2017年8月30日 (水)

初めて来てみた

今日は旧豊栄市に仕事で来ました。すぐに終わったのでちょっと道草でもしてみようとさまよってみました。行き着いた所はここ。

Img_1945

清潟というところ。新発田市なんですね。近くの道は数限りなく通っていて、ここを曲がれば清潟なんだなあ、という認識あったのですが、何十年も通っていた割には一度も来たことがありませんでした。新潟市近郊の道は走り尽くしていたつもりですが、まだまだ未開の地はたくさんあります。

結構自然豊かないいところ。気に入りました。また時々近くを通ったら来てみたいです。

これはコウホネ?

Img_1949

こっちはスイレン?

Img_1951

スイレンとヒツジグサの違いがよくわかりません。しかし、花の写真はヘタクソです。どうしてもうまく撮れません。花を撮るセンスはないようです。

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

伝説の里へ

28日は月曜日でしたが、残っていた夏休みを使い、女房と娘を連れてドライブしてきました。目的の一つは夏休みが終わった娘を上越のアパートに送り届けること、もう一つは前から行ってみたかった糸魚川の上路(あげろ)、山姥の里を訪れたかったことです。

まずは昼食ですが、これも一度は食べてみたかった、糸魚川のブラック焼きそばと決めてきました。ネットで探した一番人気のお店に行ってみましたが、なんとまさかの休み。定休日なしと書いてあったのですが、不定期には休むこともあるとのこと。運悪くそれに当たってしまったようです。二番目のお店に行ってみました。そこから車で10分くらいですが、そこはもまさかの定休日。ネットには定休日は「第二火曜日」と書いてあったので大丈夫と思ったのですが、「月曜日と」という文字を見落としていました。こうなったら意地でも食べてやろうと、三番目のお店に。さすがに女房も気の毒がって電話して営業していることを確認してくれました。さらに戻ること15分、ようやくブラック焼きそばにありつけました。お味はというと・・・まあ、一度は食べてみたかった、という夢が叶った、というところです。

お昼を食べたら山姥の里へ。一旦富山県に出て、そこから山道を再び新潟県に入るという感じです。伝説の地を訪れるのが好きですが、ここが新潟県内ではたぶん一番遠いところです。

山姥の里の碑

Img_1915

案内図です。山道を1時間歩くという山姥洞へ行くのは無理ですが、この近辺に歩いて行ける史跡がいくつかあります。

Img_1919

山姥神社です。

Img_1925

これは山姥の子供の坂田金時が遊んだという藤のブランコ。かなりの樹齢を感じます。

Img_1923

さて、近くには山姥が日なたぼっこをした石とか、金時が遊んだという手玉石というのがあるはずですが、どうにも見当たりません。女房と娘はアブが怖いとかで車から出てきません。あんまり待たせられないので諦めました。帰ってからストリートビューで探してみたらなんと自分が探し歩いた道路脇に目立たないようにありました。確かに石標はありますが、よほど注意しなければ見落とします。車からでもわかるように案内板でも付けてくれれば・・・ちょっと消化不良の伝説の里でした。

帰りに道の駅 市振の関に寄りました。この名前を見たとき、ここに面白い物が売っている、という情報をネットか何かで見たことが脳裏をよぎりました。それがなにかは思い出せず、とにかく中に入ればわかるだろうと入ってみました。

Img_1930

これでした。

Img_1929

一カ所で関東向けと関西向けのカップ麺が買えるというところでした。謎が解けてスッキリ。ここにきたことが今回の旅の一番の収穫だったかも。

定番、親不知子不知

Img_1932

ここも一度は下まで降りてみたいと40年間通るたびに思ってきましたが、今回もそれは叶わず。もうたぶん一生降りることはないでしょう。

カップ麺は東西食べ比べセットを2セット買いました。こういうネタには三男が食いつくので、彼のいるときに食したいと思います。

Img_1940

さて、もう9月も目前です。田んぼの稲穂も頭を垂れてきました。思えば今年は田んぼの代掻きから稲刈りの間、ほとんど撮影できなかった気がします。天気に恵まれなかったのもあるのでしょうが、月日が矢のように過ぎると感じるこの頃です。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

月と三尺玉

8月2日長岡花火を観てきました。子供が有料マス席を取ってくれ、眼前で迫力ある花火を観ることができました。

Hanabi2016

今の花火はハイテクです。離れたところから打ち上げ、それがちゃんとシンクロして全体として物語風となっている、もう芸術ですね。

三尺玉と月のコラボ

Img_1845

無風でなかなか煙が取れてくれないのがちょっと残念。

また来年も連れてってもらえるのでしょうか。

| | コメント (8)

2017年7月30日 (日)

星まつりに行ってきました2017

今回はアメリカ日食のため、7月開催となった胎内星まつりに行ってきました。

Img_1756

私のテント場所は毎年まったく変わっていません。暗黙のうちに縄張りが決まっているかのごとく、それぞれのテントの場所って変わらない気がします。

今年はなんとなくすいていた感じがします。午後1時過ぎに到着しましたが、車を駐める場所は余裕があり、比較的近いところに駐めることができました。テントを張って休んでいたらtantanさん到着。早速ブースを見学に。今年は結構面白いものが多かったように思います。欲しいものが一杯。う~ん、悩みます。

今年もありました。俗に呼ばれる変態仕様。

Img_1773_2

相変わらず理解不能。

ざっと一周してオークションが始まったようなので行ってみました。今回はあまりつまんない出品物が減って、本来の望遠鏡関係のものが多かったです。変わったものではこんなものが。

Img_1763_2

某車メーカーのCMで天文関係者から大ひんしゅくを買った、反射望遠鏡逆さま事件。実はあれはこの望遠鏡だったんだよ、というオチが付きそうな、実際に逆さまで見るニュートン式反射望遠鏡。反射鏡側に対物レンズを取り付け、斜鏡で曲げて観るというもの。よく考えるものですね。ベースはあのミザールH100。結局値が上がらず持ち越しになりましたが、落札されたのでしょうか。

ずーっと厚い雲に覆われていましたが、夕方にはきれいなピンク色の空が。

Img_1776

ちょっと期待しました。でも裏切られるんですが。

夜は恒例ビール飲んで再び会場巡り。バランスウェイトなしで釣り合う赤道儀がありました。

Img_1778

どういうしくみなんでしょう。巧みにバランスを取っているのか、ひたすら剛性が強いのか。

他にはニコンの超高級天文及びミリタリー仕様の双眼鏡。60数万円也。宣伝に力を入れていましたが、売れるものなのでしょうか。ポタ赤ブームは去ったという感じ。少なかったです。初参加SS-oneショップも見たかったブースです。マニアック過ぎて私はなかなか手を出しづらいですが、大変興味があったので実機をよく見させていただきました。2台限定のSS-one miniは意外に安かったので買おうかな、と悩みましたが、一周したら完売になっていました。ほんまかさんとも少し話しをさせていただきました。役に立つかわかりませんが、記念に一つ買わせていただきました。ありがとうございました。来年も新製品期待しています。

こんなデモも。

Img_1780

SONYの超高感度カメラと明るい望遠レンズで自称電子ドブソニアンだそうです。晴れていればタブレットの画面に星雲が映し出されるそう。肉眼では全く見えない星が雲を通して映っているのに、その高感度がうかがい知れます。新しい観望方法に大変興味を持ちました。たぶん来年も来られると思うのでぜひ本物の星雲見てみたいです。

この後はテントに帰り寝ました。星まつりの夜は普通のキャンプ場と違って静かです。明け方目が覚めて外を眺めたら薄明に金星が見えています。

Img_1784

ともかく、星まつり開催中に星が全く見られたかったことはない、という記録は今年も更新中です。この空がもう数時間早ければ良かったのですけど。

ヒロノさん、遠いところをありがとうございました。来年はぜひ63cmを拝見させてください。tantanさんずっとお付き合いいただき、ありがとうございました、いろいろごちそうになりました。帰りに古屋君を家庭訪問させていただきましたが、ありがとうございました。tantanさんの機材類を明るい時に拝見するのも初めてだったかもしれません。ためになりました。

今回の戦利品です。今回は大物は買いませんでしたが、いろいろ掘り出し物がありました。

Img_1793

セレストロンのジャンク双眼鏡8×42mm。大変よく見えます。新品で買えば4万円くらいするようです。5千円でした。物星台観望用です。
QHY5P-ⅡカラーCCDカメラ。惑星用に買いました。星まつり特価でちょっと安かったかも。
60~120倍顕微鏡。安くて面白そうだったので買いました。こういう面白グッズに出会えるのも星まつりの楽しみです。
3ウェイ雲台。自由雲台しか持っていないので欲しかったのですが、これもジャンクで安かったです。クイックシューは嫌いなのでちょうど良かったです。
SS-oneショップで買ったアングルプレート。今持っているCD-1に使う、かもしれませんが、たぶんしばらく使い道ないです。安かったし、いつか役立つかも、と思って記念に買いました。こういうの触っているだけでも楽しいです。
アリガタ金具。毎回1個買っています。実用性なさそうな形ですが、前に1つ買って下駄を履かせるのに使っています。いつかそういう思いがけない使い道が出そうなので買ってみました。

今年はちょうど苗場での音楽の屋外イベント、フジロックフェスティバルに重なりました。私は音楽のそういうところに行くのは場違いっぽくて行けませんが、ここはあれの星板みたいなものですね。年に一度、自分の趣味のお祭りに参加出来るのっていいものです。また来年も行きます。

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

高いところが好き

毎年海の日は恒例ふらりドライブに行くことにしています。前日の雨も上がりそこそこいい天気。行き先は魚沼、南魚沼あたり。特に急ぐ旅でもないのでわざわざ遠回りすることもありました。三条市を抜け、一路290号線を南下。途中、人面交差点を左に。全く意味ありませんが、なんとなく普通の真っ直ぐいってもつまらないと思ったので。初めて通る道だと思っていましたが、なんとなく見覚えのある風景に出会いました。2年前のやはり海の日ドライブに通ったところのようです。

刈谷田川を遡ってみました。20年くらいまえに子供を連れて1~2回来たことがあります。その時に来た釣り堀に行ってみました。休業中の看板。廃業したにしてはそれほど朽ちた感じでもないので、本当に休業で気が向くと開くのかもしれません。

Img_1679

ここまで来たので次に道院高原に行ってみることにしました。刈谷田ダム経由の道は結構難所です。やっぱり20数年前にキャンプに来たことがありますが、その時通った記憶があります。

Img_1691

駐車場は広々として眺めがいいです。新潟県屈指の星見スポットとして知られています。来てみたいですがちょっと遠いなー。昔来たキャンプ場を見てみたかったのですが、立ち入り禁止でした。オートキャンプ場になったためか、利用者以外は入れないようになったのかも。当時は重いキャンプ用品を何往復もして運びました。帰りは来伝のほうに降ります。こっちの道は割といい。昔はこの道あったのでしょうか。また来るならこっちを選びたいです。今グーグルマップで見ましたが、守門岳の麓を通って入広瀬に抜ける道もあるのですね。ストリートビューでも見れます。わかっていたならこっちを通るんでした。

大平峠の頂上。3年前、ここから昇るオリオンを撮りました。

Img_1694

この後どこへ行こうか。特に目的もなかったのですが、252号線で只見線沿線を通って49号線に出て帰ろうと思い立ちました。

只見線の柿ノ木駅跡です。秘境駅の一つとして挙げられていたようですが、2年前に廃駅になったそう。ナビの地図には載っていたのにちょっとびっくり。

Img_1698

おなかがすいてきましたが、このあたりコンビニとかなにもないです。鏡ヶ池の道の駅に寄ってみましたが満席で諦めました。空腹に負け、ここで福島周りは断念。小出に戻りました。小出では必ずちんちん亭のラーメンを食べます。

Img_1701

あの渦中の渡辺謙も高校時代ちんちん亭によく行ったようです。私も高校時代行きました。当時は小出の街中にあり、カウンター席だけの小さな店だった記憶があります。その後河川改修に伴い少し離れたところに移転しましたが、再度の移転で郊外のこの店になったようです。当時を知るものとしては雰囲気が変わってしまったのがちょっと寂しいです。味は変わっていなかったように思いましたが。

このあとまたまた思い立って五日町スキー場へ

Img_1704

ここからは八海山が大変よく眺められます。ここからの映像は八海山ライブカメラでいつでも見ることができます。ここから昇る夏の大三角形やオリオンを撮ってみたいと思っています。

こうなったら行けるスキー場の頂上に行ってみようと思い立ち、次に浦佐スキー場に行ってみました。スキー場としては数年前に廃業になりましたが、上に行く道はあるはず、と思いましたが残念ながら工事中で通行止め。で、次に行ったところは小出スキー場。

Img_1709

スキー授業では何度か来ていますが、雪のないときにくるのは初めて。結構車でも上まで登れるものです。夜景と星を撮りに来てみたいです。でも光害はどれくらいのものでしょう。魚野川はよく霧が発生するのでそんな光景も素晴らしいでしょうね。もっと有名撮影地になっても良さそうなのですが、ネットには写真があまりないです。

ここまで来たら意地でもう一つスキー場に行ってみたくなりました。旧湯之谷村の薬師スキー場。ちなみにスキー場が出来たの私がいた時よりもずっと後なので一度も滑った事がありません。

Img_1720

ここを尾根伝いに歩くと薬師山の神社に行けます。何度も歩いて登ったことがあります。ほんの10分くらいで登れる小さな山ですが、そこから眺める小出町の風景も好きでした。車でここまで登れると知ったのはやっぱりグーグルマップです。いろんな発見があるのでよく眺めては行きたいところ探しています。グーグル恐るべし。

さて、もう夕方近くなってきたので今回の高いところ巡りはこれで終わり。普通ここから新潟に帰る時は高速か17号線を使いますが、ナビで最短ルートを検索すると290号線を選びます。確かに距離は短いですし、信号のある幹線を通るより快適で早そうなのでそっちで帰ることにしました。ついでとばかり、須原スキー場に行ってみましたが、通行止め。特に理由はなさそうですが、星の家利用者以外通さないのかもしれません。閉め出されたようでちょっとがっかりです。

意外に早く、2時間ほどで帰宅できました。やっぱりこの道は快適でした。しかしこの夜からこのあたり豪雨に見舞われました。半日違っていたら危なかったかもしれません。今回のスキー場巡りを生かし、機会を見て星景撮影に訪れてみたいです。

| | コメント (4)

2017年6月18日 (日)

撮り鉄の旅

タイトルは誇大です。まあ、たまたま通ってくれたので写した、という程度です。

Img_1588

17日に咲花温泉に行ってきました。ちょうど旅館の窓からすぐ脇に線路が見えます。そこから撮っても良かったのですが、せっかくなので散歩がてら線路端で撮ってみました。絶好のアングルですね。他には誰もいないし、宿泊客だけに与えられるベストポジションといったところです。

快晴の日でした。天の川が見えるかな、と思いましたが、若干の薄雲と、旅館の灯りで見えません。家族と一緒なので星空写真は撮らずにそのまま宴会に。

翌日の観光

Img_1614

安田ヨーグルトの直売所です。去年か今年リニューアルしたとのことで、とてもきれいで楽しいところです。濃厚ソフトクリームやフローズンヨーグルトが絶品です。あんまりスーパーでは見かけないような珍しい商品もあり、いくつか買ってしまいました。今回来れなかった娘を連れて近いうちにまた来たいです。

このあとは瓢湖へ

Img_1617

アヤメが見頃でアヤメ祭りをやっていました。

白鳥のいない瓢湖

Img_1624

確かいつもはこの時期、蓮の花がそろそろ咲き始める頃で、一面の蓮の葉が湖面を埋め尽くしているはずですが、何にもありません。なんでなのでしょう。原因が知りたいです。

まあ、簡単ですが、週末の旅行記でした。土曜日はいい天気でしたが、梅雨前の貴重な晴れ間に皆さんのなかで撮影されたかたはいますでしょうか。今週は新潟も梅雨入り宣言されそうです。

| | コメント (6)

2017年4月10日 (月)

桜先取り

8日土曜日、恒例となった高田公園100万人観桜会に行ってきました。娘のアパートに車を駐めて、帰りも娘の所に泊まるので気が楽です。娘が上越市にいる間は毎年来れそうです。

しかし残念ながらあいにくの雨

Img_1411

夕方まではなんとか持っていたのですが、出かけるころになって降り始めてきました。まあ、霧雨程度なのでびしょ濡れになるほどではありません。

定番の構図

Img_1413

去年はこのあたり、宴会シートが所狭しと広がっていましたが、さすがに雨とあっては宴会グループは皆無です。

桜は2日前に開花宣言がありました。去年よりも5日遅いそうです。去年来た時は満開でしたが、今年は5分咲きくらいです。

Img_1418

宴会グループはいなくても屋台は通常通りにやっています。お客は去年よりは少ないですが、それでも傘を差して歩くとちょっと邪魔になる感じです。

恒例の屋台ののぼり桜

Img_1420_2

今年はキティちゃんでちゅ

名所、桜ロードは雨でも多くの見物客がいました。

Img_1429

派手な撮影モードで撮りましたが、実物もこんなイメージでした。ピンクのライトアップ。なかなか妖艶で桜の妖しいイメージが出ています。結構好きです。

いろいろ食べました。生ビールも飲みました。この後たこ焼きとかお好み焼きを買って娘のアパートで二次会。子ども達は花より飲み会みたいでした。上越に泊まる場所があるからこそ行けるようなものです。来年もう1回来れそうです。まあ、人生4回高田夜桜が見られれば十分です。

| | コメント (10)

2017年3月31日 (金)

咲き始めました

例の新潟市西蒲区仁箇の水芭蕉を見てきました。

Img_1368

3~5分咲きといったところでしょうか。さすがにあまり知られていないところなので私一人です。車を駐めたあたりに柿の木を手入れしている農家の方がいましたが、いぶかしげにするわけでもなく、無関心げに作業を続けていたのがありがたかったです。

Img_1374

向こう側が開いている個体が多く、単独で撮ってきれいなものはありませんでした。自生地は狭いです。ほとんど谷底といった感じですが、少し下流に行くとやや開けているのでそこからなら星と一緒に撮れそうです。ただ花が少なかったです。今度は月明かりの時にきてみたいです。

帰りに上堰潟に寄ってみました。

Img_1375

こちらはまだ1分咲きくらい?まあ、菜の花は長いので次の新月期までは大丈夫でしょう。今年の菜の花星景や桜星景は月明かりに照らされたものになりそうです。


| | コメント (2)

2017年3月21日 (火)

銀山温泉に行ってきました

この土日に家族で山形県の銀山温泉に行ってきました。大正ロマンがあふれるような情緒ある温泉街が魅力で、一度行ってみたかったところです。「おしん」の母親が働きに出ていたという設定でも有名です。一説には「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったとも言われていますが、これはあまり信憑性がなさそうです。

Img_1300

夕暮れにはガス灯が灯ります。これを見るだけでも来た価値があります。

Img_1302

川を挟んで狭い谷間に旅館がいくつもひしめいています。灯りがなんとも情緒的です。

残念ながら私達が止まったのはちょっと離れた近代的なホテルでした。予約が遅くてそこ以外取れませんでした。

Img_1311

星が出ていれば窓の外で星景でも撮るのですが、あいにくの雪。天気予報は両日晴れだったのですが、さすが深山、都市部の天気予報は当てになりません。

よく日はまあまあの晴れ。昼間の散策もしてみました。

Img_1320

足湯があります。

川を挟んで両側はこんな感じ。道は狭い。一般車は通れませんが、配達の軽自動車は走っていました、ストリートビューもここは歩いて撮影したようです。

Img_1345

この通りはちょっとした観光化がされており、観光客目当ての施設やお店があって楽しいです。

結構有名らしいカレーパン屋

Img_1332

もちろん食べました。カレーパンだけでなくいろんな美味しそうなものがたくさんあります。お土産屋さんもいろいろあって、ここの向かいの地酒屋さんはおすすめです。

帰り道に見えた月山がきれいでした。これは新潟市からでも見ることができます。

Img_1362

銀山温泉行くならついでに尾花沢の「最上川千本だんご」がオススメ。行列のできる団子屋さんです。並ぶ価値はあります(写真省略)。

| | コメント (10)

2017年3月16日 (木)

発見!

そろそろ水芭蕉シーズン。去年からの宿題だった、新潟市西蒲区(旧巻町)の仁箇堤あたりにあるという水芭蕉群生地を探してみようと、ちょっと仕事の合間に訪れてみました。しかし、目星を付けていたところもやっぱり違いました。情報もないし、もう見つからないな、と諦めて帰ってきました。

昼間は雨も降っていましたが、夕方から西のほうが少しずつ晴れ間が出てきました。最後のチャンスなので職場から金星を撮影しました。これはまた後で。透明度はいいし、せっかくなので星景でも撮ろうかとカメラだけもってちょっと出ました。場所はどこにしようか。うまくいけば黄道光も見えるかも、と思いいつもの海辺ではなくちょっと高いところ、昼間行った仁箇堤の上の柿畑に行ってみることにしました。現地に着いてみると天気はそれほどでもありません。雲が多い。でも1~2枚撮って帰ろうかと思ったらなにやら気になる道標が。水芭蕉と書いてあります。思いおこすとこの道標は見たことがあります。そのときも書いてある文字は見ていたのですが、全然思いつきませんでした。灯台元暗しとはこのこと。去年探し求めて迷ってたどり着いた場所、まさにそこでした。この辺だろうと探してみたら手すり付きで整備されている坂道があります。懐中電灯片手に降りてみました。ありました。

Img_1254

かなり昔からあるような古い看板です。有名そうなのに情報がなにもないというのはなんでなのでしょう。

まだつぼみです。

Img_1259

もう1~2週間でしょうかね。その頃また来てみます。

水芭蕉星景を撮りたかったのですが。谷底なので星と一緒には撮れません。ここから見る星空はこんな感じ。

Img_4868

車を駐めたところからほんの1~2分下るだけです。暗闇ですが、熊はいないので安心です。狸やウサギはいます。現にどちらも車で走っているときに見かけました。

しかし、こんなところにもストリートビューが来ているのにオドロキ。ほぼ獣道なんですけど。ネットで探してもこの場所の情報はほとんどないのでせっかくですから地図を貼っておきます。

車を駐めた降り口からの星空

Img_4866

2~3分下るとゴルフ練習場が明るいです。ちょっとしたオアシスを発見した気分です。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧