2024年4月10日 (水)

月と12Pと木星と

今日は月齢1の月とボン・ブルックス彗星(12P)が接近する日。おまけに木星とも。

晴れに恵まれない日本海側ですが、昨日の雨とは打って変わって快晴。こんなことは滅多にあることではありません。暗い海岸に出てみました。ちなみにカメラはEOS 60Dです。

19時10分頃から双眼鏡で見えるようになりました。まずは薄明残る中での三者並んだところ。

202404101

これは標準ズームで撮りました。

220mmで撮ったところ

202404102

尾も少し見えています。

こちらは135mmです。

202404103

三者の位置関係がわかります。

薄明も終わった頃最後に広角ズームで1枚。

202404104

黄道光の中にいます。透明度が悪かったのではっきりしませんが、なんとなく黄道光であることが感じられます。12Pは見えるか見えないかですね。

地球最接近は21日ですが、だんだん低くなるし、尾もこれ以上長くなりそうな感じもしないので追うのはこれを最後にしようかなと。彗星はある時を境に急に熱が冷めたりします。

| | コメント (4)

2024年4月 9日 (火)

7日の12P

7日の日曜日、私にとっては夕方撮影に都合がいい日です。夕ご飯の時間ですが、家族団らんしながら脇で操作していました。

202404071 

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm) 、ASI-1600MC COOL(-10℃)、GAIN 139、15秒x17枚コンポジット、EQ6PRO、ノータッチガイド、ステライメージ9、Photoshop CS6で画像処理、ダーク・フラット・トリミング

Pixinsightだとうまくスタックができません。ステライメージでコンポジットしました。手順がめんどくさいです。もうステライメージには戻りたくないです。色が付いているはずなんですが、モノクロみたいです。きれいなグリーンが出ることを期待していたのですが。

明日は月齢1の月との接近です。天気は晴れそうです。うまく撮れればいいのですが。

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

12P頭部

5日は晴れそうな気がしたので、ボン・ブルックス彗星を撮りにちょっと暗いところに行き望遠で撮ろうと思っていました。しかし、緊急の用事が入ってしまいました。結局終わったのが18時。これから戻って機材準備したんじゃ間に合いません。諦めました。でももったいないので自宅に昨日から設置してあったHD800で撮ってみることにしました。

202404151

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI533MM Pro(常温)、SharpCap、Lのみ、ステライメージ9、Photoshop CS6で画像処理、少しトリミング、その他データ省略

本当はカラーカメラで撮りたかったところです。しかし時間がないので夕べからついていたモノクロで撮りました。RGBも撮りましたが、カラーバランスが取れずモノクロのみです。一応多段階露光しています。SharpCapとPIは相性悪いです。前処理ができなかったのでステライメージで手動で行いました。

呼び出された原因はパソコントラブル。データがみんな消えてしまい、挙動もおかしい。メールも全部消えてしまい、ExcelやWordのアイコンをクリックするとなぜかEdgeが立ちあがるという不思議。お客さんは青くなっています。しかし動くソフトもあるし、消えていないファイルもあるという、初めて見る壊れ方です。仕方がないので初期化してOSを再インストールすることにしました。幸いデータは1時間おきにバックアップするしくみを作っておいたのでほぼ大丈夫です。OSを再インストールし、主に使うソフトを入れてなんとか使える状態まで戻しました。ここまで3時間かかりました。環境を元に戻すのはちょっと手間ですが、データだけは無傷だったのが不幸中の幸いです。原因は何だったのでしょう。お客さんは直前につないだポータブルSSDのファイルを消そうとして間違ってシステムを消してしまったといいますが、たぶん違うでしょう。そんな簡単にこんなことが起こるならメーカーサポートは毎日阿鼻叫喚です。まあ、原因不明のシステムトラブルということで深く考えないことにします。

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

海から観た12P

今日は朝が土砂降りの雨でした。予報では午後から晴れとなっていましたがとても信じられなく、日没近くになっても雲は取れません。しかし日没後急速に雲がなくなり快晴になりました。でもカメラを忘れてきました。職場には冷却のEOS 60Dがあります。レンズはというと標準ズームしかありません。タイマースイッチもなくただのケーブルスイッチです。これで撮るしかありません。

202403291_20240330004701

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8(75mm/F3.5)、Astro 60D(常温)、30秒×17枚、CD-1でノータッチガイド、トリミング、その他のデータ省略

安物レンズの上にピンぼけでしたがBlurXTerminatorに救われました。撮影時はいい加減になりました。いけないですね。

黄砂がせまっているようですが、まだ来ていないようです。でも透明度は悪い。それでも双眼鏡では確認できました。

せっかくなので一枚だけ帰り際に広角で撮ってみました。

202403292

中央に12Pが確認できますが、木星はぼやけています。透明度悪いですね。木星に伸びている光芒は黄道光なのかどうか。

ここは四ツ郷屋浜。これを撮っている間、車が1台通り過ぎていきました。よくアベ○ク(死語)の車がいるので特に珍しくはないのですが帰り際に横を通ったら、望遠鏡が見えました。TAKAHASHIっぽかったです。同業者をここで見るのは初めてです。ヘッドライト浴びせちゃってすみません。もしここを見ていたとしたらこの場を借りてお詫び申し上げます。

| | コメント (4)

2024年3月27日 (水)

12PとM33

今日は夕方から晴れてきました。だいぶ低くなりましたが、ボン・ブルックス彗星(12P)を撮りに郊外に出てみました。少し遠くなりましたが、EOS 60Dと135mmでM33と一緒に入れてみました。

202403272 

Askar FMA135(口径30mm、焦点距離135mm、F4.5)、EOS 60D(ノーマル)、2分×3枚、CD-1でノータッチガイド、その他のデータ省略

なかなか画像処理がうまく行かず苦労しました。超低空ですからね。黄道光の中に入っていたのも原因かもしれません。

220mmでも撮ってみました。

202403271 

コ・ボーグ36ED(口径36mm、焦点距離220mm、F6.1)、EOS 60D(ノーマル)、2分×3枚、CD-1でノータッチガイド、トリミング、その他のデータ省略

地平に近い対象は上を天頂にするようにしています。全然フラットが合わず、仕上げは適当です。ここまで低空だとどんなに頑張ってもきれいになりません。センサーのゴミも多かったし、久しぶりのデジタル一眼での撮影でしたが、勘が戻りません。

今日は双眼鏡で確認ができました。裸眼では見えませんでした。今まで撮れなかった分、晴れればできるだけ撮ってみようと思います。

| | コメント (4)

2024年3月24日 (日)

ようやく12P

ようやくボン・ブルックス彗星(12P)を撮ることができました。

202403241

miniBORG 60ED+0.85レデューサー(約298mm)、ASI-1600MC COOL(-10℃)、GAIN 100、10秒x20枚コンポジット、EQ6PRO、ノータッチガイド、PixInsight、Photoshop CS6で画像処理、ダーク・フラット、トリミング

透明度は悪いし、満月前の月はあるし、低空だし、条件は悪いですがなんとか記念撮影できました。天気が悪くて全くチャンスがありませんでしたが、たまたま日曜日で夕ご飯前に速攻で機材を出しわずか10分ほどで撮影。こういうとき自宅撮影で赤道儀出しっ放しというのは便利です。M33が近くにあったようですが、もう少し短焦点にすれば入ったかも。ちょっと惜しかったです。4月10日は月齢1の月と並びます。是非とも晴れて欲しいものです。

| | コメント (2)

2023年10月27日 (金)

今シーズン初の木星

26日は夕方に快晴になりました。しかし月が明るいので撮るものがない。なんとなくシーイングが良さそうな気がしたので木星を撮ってみることにしました。

202310261

Edge HD800(2000mm)+3倍バローレンズ+ASI290MC、UV/IRカットフィルター

寒気が入ってきているというのでシーイングは期待していなかったのですが、結構良かったようです。これほど安定していたのは珍しいです。イオも心なしか丸く写っている気がします。

惑星はあんまり熱が入らないので今シーズンはこれだけかもしれません。シーイングがよければ大赤斑がこっちを向いているときに撮ってみたいですが、これから冬に向かうとこんないい日はもうないかもしれません。

 

| | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

今年の土星

いつのまにか土星も衝を迎えていました。

202309033

データ省略。決していい出来ではありません。

どうも惑星は苦手です。バローレンズとかADCとか買いそろえましたが、あんまり役立っていません。惑星は今まで星雲とか撮れない月夜に撮っていましたが、ナローだと月夜も撮れるので惑星のほうに手が回らなくなりました。それでも毎年変わる輪の位相は記録したいので、1シーズン1回は撮らねばと思っています。シーイングが良ければまた撮る気にもなれますが、これからの新潟はなかなかそんな日は来ません。これが今シーズン最初で最後の土星になるかもしれません。

| | コメント (0)

2023年8月13日 (日)

太陽最接近の金星

今日は金星が太陽に最接近する日です。内合は昨日の12日でした。昨日は天気が悪く撮影はできませんでしたが、今日13日はよく晴れて絶好の撮影日和になりました。

まずカラーで撮影

202308131

次にモノクロ(IRパスフィルター)

202308132

シーイングは比較的良かったようです。モノクロのほうがやや鮮明に見えます。わずかですが、弧が180度を超えているように見えます(気のせいかも)。

撮影時刻は12時30分頃。ステラナビゲーターによると太陽最接近は12時01分だそうですからほぼ最接近時といっていいと思います。角距離は7゚40'26"。ほぼ天頂で灼熱の太陽が至近にありますので、導入はちょっと難しかったです。ファインダーで確認できなかったので禁断の太陽アライメントを行いました。鏡筒に太陽フィルターをかぶせます。まずおおざっぱに太陽のほうに向けます。ファインダーの像を手のひらに投影して太陽が十字の中央に来るように導入。フリップミラーを付けた接眼レンズで覗いて視野の真ん中に導入。念を入れて覗く前にもまず手のひらをかざして直に太陽の光が来てないか確認します。おそるおそる覗いて安全なことを確認したら中央に微調整してアライメントします。そして金星を導入。太陽フィルターを外して眼視で金星を確認したら中央に導入します。まあ、私は慣れているので安全に行う自信がありますが、慣れないかたにはおすすめしません。補正板に太陽光が直射するので超長いフードを付けようと思いましたが風がややあってぶれるので止めました。コントラストが若干落ちているのでしょうがやむを得ません。

これで今シーズンの金星撮影は終わりです。日中なら同じように撮れるのですが、内合を過ぎると急速に撮影意慾がなくなります。次のシーズンは2年後の3月。こちらは天候が良くない時期なので今回のように撮影はできないかもしれません。

| | コメント (0)

2023年8月 6日 (日)

炎天下の金星

内合まであと一週間に迫った金星。太陽とほぼ同時に沈んでしまうため、日没後の撮影は不可能となりました。ならば高度が高い方がいいです。前の夜にセットしておいた機材で猛暑の中、撮影しました。かなり太陽に近いですが、ファインダーでも確認はでき、導入にはそれほど手こずりません。

こちらはカラー

202708061

こちらはモノクロ(IRパスフィルター使用)

202308062

かなりシーイングがひどかったですがなんとか形が現れました。始めAutoStakkertの設定を間違えて、全然うまく行かなくてあきらめようと思ったのですが、はっと気づき設定を変えたらうまくいきました。

36度の炎天下の中での撮影は厳しいです。導入だけしたら、後は家の冷房の効いた部屋からリモートで撮影です。内合は12日、最接近は13日です。人間界ではお盆ですが、なんとか時間を作って撮影したいものです。

| | コメント (0)