2019年2月18日 (月)

AZ-GTi導入記~その4~

AZ-GTiは結局赤道儀化してしまいました。しないと言いながら、できることに手を出さないのは性分として我慢ならないので、使う使わないにかかわらず、とにかくやらないと気が済みません。

傾けるのにはちょうど2年前の星まつりでほんまかさんから買ったアングルプレートが役立ちました。買ったときは使うかどうかもわからなかったのですが、安かったから買っただけ。ここで役立つとは思いませんでした。底には3/8インチネジ穴が切ってあるので三脚には付きます。しかし傾斜側にはカメラネジの貫通穴しかありません。3/8インチネジが入るようにしなければなりません。ろくな工具がないのでリーマーでセコセコと広げます。20分位かかってようやく通るようになりました。3/8インチキャップボルトはアマゾンから買いました。500円でした。ホームセンターにも安い普通のボルトがあったのでそっちでもよかったかも。バランスウェイトをつけるシャフトはホームセンターで12mmnの寸切りボルトを買いました。材料費はしめて632円でした。ビクセンのバランスウェイトを通してみましたが、シャフトが細くて止まりません。職場にあった配線をまとめるスパイラルチューブを巻きました。ちょっとグラグラしますが、なんとか止まりました。

こんなふうになりました。望遠鏡の構成はあくまで見本。これで観望するわけではありません。

Img_0916

次はファームウェアのアップデートです。検索してみるとすでに赤道儀化された先達の方のブログにダウンロード先があります。ダウンロードしてアップデートしてみました。

アップデート前

1

アップデート後

2

なんと、バージョンダウンしています。まあ、確かに赤道儀化されていますが、バージョンが下がるのは許せません。確か最新は3.16だったはず。ブログのリンクはファイルへの直リンだったので、気が付きませんでした。できれば直リンはしないで一つ上のダウンロードページにしてください。

ついでにアップデータも新しいものにして、めでたく3.16にアップデート成功。

3

接続時、こんなふうに経緯台と赤道儀が選べます。

4

薄雲ながら月が出ていたので外に出して試してみました。北極星が見えないので適当に北に向けます。う~ん、なんとなく使いづらい感じ。眼視のみなら経緯台のほうが使いやすいです。これで写真撮るかといえば、重さとか手軽さはCG-4(EQ3 GOTO)とたいして変わらないのでなんとも微妙です。やっぱりこれは経緯台で眼視、もしくは月の直焦点撮影に威力を発揮するものと感じました。まあ、でも可能性が増えただけでも良かったこととします。遠征時の撮影の合間にのんびり観望するのもいいかもしれません。

| | コメント (2)

2019年1月30日 (水)

AZ-GTi導入記~その3~

久々に晴れました。ちょっとプチ遠征でもしたかったですが、そこまで天気が持ちそうにもないし、そんなにクリアな空でもないので辞めました。家でAZ-GTiのテストにします。専用三脚を買いました。Satoさん情報でタカナシカメラに行ってみました。一つだけ結構良さそうなものがありました。しばし悩みましたが、思い切って購入。ほぼジャンクですが仮にもマンフロットです。でかくて重いですが頑丈。持ち運びはたぶんしないので重くて結構。この選択で良かったのかとその後○ードオフにも行ってみましたが、これより程度の悪いものがこれより高い。やっぱりハー○オフの値付けは怪しい。あそこはジャンクを買うところだと思っています。Satoさん、ありがとうございました。

帰って早々に三脚に取り付け、物星台に上げます。スマホで導入。まずはアライメント。しかし、お尻がアライメント星に向いてしまいました。ホームポジションは北に向かって左側に望遠鏡がくるようにセットしなければなりません。基本ですので覚えておかないと。アライメントの仕方がよくわかりません。カーソルキーで微調整して、真ん中に持ってくるとアライメント完了のボタンが押せません。しばし考えてみたところ、どうもモーターが止まった時にカーソルキーの1つか2つが点滅しているのですが、それを押さないと完了ボタンが押せないようなのです。これになんの意味があるのかわかりません。押した方向に星があるとも限らないのですが。その動作を繰り返して真ん中に入れなんとかアライメント成功。短焦点なら結構1点アライメントでも正確です。

あんまり空の状態がよくないので明るい対象を導入してみました。オリオン大星雲です。

20190130

コ・ボーグにASI-1600MC-COOLを付けて40秒23コマをライブコンポジットしました。経緯台のいいところは、カーソルの上下左右が視野の動きと一致するので、導入が直感的にできること。デメリットは必ずしも視野の上が北にならないこと。普通は天頂です。視野回転は結構大きいです。これはほぼ子午線上でしたのであまり回転しませんでしたが、少し外れると30秒でもかなり回転してライブコンポジットしてくれません。星雲星団撮影はやっぱりこれでは難しいとわかりました。眼視か月惑星向きです。それでもこの気軽さは大きなアドバンテージです。観望の敷居が低くなったのは間違いなさそうです。


せっかくなので最後に撮ったプレセペを追加します。

201901302

30秒5枚。10数枚くらい撮りましたが、半分以上はライブコンポジットしてくれませんでした。周辺を見ると頑張ってくれていそうなのですが。45秒露出でも視野回転は如実にわかります。経緯台は隅まで点像にしようと思ったら30秒までが限界のようです。

| | コメント (6)

2019年1月29日 (火)

AZ-GTi導入記~その2~

AZ-GTiを物星台で使うとなれば、家の中からリモート操作をしたくなるのが人情。そこでSynscan ProのWindows版を撮影用PCにインストールしました。これでPC1台で導入も撮像もできます。しかしWi-FiをAZ-GTiで使ってしまうと、家のPCからリモートで接続できません。そこで考えました。USBの無線LAN子機を撮影用PCに刺し、Wi-Fiを2系統にしました。1つはAZ-GTiに接続し、もうひとつを家のWi-Fiルーターに接続します。

MacBookのWindows側から操作しているところです。

Img_0910

Windows標準のリモートデスクトップを使っています。ちゃんとウィンウィン動きます。相変わらず生活感がにじみ出ていますが、奥がAZ-GTi、真ん中が撮影用PC、手前がMacBook、こたつの上にくまモンのコーヒーカップ、オフハウスで54円で買いました。

1つのパソコンに複数のネットワークアダプタを付けて、それぞれに違う系統のネットに繋ぐのは、外のインターネットと、社内ネットワークを遮断したいときにたまに使った方法です。自分でこんなことで活用するとか思ってもいませんでした。

冬場はネタがないのでこんなふうに情報を小出しにしないと更新が滞りそうです。まだまだ続く・・・かも。

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

AZ-GTi導入記~その1~

今日の日曜日、やっとAZ-GTiを使ってみました。晴れないので室内です。我が家の雑多なリビングには目をつむってください。

 

Img_0906

とりあえず形だけでもと、36EDにASI1600MC-COOLを付けて載せてみました。これくらいなら天頂に向けても干渉しません。コントローラーにはiPhoneにSynscan Proをインストールしました。私はスマホは使っていないのですが、娘のお下がりのiPhone 4SをもらってWi-Fiのみでたまに使っています。こんなときに役立ちます。ついでにAndroidタブレットにも入れました。大画面なので見やすいです。

 

SynscanとSynscan Proがあります。マニュアルはSynscanのほうを推奨していますが、両方入れてみました。経緯台ですが、ホームポジションがあります。望遠鏡を北に向けて水平にして電源をいれます。ここがホームポジションになります。接続は至って簡単。AZ-GTiが無線LAN親機として見えるので、暗号化キーなしでタップするだけで繋がります。もちろん位置情報と時刻設定はスマホから自動的にセットされます。

 

アライメントは1スターと2スターがあります。Proはさらに3スターまで。1スターの場合はすぐにモーターが動き出し、大体の方角に向かいます。止まったら微調整して完了。2スター以上だとモーターは自動では動かず、手動で導入します。1スターのほうが簡単ですね。精度は落ちるのでしょうけど。たぶんエンコーダーを内蔵しているのでクランプを緩めて導入してもいいのだと思いますが、よくわかりません。星が見えるときに実際にやってみます。やってみたかった太陽アライメントですが、アライメント対象に太陽がありません。探してみるとProにある、アドバンストモードで太陽観察をONにしなければならないことがわかりました。これが手が込んでいて、2桁の足し算の答えを入力しないとONになりません。ビギナープルーフなんでしょうね。

 

アライメント後は目的天体が導入可能です。データベースも充実しています。日本語と英語がごっちゃになっていますが、まあだいたいわかりそうです。導入音はDCモーターにしては意外に静か。高速はそれなりにしますが、中速以下はほぼ無音です。しかし詳しいマニュアルがネットにも存在しませんし、ヘルプも全然詳しくないので使い方のわからない機能がいくつもあります。ポイント&ゴーという機能があるのですが、なんだと思ったら、スマホが向いている方向に自動で望遠鏡を向ける機能です。そういえばアイコンがそれっぽいです。おおざっぱですが、結構便利そうです。

 

なかなかにおもしろいおもちゃです。眼視に威力を発揮しそうです。カメラの三脚の雲台を外してつけていますが、専用の三脚が欲しくなりました。Sky-Watcherのはちょっと弱そうなので中古でもハードオフを探してみます。止めねじが通常のカメラネジより太い3/8インチなので1/4インチからの変換アダプタが必要になるかもしれません。

| | コメント (4)

2019年1月23日 (水)

冬の暇つぶしに

こんなものが届きました。箱になにも書いていない、いたってシンプル。

Img_0899

中身は・・・

Img_0902

Sky Watcher AZ-GTiでした。

Img_0904

自動導入経緯台です。スマホ、タブレットから無線でコントロールします。赤道儀は中型、小型、ポタ赤と3台ありますが、ちょっと月でも見たいなー、と思ってもいちいち出すのがめんどくさい。三脚出して、赤道儀乗っけて、極軸合わせて、バランスウェイト付けて、望遠鏡取り付けて、電源つないで、コントローラ(またはPC)つないで、やっと準備完了です。これだったら外に出して、望遠鏡付けて、スマホと接続して、アライメント取って、完了。簡単そうです。まあ、まだやっていないんでわかりませんが、チョイ見のハードルはかなり低くなるのではないかと思います。とはいえ、小口径屈折くらいでしょうね。HD800を付けているかたもいらっしゃるみたいですがどうなんでしょう。実験くらいはしてみたいです。主な目的は電視観望です。手軽に星雲星団巡りを家のパソコンからのんびりやりたい。それに1点アライメントができるので、昼間に太陽でアライメント取って、金星や水星観望も簡単にできるのでは、と思っています。傾けると赤道儀にもなるようですが、それはあまり考えていません。手軽さを優先します。使い方はまだよくわかっていません。ちょっと難しそうなのは覚悟しています。三脚も買っていないのでどうやって載せるかも考えなければいけません。どうせしばらく晴れそうにないですし、冬ごもり中のいい暇つぶしになりそうです。

| | コメント (4)

2018年10月31日 (水)

ただのネジが

こんなものが海外から届きました。

Img_0832

OPTで買った、HD800に使うBob's Knobs。手回しできる光軸調整ネジです。

Img_0833

こんな感じに付けます。

Img_0838

つまみ付きのただの3mmnネジです。そこらのホームセンターで買えば3本でも数百円で買えそうなもの。10倍以上です。しかし、専用だけあって黒く塗ってあったり、長さも各鏡筒に合わせきっちりあっていて蓋もちゃんと閉まるようになっています。自分でこんなの探したり、加工したり色塗ったりする手間考えると高くもないのかも。日本の販売店でも売っていましたが、どこも在庫なしで納期2~3週間とか。OPTに在庫が1個ありました。送料入れると日本で買うのと同じくらいの値段ですが、英語で書かれた荷物が届くのもちょっとカッコイイという思いもあってポチってしまいました。支払いはPaypalです。あんまり簡単すぎてセキュリティ大丈夫かな、とか思うくらいです。さすがに在庫ありでも2週間くらいかかりました。早いと4~5日で届くこともありますが、なんか特急料金払った気もします。ネジを交換した時たぶん光軸狂ったでしょう。次に使うときは光軸合わせからです。実際の星見ながらやったほうが簡単そうです。あんまり追い込むほど合わせるという性分でもないので、大きく狂っていなければいいか、とか軽く考えています。だからなかなかいい写真が撮れないんでしょうね。

| | コメント (8)

2018年10月12日 (金)

光害カットフィルターを選ぶ

こんなものが届きました。

Img_0804

LPR-N、光害カットフィルターです。

Img_0805

サイズは48mm(2インチ)、もちろんASI1600MC-COOLに付けるためです。こんな感じに取り付きました。

Img_0807

効果のほどは

Img_0806

左3つの水銀灯がフィルターを通したものです。効果が見て取れます。

これをチョイスするにあたり、数ある光害カットフィルターからどれを選ぶかずいぶん悩みました。せっかくなので特徴をまとめて挙げます。ただし難しい特性グラフはなし。眼視用とナローも除きました。

LPS-P2
最も一般的で私もFFタイプを持っています。しかし赤っぽく写るのでカラーバランス取るのが難しく、光害カットフィルターとして使うことはほとんどなく、赤い星雲を強調するのに使っています。

LPS-D1
LPS-P2より赤カブリが抑えられていて青っぽく写ります。赤っぽく写るのを避けたかったので、購入第一候補でしたが、在庫無しで購入を断念。

LPS-D2
最新のLEDライトをカットするフィルターです。しかし他にカットする部分も多く、露出倍数が大きいのと、色が乏しくなりそうなので候補にしませんでした。案外まだまだ蛍光灯や水銀灯のほうが多く、LEDライトって上方にはあまり向いていないイメージなのでどれほどの効果があるかわからないというのも理由です。それにちょっと高い。

CLS
おおざっぱにばっさりカットされているので失うものが大きすぎます。その分安いですが。

Kenko ASTRO LPR Type 2
ほとんどLPS-P2と同じ。ちょっと高いし選ぶ意味ないかも。

LPR-N
実はあまり想定していませんでした。LPS-P2と似ていますが、赤っぽくならないので私の好みに合いそうです。露出倍数も小さいです。その分光害カット性能は落ちるのでしょうが、それほど酷い光害地でもないので間に合いそうです。値段もアマゾンで1万円以下だったし、これに決定!

さて、試写はいつになるでしょう。明日から少し晴れ間がありそうです。晴れ間を縫ってさっそく試してみたいです。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

ベイヤー配列を調べる

ASI1600MC-COOLはRAWで保存するとディベイヤー処理しないと色が出ません。今まではステライメージやAutoStakkertで試行錯誤して色を付けていましたが、正しいかどうか自信がありません。そこできちんと調べてみることにしました。

カメラのロゴを正立させて撮ると画像は逆さまに出てきます。普段はデジ一なのでちょっと違和感ありますが、考えてみると直焦点ですから当たり前です。

試してみるとGRGB配列で正しい色が出ることがわかりました。

Normal_grgb

画像処理の段階でひっくり返したり、カメラを回転させてもいいのですが、SharpCapの設定で倒立することができます。

Both_grgb

なんと色が変。他の配列を試すとGBRG配列で正しくなることがわかりました。

Both_gbrg

初めなんでこんなことが起こるのか不思議でしたが、よーく考えてなんとなく理解ができました。これを頭に入れて画像処理しなければなりません。

台風の来る日です。透明度が良く遠くの山々がよく見えました。うちの職場の窓からは会津磐梯山をわずかに見ることができます。

Aizubandaisan

miniBorg 45ED+1.4倍エクステンダー+2倍テレプラス+ASI1600MC-COOL、35mm相当では1680mmです。しかしなかなかこんなよく撮れることはありません。

クオリアという概念があります。自分が赤と思っている色が実は他人にとっては青く見えているということはあり得ないことではないと。ただしそれを証明することはできない、みたいな・・・もしかして個人個人の網膜のベイヤー配列が異なるならばあり得るかもしれないですね。

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

冷やしカメラファーストライト

星まつりで買ったASI1600MC-COOLは結局こういう形で使うことにしました。

Img_0782_2

買ってあったマウントアダプタは冷却カメラで使うとカメラレンズで無限遠が出ません。しかたがないので別のに買い換え、元のほうはドナドナしてしまいました。ほぼ等価で売れたので満足。フランジバックをEOSと同じに調整し、EOSと置き換えが可能。レデューサ付けるとバックフォーカスを合わせなければなりませんが、これならただマウントに付けるだけでOKです。もうこれで固定してしまおうと思います。DSO専用に決まりです。

昨日9月2日は夕方まで雲がありましたが、22時を過ぎた頃から晴れてきました。もう遅いし、なかなか上がらないモチベーションを奮い起こしてなんとか設置。とりあえず映ることを確認しました。

1

ソフトはSharpCapを使います。これは冷却前の画像。

冷却後です。約-10℃

2

ノイズが減っていますね。やっぱり効果あります。初め、電源をつないでもファンが回らず焦りました。よく見るとソフトの方から冷却をコントロールするのですね。ONにし、温度を-10℃に設定すると数分でその温度まで下がりました。

SharpCapには電視観望用にライブスタックがあります。

3

恥ずかしながら電視観望には欠かせない機能だというのはこの間知りました。どんなソフトを使うのかもわからなかったのですが、いつも使っているこれにあるとは。灯台下暗しです。しかしパラメーターがいろいろあってまだよくわかりません。電視観望は初心者です。勉強します。しかしリアルタイムでこんな滑らかな画像を見られるなんてちょっと感動。

静止画で写真も撮ってみました。

23_59_58_lapl4_ap109_fc

HD800+0.7倍レデューサー、3×3ビニングで3秒×32枚コンポジットしました。オードガイドなしです。TIFFで保存したのですが、Photoshopで開いてもやっぱり色が付いていません。ちょっと調べてみたらディベイヤーという処理をしないと色が付かないんですね。ステライメージにもありますが、AutoStakkertにもその機能がありました。これでディベイヤーしてスタックも同時にできました。まあ、これを見る限り様々な難関を突破しなければ作品と呼べるものにするのは難しいみたいですね。画質だけならAstro 60Dの方が勝っています。しかし高感度、お手軽という長所を生かし、普段あまりレンズを向けないDSOなどいろいろ撮ってみたいです。

| | コメント (8)

2018年7月22日 (日)

ポチったもの~これが最後~

ようやくポチっていたものが全部入ってきました。これです。

Img_0729

中は

Img_0730

2倍のフォーカルエクステンダーでした。実は1週間くらい前に届いたのですが、他の記事を優先にして報告してませんでした。20日の三惑星もこれで撮っています。

やっぱり3倍は私には使いこなせません。そっちはオークションに出してこっちに買い換えました。天文道さんに頼みました。在庫無しで一ヶ月くらいかかったかも。なんとか大接近に間に合いました。

それからこれはたいしたものではありませんが、外付けSSDケース。余っていた120GBのSSDを入れました。

Img_0741

動画はパソコン内のSSDに保存していましたが、ノートパソコンで画像処理はやりにくいので一旦デスクトップにコピーするのですが、USBメモリを介すると時間が30分くらいかかる。毎回これではめんどくさいので直接USB3.0接続のSSDに保存するようにしました。これでコピーの時間はゼロになりました。

今日の火星です。

201807221

左がエクステンダーなし、右があり。無理に拡大するのは好きでないのでこれくらいがちょうどいいです。大シルチスが見えます。ようやく砂嵐も収まりつつあるようです。やっぱり大シルチスがこっちを向いていると火星らしいですね。しかし時期を逃すとひと月くらいはこっちを向かないようです。今回はちょうど大接近前後にこっちを向きますので都合がいいです。次は9月まで見えないのでその頃になるともうだいぶ小さくなっていますし、今年の大接近はラッキーです。

今日はポールマスターで極軸も合わせ直したし、EQDIRECTでも導入もうまくいったし、撮影環境は整いました。雨が降らなければしばらくこのまま赤道儀は動かしません。この暑さでひと雨欲しいところですが、大接近過ぎまでは降らないで欲しいとか、複雑な気持ちです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧