2017年3月 7日 (火)

写真展に行ってきました2017

冬恒例の新天研(新潟天文研究会)の写真展「美しき新潟の星空2017」に行ってきました。

Img_0328

今年はちょっと遅め、3月開催でした。いつもは平日の夜はどなたもいらっしゃらないことが多いのですが、今年は3人の方がいらっしゃいました。会長さんだったと思います。まあ、私は面が割れていないので静かに鑑賞させていただきました。一通り観させていただきそろそろ帰ろうかと思ったところに「お久しぶりー」の声。一番星さんでした。去年はお会いできなかったので2年ぶりです。もう一度解説を交えてさらに1時間ほど鑑賞。さすが、一番星さん、いろいろな情報を知っています。機材の事から画像処理のことまで大変ためになりました。気になっていた写真の撮影ポイントも教えていただき、今年の撮影プランの参考になります。とうとう閉店時間まで居てしまいました。会場を閉め、一緒にムサシを出ました。休日の賑わいの中での鑑賞もいいですが、こうやってゆっくり天文談義に花を咲かせられる平日夜もいいものです。一番星さん、お疲れのところお付き合いいただき、ありがとうございました。

Img_0329

| | コメント (4)

2017年2月27日 (月)

晴れるはずが

今日は晴れるはずでした。しかし夜になってもなかなか雲が消えません。やめようかな、と思いましたが、今日は遅くなる宣言をしたのでやめるわけにもいきません。仮に今日やめて代わりに明日にしようにも2晩連続はいい顔しないに決まっています。まあ、オフアキで星が見つかるかのテストだけでもいいかと割り切ることにしました。

こんな感じで狙いのオリオンあたりに雲がかかってなかなかどいてくれません。

Img_1239

せめて極軸合わせだけでもしておこうかと思っても北極星のあたりも一面の雲です。

Img_1240

1時間くらい開店休業状態でした。それでも20時半頃からなんとか北極星が見えてきたので極軸合わせることができました。

さて、ガイド星は思いの外簡単に見つかりました。適当に望遠鏡を向けたら2~3個入っています。な~んだ、楽勝じゃん、と思ったのも束の間。ピントがなかなか合わせにくいし、合ったと思ったら撮影カメラがピンぼけだし、とかなかなか難しいです。まずM1を撮ってみたのですが、ピンぼけでした。ピント合わせてからカメラを取り外し、対象確認アダプターで中心に入れてカメラをつけ直したらずれていました。やっぱり一旦合わせてしまって外したら再現できないですね。

その後またM1は雲の中に。オリオンは相変わらず雲から出たり入ったり。しかしシリウスあたりだけは終始雲がかかりません。そこでマイナーな対象ですが、M41散開星団を撮りました。

M41

HD800に0.7倍レデューサーつけて5分露光です。あんまりブレていませんね。ガイドグラフはウィンドウの振幅くらい激しく動いていましたが、それほど影響ないみたいです。さすがオフアキです。しかしガイドの暴れはなんとかしたいです。ガイド星のピントをちゃんと合わせたり、PHDのパラメーターを工夫すればいいのでしょうか。まあ、ともあれオフアキがどんなものかという概念はつかめたみたいです。あとは慣れでしょうか。

撮影風景

Img_1241

ずっとこんな空だったので予定を早めて22時前に止めました。まあ、今日は本当にテストだけのつもりで、だいたい目的果たせたのでこれでいいです。満月期過ぎるまでおやすみにします。次は作品にしたい。

| | コメント (6)

2017年2月25日 (土)

冬の一日

朝起きたら雪が積もっていました。予報にもなかったし、いきなりの積雪で誰もが驚いていたみたいでした。でも昼間はいいお天気になり、その雪も全部溶けてしまいました。

土曜日ですが、一応出勤。誰もいません。メールの返事を書いたり、少し仕事をしますが、コーヒー飲んだり、ゆっくり過ごします。お昼は近所のスーパーに散歩がてら昼食を買いに行きます。無性にバターをたっぷり塗ったトーストが食べたくなり、ハーフ食パンとチューブ入りバター買ってきました。職場のオーブンレンジでカリカリにトーストして食べました。美味しかった。

忙しさのピークは過ぎたので、午後はちょっと機材いじりをしました。オフアキの再調整。なんとか思うようになりました。上空には雲が出てきました。でも県央方面の山々はきれいです。向こうは晴れているようです。

Img_5049

守門岳ですかね。mini BORG 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス、実質焦点距離980mmです。このままずっとお天気が続いたら県央の方々は遠征かな、とか思っていたら結局向こうにも雲が広がって行きました。

そうしたら今度はこちらは西の方から少し晴れ間が広がってきました。1枚くらいは金星を撮っておかねば、と思っていたので機材をセット。でも面倒なので室内からです。初めはHD800で撮ろうと思ったのですが、EQ6PROを運ぼうとしたところでくじけました。やっぱりSEⅡの時よりは稼働率が低くなっていますね。結局さっきのmini BORGにしました。

20170225

初めはゆらぎが酷かったですが、後半落ち着いてきました。

撮影風景です。

Img_0324

階段途中に三脚セットしています。危なっかしですね。やっぱりここにEQ6PROは危険かも。精度は良くなくていいので10kgくらいを載せられる軽い赤道儀が欲しいです。

このあと本格的な曇り。帰宅するときは小雨も降ってきました。さっきは雷も鳴っていました。めまぐるしいお天気の一日でした。

| | コメント (2)

2017年1月 2日 (月)

正月だけにしてほしい

ここ新潟では初日の出は見られませんでした。全国的にほぼ晴れマークなのに全国で新潟だけが雨マーク付きです。それでも我が家からは福島県あたりにわずかでも雲の切れ間が初日の出が拝めるので希望は捨てずに目覚まし時計をセットしておいたのですが、やっぱりだめでした。お天気的には幸先よくありません・・・いやいやそんな縁起の悪いこと思わないことにします。

元旦お酒飲んでずっと家にこもっていても体がなまるのでちょっと散歩してきました。近所のカメラのキタムラは休みです。年中無休を謳っていますが、正月は除くそうです。そういうの年中無休っていうのでしょうか。定休日なし、のほうがふさわしいと思うのですが。

年に1日しか見られない日中に閉まっているキタムラです。

Kc4d00060001

ん?よく見るとなにか張り紙が。なんとこの1月16日に閉店するそうです。この界隈は結構お店がたくさんあったのですが、みんな撤退してしまい、キタムラだけが唯一残っていたのですが、それがなくなると随分寂しくなります。そんなに買い物していたわけではありませんが、フィルム時代はいつもここで現像していましたし、デジカメ時代になっても数台は買っていました。日曜日のお散歩途中に寄るのを楽しみにしていたのですが、それもできなくなってしまいます。時代の流れとはいえ、寂しいものです。これからはずっとシャッターが閉じたままなんですね。正月だけにしてほしかったです。

| | コメント (4)

2016年12月31日 (土)

2016年ベストオブショット

今年も残すところ今日一日。思い返すと晴れた日が少ない1年でした。こちらではだいたい夏から秋が書き入れ時なのですが、その頃はほどんど晴れませんでした。この間自分のブログを眺めて、少ないなーと感じました。

さて、今年のベストオブショットですが、6月に行った、樽口峠でのこれにしたいと思います。

201606034

年に1度は行く樽口ですが、例年なら8月~9月に行くところを今年は6月に行きました。今思えば先どりで行っておいて良かったです。初めはこの写真、ただの平凡な星景写真としか思っていませんでしたが、あとになるほどじわじわと気に入ってきました。今ではパソコンのログオン画面の背景にしています。普通なら天の川を真ん中に据えるのをあえて端に、代わりに火星を真ん中に置いた構図がちょっと斬新かと思っています。加えて失敗かーと思った雲もいい味出しています。よく見ると雲が背景の夜空よりも暗いですね。これも樽口ならではです。

他には星景以外でいいと思った作品はありません。去年買ったサムヤンの135mmもほとんど使えなかったですし、今年の目標だったHD800での銀河も撮れませんでした。代わりに想定外で加わった、R200SSがちょと活躍した程度でしょうか。来年は星景重視ではなく、大口径直焦点撮影に取り組んでみたいと思っています。

今年1年このブログに訪れていただきどうもありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (6)

2016年12月27日 (火)

年末に更新なし

今年の12月は晴れません。まあ、12月が晴れないのは普通ですが、更新するにもネタがありません。この時期、天気のネタも多いのですが、雨とか曇りだとなんにも面白くないです。クリスマスの新月期はとうとう晴れませんでした。クリぼっちで遠征するのを楽しみにしていたんですが。

クリスマスが過ぎると正月準備ですが、あんまりやる気が起こりません。年々季節感に対する感性が失われていっている気がします。それでも年賀状の準備をしていましたが、飽きたのでこの間の画像をいじってみました。

Andromeda

大きな機材を手に入れたらやってみたかったM31のどアップ。ただのトリミングですけどね。来年こそHD800でこれのまともなのを撮ってみたいです。

恒例年末年始のネタも考えなければなりません。そろそろ素材を用意せねば。恒例の初日の出撮影もうまくいきますように。

| | コメント (6)

2016年12月 2日 (金)

明日は晴れるか

11月はとうとうまともな星空写真が撮れませんでした。わずかに2日だけ固定で撮っただけ。

職場で予定を記入する卓上カレンダーを自作しています。以前は取引先からもらったものを使っていましたが、不景気のせいか、3年くらい前からもらえなくなりました。買うと結構高いし、自分で作っています。表面はフリーのサイトからダウンロード、裏面を前月に撮った天体写真の中からお気に入りのものでデザインしているのですが、ついに今回はネタ切れです。こんなことは今までありませんでした。仕方がないのでそのわずかに撮れた固定撮影のもので作りました。

Img_0296

先月は10月に撮った二重星団でした。気に入った写真だとその月がなんとなく楽しいですが、今月はちょっとテンション下がりそうです。

明日土曜日は久々に晴れそうです。月もすぐ沈むし、予報通りなら撮影日和になりそうです。GPVでは夜半前までは良さそうです。もうちょっと伸びてくれればですけどね。撮りたいものがいっぱいあって悩んでしまいます。今年最後のチャンスになるかもしれません。絶対晴れろー!!

| | コメント (6)

2016年11月22日 (火)

おやじの趣味

もう下弦の月も過ぎてしまいましたが、晴れないですね。普通なら11月は冬前にお天気の神様が恵んでくれたような快晴があるのですが、どうもそれが満月期に来てしまったみたいで撮影日和がないうちに冬に突入してしまいそうです。

ネタもないですが、この間たまたまこんな動画を見つけてしまったので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=_YWvZNmtXMo

天文趣味を性別、世代別に統計学的に考察したものです。なんとなく感じてはいたものが、こんなふうに証明されるとなんか納得してしまいます。結論は「天体写真はおやじの趣味」だそうです。

写真がないのも寂しいので

Img_1156

我が家の庭の紅葉ライトアップ

| | コメント (2)

2016年10月28日 (金)

おめでたいこと二つ

今日はおめでたいことが二つあります。一つはこのブログがちょうど今日で10年目に達したこと。もう一つは今日で還暦を迎えたこと。

思えば人生半世紀を迎えた日に立ち上げたブログですが、10年続くと思っていた、というかいなかったというか、遠い未来過ぎて考えませんでした。先の10年は長いですが、過去の10年って短いものですね。しかし。このココログが10年同じシステムを保ち続けているのがすごいです。しかし何事も永久ってのはありえないので、サービスを止める日がきたらどうしようかと心配です。

せっかくの節目です。私の天文人生を振り返ってみます。
天文に目覚めたのが小学校5年生の頃、動機はよく覚えていません。確か近所の上級生が科学の付録の望遠鏡を持っていて、それで月を見せてもらったのがきっかけだったと思います。
はじめに買った望遠鏡がエイコー光学のT150という卓上型反射望遠鏡。このころのエイコーは型番が値段でした。つまり1,500円。子供の小遣いでも買えました。反射は見やすかったです。おもちゃですが、結構いろいろ見ました。近所でT280という屈折を買った友達がいましたが、屈折は見づらかったことを覚えています。人生最初の天体望遠鏡で反射を買わなかったら今はなかったかもしれません。
次に買ったのがプリンス光学の屈折望遠鏡。あんまり覚えていないですが、一緒に撮った写真が残っています。
中学生になって買ったのがあの名機?エイコーSTH155。当時の15,500円はお小遣いでは厳しいので親から買ってもらったのだと思います。無理ない姿勢で見られるのでM天体とか随分観察しました。この頃に覚えた星雲星団の番号や位置は今でも忘れていません。これを買った機会にエイコー宇宙友の会というものに入りました。当時は天文ガイドも取っていましたが速報性のある現象は間に合いません。新彗星などの情報は友の会からのハガキが頼りで、ベネット彗星とか多胡佐藤小坂彗星など、随分これで情報を得ました。
この頃からガイド撮影をやりだし、自分でポタ赤を作りました。ベニヤ板と寸切りボルトでタンジェントスクリュー式の手動ガイドです。これでも標準レンズで5分程度の露光ができました。
高校生になったとき、憧れのタカハシTS50屈折赤道儀を買いました。今思えばオールインワンで28,000円は安かったです。月食や日食、望遠レンズのガイド撮影などによく使いました。大学卒業するまでは実家に帰る度に撮影などしていましたが、就職して新潟市に住むようになってからは、珍しい天文現象でもない限りは天文から離れることになります。

人生折り返し地点を過ぎた40台後半、再び天文熱が再燃しました。きっかけはよくわかりませんが、子供も大きくなって毎週どこかに連れて行かなくてもよくなり、女房ともそろそろ倦怠期を迎えはじめ、日々がつまらなくなり、なにか自分の好きなことをやろう、と思ったことかもしれません。十数年ぶりに胎内星まつりに行ってみました。そこでジャンクのマクストフカセグレンを買いました。しかし全然見えない。がっかりですぐ手放してしまいました。本格的な望遠鏡を買おう、と思いたち、いろいろ機材研究をした末、FS-60CかBORG 77EDかで迷い、77EDに決定。BORG沼にはまった瞬間です。そしてその少しあとにこのブログを開設しました。

月日は流れあれから10年・・・機材はだんだん充実してきましたが、未だに天体写真の技術は向上しません。でも楽しいです。10年もすれば飽きるかもと最初は思っていましたが、その気配は微塵もありません。生きてる充実感を感じるのは一人遠征地で撮影の合間、星空を見上げているとき、星景撮影で東奔西走しているときです。この気持をずっと持ち続けることができるようにと、この節目の日に思っています。

10年間この稚拙なブログを見捨てないで訪れていただいたみなさん、本当に心から感謝いたします。先のことはわかりません。星見スタイルもガラリと変わるかもしれません。でもこの趣味、体の動く限り、意欲の途絶えない限り続けていこうと思っています。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (16)

2016年10月11日 (火)

いつの間にか70万アクセス

いつの間にか70万アクセスをいただいていました。

これもひとえにこんな稚拙な記事にもかかわらず、訪れていただく皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。心より感謝いたします。

達したのは10月8日だと思います。カウンターが699992の時に見たので、その少しあとだったのでしょう。このあとすぐに、息子と父と温泉に出かけたので70万直後を見ることができませんでした。

記念に・・・というわけではありませんが、こんなものをオークションでポチしてしまいました。

Pochittamono

まだ届いていませんが、週末には届くと思います。私にとっては本当に清水の舞台から飛び降りた気分です。ポチる勇気がなかなか出ず、画面を前に3時間くらい悩んでしまいました。次の新月期にお披露目できるでしょうか。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧