's Knobs。手回しできる光軸調整ネジです。

Img_0833

こんな感じに付けます。

Img_0838

つまみ付きのただの3mmnネジです。そこらのホームセンターで買えば3本でも数百円で買えそうなもの。10倍以上です。しかし、専用だけあって黒く塗ってあったり、長さも各鏡筒に合わせきっちりあっていて蓋もちゃんと閉まるようになっています。自分でこんなの探したり、加工したり色塗ったりする手間考えると高くもないのかも。日本の販売店でも売っていましたが、どこも在庫なしで納期2~3週間とか。OPTに在庫が1個ありました。送料入れると日本で買うのと同じくらいの値段ですが、英語で書かれた荷物が届くのもちょっとカッコイイという思いもあってポチってしまいました。支払いはPaypalです。あんまり簡単すぎてセキュリティ大丈夫かな、とか思うくらいです。さすがに在庫ありでも2週間くらいかかりました。早いと4~5日で届くこともありますが、なんか特急料金払った気もします。ネジを交換した時たぶん光軸狂ったでしょう。次に使うときは光軸合わせからです。実際の星見ながらやったほうが簡単そうです。あんまり追い込むほど合わせるという性分でもないので、大きく狂っていなければいいか、とか軽く考えています。だからなかなかいい写真が撮れないんでしょうね。

| | コメント (8)

2018年10月12日 (金)

光害カットフィルターを選ぶ

こんなものが届きました。

Img_0804

LPR-N、光害カットフィルターです。

Img_0805

サイズは48mm(2インチ)、もちろんASI1600MC-COOLに付けるためです。こんな感じに取り付きました。

Img_0807

効果のほどは

Img_0806

左3つの水銀灯がフィルターを通したものです。効果が見て取れます。

これをチョイスするにあたり、数ある光害カットフィルターからどれを選ぶかずいぶん悩みました。せっかくなので特徴をまとめて挙げます。ただし難しい特性グラフはなし。眼視用とナローも除きました。

LPS-P2
最も一般的で私もFFタイプを持っています。しかし赤っぽく写るのでカラーバランス取るのが難しく、光害カットフィルターとして使うことはほとんどなく、赤い星雲を強調するのに使っています。

LPS-D1
LPS-P2より赤カブリが抑えられていて青っぽく写ります。赤っぽく写るのを避けたかったので、購入第一候補でしたが、在庫無しで購入を断念。

LPS-D2
最新のLEDライトをカットするフィルターです。しかし他にカットする部分も多く、露出倍数が大きいのと、色が乏しくなりそうなので候補にしませんでした。案外まだまだ蛍光灯や水銀灯のほうが多く、LEDライトって上方にはあまり向いていないイメージなのでどれほどの効果があるかわからないというのも理由です。それにちょっと高い。

CLS
おおざっぱにばっさりカットされているので失うものが大きすぎます。その分安いですが。

Kenko ASTRO LPR Type 2
ほとんどLPS-P2と同じ。ちょっと高いし選ぶ意味ないかも。

LPR-N
実はあまり想定していませんでした。LPS-P2と似ていますが、赤っぽくならないので私の好みに合いそうです。露出倍数も小さいです。その分光害カット性能は落ちるのでしょうが、それほど酷い光害地でもないので間に合いそうです。値段もアマゾンで1万円以下だったし、これに決定!

さて、試写はいつになるでしょう。明日から少し晴れ間がありそうです。晴れ間を縫ってさっそく試してみたいです。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

ベイヤー配列を調べる

ASI1600MC-COOLはRAWで保存するとディベイヤー処理しないと色が出ません。今まではステライメージやAutoStakkertで試行錯誤して色を付けていましたが、正しいかどうか自信がありません。そこできちんと調べてみることにしました。

カメラのロゴを正立させて撮ると画像は逆さまに出てきます。普段はデジ一なのでちょっと違和感ありますが、考えてみると直焦点ですから当たり前です。

試してみるとGRGB配列で正しい色が出ることがわかりました。

Normal_grgb

画像処理の段階でひっくり返したり、カメラを回転させてもいいのですが、SharpCapの設定で倒立することができます。

Both_grgb

なんと色が変。他の配列を試すとGBRG配列で正しくなることがわかりました。

Both_gbrg

初めなんでこんなことが起こるのか不思議でしたが、よーく考えてなんとなく理解ができました。これを頭に入れて画像処理しなければなりません。

台風の来る日です。透明度が良く遠くの山々がよく見えました。うちの職場の窓からは会津磐梯山をわずかに見ることができます。

Aizubandaisan

miniBorg 45ED+1.4倍エクステンダー+2倍テレプラス+ASI1600MC-COOL、35mm相当では1680mmです。しかしなかなかこんなよく撮れることはありません。

クオリアという概念があります。自分が赤と思っている色が実は他人にとっては青く見えているということはあり得ないことではないと。ただしそれを証明することはできない、みたいな・・・もしかして個人個人の網膜のベイヤー配列が異なるならばあり得るかもしれないですね。

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

冷やしカメラファーストライト

星まつりで買ったASI1600MC-COOLは結局こういう形で使うことにしました。

Img_0782_2

買ってあったマウントアダプタは冷却カメラで使うとカメラレンズで無限遠が出ません。しかたがないので別のに買い換え、元のほうはドナドナしてしまいました。ほぼ等価で売れたので満足。フランジバックをEOSと同じに調整し、EOSと置き換えが可能。レデューサ付けるとバックフォーカスを合わせなければなりませんが、これならただマウントに付けるだけでOKです。もうこれで固定してしまおうと思います。DSO専用に決まりです。

昨日9月2日は夕方まで雲がありましたが、22時を過ぎた頃から晴れてきました。もう遅いし、なかなか上がらないモチベーションを奮い起こしてなんとか設置。とりあえず映ることを確認しました。

1

ソフトはSharpCapを使います。これは冷却前の画像。

冷却後です。約-10℃

2

ノイズが減っていますね。やっぱり効果あります。初め、電源をつないでもファンが回らず焦りました。よく見るとソフトの方から冷却をコントロールするのですね。ONにし、温度を-10℃に設定すると数分でその温度まで下がりました。

SharpCapには電視観望用にライブスタックがあります。

3

恥ずかしながら電視観望には欠かせない機能だというのはこの間知りました。どんなソフトを使うのかもわからなかったのですが、いつも使っているこれにあるとは。灯台下暗しです。しかしパラメーターがいろいろあってまだよくわかりません。電視観望は初心者です。勉強します。しかしリアルタイムでこんな滑らかな画像を見られるなんてちょっと感動。

静止画で写真も撮ってみました。

23_59_58_lapl4_ap109_fc

HD800+0.7倍レデューサー、3×3ビニングで3秒×32枚コンポジットしました。オードガイドなしです。TIFFで保存したのですが、Photoshopで開いてもやっぱり色が付いていません。ちょっと調べてみたらディベイヤーという処理をしないと色が付かないんですね。ステライメージにもありますが、AutoStakkertにもその機能がありました。これでディベイヤーしてスタックも同時にできました。まあ、これを見る限り様々な難関を突破しなければ作品と呼べるものにするのは難しいみたいですね。画質だけならAstro 60Dの方が勝っています。しかし高感度、お手軽という長所を生かし、普段あまりレンズを向けないDSOなどいろいろ撮ってみたいです。

| | コメント (8)

2018年7月22日 (日)

ポチったもの~これが最後~

ようやくポチっていたものが全部入ってきました。これです。

Img_0729

中は

Img_0730

2倍のフォーカルエクステンダーでした。実は1週間くらい前に届いたのですが、他の記事を優先にして報告してませんでした。20日の三惑星もこれで撮っています。

やっぱり3倍は私には使いこなせません。そっちはオークションに出してこっちに買い換えました。天文道さんに頼みました。在庫無しで一ヶ月くらいかかったかも。なんとか大接近に間に合いました。

それからこれはたいしたものではありませんが、外付けSSDケース。余っていた120GBのSSDを入れました。

Img_0741

動画はパソコン内のSSDに保存していましたが、ノートパソコンで画像処理はやりにくいので一旦デスクトップにコピーするのですが、USBメモリを介すると時間が30分くらいかかる。毎回これではめんどくさいので直接USB3.0接続のSSDに保存するようにしました。これでコピーの時間はゼロになりました。

今日の火星です。

201807221

左がエクステンダーなし、右があり。無理に拡大するのは好きでないのでこれくらいがちょうどいいです。大シルチスが見えます。ようやく砂嵐も収まりつつあるようです。やっぱり大シルチスがこっちを向いていると火星らしいですね。しかし時期を逃すとひと月くらいはこっちを向かないようです。今回はちょうど大接近前後にこっちを向きますので都合がいいです。次は9月まで見えないのでその頃になるともうだいぶ小さくなっていますし、今年の大接近はラッキーです。

今日はポールマスターで極軸も合わせ直したし、EQDIRECTでも導入もうまくいったし、撮影環境は整いました。雨が降らなければしばらくこのまま赤道儀は動かしません。この暑さでひと雨欲しいところですが、大接近過ぎまでは降らないで欲しいとか、複雑な気持ちです。

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

ゲームパッドを付けてみた

買い物はまだまだ続く。こんなものが届きました。

Img_0731

PC用ワイヤレスゲームパッドです。

Img_0732

EQDIRECTでこの間惑星観望してみました。確かにパソコンから操作できるのって楽です。しかしアライメントするには結局接眼レンズ覗きながら微調整しなければならないわけで、そうするとコントローラーではなくパソコンを抱えなければならないことになります。それも接眼レンズとPC画面を交互に見なければならず、かなりの苦行です。これはとてもだめです。そこで必要ないと思っていたゲームパッドを導入することにしました。せっかくなのでワイヤレスに。紐付きでないってかなり快適です。ネット見ていたら設定とか面倒そうに書かれていたのですが、つないでみたら設定なんてなにもしなくてもそのままで動いちゃいました。しかし基本の十字カーソル以外はボタンの機能割り当てをしなおしたほうが便利そうです。自分なりによく使いそうな機能を選んで割り当てました。

Img_0733

ジョイスティックでも動きます。しかしせっかくのアナログなのにそれが有効に使われていないのが勿体ないです。でも、赤道儀をリモコン操作できるのって、鉄人28号を操縦しているようでなんかカッコいいです。最近はタブレットとかスマホで赤道儀を操作するのが流行みたいですが、あれ苦手です。やっぱり物理スイッチがないと私のような年寄りは使いづらいです。しかし私はゲームやったことがないのでこの手のゲームパッド使うのは初めてです。MSXのゲームパッドで遊んだことはありましたが、あれ十字カーソルが右なんですよね。そっちが慣れているので探してみましたがあるはずもありません。まあ、左十字カーソルに慣れようと思います。

やっと火星も物星台から観られるようになりました。次の晴れ間には初対面になりそうです。

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

マウントアダプタ買ってみた

買い物はさらに続きます。EOS用マウントアダプタ買ってみました。

Img_0711

電気羊屋さんに注文しました。何種類もあってどれがいいかわかりませんでしたが、とりあえず一番汎用性が高そうなものにしてみました。31.7mmスリーブも付いていますし、光路長も調整可能なので一番いいかなと。本当はスリーブでつなぎたかったのですが、EOSレンズのフランジバックは44mmです。スリーブ接続だとオーバーします。仕方がないのでスリーブは外し、ネジ止めしました。こんな感じ。

Img_0713

ASI290MCをSAMYANG 135mmにつけてみました。バッチリ無限遠でピントが合います。APS-C相当でだいたい600mmくらいのようです。明るいレンズですし、大型銀河や散光星雲を気軽に観望できそうです。

しかし、つけてみると取り付けが超硬い。付けたら最後、外すのに一苦労です。高精度を謳っているので仕様らしいですが、暗闇での取り外しは大変。落っことしかねません。それで前に買ってあったこんなのに交換しました。

Img_0714

右が今回買ったものについていたもの。左は前から持っていたアマゾンで買った接写リングの1部。ボーグの延長筒代わりに買ったのですが。 60mmのオスメスネジなので使えませんでした。今回買ったものと寸法やネジの仕様がほぼ同じ。

Img_0715

取り外しは大変軽くなりました。ただし若干ガタはあります。まあ、それほど精度を必要としませんのでこっちがいいです。結局マウント部と31.7mmスリーブはいらなくなりました。まあ、31.7mmスリーブはTマウントなのでいくらでも使いみちあります。そう考えると案外安い買い物だったかもしれません。光路長調整可能なM60メス→Tマウントオスアダプタはボーグパーツでは実現不可能でしたし。さて、これで電子観望がうまくいけば自宅での楽しみが大幅に増えます。でもますます遠征から遠のくかも。

| | コメント (2)

2018年6月27日 (水)

EQDIRECT導入してみました

買い物はどんどん続きます。こんなものが届きました。

Img_0707

USBをTTLレベルのシリアル信号に変換するケーブルです。ここから買いました。変換用ICがモールド部に組み込まれていてすっきりしています。なんでこんなもの買ったかというと、リモート撮影で対象導入のために微調整したかったからです。ステラナビゲータでもできますが、ちょっと調子が悪い。それに惑星撮影のために立ち上げるのも面倒。パソコンからコントローラーを制御できないかと調べていたらEQDIRECTというものでできることがわかりました。コントローラーを操作するというより、パソコン自身がコントローラーになっちゃうんですね。そのためにコントローラーは取っ払ってこのケーブルでパソコンと赤道儀を直結します。CG-4(EQ3 GOTO)につなぐためにケーブルの片側をRJ45コネクタにしなければなりません。

Img_0708

職場にはこんなものがあるので簡単にできてしまいました。この圧着器結構高いんですよね。とても個人じゃ買えません(購入当時2万5千円、今ならホームセンターで2千円でした)。結線は3本だけです。RXとTXとGNDだけ。シンプルです。いろんなサイトに結線図ありますので参考になりました。

CG-4には直結できますが、EQ6PROはD-subなので差し込めません。しかし考えてみたらコントローラーのケーブルの片側はRJ45です。つまり延長アダプタを噛ませればOK。

Img_0709

もう1本作るか、変換コードを作らなければならないかと思いましたが助かりました。ドライバは購入先のサイトからダウンロードできました(Windows 10はドライバ不要でした)。さて、パソコンにASCOMプラットフォームとEQASCOMをダウンロードしてインストール。使い方はほとんどわかりません。そもそもEQASCOMとかEQMODとか、EQDIRECTとかいう言葉の意味すらわかりません。それでも優しく説明してあるサイトを参考にその通りにやってみました・・・動きません。接続はしていているようですがモーターが回りません。いろんなサイトを見て回りわかりました。まずはパークキングを外して、恒星時追尾を開始しないと動かないようです。動きました。パソコンからの操作でビュンビュン動きます。わかったことですが、キャリブレーションや導入はこれだけではできず、結局ASCOM対応の導入ソフトがいるんですね。私の場合はステラナビゲータです。ステラナビゲータを立ち上げ、ASCOMで接続するとステラナビゲータ上からマウスで選んで任意の星でキャリブレーションできます。これは便利です。コントローラーだとマイナーな星だとどれだかわからずキャリブレーションできませんでしたから。

しかし機能がたくさんあって使いこなすのに時間がかかりそうです。英語ですしゆっくり勉強していきます。これが導入できたあかつきには物星台に上がらなくてもすべてリモートで操作できそうです。カメラの回転とフォーカスもできればいいのですが、それだけは難しそうです。

※6月30日 誤記がたくさんありましたので修正しました。

| | コメント (2)

2018年6月21日 (木)

ポチったもの~第二弾~

こんなものが海外から届きました。

Img_0687

HD800用の電動フォーカサーでした。送料合わせて250ドルでした。日本でも売られていますが、4万円くらい。1万円違うならと海外サイトでポチしてしまいました。

Img_0689

もっと面白いものかと思われていた方、すみません。期待を裏切りつまらないものでしたね。カメラやレンズとか、出てくる画像が変わるものなら楽しいんでしょうけど、補助的なもので、あってもなくてもいいっちゃいいものですからね。でも数千mmで惑星撮るとき、パソコンの画像見ながら手を伸ばしてフォーカスノブを回すのって結構つらいですし、ぶれて合わせにくいし、これは必須だと思い、思い切って買っちゃいました。土曜日に開封しようかと思っていましたが、週末晴れそうなので前倒しで今日開けてしまいました。

まずはこのフォーカスノブのゴムを外します。

Img_0691

外しかたがわかりません。しばし悩みましたがネットを検索したら同じものの取り付け方を紹介しているサイトがあったのでそれを参考にしました。無理矢理引っ張るのです。

Img_0692

取れました。素手では無理だったので定規でこじって少しずつ抜いていきました。しかし説明書がわかりにくい。汎用性があるのですが、HD800に準拠していません。まあ、構造はシンプルなので適当になんとか取り付きました。しかし動きません。モーターは回りますが。フォーカスが動きません。フォーカスノブを外すとき、なにか全体が抜けた感じがしたのでもしかしたら壊したのか・・・嫌な予感がします。1時間くらい悩みました。わかったこと、モーターを取り付ける治具をネジ留めする時、あのオレンジのフランジを取ってはいけないのです。説明書見ても書いてありませんし、参考にしたサイトでもそれは外していました。しかしこれを取ってしまうと回転しても突っ張りが効かなくてミラーが前後に動きません。オレンジのフランジはそれを抑える役目をしています。ですのでフランジと治具は共締めしなければなりません。

Img_0693

フランジは3本のネジで固定してあるのに治具は2本の理由がわかりました。1本は残しておいてフランジを固定しておく、ってことなのですね。

完成です。

Img_0695

動きました。モーターを固定するネジはイモネジのようですが、手回しできるビスも付いてきたのでそっちで固定しました。いざというとき簡単に取り外せて手動でもピント合わせできます。

週末テストできるでしょうか。しかしなんとなくシーイング悪そうです。最良のシーイングでないと威力発揮できないでしょうね。

| | コメント (4)

2018年6月14日 (木)

今更のレンズヒーター

今日は新月。透明度が大変良く、天気予報も夜は晴れ。久しぶりに遠征する気で準備して職場に行きました。しかし夕方からだんだん薄雲が空を覆ってきました。衛星画像を見ても消える雲ではなさそう。結局新月期は晴れないという法則は今月も発動されてしまいました。週間予報ではしばらく晴れそうだったのですが、だんだん悪くなってきます。ホント、去年から今年にかけてどうなっているんでしょう。

こんな準備までしていたのに

Img_0674

今更ですが、レンズヒーターを買いました。今までは白金カイロを使っていましたが、やっぱり面倒。用意していっても曇られるとその分燃料が無駄になってしまいます。反射用とガイド鏡用はすでにヒーター化してありましたが、レンズ用はまだでした。ネット見ていたら意外に安いものがあるのでポチしてしまいました。電源はモバイルバッテリーを使います。説明を見ると10000mAhは必要とのことで数千円を覚悟していたのですが、こっちも安い。2千円しませんでした。前に5000mAh買った時は5千円くらいしたと思いました。結構熱くなります。ちょっと触ると低温やけど起こしそう。大丈夫かなー。

最近機材だけが無駄に増えてきている感じです。あるものを海外発注もしています。まだ届きません。星が見れないのにこんなのでいいのか・・・

| | コメント (4)

より以前の記事一覧