2020年5月22日 (金)

金星と水星の最接近・・・見えず

今日は金星と水星が最接近する日です。興味ないといいながら、案外こういう接近モノがあると結構わくわくします。スバルと金星の接近を逃したので今回はちゃんとカレンダーに書いておきました。天気はまあまあ、大丈夫でしょう。と日没前海に向かいました。お気に入りの四ツ郷屋浜。西に雲はあるものの、隙間もあるし大丈夫だろうと暗くなるのを待ちます。しかし一向に雲が動かない。ちょうど金星があるあたりに厚い雲があります。雲が消えるか、日周運動で雲間から出てくるか、待てば見えるだろうと思っていましたが、1時間たっても雲が動きません。ちょっと右側が切れ間が多いので移動することにしました。内野の浜まで行ってみましたが、やっぱりだめ。さらに青山海岸移動しました。もう20時過ぎました。もう30分で沈むのに厚い雲が佐渡上空に居座っています。諦めました。案外こういうのは外さないのですが、今回は珍しく外れです。ちょうど去年今頃の火星と水星の接近は見たのに、ちょっと残念。まあ、去年は0.2度まで近づいたのが、今回は0.9度でしたからそれほどすごい接近でなかったのが救いっちゃ救いです。12月21日の木星と土星の接近は0.1度。これは絶対見逃せません。晴れるところまで遠征してでも見たい・・・という気持ちはあります。

今日は写真はなしです。なにもないのもなんなので13日に撮ったヘルクレス座銀河団を載せます。

202005131

RGBが失敗でLだけです。シーイングが悪く星がピンボケでボツにしようと思いましたが、こういう写真のない日のどさくさに紛れて載せちゃいます。できれば拡大しないでくださいね。

| | コメント (2)

2020年4月 3日 (金)

忘れてたー

忘れてました。今日はプレアデスと金星の最接近の日でした。2ヶ月くらいから楽しみにしていて、おとといくらいまでは覚えていたのに、当日すっかり頭から抜けていました。気が付いたのは21時半。せっかく快晴なのに、時すでに遅し、金星は向かいの屋根に隠れてしまいました。

今日はなんだか慌ただしかったです。朝からびっしり予定が詰まっています。なのに午前で終わるはずだったお客様のところに、午後もう一度行かなくてはならなくなったり、納品の品物を忘れて途中で戻るはめになったり、その納品するお客様が行ったら留守でドタキャンでされたし、極め付けは女房がぎっくり腰になってしまって夕方早く帰らなければならなくなったりと、プレアデスと金星の接近のことなんて頭に浮かぶ余裕もありませんでした。

イベントものには目のない私ですが、不覚でした。まあ、それほど興味のある現象でもないのですが、晴れていて絶好のコンディションだったのにそれをすっかり忘れてしまった自分が悔しいです。最近物忘れがひどい。こんなんだと今年最大の天文イベント、12月22日の木星と土星の大接近まで忘れてしまいそうです。これからはグーグルカレンダーに入れておいてスマホに教えてもらおうと思います。

なにか撮らないと悔しさが収まらないので月でも撮ってみました。

20200403

SE-AT100n(10cm 450mm)AZ-GTi経緯台モード、QHY5III178M、AutoStakkert、Registax、トリミング

| | コメント (4)

2020年3月 9日 (月)

写真展やってます2019

新潟天文研究会(新天研)の写真展に行ってきました。毎年会員さんのサイトからポスターの画像を拝借し、宣伝させていただいているのですが、今年は忘れてしまいました。結構私のブログで知る方もいらっしゃるようなので(個人の感想です)今気づいたという方がいらっしゃいましたらごめんなさい。

Img_1138

今年からイメージが変わり、美しき新潟の・・・というフレーズがなくなりました。ポスターのレイアウトも変わっています。

行ったのは平日の夕方です。普通でもお客さんは少ない時間帯ですが、まったく無観客でした。

Img_1139

会員さんの説明を聞くのが楽しみなのですが、スタッフの方も一人もいません。やっぱり不特定多数の人と対面で話しをするのはリスクがあるので自粛しているのでしょうか。今年はあまり天体や星野、星景に偏りがなくてバラエティー豊かな展示だったと思います。私なりには結構楽しめた写真が多かったです。ちょっと惹かれたのがKさんの星野写真。流行の映える空の色にするわけでもなく、淡い対象をごりごりあぶり出すのでもなく、漆黒の闇夜にキラキラと輝く星々が美しく表現されていました。星野写真の王道を見た気がします。1周した頃、何組かのお客さんが見に来ました。わーきれい!とかいう声を聞いているとこっちもうれしくなってきます。

写真展はいつもの新潟市中央区のスーパーセンタームサシでやっています。3月17日まで。ご興味のあるかたはぜひ。

| | コメント (4)

2020年1月28日 (火)

ようやく1000000

本日めでたくこのブログのアクセスカウンタが1000000に達しました。

1000001

思えば初めて13年と3ヶ月。長かったです。もっと有名ブログは難なく2000000とか3000000とか普通に行っているのに、それに比べたら遅かったこと。やっぱりコンテンツの違いなんでしょうね。それでも自分の稚拙なブログに、これだけ沢山の方々が訪れてくださったことは感謝の気持ちに堪えません。ありがとうございます。

平均すると13ヶ月で10万アクセスということになります。そうすると2000000アクセスは2033年。生きていて、天文続けていて、ブログというシステムがまだ存続していれば達成できるかもしれません。まあ、そんな先のことはわかりません。といいながら案外13年なんてあっという間なんでしょうね。

全然関係ないですが、夕方三日月と金星の接近が見られたので記念撮影しました。

Img_0024

オリオン座も見えましたが、風が強すぎて撮る気になれませんでした。南風で暖かい。やっぱり冬は普通に適当に雪が降って欲しいです。

| | コメント (2)

2020年1月26日 (日)

虫干し

今日は日中少し晴れ間がありました。確か最後に撮影したのは去年のクリスマスでしたから、まる一ヶ月機材を出していないことになります。うちは防湿庫などというものはありませんので、機材はその辺に転がしています。しかし正月は邪魔だということで押し入れに入れさせられました。私はレンズをカビさせる常習犯なので、 いつまでも押し入れに入れていては置けないと、この晴れ間に少しでも日光にあてて虫干しさせることにしました。

Img_1109

今までは機材はすべて職場に置いていました。生活空間でないので湿気もさほどなく、埃も比較的少ないので機材にとってはいい環境だったのですが、物星台ができてからは機材のいくつかは自宅に置くようになったのでこういうことにも気を配らなくてはなりません。梅雨時はまた職場に避難させるか、簡易防湿ケースにでも入るものは入れておこうと思います。

このまま夕方まで晴れれば月齢1の月を撮りたかったのですが、午後になりにわかに曇り始め、慌てて機材を家に入れたらまもなく雨が降り出してきました。暖冬といえど、晴れるわけではありません。やっぱり春まで待たないと撮影チャンスはめぐってこないようです。

| | コメント (2)

2020年1月17日 (金)

「過労ですね」

よくテレビドラマである、主人公がいきなりふらふらと倒れ、カメラがぐるぐると周り、次のシーンでは往診の医者が「過労ですね」とつぶやく。それに近いことになってしまいました。あまりにも忙しい。それもみんなWindows7サポート終了のせいです。別にその日を境にパソコンが使えなくなるわけでも、いきなりウイルスに感染してしまうわけでもないのに騒ぎすぎ。まあ、会社とか官庁では対策しなかったことで、万が一にも何か起こったときには、これもよくある、ニュースの謝罪会見したくないからでしょう。ようするにアリバイ作り。まだやっていないパソコンなんてたくさんあるはずなのに、もう3日立ちますが、何かあったという話は聞こえてきません。とはいえ、依頼されればやらない訳にはいかないので14日ぎりぎりまで対応に追われていました。ようやく終わった15日の夜、なんだか調子が悪い。早々に寝ました。夜中にふと目が覚め、トイレに行こうと立ち上がったところ、立てない。ふらふらとそのまままた布団に倒れ込んでしまいました。寒い目をしながらも起きられないのでそのままでいたらなんとか動けるようになったのでまた布団に潜り込みました。そういえば1~2ヶ月前から時々めまいがしていましたが、それも関係があったのかもしれません。そのことからいろいろストレスもありましたから。翌日は仕事を休みました。たまたま、本当にたまたま予定が1つもなくラッキーでした。爆睡しました。ご飯食べる以外寝ていました。24時間中20時間は寝ていたかもしれません。人間こんなに寝れるものだと関心しました。今日はやや体調もいいので仕事に出てきました。しかしまだ本調子じゃありません。まあ、風邪かなといわれれば風邪かもしれないのですが、風邪も過労からくるといいますし。ブログにはなんらなの写真載せますが、気力もないので写真なしです。帰って早めに寝ます。

| | コメント (10)

2020年1月 6日 (月)

写真展に行ってきました2020

恒例冬の写真展に行ってきました。しかし今回は新天研の写真展ではありません。斉藤博さんと小俣正吾さんの合同写真展です。

Img_1101

入り口正面の巨大ポスターが目を引きます。力作ですね。

平日夕方だったので私以外誰もいません。一人でゆっくり鑑賞できました。

Img_1104

星景7割、天体3割といったイメージでしょうか。新潟、山形で撮られた美しい星景がたくさんです。私のなじみの撮影地もいくつか。感想ノートをぱらぱらめくってみましたが、知った名前も何人か。私も記念にちょっと書いてきました(超字がヘタですみません)。

今年は新天研の写真展はないのでしょうか。未だにアナウンスが聞こえません。この写真展も見応えありますが、そちらもいろいろも作品が見れて楽しみなのですが、どうなのでしょう。

こちらは21日まで、場所は例のムサシのギャラリー。まだ日にちがありますのでお時間のある方はぜひ!

| | コメント (4)

2020年1月 1日 (水)

子年になりました。おめでとうございマウス

あけましておめでとうございます。2020年、令和2年、子年になりました。

さて、例年元旦はなるべく干支にちなんだ天体写真を載せることにしていますが、ネズミに関係した天文ネタってない。調べてみたらねずみ銀河というものがあるようですが、アマチュアの手に負えないような難物らしく却下です。でもなにかないかと考えた上、ネズミ→ネズミ花火→回転花火→回転花火銀河→M101という苦しい結果に落ち着きました。

Nezumi

息子が書いてくれるヘタウマな絵が案外好評?らしく今年も書いてもらいました。これだけの絵を即興で10分くらいで書くのですから、案外才能あるのかも・・・と親バカです。回転花火になぞらえて、ネズミがいろんな回転を披露してくれています。正月といえばコマを回す芸人もいますから、おめでたいと思って見てやってください。ちなみに回転花火銀河のほうは10年くらい前に撮ったものです。この対象は多く撮っていますが、実はこれが一番気に入っています。

さて、今年は天文マニアにとってどんな年になるのでしょうね。晴れの日が多くなって欲しいのはもちろんですが、そろそろ大彗星でも現れてくれないでしょうか。それでは、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (13)

2019年12月31日 (火)

2019年ベストオブショット

2019年も終わろうとしています。今年の年末はなんだか忙しくて、ゆっくりブログを書くヒマもなかったのですが、けじめですので一年を振り返ってみたいと思います。

思えばあまり空にカメラを向けなかった気がします。特に後半は晴れに恵まれなかったこともありほとんどまともな作品がありません。いつものホーム遠征地は確か2回しか行かなかった記憶があります。

ベストと言える作品は思いつかないのですが、それでも自分ではいいと思ったこれを挙げたいと思います。

201903281_20191231183601

国上山で撮った千眼堂吊橋と黄道光です。珍しく撮影前にイメージしていたものがばっちり具現化できたものです。2年ぶりに星ナビにも入選できたちょっとうれしい作品でもあります。もう星景を撮ることもあまりなくなりましたが、それでもたまにはカメラ担いでいいロケーションとか探してみたいです。

では、みなさん良いお年を。

| | コメント (3)

2019年12月24日 (火)

メリークリスマス星団

今日はクリスマスイブ。思いもかけず晴れました。サンタさんの贈り物でしょうか。天気予報とGPV見ていたら夜少しだけ晴れそうな気配。しかし夕方まで青空のかけらもなく全く頭から飛んでいましたが、20時頃帰宅の時見上げたら結構晴れているではありませんか。帰ってお風呂入ってご飯食べたら22時。天気はさらに良くなっています。今日が撮り納めだろうと思い、急遽機材を出してなにか撮影することにしました。HD800は設置に時間がかかるので60EDにしました。これなら極軸も適当でいいし、電車通過でもガイドミスしません。やっぱり簡単です。30分で設営完了。なにを撮ろうか考えました。M42かと思いましたが、LRGBで多段階露光だと手間がかかりすぎ。馬頭星雲に向けてみました。ちょっと違うなー。そうだ今日はクリスマスイブではないですか。我が家は土曜日にパーティしてしまったので、今日は普通の日です。気がつきませんでした。もうこれしかないでしょう。電線や電柱が邪魔にならない位置にあるのでちょうどいい。で、今撮影中です。処理するには時間がかかりそうでクリスマスと全然関係ない日に公開になりそうなので、とりあえず1枚だけを適当に処理したのを上げておきます。

20191224

R画像の1枚のみです。上はASI183MM特有の熱かぶりビーム。でもベツレヘムの星みたいなのでこのままにしておきます。本番の処理の時は消します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧