2021年3月18日 (木)

Catalinaにしました

訳あってブログ更新が滞っていました。といっても書く記事もないのですが、日記です。関係ない人にはつまらない話題です。

家でネット閲覧に使っているのはMacBook Airですが、OSが今までHigh Sierraでした。これ以上に上げたくてもMid 2011はここまで。まあ、困ることはないのですが、なんか置いていかれた気分です。そんなときふと発見したのがCatalina Patcherというソフト。これを使えば最新(のひとつ前)のCatalinaにアップデートできるようです。いろいろ面倒もありましたが、Catalinaにすることができました。

Catalina

OSだけは新しくなりましたが、不便さもいろいろ。古くからのソフトで32ビットで動いているもの(Office 2008とか、星図ソフトVOYAGERとか)が動かなくなりました。Officeは諦めてフリーのLibre Officeを入れました。星図ソフトはなにか探します。Chromeが動かないのは痛い。それにSafafiだとGoogle Mapも動かない。これは困るのでHigh Sierraからのアップデートだったものを新規にクリーンインストールで入れてみました。それでもだめ。どうもSafariのほうをアップデートするとダメみたいで、再クリーンインストールしてSafariのアップデートをしなかったらなんとかMapだけは動くようになりました。Chromeはそのまま。代わりにと入れたMicrosoft Edgeも同じ症状で動きません。まともに動くのはSafariだけです。結構機能ダウンしちゃいました。こんなことならCatalinaにしなければ良かった、と元のHigh Sierraに戻そうと思ったら、リカバリー領域のOSまでCatalinaに変えられてしまったようです。う〜ん・・・もうCatalinaでやっていくしかないですね。まあ、そのちいろいろ誰かが解決策を調べてくれるでしょう。どうせネット閲覧だけしかしないのでたいして困らないんですけどね。

| | コメント (4)

2020年11月30日 (月)

ネット環境を改善しました

物星台での撮影はリモートが欠かせないですが、今まではすぐに無線LANが切れたり、遅くてたまらないとかいうことがよくありました。二階に生息している娘からもしょっちゅスマホが切れるとか苦情がきていました。それでこの間無線環境を見直しました。今までも中継器をつけていましたが、それでも調子が悪かったです。中継器までの電波が弱いようです。直線で結んだ真ん中に冷蔵庫があります。それのせいかも。そこで無線LANルーターを高いところにあげました。

Img_1267

リアスピーカーを置くために家を作るときに作ってもらった棚です。そのうち猫が登って落とすかもしれませんが。そうなったらそのとき考えます。

幾分改善しました。この際いっそ中継器も交換しようと新しく買いました。

Img_1266

TP-Linkの製品です。Amazonで評判がよかったので買ってみました。今までのエレコムやバッファローのものはSSIDは親の物を引き継ぐので、どっちでつながっているかがよくわからず不便でした。これは中継器自身で独自のSSIDを持っているのでわかりやすいです。

場所も以前の床に近いところから上に上げました。

Img_1265

電波は最強を示していますし、この真上が娘の部屋ですが、苦情はこなくなりました。むしろ物星台からは少し遠くなったのですがまったく切れなくなり、リモートとは思えない速度でつながりとても快適になりました。TP-Linkって安いし、ちょっとどうかな、と思ったのですが品質的にはとてもいいと思います。無線LANアダプターも使ってみましたが、とても安定しているし、ドライバいらずでインストールも楽だし非常にいいです。でもやっぱりお客さまに持って行くときはバッファローとか国産品になっちゃうんですよね。やっぱり日本人ってブランドで安心しちゃうところがあります。

今日は半影月食でした。新潟は雨で一片の月もみることができませんでした。あまり見たことないですが、半影月食って部分月食より面白いかもしれません。中途半端に欠けるよりも、見えるか見えないかくらいで暗くなっている姿のほうがなんだかきれいな気がします。次に日本で見られる半影「だけ」の月食ってどうやらしばらくないようです。半影月食が待ち遠しいなんて私くらいのものでしょうね。

| | コメント (4)

2020年11月22日 (日)

PCが起動しなくなりました

家のパソコンが起動しなくなってしまいました。

Img_1304_r

魔のブルースクリーンというでしょうか。CRコードを読み込ませてサイトを見ても○の役にも立たないことはわかっています。内蔵の500GBのSATA SSDを1TBのM.2 SSDに換装しました。クローン作成に失敗したのかもしれません。普通なら30分くらいで終わるところが2時間くらいかかってしまいました。どこかにダメージがあったのでしょう。1度は起動したのですが、職場で作業したのを家に持って帰って起動したらこんな画面になりました。修復してもセーフモードでも起動しません。いろいろ試してBCDを再構築したら今度はこんな画面になってしまいました。

Img_1303_r

軽度なら治したころもありますが、どうやってもだめです。初期化しかなくなりました。データは消えることはありませんが、ソフトの再インストールや環境設定が大変。まあ、そういうの嫌いじゃないんですが。自宅にはOSをインストールするメディアがありません。どうしようか考え、撮影用ノートパソコンで、撮影データ一時保管用ポータブルSSDにインストールメディアを作ることにしました。マイクロソフトのサイトからダウンロードしてWindows 10のインストールメディアを作成します。今は最新の20H2です。20は2020年ですが、H2ってなに?新しすぎてまだ不具合がありそうですが、これ以外選択できません。Windowsを新規インストール。起動することができました。データはWindows.oldフォルダに全部退避されていますので、そこから戻すだけです。次は必要アプリのインストールですが、最重要なのがPhotoshopです。SSD換装前にライセンス解除し、換装後起動できた時にライセンス認証してしまいました。その後起動しなくなったので解除してありません。不安でしたが、認証できました。マザーボードなど、大きなパーツを変えなければ別PCにインストールしたとは見なさないようです。ともかくこれで元の環境に戻りつつあります。クリーンになった分、動きもよくなった気がします。思えば5年以上クリーンインストールしていなかったかもしれません。まあ、いい機会だったと思うことにします。

| | コメント (4)

2020年10月 3日 (土)

PCをアップグレードしました

メインのデスクトップパソコンをアップグレードしました。替えたのはCPUとマザーボードとメモリ。それ以外は替えていません。今までのCPUは第3世代のCore i7。特に不自由はないとはいえ、さすがに8年前のものですのでなんとかせねばと思っていたのですが、先立つものもなく、そのままにしてきました。ここにきて思いがけず16GBのメモリが手に入り、CPUも今の第3世代のCore i7がどうしても欲しいというかたがいたので、それとトレードする形で最新のCore i5を買うことができました(いくらかは持ち出しがありましたが)。残るはマザーボードなのですが、こればかりはなんとかしなければならない。金欠ですが、ポイントだけはあるので某カメラ系量販店に注文出しましたが在庫無しで入荷がいつになるかわかりません。2週間待ったのですが見込みなしで、さすがに待ちきれなくなりました。この土曜日に作業したかったのですが、木曜日です。即納できるマザーボードとショップを探し注文。金曜日に届きました、某カメラ系量販店のほうはキャンセル。ポイント使えず、なけなしの小遣いから出しましたがしかたありません。で、めでたく本日土曜日、入れ替えを行いました。

Img_1279

相変わらず中身はぐちゃぐちゃです。お客さまに製作するものはもっと配線をきれいにしますが、自分のものはどうでもいいです。ただ、エアフローだけは障害がないようにいちおう気を配っています。ケースは10年以上同じものを使っています。職場内にいくつか転がっているのですが、なんとなく今のがお気に入りで替えようとも思いません。Windowsも問題なく立ち上がり、ドライバも組み込みちゃんと動作しました。懸念だったライセンス認証は、元になっているWindows 8のプロダクトキーを入れたら通りました。ちなみにこのWindowsはパソコンハードに紐付くDSP版ではなく、単体パッケージで買ったものです。確か期間限定のアップグレード版で3,000円くらいで買ったと思います。これはパソコンを新しくしてもずっと使えるので自作マニアにはお得です。なお、Windows 3.1→Windows 95→Windows 98→Windows Me→Windows XP→Windows Vista→Windows 7→Windows 8→Windows 8.1→Windows 10と同じライセンスをアップグレードで引き継いでいます。もうひとつの懸念材料はPhotoshopのライセンス認証です。Photoshopは2台のパソコンに入れられますが、今回のようにハードディスク(SSD)は同じものを使ったとしても、マザーボードを替えると、3台に入れたと見なされてしまいます。これを防ぐために交換前にライセンスを解除しておきます。交換後、新しくライセンス認証をしようとしたところ、台数を超えていると言われてしまいました。

Img_1282

うまく解除ができなかったのでしょうか。こういうときはあまり考えず、とにかくサポートに電話します。ライセンス的に不正を働いていない限りユーザーの権利ですので、堂々と説明して対応してもらいます。しかしアドビは土日祝日サポートが休みだそうです。マイクロソフトは24時間365日対応しているのにこの差はなんなのでしょうね。このパソコンは自宅で使うので平日昼間にわざわざこのために仕事休むわけにも行きません。そこで、職場のPhotoshopのライセンスを一時解除して、空いたところにこのパソコンをライセンス認証しました。通りました。その後職場のパソコンでライセンス認証しようとしたらやっぱり通りません。まあ、職場でPhoshop使う頻度は低いのであまり困りませんし、職場からなら平日日中でもサポートに電話できます。自宅パソコンはほぼ画像処理専用なので使えないととても困ります。まあ、いつまでもCS6使っていないでCCを使え、ということなんでしょうけどね。前とくらべてさほど劇的に速くなったという感じもないですが、この先を考えると良かったのでしょう。これであと5年は使えると思います。

10月5日


Photoshopのライセンス認証ができました。アドビのサイトにアクセスしたら、チャットができたのでそこでサポートを受けました。ライセンスを1つ解除するのかと思ったら、逆にライセンス上限を上げてもらい、認証することができました。時間は10分くらい。待たされることもなく迅速に対応してもらいました。チャットでのサポートは初めてでしたが意外に便利なものです。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

HDDは分解

なにやら、オクに出したハードディスクに個人情報が大量に残っていたということで問題になってるというニュースがありました。

なんで抹消しなかったんでしょうね。ズボラな私ですが、それでもお客さまから廃棄を頼まれたパソコンとかHDDはまずデータが外に漏れないよう気を配ります。やっぱり一番確実なのは分解ですね。

Img_1078

ここ1年くらい預かったHDDを分解して出たプラッタです。何枚あるのでしょう。容量でいえばペタバイト行くのでしょうか。テラの 1000倍ですから、そこまで行かないですね。

分解は慣れれば案外簡単です。アマゾンで買った1000円くらいのトクルスドライバのセットを使います。まず見えるネジを全部外す。どんなHDDにも必ずラベルに隠れているネジが1〜2本ありますので、それも忘れないように。外したらマイナスドライバーで蓋をこじ開ければ簡単に開きます。この段階でプラッタが見えるので、マイナスドライバか何かでごりごり傷を付ければまず読むことはできません。プラッタを外すのでしたらプラッタを止めてるネジも外します。ヘッドが邪魔で外しにくいですが、ヘッドを外すか、プラッタが外れる位置まで退避させます。退避させるのはちょっとコツがあります。メーカーによってみんな違います。外れたプラッタは鏡のように綺麗で、すぐに捨てるのは勿体なくて貯めていたらこんなになってしまいました。これも捨てるときは金槌で一枚一枚曲げて捨てます。アルミ製なので一撃で曲がります。ちなみに隣はノート用の2.5インチHDD。こちらはガラス製なので叩くと粉々になります。割るときはビニール袋の中で割りましょう。

もう冬間近です。雪も降りました。星見的には春までお休み。たまにこういうネタでつないでいこうと思います。

| | コメント (2)

2019年10月17日 (木)

MacBook Airを修理

壊れたMacBook Airをもらいました。タダで。

Img_1012_r

液晶が見事に割れています。たぶんキーボードになにか載せたままで蓋を閉じたのでしょう。有りそうです。液晶割れ以外は問題なさそう。なんとか直す算段をしました。2012年製なのて゛もうメーカーでは修理を受け付けていません。していたとしても莫大な金額がかかりそうです。Mac修理専門会社に出す手もあります。メーカーより安いとはいえ、3~4万円くらいかかりそうです。そのお金を払う価値があるのか。このままオークションに出すという手もありますが、個人情報が入っているので初期化しなければならない。初期化するためには画面が映らなければできない。結局直さざるを得ないようです。アマゾンを見たらこれに使える修理用液晶パネルがありました。1万5千円。これなら許容範囲です。

届きました。

Img_1014_r

非常に薄いです。確かに割れやすい。

さて、次は分解です。ネットを見ると超ウルトラ難易度高そうです。素人は絶対やるな、と書いてあります。でもやっちゃいます。まずはベゼル剥がし。これは両面テープで貼ってあるだけです。しかし堅い。暖めながらヘラで少しずつ剥がすしかないのですが、焦るとベゼルを曲げてしまい、組み立て直したときみっともなくなるそうです。ベゼルを剥がすとき、注意しないと液晶を割ります。案の定注意しても液晶はバキバキに割れてしまいました。まあ、どうせ使えないんだしいいのですが、ガラス破片を取るのが大変でした。で、さらに大変なのが、液晶と本体をつないでいるケーブルを外すこと。これが狭い隙間からピンセットを使ってやるのですが、すごく器用さを要します。なんとか外しました。ここでミスに気づきました。液晶を剥がず時、ヘラで偏光板を傷つけてしまいました。ネットの分解法に書いてあったのですが読み飛ばしてしまいました。大きな影響はなさそうですが、ちょっとがっかり。なんとか液晶を付け終わり、本体とのケーブルを繋ぐのですが、これが外すよりさらに高難易度。人間ができる技ではありません。5mmくらいの隙間にピンセットを差し入れ、ほぼ手探りでコネクタに差し込むのですが、何度トライしてもうまくいきません。結局これだけで30分かかってしまいました。

なんとか組み立て終わり。

Img_1017_r

OSを再インストールしました。やったー!見事復活しました。久々に達成感のある作業でした。例の偏光板の傷は見えるものの、さほど目立たないし、白い背景でもなければわからないので実用上問題なさそうです。それに注意していたのですが、ゴミが1個だけですが入り込んでいました。いまさら取るわけにいかないし、しかたありません。

OSはLionでしたので、最新にアップグレードしようとしましたがCatalinaは本体が古くてサポート外です。Mojaveもだめ。2つ前のHigh Sierraが入りました。今持ってる15インチMacBook Proよりも軽いのでこちらをメインのノートパソコンにしようと思います。同じ環境にしようとWindowsもいれるべく、仮想化ソフトParallelsを入れてみました。しかしメインメモリが4GBしかないため、mac OSと分け合うと1.5GBしか使えません。これではWindows 10が動く訳ありません。Parallelsは諦めてBoot Campにしました。しかしこちらはWindows 10が未対応。無理矢理入れてみましたが、起動してしばらくすると魔のQRコードを表示してストップしてしまいます。ドライバが対応していないのでしょう。古いのでたぶん対応させる気もないのだと思います。Windows 7はもうすぐサポート終了だし、そこでWindows 8.1を入れることにしました。サポートは2023年まであるし、3年後にまた考えることにします。なんとかWindowsもインストールできました。どうせネットだけしか見ないので、Windowsはいらないのですが、ステラナビゲータを使いたいので、ほぼそのためだけです。

さて、こちらをメインにすると今まで使っていたMacBook Proはどうしましょう。メモリも多いしスペックも結構いいのですが2つ持っていてもしかたがないし、修理代を捻出するために売っちゃおうかな、と考えています。たぶん修理代より高く売れるでしょう。そうしたら機材更新計画の資金にしようと思います。そっちもそろそろ取りかからなければ。

| | コメント (2)

2019年3月24日 (日)

ステラナビゲータ11届いたのですが

こんなものが届きました。

Img_0936

ステラナビゲータ11

5年ぶりバージョンアップだそうですが、もうそんなになるのでしょうか。10が来たのは2~3年前のような気がします。今回のバージョンアップはちょっと楽しみ。いろいろ機能アップしているようです。

インストールしてみました。

Error

なんですか、これは。動きません。アストロアーツのHPを見ると早速にアップデータがあるではありませんか。こんなことだろうと思っていました・・・しかし入れても動かない。というかインストール情報が壊れているとかでアップデートもできない。

別のパソコンに入れてみました。そっちは動きました。どうやらこっちのパソコンのOSがおかしいようです。解決策がネットに出ているのでやってみましたがだめです。もうリカバリしかないのかなあ・・・OSをクリーンインストールしたのはもう7~8年くらい前かもしれません。Windows 7を8を経由して10にしました。ゴミもだいぶたまっているのでしょう。システムいじるのって嫌いじゃないのですが、あまりにもたくさんのソフトを入れてあるので戻すのが死ぬほど大変そうです。それに10ではサポート外のソフトがかろうじて動いているので、それが動かなくなるのもちょっとつらい。ステラナビゲータ11はこのパソコンでは諦めようかな。まあ、もうちょっと模索してみます。

| | コメント (2)

2018年9月 1日 (土)

増量しました

自宅のパソコンのハードディスクが逼迫してきました。

Before

棒グラフが赤くなっています。これはバックアップ用でDドライブを丸ごとバックアップしています。同容量のはずなのですがもう一杯。差分をコピーして、削除したファイルもそのまま残してあるので増え続けているのでしょう。Dドライブはまだ余裕がありますが、残り容量が50%を切ると不安になる性分なので増量することにしました。1TBなので倍の2TBにしました。3TBとも考えましたが、高いし、GPTにするのも万が一の時、取り出してデータを読み出すのに不便そうなのでとりあえず2TBで妥協します。データ用、バックアップ用と2台必要です。冷やしカメラ買ったばかりでちょっとお金ないので中古を買いました。本当ならばハードディスクに中古は怖いですが、それぞれソフトウェアでミラーリングするので信頼性は低くてもいい、という考えです。新品だろうが、いつかは壊れることには違いないですからね。早いか遅いかの違いと割り切ります。

交換後です。

After_2

余裕が出ました。これで安心。

ちなみにハードディスク(SSD含む)は5台内蔵しています。Cドライブはシステム用。Dドライブはデータ用。デスクトップやドキュメント、ピクチャーなどのフォルダの保存先をDに設定しています。そのため、特に明示的にDドライブを指定しなくてもデータはすべてそちらに保存されます。これでCドライブのSSDは小さな容量ですみます。WドライブはDドライブを丸ごと1時間おきに自動バックアップしています。バックグラウンドで変更のあったデータのみコピーしますので、ほとんど気がつかないうちに終わっています。BunBackupというフリーソフトを使っています。Xドライブは一時的な作業ドライブ。レコードからリッピングしてMP3化した時の作業データとか入っています。消してもいいのですが、なかなか消せない性分です。Yドライブは惑星撮影したときの動画ファイルが意外にも大きなもので急遽増設したものです。ほんの数日でこれだけ使ってしまいました。これはきりがないので処理したら消すつもりですが、思い起こして再処理したくなることもあるのでこれもなかなか消せません。ここにはありませんが、Zドライブが外付けの2TBのハードディスクです。常時はつないでいません。ランサムウェア対策です。ランサムウェアはつないであるハードディスクすべてのデータを暗号化すると言われていますので、たまにつないでバックアップを取って終わったらすぐに外すようにしています。ちなみに最重要データは家族の写真。それ以外はなくなってもあまり困りません。メールは職場のパソコンでも受信していますし、G-mailにも転送しています。パソコンから消えても全然困りません。天体写真も大事ですが、ブログにアップしてありますのでなくなったらなくなってもいいです。まあ、とにかくなくなったら困るものは2重3重にもどこかに置いておくことを心がけています。

ちなみに私のパソコンのシステム情報です。

System

古いCPUですね。しかし仮にもCore i7ですので普通に使うには十分です。この間まではもっと古いCore i3でしたから。メモリもどこかからかき集めて16GBにしています。SSDにしてからは速さに不満はなくなりました。だいたいお客さまは4~5年でパソコンを買い換えるという人が多いので、そのパーツ流用している関係上、私のパソコンは最新機種になることはありません。

| | コメント (4)

2018年6月18日 (月)

ポチったもの~第一弾~

ポチったものの一つが届きました。ノートパソコン

Img_0683

期待を裏切ってつまらないものですみません。期待を裏切ったからにはなぜこんなものを買ったか、説明します。自宅用の惑星兼リモート撮影用PCはこの間直して使っていた富士通のがありましたが、やっぱり完全に直りきっておらず、画面の角度によってちらつきます。まあ、実害ないのですが、たぶん使っていくうちにだんだんひどくなっていくことが想像できます。それ以外にもThinkPadがありましたが。USB3.0カードが抜けやすい、SSDなのになぜか起動が遅い、そもそも海外製PCがどうも馴染めない、などの理由であれ以来眠ったままです。そこでちゃんとしたものが欲しくなりオークションを探していて見つけました。EPSON Direct Endeavor NY2400Sです。職業柄、パソコンに対する目は厳しく、自分でほしいと思うものってなかなかないのですが、これだけはお気に入りでした。シンプルすぎるくらいシンプル、大きすぎず小さすぎない14インチ、ドライバはEPSONのサイトよりダウンロード可能。コストパフォーマンスが高くとてもいいマシンです。強いて言えばキーボードがチャチなのが欠点ですが、文字書くわけでないので妥協します。思ったより安く落札できました。OSがついてなかったことが理由だと思いますが、余っていたWindows 7 Proのライセンスをインストールしました。もちろんSSDに換装して。まだ必要ソフト全部入れていませんが、非常に快適に動きます。考えてみればパソコンを自分でお金出して買ったのは初めてかもしれません。長く使おうと思います。

第二弾も今日海外から届きました。何かな、と期待されている方もいらっしゃると思いますが、開けてすぐ使えるものでないのでまだ開けてもいません。土曜日にじっくり開封の儀行います。

| | コメント (2)

2018年6月 9日 (土)

内部公開

自宅のデスクトップパソコンは我が家のメインパソコン、家族も使いますし、私も画像処理したり、ブログ買いたりと、あらゆることに使っています。トラブルのないよう、常に気を配っています。Cドライブは500GBのSSD。容量が足りないので1TBのHDDを入れてドキュメント類はそっちに自動保存されるよう設定しています。これが昨日見たら容量グラフが赤くなっていてほとんど空きがない状態。このところ惑星を撮ることが多いので1回につき数十GBを保存するため、あっという間に一杯になってしまいました。今まで3TBとか4TBとかのHDD、まず使うことないだろうと思っていましたが、まさか必要になろうとは。ちょうど土曜日だったので職場に持っていって増設することにします。職場には使っていないHDDがゴロゴロしています。しかし 1TBはたくさんあるのにそれ以上のはありません。普通のオフィスワークでは1TBすら使うことってまずないんですよね。とりあえず1TBを付けて様子をみることにしました。

私のPCの中身初公開です。

Img_0659

いつもお客様用のPC組み立てていますが、自分のとなると中身はごちゃごちゃ。動けばいいです。ストレージベイは全部うまってしまいました。マザーボードのS-ATAコネクタもすべて使い切りました。いままでたくさんPC組み立ててきましたが、S-ATA使い切ったのは初めてです。内訳は、システム用の500GBのSSD、ユーザーフォルダの保存先にしてある1TBのHDD、その自動バックアップ用の1TBのHDD、音楽や動画を置いてある1TBのHDD、今回惑星動画を保存するために増設した1TBのHDD、です。ちなみにCPUはCore i7 3770K、メモリは16GB、グラボはGX560Ti、いまとなってはしょぼい仕様ですがまあ、不満ないです。これらはほとんど自分で買ったものはありません。お客様がパソコンを買い換えると古いものの処分を頼まれます。その中から使えそうなものがあるとそこだけ交換してちょっとづつアップグレードしていきます。完全に全部入れ替えることってまずないです。Windows 3.1の時代からそうやってきました。老舗の鰻のタレみたいなものです。

満月期に晴れて、新月期になると天気が悪くなるパターンが続いています。今年に入って半年間遠征なし、というのはこの10年で初めてかもしれません。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧