2020年10月16日 (金)

秋桜・コスモス・COSMOS

今朝の地方紙を見たら上堰潟公園でコスモスが見頃という記事が載っていました。天気もいいし、出勤前にちょっと寄ってみようと思いました。とりあえず直行で朝一番の納品を済ませ、その後向かいます。第二駐車場に駐めたらそこからはコスモス畑まで結構遠い。歩いて5~10分くらいかかりそうです。第一駐車場に駐めようと思ったら満車でなかなか入れそうにありません。平日なのに、やっぱり新聞効果なんですかね。諦めて職場に向かいました。でも天気はいいし、来週には終わってしまいそうなので午後の納品前に行ってみることにしました。午前にも増して駐車場は混んでいます。路肩にもたくさん駐まっています。こんなのは初めて見ました。土日はどんなに混むことなんでしょうね。遠いところに駐めそこから歩きました。10分くらいかかったでしょうか。

Img_9787

さほど広くはないですが、密度が濃いので見応えがあります。こういう鮮やかな野に咲く花が好きです。

Img_9784

コスモスという名前は宇宙のCOSMOSとなにか関係はあるのでしょうか。調べたことはありませんが、ずっと気になっていました。

Img_9794

いまググってみたらやっぱり関係がありそうです。COSMOSは宇宙、秩序を表す意味で、花のコスモスもバランス良く整然と並んでいるからだそうですね。コスモスを育ててみたくて、去年種を蒔いたのですが、しょぼいのが数本咲いただけで野に咲くように美しくはなりませんでした。可憐さとは裏腹に倒れても茎から根が出てまた立ち上がるという生命力は雑草のようです。その辺に咲いている花を切って持って帰りたいのですが、昨今そういうのに厳しいみたいなのでやったことはありません。本当の道端に咲いているのがないか探しているのですが、誰のものでもない花って今はなかなか咲いていないように感じます。

| | コメント (2)

2020年10月 8日 (木)

彼岸花を観に

彼岸花を観に行ってきました。場所は長岡雪国植物園。先日新聞だったかに載っていたのを女房が見て、行ってみたいというもので行ってきました。ここは前から行ってみたくて、女房に持ちかけていたこともあったのですが、私のいうことには興味を持たなかったのに、自分で見つけたら行きたいという、なんとも複雑な気分です。休日はかなり混みそうな予想だったので、平日にお互い半日休みを取り午後から出かけました。

道祖神が迎えてくれます。

Img_9751

山そのものが植物園となっています。

10分ほど歩くと彼岸花の群生が。

Img_9769

今年は1週間ほど咲くのが早かったそうで、ピークは過ぎていた感じです。

それでも美しい個体はたくさんありました。

Img_9760

山の斜面に一面咲き誇っていますが、そこを登ったところにもお花畑風に。

Img_9766

若干狭い感はありますが、結構な群生で美しいです。

平日なので年配の女性グループが多かったですが、中年おじさんと着飾った若い女性のペアもいくつか。女房もどういう関係なのだろうと不思議がっていましたが、おじさんがやたらカメラを向けて、女性がポーズを撮っているのをみると、どうもカメラマンとモデルの関係のようです。なにかの取材か、プロカメラマンが雇ったモデルかなにかなんでしょうかね。周りがそんななので、我々も負けじと三脚立ててセルフタイマーで記念撮影。まあ、見苦しいのでここでは公開しません。

Img_9775

ここの公園の周りも道中も道路脇とか民家の庭に彼岸花が多かったです。ここ数年特に増えた気がします。昔は新潟で彼岸花を見ることはほとんどなく、私が生まれて初めて見たのは40年くらい前、京都の嵯峨野でした。西日本の花で、東日本には咲かない花だと思っていました。なんでこんなに増えたんでしょう。墓地に咲く花で縁起が悪いと聞いたことがありますが、最近はそういうの気にしなくなったからなのかもしれません。うちの近くの墓地や線路脇にもどこにも咲いています。珍しくはないですが、やっぱり群生で咲いているのはきれいですね。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

微妙に県をまたぎました

ちょうど胎内星まつりが開催されるはずだった21日〜23日に、東北の某県へ家族旅行に行く計画を立てていました。去年からの予定でしたが、8月に入り、さすがにこの時期行くのはまずいだろうと結局キャンセル。しかしせっかくみんな休みを合わせていたのでどこか行こうと県内を観光することにしました。糸魚川の山の温泉地。十分な対策をしていて、関東圏からのお客はお断りしているそうで、それなら安心でしょう。ただ、日程は1泊となりました。

1日目、どこか観光しようと行った先は黒姫高原スノーパーク。夏はコスモス園としてオープンしています。写真に写っている丸いものは娘が一緒に連れてきたなにかのアバター。

Img_9576

しまった、黒姫は長野県ではないですか。県をまたいでしまいました。まあしかし県境からほんの1〜2kmだし新潟県内みたいなもん、と勝手に解釈。切符売りのおねえさんとリフト係の人としか接触しませんでした。

次に行ったところは岩の原葡萄園。

Img_9603

ここのレストランで一度食事をしたかったとのことで行ってみました。普段注文しないような高いランチ食べました(写真略)。ワインも全種類試飲。今回旅行では運転は息子任せ、私は一回もハンドル握りませんでした。こんなのは初めてです。

このあとは糸魚川へ。途中月不見の池(つきみずのいけ)に寄りました。

Img_9615

ネーミングに惹かれて行きたかったところですが、ちょっとがっかり観光地だったかもしれません。藤の季節には藤の花で覆い尽くされて月が見えないというところから来ている名前らしいですが、シーズンでないと水もほとんどないし、ちょっと景勝地とはいいにくい。でも昔からの名所なので一度は行ってみるのもいいかも。

宿泊は糸魚川の奥のさらに奥の温泉地。いちおうぎりぎり新潟県。源泉掛け流しでとてもよかったです。

Img_9620

ホテルの前から見た風景。向こうになにやら巨大仏が見えます。ここのすぐ脇を流れる姫川の向こうは長野県。橋を渡れば県またぎです。

翌日は近くのジオパークめぐり。まず目に入ったのは高くそびえる岩山。

Img_9630

明星山です。macOSの壁紙にしてもいい感じ。あの崖をクライミングする人もいるそうです。私は絶対ムリ。

小滝川ヒスイ峡に降りてみました。

Img_9640

あのいくつかが翡翠です。手前の白いものは意外にも翡翠ではないそう。奥の草が生えた岩も翡翠なんだとか。翡翠を見分けるのは素人では難しいみたいです。それっぽいのを拾ったのですが、監視員の人に見せたら翡翠系かもしれないが翡翠ではないとか。持って帰りたかったですが。ここは天然記念物で石の持ち出しは禁止です。でもその監視員さんは帰りに、お風呂に入れるといいよ、とかいって石英斑岩(薬石)を拾って持たせてくれました。そういう価値のない石1個2個は大目に見てくれるようです。

このあとはフォッサマグナを見に。

Img_9655

断層になっていてフォッサマグナが実際に露出しているところが見られます。真ん中の立て札が境目。ここでユーラシアプレートと、北アメリカプレートがせめぎ合っていると思うとちょっと感動です。

このあと親不知ピアパークに寄りました。写真はなし。路上で翡翠が売られていました。高いものはゼロが5つも付いています。私もつい買ってしまいました。ただし一番安い1,000円のかけら。本物かどうか疑問ですが、観光地行くとよくこういう変なもの買います。ペナントとか提灯よりはいいでしょう。

最後は上越の水族館うみがたり。

Img_9666

17時を過ぎると入場料が割引です。イルカショーも夕焼けをバックに見られるので、これを目当てに入場する人も多いみたいです。

日本海を模した大水槽の向こうに沈む夕日は圧巻です。水槽と日本海が繋がって見えるのも演出効果のようです。

Img_9683

今回の旅行はこれでおしまい。このあと新潟へ帰宅。また来年もどこか行きたいね、とか話しながら帰って来ましたが、子供が結婚でもして家を出ていない時に限ります。そう思うと微妙です。

| | コメント (2)

2020年7月23日 (木)

海の日にダム巡り

海の日は一人ドライブが恒例です。今年はなるべく県を跨がないように。今回は深山に行ってみたい。数十年ぶりに三面ダムにでも行って見ることにしました。急ぐ旅ではないのでのんびりと。

胎内市の長池です。

Img_3582_r

池一面にハスが咲いていました。もうシーズン遅いかもです。

岩船港に着いた時にはもうお昼で、そこの食堂で海鮮丼を食べました。空いているかと思いきや、普通の休日と変わりない混みよう。新潟の片田舎はこんなものなんでしょう。私は一人すみっこで静かに食べました。

瀬波海岸も海水浴客や釣り客が。少ないようですが、まだ梅雨も明けていないのでこんなものなんでしょう。

Img_3587_r

ここから見える弥彦山と角田山はまるで島のようです。

国道7号線から三面方面に曲がるときこんなオブジェが。

Img_3594_r

ずっと気になっています。存在は天野尚さんの写真でし知りました。高速道路からもよく見えます。近くで見たかったので寄ってみました。見る角度によって形が変わります。きれいな饅頭型に見えるのはどのアングルからなのでしょう。ここを前景に星景写真撮ってみたいのですが、まだ実現していません。

山道を走らせると三面ダムに着きました。なかなか険しい道です。前に来たのは40年くらい前。なんとなく記憶にあります。

Img_3597_r

昭和28年に完成で、新潟県で最も古いダムだそうです。私が生まれる3年前です。しかしコンクリートって持つものですね。

次に寄ったのが二子島森林公園。ここは30年くらい前にキャンプしたことがあります。

Img_3599_r

シンボル的な水上の遊歩道は当時のままです。当時はキャンプサイトまで苦労して道具を運びましたが、今はオートキャンプなんですね。ほぼ満員状態でした。

途中、橋の上で恒例のセルフポートレート。

Img_3605_r

道は狭く、橋の上だけが駐車してもすれ違えるくらいです。まあ、すれ違う車は2〜3台でしたが。

奥三面ダムまではずいぶん遠い感じがします。初めてで道が不安なせいだからですかね。

Img_3610_r

ようやくたどり着きました。アーチ式ダムはかっこいいです。こちらは平成13年にできたので真新しいといってもいいと思います。このダム湖の下に集落があったなんて信じられません。よくぞこんな山奥に人が住んでいたものです。

もう少し観光地っぽいのを期待していたのですが、なんにもありません。新潟県で観光地になっているのって奥只見ダムくらいでしょうか。トイレくらいはあると思って探したらこんな案内が。

Img_3613_r

いったいどこだというのでしょう。矢印の先は崖しかありません。矢印の方向に扉を開けるのかと思ってやってみても開きません。しかたありません、謎のままです。本当はこの先を山形県小国町に出るルートで帰りたかったのですが、通行止めでした。まあ。かなり険しい道が続きそうで、あまり自信もなかったのでよかったのかもしれません。

帰り道、すげー巨岩の渓流が。

Img_3621_r

野猿の岩場と言われています。あそこの上で猿が遊ぶのだそうです。ほんとかいな。

ダムはもう一つ、猿田ダムというものがあるようですが、案内看板が出ておらず、行けそうにないので諦めました。あとは一路帰宅です。上は雨でしたが、降りたら止んでいます。深山気分を味わえリフレッシュできました。

最後にもう一箇所気になっていたところに寄ってみました。岩船の石船神社です。

Img_3625_r

ここも通るたび何十年も気になっていたのですが寄るチャンスがありませんでした。決意して寄ってみようと思ったのですが、駐車場がない。あるにはあるのですが、参拝者以外駐車禁止と書いたコーンが置いてあって入れません。ずらして中に停めればいいのか悩みましたが、気が小さいのでそこまでできませんでした。ちょっとだけ車を停めて参道脇にあった石碑を撮影。磐舟招魂社だそうです。石船神社の参道はこの左。いわれのある神社らしいのでぜひ一度行ってみたい。チャンスはまたあるでしょう。

18時に家に着きました。ほぼ新潟県は行き尽くしたので今度は県外に出てみたいです。でももう歳なのでだんだんパワーがなくなりつつあります。来年も行けるといいんですけど。

| | コメント (6)

2020年7月18日 (土)

七夕まつりに行ってきました

新潟市の白山神社夏まつりに行ってきました。七夕まつりも同時開催。

Img_3555_20200719001501

今年は夜店はなし。ちょっとさみしいです。

Img_3556

色とりどりの風鈴が賑やかです。みんな願い事を書いています。疫病退散の文字が至るところに。

Img_3567

娘です。買ったばかりの浴衣を着る機会がなく、ぜひここでデビューしたかったとか。

Img_3568

今年は花火も新潟まつりも星まつりもなし。ここだけはなぜか開催。割と人は多かったですが、みんなマスクしています。浴衣にマスクももう日常になりつつあります。来年はマスクなしで出歩けますように。

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

松浜でブラまるひ

夕方久しぶりに太陽を見ました。感覚的には部分日食以来のような感じ。そういえば満月も過ぎたのに月齢2の月を見て以来まったく見ていません。梅雨は晴れないと相場が決まっていますが、これだけ晴れないのも近年ではあまりなかった気がします。久しぶりの太陽の下、しばらく散歩もしていなかったので仕事帰りどこかぶらつこうとさまよっていたら阿賀野川下流の堤防に出ました。ちょうどいい散歩コースです。堤防を河口に向かって歩いて行くと漁港がありました。ここが松浜漁港なのですね。名前だけは知っていましたが、行ったことはなかったし、どこかも知りませんでした。

Img_3529

Img_3530

Img_3532

Img_3533

Img_3537

Img_3543

日本各地大変な雨の被害です。早く雨が上がって梅雨が明けますように。

 

| | コメント (4)

2020年6月 3日 (水)

いつの間にか中止に

まあ、まず中止になるだろうと思っていましたが、案の定中止が決定されていました。

Tainai

8月下旬だし、屋外開催なのでもしかしたらと一縷の望みを持っていましたが、全国から集まるイベントですし、当然でしょうね。滅多にない機会なので誰も居ない星まつり会場というのをネタとして写真撮ってこようかと思っていたのですが、会場エリアへの立ち入り禁止だそうです。外周の道路も通行止めにするんでしょうかね。せめて遠巻きに見てみたいのですが、不謹慎でしょうか。

今年は新月期に当たってかつ、木星も土星も観望好機の年なのに残念です。来年開催されることを期待していましょう。

| | コメント (4)

2020年4月 2日 (木)

雨の観桜会

4月1日、ようやく年度末も過ぎてちょっと仕事も一段落したので休みを取って家族で上越の高田城趾公園に行ってきました。

幹から咲くけなげな桜

Img_3411

史上最も早い開花だそうで、かつ、この日から高田公園が高田城趾公園に名前が変わり、さらに新型ウイルスで大幅規模縮小で開催という、ある意味良くも悪くも記念すべき日の一番乗りでのお花見です。

至るところに新型ウイルスの注意喚起の立て札が。

Img_3413

桜は五部咲きといったところでしょうか。

Img_3416

雨が降ってちょっと残念ですが、桜ロードです。例年の観桜会ではここはライトアップもされ、ラッシュ並みに混雑でするところです。行き交う人も居なくてゆっくり鑑賞できると言えばできます。

Img_3418

普通なら車の駐め場所も困るところですが、すぐ公園脇の駐車場もガラガラ。まあ、雨と言うこともあるのでしょうが。

緑の桜が好きです。

Img_3421

よく見ると萼(がく)が緑なんですね。普通の桜はここも桜色。そんなところもこの緑の桜がより緑っぽく見えることに気づきました。

都会では花見も自粛とか言っているのでちょっと行くのをどうしようかな、とも思ったのですが、さすがに平日で観桜会も大幅縮小なら「密」ではないだろうと思い来てみました。案の定例年とは比較にならないくらい人がいません。市内の居酒屋風のお店で昼食を取りましたが比較的すいていながらも何組かのお客さんがいました。なんでもかんでも自粛というのもどうかと思います。幸い新潟県は落ち着いてきたような気もします。ちょっとはこうやって経済を回していかなければとか、ちょっと複雑な気分です。まあ、十分気を付けはしますけどね。

| | コメント (4)

2020年3月20日 (金)

今年も水芭蕉

桜を見なければ春が来た気がしない日本人が多い中、私は水芭蕉を見ないと春が来た気がしません。今年は五泉の水芭蕉公園に行って来ました。

Img_3402_r

今年は暖冬で花が咲くのが早いと言われていますので、例年より10日くらい早く来てみました。しかし早すぎたようです。桜とか、里は早いけど、山のほうは案外変わらないのかもしれません。

Img_3400_r

駐車場が広くなっていました。でも人はまばらでした。機会があったら来週くらいもう一度きてみたいです。でも遠いから無理だろうな。

昨日はよく晴れたので上堰潟公園に行ってみたら菜の花が咲き始めでした。

Img_3398_r

花盛りとまで行きませんが5分咲きくらいでしょうか。こっちは例年よりだいぶ早い気がします。いつもここで菜の花オリオンを撮りますが、夕方はまだオリオンが高くて撮れないかもしれません。この近くにも水芭蕉が咲いているところがあります。そっちにも行ってみようかな。

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

新潟市は謎の町

なんか、毎日毎日同じところを行ったり来たりして退屈極まりない生活です。このところの世の中の暗さもあって気が滅入る日々ですが、たまに普段と違うところに用事があって出かけるととても新鮮な気持ちになり、一瞬ですが心が晴れ晴れします。

ここは新潟市北区の某大学で見かけた謎の神社。

Dsc_0001

近代的な学び舎に似つかわしくなく、キャンパスの真ん中に鎮座しています。おそらくこの大学ができる前からずっとあったんでしょうね。神社は動かさないというのが決まりなんですかね。結構都会でもビルの谷間にあったりしますよね。こういうの好きです。昔から、そして未来もずっと見守ってくださるのでしょう。

Dsc_0003  

ちょっと海岸沿いを走ってみたくなり、通りかかったのがここ。あの石油プラントらしきところの近くにいったら立ち入り禁止の立て札がありました。このあたり結構そういうところが多く、なかなか海岸までたどり着けません。北区は謎が多いです。ところでここですが、前にも一度通りかかって、なかなかいい風景のところだと感動したのですが、グーグルマップで見たら地名が付いています。浜サンベと書いてあります。なんだか湿地帯のようで、写真見ると一面水が広がっています。季節によってはそうなるのでしょうか。謎です。新潟のウユニ塩湖とのコメントもあります。そんなすごいなら見てみたい。ちょくちょくまた来てみようと思います。

記事とは関係ありませんが、新潟駅のあたりは花園町といいます。新潟市花園町を誤変換するとタイトルのようになっちゃいます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧