2017年7月11日 (火)

梅雨明け間近?

今日も暑かった~車の温度計では35℃でした。もう梅雨が明けたように錯覚してしまいますが、まだなんですよね。

空はスカッとしませんが、なんだか雲の様子を見てたら日没頃美しい光景が見られる気がしてちょっとカメラ持って出かけました。

201707111

私は真っ赤に染まる夕焼け空よりもこういう複雑に色が入り乱れた空が好きです。

この少しあと、遠くに雨のカーテンが見えました。

201707112

ちょっと雨が降るのが信じられない天気でしたが、この1時間くらい後、私の職場のところにも通り雨が過ぎていきました。

まるひ予報では14日に梅雨明けとみています。予想天気図を見ると梅雨前線が東に遠ざかり消えていくようです。月の出もだんだん遅くなっていきます。週末からの3連休、晴れるといいです。

| | コメント (2)

2017年7月 2日 (日)

竣工

念願の我が家の物星台が竣工しました。外壁リフォームがなかなか終わらず、取りかかれなかったのですが、工事自体は工場であらかじめ作ってきた部材を組み立てるだけなので1日半で終わりました。

Img_5717

玄関ポーチから上がります。ドアの真向かいが階段。

Img_5724

これはなかなかいいです。家との一体感があって気軽に上がれます。もしこれが地上から上がるのでしたらたぶんそんなに頻繁に活用しないのではないでしょうか。

この階段を上ります。

Img_1665

途中に踊り場があるってちょっといいですね。

上はこんな感じです。

Img_5726

あの真ん中に望遠鏡を設置することになります。あそこからなんとか北極星が見えることがわかりました。真南の地平線あたりも見えるので、ω星団を狙えそうです。ただ、視界はそんなによくないです。東から南は隣の家の影で見えません。天頂より下は電線が何本も這っています。まあ、月惑星なら問題ないと思いますし、天頂は狙えるので透明度のいい深夜なら多少の直焦点撮影はできるかもしれません。すぐ隣にLED街灯があるのですが、うまいこと電柱に隠れて直接目に入らないのはラッキーでした。

比較対象物がないと広さがわからないと思いますが、こんな感じです。

Img_1662

昨日家族とささやかに竣工式を行い、プチビアガーデンを楽しみました。一日何度も昇っています。女房もご機嫌。歳取って免許返納とかになってもこれでなんとか天文ライフは楽しめそうです。新潟は本格的な梅雨に入りました。しばらくファーストライトはなさそうですが、気軽に機材を出せる工夫など、それまでに考えることがいろいろありそうです。

| | コメント (16)

2017年6月14日 (水)

新しい撮影地

オークションでCG-4用に三脚を落札しました。

Img_0463

ビクセン、GP用の三脚ですが、さすがGPクローン。色以外はぴったり。付いてきた三脚はステンレス製で丈夫なのですが、ちょっと長くて重い。軽量命で選んだ赤道儀なのでなんとかしたかったのですが、ちょうど安く出ていたのでラッキーでした。片手で持てるし、このまま車に放り込めます。遠征が楽になりそうです。

今日晴れたので早速テスト撮影に連れ出しました。月もすぐ出るのでホントにテストのつもりでごく短時間の予定。いつもの畑ですが、着いたところで重要なものを忘れたのに気がつきました。バッテリー。取りに帰ると往復30分。時間がないので諦めました。しかしこの撮影地、そろそろ作物が実る頃です。スイカシーズンになると夜でも車がやってきます。ドロボーなのか、ドロボーを取り締まる車なのか、どっちにしても面倒なので収穫シーズンはここには来ないつもりでいます。となると新たな撮影地を探さなければならないのですが、いい機会なのでちょっと目星を付けていたところに行ってみました。

佐潟の周遊コースをずーっと行った公園の対岸です。ここには数台車を駐められる駐車場があります。トイレも完備。街灯は全くありません。トイレには電灯が付いていますが、結構距離があるので視界に入りません。しかも360度人工の光が全くありません。新潟市内でこんな場所が身近にあるなんてびっくりです。近くにはメイワサンピアのゴルフ練習場がありますが、そこも草むらに埋もれて直接目に入りません。

Img_1579

昇るサソリ。左側がゴルフ練習場ですが、あんまり気になりません。さすがに南は光害があるのでアンタレス付近は撮れませんが。

沈むしし座の頭

Img_1581

佐潟とその上流のなんとか潟を結ぶ小川に架かる橋からです。ここは2~3回来たことがあります。最後に来たのはもう14年前なのですが、道が悪くてそれ以来こようとは思いませんでした。ましてや昼なお寂しい感じでここで星を撮ろうとは思いもしませんでした。でもここなら作物ドロボーと間違えられることもなさそうですし、人が来ることもまず考えられません。

ホタルでもいないかと周りを見渡したらホタルではなさそうな赤い光の点滅が木の上で光っています。何だろうとライトを照らしてみましたらどうも監視カメラのようです。確かに犯罪に使われてもおかしくない。不法投棄を見張っているのかもしれません。まあ、別に悪いことしている訳ではないので堂々とカメラの視野内で撮影していました。逆に考えれば見守られているという安心感があるとも言えます。結構いい撮影地ではありますが、できればあまり来たくない・・・悩ましいところです。

| | コメント (2)

2017年6月 7日 (水)

こんなところに住んでみたい

今日お客さまのところに行ったのですが、そこがなんとも眺望のいい素晴らしいところ。

20170607


場所が特定されるとご迷惑なので一部ぼかしました。玄関先から撮らせていただきましたが、ちょっとした丘の上で、東から西は最高。ω星団は楽勝です。やや光害はありそうですが、西なら普通に直焦点撮影はできそうです。周りにはなにもない一軒家なので気兼ねなく望遠鏡を庭に置きっ放しにできます。まさに理想的とも言えるロケーションでうらやましい限りです。老後はこんなところに住んで仙人のように暮らしたいです。

こんな風景の見えるところに住んでいるお客さまもいます。

Img_0077_2

こちらもぼかしました。高層マンションの最上階の角部屋。窓の外は広大なルーフバルコニー。これはそこからの写真です。ほぼ全天見渡せます。最大の難点は超光害地であること。でもこんなところに望遠鏡出して、チェアベッドに横たわりながらビール片手に月惑星観測なんてのもセレブですよね。あこがれます。

前者がいいか、後者がいいか、田舎のネズミか都会のネズミかという寓話みたいですね。

| | コメント (4)

2017年5月17日 (水)

なんだか忙しい

例年なら4~6月は年度初めでヒマ過ぎてウツになりかねないくらいなのですが、今年はなぜか年度末並に忙しい。まあ、いいことなんでしょうけど、おかげでぶらりと写真撮りにもなかなか出られません。

今日は夕焼けがきれいでした。もう少し早く気づいていたらこの時期に毎年行っている、弥彦と角田を望む水の入った水田に沈む夕日、を撮りに行ったのですが、外を見る余裕もなく見逃してしまいました。勿体ないので5分くらいカメラ持って散歩がてら1枚撮ってきました。

Img_1544

しかしいつの間にか日が長くなりました。19時近くにならないと日が沈みません。19時なんてついこの間まで薄明が終わって星景写真撮っていた気がします。星屋にとっては夏は活動時間が少なくなるので好きでないです。

今週末から晴れが続きそうです。透明度もいい日が多いし夏物を撮り始めたいです。春物は全然撮ってないですが。

| | コメント (4)

2017年5月12日 (金)

夜の藤

期間限定で夜間開放している北方文化博物館へ藤棚のライトアップを見に行ってきました。

Img_1523

夕暮れにほの明るく光るライトはホタルを見に行くときの雰囲気で気分が高まります。

平日だというのにすごい人

Img_1528

ここはなんどか来ていますが、こんなに人がいるのは初めてです。夜店もあって縁日みたいです。

1本の木からこれだけの花が咲いているというのですからすごいです。

Img_1531

ただ、女房曰く、ライトアップがヘタ、だそうです。確かに見た瞬間ちょっと違う感がありました。ライトアップというからには下から上に照らせばいいものをちょっと上から横に向けて照らしている感じ。下から見るとちょっと暗い。まあ、それが風情があるのかもしれませんが。

しかしカメラの放列がすごいでした。みんな三脚に高級一眼付けて狙っています。それからスマホ撮影。私のようなコンデジの人ってあまりいませんでした。。

Img_1538

女房はお目当てだった藤饅頭も売り切れで買えず、がっかりしてました。私は藤は昼間のほうがいいです。一度昼間にも来たことがありましたが、青空に映えてきれいでした。ライトアップに向くものとそうでないものがあると思うのですけど。なんでもかんでもライトアップって、どうなんでしょうね。

| | コメント (2)

2017年5月10日 (水)

物星台製作計画

我が家でバルコニー付きカーポート製作計画が進んでいます。

Img_1514

生涯もうないであろう、大規模リフォームが我が家で始まりました。とはいえ、外観だけですが。間もなく築後30年を迎え、老朽化が激しい折、老夫婦の終の棲家としてまだまだ頑張ってもらいたいため、少し投資をすることにしました。

そんなとき、カーポートも作りたい、と女房が言い出し、どうせなら上にバルコニー作っていいよ、ということになりました。前々から駐車場の上で星見が出来るようにしたいなー、とは言っていたのですが、なに寝ぼけてんだか、とか言って取り合ってくれませんでした。実は女房も洗濯物や布団を気兼ねなく干せる場所はあればいいとか思っていたようで、利害関係が一致したため誰が反対することもなく即決まりました。

問題はどこで作ってもらうかでした。外観を頼んだリフォーム屋さんはメーカー製の出来合いを提案してきました。しかし寸法が決まっているので我が家の駐車場には無理。何より高い。こういうとき女房の検索力は大したもので、こういうのオーダーで作ってくれる業者を見つけ出しました。日本広しといえど、そこ以外なかったのですが、そこがなんと長岡市。日本全国から注文を受けているらしく、忙しそうでしたが県内ということで早速打ち合わせに来ていただき、先日契約となりました。

結構天体観測に使いたいという要望も多いらしいです。女房は年取ってから危ない目をして遠くまで星見に行かれるよりは、家で安全に見てもらいたい、という思いもあったようです。まあ、光害地ですし月惑星に限られますが、いつでも気兼ねなく望遠鏡出せるようになるというのはうれしいです。昼間は物干し台、夜は物星台として活用します。夏頃竣工予定。ビール片手にのんびり夏の夜空を楽しみたいです。

| | コメント (14)

2017年5月 7日 (日)

私のGW

土曜日(29日)にお花を買って~日曜日(30日)にお花を植えた~♪

Img_1509

月曜日(1日)は仕事に出かけ~火曜日(2日)も仕事に行った~♪

水曜日(3日)は子供と奥只見へ春スキーに行ってきた~♪

Img_0392_2
ダムサイトで食べたダムカレー 奥只見ダムは重力式なのになぜかアーチ型

Img_0408
頂上からは遥かな尾瀬の燧岳が望めます

Img_0422
シュプールを描く私

木曜日(4日)は家族みんなで山形へドライブに行った~♪

Img_1490
途中で通った箱岩峠 道路と展望台が立派になっていました。私もここで星景を撮りたい。

金曜日(5日)はお出かけもせず、昨日買った山菜料理で宴会をした~♪

土曜日(6日)は雨降りなので急ぎの仕事をしに職場へ行った~♪

日曜日(7日)は普段と同じ、庭仕事をして散歩に行った~♪

Img_1508
五つ葉のアケビに一つだけあった七つ歯のアケビ 珍しいのでしょうか。

Img_1511
黄砂で霞む空には月齢10の月 このGWは良く晴れましたが、私は一日も星見しませんでした。

皆さんこれが私のGWの仕事です~テュリャテュリャ テュリャ・・・

| | コメント (10)

2017年4月24日 (月)

迫力だけは

土曜日の遠征とはいえないご近所撮影ではボケと雲さえなければこんなのが撮れるはずでした。

Img_5732

HD800の直焦点2000mmです。ノートリミング。元画像は1分露光1枚です。ただ位置確認のためだけに撮ったものです。予定では8分露光で10枚くらいは撮る予定でした。ものすごーく無理な画像処理でわずかだけ腕を出してみました。とてもじゃないけど本来なら絶対公開しないものです。まあでも大きさだけ見るなら迫力ありますね。かつては500mmが最大でしたからこの大きさにはわくわくします。今週末この新月期最後のチャンス。晴れてくれないかなー

| | コメント (12)

2017年4月22日 (土)

危ない前兆

今日は予報的には微妙なお天気。しかし結構晴れています。夕方はほぼ快晴。ただし、山の方は雲が多い様子なので近くの郊外に行くことにしました。極軸も合わせ、さて望遠鏡を載せてカメラを取り付けようと思ったらオフアキと望遠鏡をつなぐアダプターが見当たりません。さては忘れたか。仕方がないので取りに戻りました。片道13分なのでそんなに遠くないです。赤道儀はせっかく合わせたので置いていくことにしました。まず車は来ないだろうし、持っていこうにも分解の仕方を知らなければ車に入らないでしょう。戻って探しましたがやっぱりありません。ここではっと気が付きました。すでに望遠鏡に付いていたんでした。ちょっとボケが進んで来たようです。「わしのメガネ知らんかのう」「いやですよ、おじいさん、頭にかけてあるじゃありませんか」みたいな・・・ちょっと危ないです。

なんとかセットして撮影開始。今回は2000mm。導入もまあまあうまくいき、オフアキにもガイド星が見つかりました。しかしその頃から雲が湧いてきて。まもなく空一面雲に覆われてしましました。残念。22時半、撤収を決めました。結局成果なし。まあ、しょうがないですね。オフアキがうまく行きそうなことがわかっただけでもよしとします。

明日のほうが晴れそうですが、日曜日は休息日です。このところ日曜日の晴れが続いています。どうもついていない。

なにもないのも悔しいので、ボウズ逃れの1枚

Img_1476

| | コメント (4)

より以前の記事一覧