2019年8月20日 (火)

眼視を諦める

最近めっきり視力が落ちてきました。私の場合、老眼なのですが、乱視もあって像がぼやけてしまいます。まあ、メガネをかけるとある程度矯正されるので日常には問題ありません。しかし、望遠鏡を覗くと星がきれいに見えません。飛蚊症もあるので視野の中を黒い物体が飛び回っています。これ、どういうわけか接眼レンズを覗くとくっきりするんですよね。邪魔でしかたがありません。左目は比較的乱視も軽いし飛蚊症もないのですが、どうも利き目でないほうで接眼レンズを覗く癖がついていないので見づらいです。そんなことで最近は眼視をすることがほとんどなくなりました。眼視用に手軽な望遠鏡を買おうかなとも思ったのですが、楽しめそうにないので諦めました。こうやって歳取ると楽しみが少しずつ減っていくんですね。

記事とは関係ありませんが、おととい撮影した土星です。

22_40_09848

シーイングは中より下レベルでした。それにしても20cmならばもう少しよく写るはず。カシニの空隙全周くらいは写って欲しいです。安物バローのせいなのかなあ。思い切ってパワーメイト買ってみようかな、ADC入れるとちょっと良くなるかな・・・とか再び小物の物欲が湧き上がっているこの頃です。

| | コメント (4)

2019年8月 2日 (金)

ホーム撮影地に異変

昼間はよく晴れました。暑いけど透明度もそこそこ。ただ、低空はもやがかかっている感じですっきりしない。いつも行く遠征地の方角は薄雲がかかっていて山も見えないほど霞んでいます。でも日が沈めば薄雲も取れるだろうと出かけることにしました。20時頃着きましたが、やっぱり薄雲が多いです。それに湿気がすごい。車のガラスもすぐに曇ってしまいます。気温は25度くらいなのでしょうが蒸し暑い。それでも雲が取れることを信じて機材を設置します。21時過ぎても薄雲がかかったままです。どうもだめっぽい。この日の撮影は諦めました。撮影がだめなら眼視くらいしようかと思ったのですが、それすら出来ないほどの雲です。撤収。

Img_3063

田んぼと山の境目にライトが光っています。フラッシュのように点滅しています。これが10個くらい等間隔にあります。一体なんのため?獣害防止でしょうか。今まで10年以上通っていますが、ここで動物の気配を感じたことはありません。それとも別の目的なんでしょうか。どなたか知っていたら教えてください。光自体はそれほど明るくないので直焦点撮影には影響ないと思いますが、地上風景入れた星景はもうここでは撮れないかも。しかし点滅するだけに気になってしかたがありません。でも撮影に場所を借りている立場上、文句も言えません。慣れた場所なのでここ以外には行きたくありません。我慢するしかないですかね。

| | コメント (8)

2019年7月27日 (土)

とりあえず上げておきます

晴れないのもありますが、なんだか最近空を見上げている余裕がありません。星ネタがなくてもブログ更新することがモットーだったのですが、一般ネタを考える元気も出ません。とりあえずおととい撮った土星でも上げておきます。

23_02_22849

まあ、正直20cmならもっとまともな写真になるところです。シーイングもよくなかったし、光軸もずれている感じ。この日は比較的いい天気でしたので、今までの私ならちょっとでも星空眺めようとプチ遠征するとことなのですが、晴れた空を見ても思いつきもしませんでした。どうしちゃったんでしょうね。ちょっと落ち着いたらまた星空を楽しめる時がくると思います。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

ネタがないときゃ空を撮る

このところ梅雨らしい天気が続き、星にはお目にかかれません。新月期ですが休業状態です。あんまり更新しないと安否を気遣われそうなのでなにか書きます。

室内にじっと閉じこもるのが苦手です。仕事でずっと職場にいたとしても夕方になると外の空気を吸いたくなります。休みの日でも雨が降っていても傘さして散歩に行きます。犬の散歩みたいに毎日外を歩かないと体が腐りそうです。息子も同じみたいですが、女房と娘は一日中であろうが何日であろうが閉じこもることが出来るらしいです。将来寝たきりになったら気が狂ってしまうかもしれません。おかげで引きこもりとは無縁の人生でしたが。それはさておいて、夕方涼しい空気を吸いたくなり、日没後の海岸を散歩してみました。

Img_2978

なんだか夕焼けが出るかどうかという曇り空でしたが、意外にきれいなあかね色に染まってくれました。ここは新潟市の関屋分水の河口、関分公園です。遊歩道があるのでいい散歩コースです。

月見草が咲いていました。

Img_2983

マツヨイグサを月見草と呼ぶこともあるようです。ググってみたら本当の月見草はピンクなんだとか。じゃやっぱりこれはマツヨイグサなんですかね。そういえば胎内の桃崎浜に月見草の地の看板を見た覚えがあります。グーグルマップで見たらありました。確かにピンクの本物が咲くらしいです。日没と共に咲いて、日の出と共にしぼむのだとか。はかない美しさなんでしょうね。これはぜひ一度見てみたい。この夏の楽しみにしたいと思います。

| | コメント (2)

2019年6月26日 (水)

梅雨の晴れ間

まあ、だれでも思いつきそうなタイトルですが、ほぼ日記なのでこんなのしか思いつきません。

昨日は微妙な天気でした。昼はほとんど快晴で透明度も抜群だったのに日没と同時に雲が広がってしまいました。遠征しようかと思ったのですが諸事情により止めて正解です。こんな時なんとなくほっとするのは性格がねじ曲がっているからでしょうか。それでも天気予報では夜半前から晴れる様子です。ですので物星台で撮影することにします。雲が無くなればちょっとした星雲でも撮れるかと期待したのですが、雲はなかなか無くならないので二大惑星でも。

20190625

シーイングは5段階で言えば下から2番目くらいでしょうか。それでも無理矢理画像処理してこれくらいになりました。少しコツがわかってきた気がします。次は拡大してみたいです。それにしても光軸合わせは難しいです。たぶん70点くらいだと思います。恒星がいびつになります。せめて90点くらいまで追い込みたいです。0時を過ぎたあたりでも雲はなくなりません。月もそろそろ出るし、年寄りは眠くなります。機材を片付けたとたん雲がなくなり快晴になりました。天文あるあるです。

翌日なぜか背中が痛い。原因がわかりません。ここ1週間、1日100kmくらい遠出する日が何日かあったのでそのせいかと思いました。しかし今日は痛む場所が違うし、痛さもちょっと強い。はっと気づいたのが夕べ赤道儀を持ち上げたこと。そう思えば痛む場所も納得がいきます。ちょっとショックです。あれ持ち上げられなかったらこの先の天文人生どうなるのでしょう。まだまだ簡易機材に落ち着きたくありません。いまさら筋トレして筋肉戻るんですかね。まあ、可能な限り頑張ってみます。

予報に反して今0時になるところですが、ほぼほぼ快晴です。気象衛星ではすぐそこまで雲が迫っているのに頑張っています。こんなことなら昨日の機材出しっ放しにして今夜も撮るんでした。明日から先の見えない雨の日が続きます。この新月期はお休みですね。ほとんど日記でした。

| | コメント (4)

2019年6月20日 (木)

室内観望

夕食後、パソコンに向かいふと振り返ってみたら、東 の空から赤い月が昇ってくるのが見えました。

Img_9318

窓ガラス越しに撮ったらガラスに映った我が家の室内まで写り込んでしまいました。まあ、こういう生活感のある月の写真もたまにはいいものでしょう。

そこそこ晴れているし、シーイングも悪くはなさそうなので木星でも撮ろうと温度順応させていましたが、いざとなったらめんどくさくて止めてしまいました。やっぱり赤道儀は常時出しっ放しにしたいところですが、雨とか盗難が怖くてなかなかできません。数日降らないことがわかっていればビニールカバーでも掛けて、ワイヤーで鍵かけておくんですが、このところ1日おきに降ったり晴れたりなので躊躇してしまいます。去年は2週間くらい出しっ放しで雨に降られたこともありましたが、間違って雨が入って壊れたら、と思うとなかなか勇気がでません。木星ももう0時前には南中過ぎてしまいます。撮影好機は案外短いのかもしれません。土星もまもなく衝ですし、早く梅雨が明けてくれませんかね。

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

惑星シーズン始まり

今日は新月。そこそこ晴れています。平日ということもありますが、なんとなく撮影に出る気分にならない。今の季節撮るものがないんですよね。薄明終了も遅い上、私は撮影は0時を過ぎた頃には止めちゃうので、春物撮るには時間がない、夏物撮るにはまだちょっと早い。なんとも中途半端な季節です。まあ、でもせっかくなので自宅撮影することにします。夜半ちょっと前には木星もいい位置まで上がってきます。それでも撮ることにしました。

20190603

シーイングは最良とまではいきませんがそんなに悪くない感じです。とりあえず今シーズン初めてなのであまり気合いを入れず、HD800の直焦点です。次回はエクステンダー入れてみます。

なんか大赤斑が不気味な形しています。私の撮り方が変なのでしょうか。今年は去年と比べて大赤斑がはっきりしているそうですね。ちょっと撮る楽しみが出来てきました。もうすぐ土星もシーズンになります。今年は去年より天気もシーイングもいいような予感がしています。

| | コメント (2)

2019年5月28日 (火)

恐るべし上方光束

今日は久しぶりに雨の一日でした。雲も低く垂れ込めていました。こんな日だからこそというのもありますが、やけに光害が空に反射して明るく見えます。これは私の住む市の郊外。

Img_2957

あのあたり住宅地です。街灯がみんな丸い裸電球みたいなやつで、傘もなく空に光を放出しまくりです。市街地から少し離れているので天頂なら天の川も見えそうな暗さなのですが、あれじゃあだめでしょうね。今や環境意識が高まっているおかげで、光害に関する条例を挙げている自治体もあるようですが、我が市ではちょっと検索した限りではそんな条例は見当たりませんでした。日本海側最大都市と言われながら、少し中心部から離れると自然豊かな恵まれた環境と自負しているのですが、光害に関してはあんまり考えていないようです。とはいえ、もうあんな街灯は流行らないはずですから、次に交換するときは改善してくれると思うので、早く老朽化することを願うばかりです。

| | コメント (2)

2019年5月24日 (金)

ただ写っているだけ

  なんでしょうね、これは。

 20190523

例のあれです。今の季節南天低く見える存在。昼は案外透明度も良さそうだったのですが、夕方から悪くなり、薄雲も出てきました。条件悪いなーと思いましたが、過去にはこれくらいでも写っていたので、ものは試しと近くの畑に出かけました。AZ-GTiとミニボーグ(約290mm)を使いました。双眼鏡でも見えません。いつもガイドにしている左上の三角の並びも星もとても淡いです。しかしさすが自動導入経緯台。スリースターアライメントしたら見えなくてもちゃんと入ってくれています。露出は1分かけました。過去の経験から光害でも恐れずに露出をかける方が写るということを学んでいます。しかしやっぱり明る過ぎ。近くにはゴルフ場の光がまばゆい。右のカブリはそれです。

ちなみにJPEG撮って出しはこれ

Img_0270

なんですか、これは。なんか年々環境が悪くなって行っている気がします。本当は載せたくないのですが、毎年必ず撮っているので自分のための記録です。しかしいい撮影地ないですかね。新潟市近辺は南に大きな街があるし、ないところだと山に遮られるし、いい場所ありません。生涯一度でいいからまともなのを撮りたいのですが、県外でも遠征しないと無理ですかね。

| | コメント (4)

2019年5月 8日 (水)

とことんついてない

連日晴れが続いていて、今日も晴れる気がしたんですが・・・

だんだん月も太くなるし、今日が最後のチャンスだな、と予報はやや怪しいにもかかわらず、遠征しちゃいました。出発した19時頃はまだほぼ快晴でした。西に少し雲がありますが、たぶん夜になれば消える雲だと高をくくっていました。さて、撮影地に到着、まだ晴れています。機材をセットし望遠鏡の載せようとしたら、あっ、と声こそ出ませんでしたが心の中で叫んでしまいました、バランスウェイトを忘れました。そこそこ重いHD800がバランスウェイトなしで使える訳ありません。車に積もうと玄関脇に置いていたものをうっかり忘れてしまいました。なんか使えるものはないかと一生懸命考えます。予備で持ってきたバッテリーをつるすことにしました。しかし危険すぎる。ずり落ちないように子午線付近の対象限定ならなんとかなるかもと、とりあえずM104でも写そうかとそっちに向けました。なんとかなりそうです。しかしここでまた、あっ、という叫び。ガイドケーブルがありません。ケーブル類はまとめておいたはずなのですが、どうもそれだけ忘れたようです。最近は自宅と職場で機材を分散しているのでこういうことが起こりがちです。前回の遠征でもフード忘れたし。いつか作ろうと思っていたのですが、ほんとうに持ち物リスト作ろうと思います。さらに今回に限り予備機材もありません。本当にボウズです。空を見上げるといつのまにか薄雲が広がっています。これなら諦めもつきます。残念な気持ちと裏腹にちょっとほっとした気分です。全くなにも撮らないのもなんなので証拠写真をコンデジで撮りました。

西に傾く三日月

Img_2940

南のからす座とスピカ

Img_2944

春の大曲線の半分

Img_2945

本日の遠征成果、以上。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧