2019年6月13日 (木)

太陽の変化(へんげ)

だるま夕日っぽい。

201906131

なんだかいびつになってきた。

201906132

てっぺんがグリーンに。次の瞬間メラメラと燃えさかる炎のように。しかし撮り逃し。

201906133

なんだか緑っぽくなってきたぞ。頑張れ!

201906134

沈む瞬間。見事なグリーンに!!

201906135

以上すべて同じ拡大率。トリミング無し。色彩強調も無し。

| | コメント (8)

2018年8月 9日 (木)

これもグリーンフラッシュ?

このところ透明度の良い日が続いています。今日も最高レベルの透明度。雲は多めですが、水平線当たりは雲がありません。佐渡を避けて海に沈む場所まで移動したかったのですが、こんな日に限りいつもヒマな私なのに18時過ぎまで仕事で捕まっていました。南も北も佐渡に沈まない所までは1時間くらいかかります。無理。しかしグリーンフラッシュは必ずしも太陽が海に沈む時でなくても見える、と言う記事を読んだ事があるので、ものは試しと見てみることにしました。場所は四ツ郷屋浜。10分くらいで着きます。佐渡に沈むまで5分前でした。そそくさと機材を出し撮影。

Img_9373

透明度が高い上に佐渡の分だけ高度があるので太陽が減光しません。ISO100で1/8000秒でも露出オーバーです。縁が既に緑色になっています。

Img_9374

沈む寸前です。クリアなグリーンの光です。もう0.5秒くらいシャッターを早く切ればよかったかも。これもグリーンフラッシュと読んでいいのでしょうかね。

たぶん海に沈む所だったらもっと素晴らしい光景が見れたのではないかと思います。それならば紛れもなく初グリーンフラッシュ認定だったでしょう。水平線を見ると北は雲がありますし、南もやや微妙。案外そっちまでいかなくても今日はここで良かったのかもしれません。この透明度が続くならば今度こそは水平線に輝くグリーンフラッシュを見てみたいです。

| | コメント (7)

2018年7月30日 (月)

衝動的ドライブ

今日は中央区あたりで仕事。16時頃開放されましたが、これから職場に帰っても中途半端。特に急ぎの仕事もないし、ちょっとサボって海に沈む夕日でも見に行こうと思い立ちました。南の寺泊か北の胎内です。どちらもほぼ同じ距離。滅多にこんな機会はないので北にしました。予定到着時刻は17時半頃。日没には早すぎます。時間つぶしにあちこち道草しながら行きました。18時半頃到着。

胎内市桃崎浜です。粟島が近くに見えます。

Img_2560

逆に佐渡は小さいです。

Img_2561

沈む数分前の夕日

Img_9333

今日の夕日は大福型。毎回違う形になります。こういう形はどんな気象条件なのでしょう。

沈むにつれて横に広がっていきます。

Img_9347

だんだん狭まって行くこともあり、本当にわかりません。

ぎりぎり沈む瞬間

Img_9362

かなり長い間こんな風に見えていました。もしかしたら既に沈んでいるけれど大気の浮き上がりで海に反射しているのでしょうか。

今回は全然グリーンになりませんでした。なりそうなときは太陽がかなり上の方からグリーンセグメントが見られますが、1枚目の写真にそれらしいものが見えない時点で今日はだめだと思いました。昨日は透明度が非常に高かったのでもしかしたら昨日は見えたのかもしれません。しかし見えないとなぜかほっとします。見えてしまうとそこで次も見ようというモチベーションが下がりそうな気がします。追いかけているときが一番楽しいのかも。

| | コメント (4)

2017年9月 6日 (水)

見えていたのかも

4日に撮った夕日ですが、県北ではグリーンフラッシュが見れたとのこと。ならばこっちだって出なかったはずはないと、もう一度画像処理をやり直してみました。

2017090422

少しトリミングしました。赤成分が多かったので、カラーバランスを調整しました。そうしたら緑が浮き出てきました。色毎の強調はしていません。確かにファインダー越しに見たイメージに近いです。やっぱり出ていたと認定したいと思います。ただ、写真的には満足でないので納得したわけではありません。これからも追い続けます。

この帰り道に上堰潟でやっている藁アートを見てきました。

これはサイ?

201709045

満月近い月があるので作品も明るく撮れてますし、透明度がいいので星もきれいに写っています。

これは藁アート史上最大といわれている作品。

201709046

確かにでかい。今年は10回目なので獣(十)がテーマだそうです。もういくつかあるようですが,暗くて場所がわからないため、明るい時に場所を確認してそのあと夜来てみたいと思います。

しかしモチーフとしては何年か前の、落ちた空飛ぶ円盤みたいな遊び心のあるもののほうが好きです。なんか子供受けするものが多くなってネタ的にはちょっとつまらない。季節柄ちょうどいいので、月に帰るかぐや姫、とか作らないですかね。

| | コメント (4)

2017年9月 4日 (月)

見えたような気が

今日は薄雲がちな空でしたが、夕方から徐々に北から雲がなくなってきました。目指す方角はまだ雲がありますが、一日中、職場にこもっていたので外の空気が吸いたくなり、だめでもいいや、と海を目指しました。夕日佐渡マップによると、弥彦山頂上からの夕日が海に沈むようです。そこに行ってみることにしました。職場からは40分くらいで着きます。日没に間に合うか心配でしたが余裕で間に合いました。

大きな黒点が出ています。

201709041

ファインダー越しに見ていましたが、グリーンになった気がしました。

201709042

しかし、写真でははっきり写っていません。今日は結構緑成分が多いように見えたのですが、ファインダー越しは当てにならないのでしょうか。

しかし標高600mで見る空は美しいです。

Img_1971

夕焼けがひときわ鮮やかですが、たぶん佐渡上空の薄雲に反射しているのだと思います。それのせいでグリーンフラッシュが拝めなかったのかもしれません。

滅多にこないので星が輝きだすまでとどまっていました。寺泊方面の夜景と沈むさそり座です。

201709043

31日は手前の海岸で夕日を見ていました。

夕焼けと北斗

201709044

空も海も賑やかですね。本当は星だけを撮りたいのですが、避けることはできません。

意外に交通量は少ないです。1時間くらいいましたが1台の車が通り過ぎただけです。このあと頂上経由で帰りましたが、夜景見物の車が2台くらい停まっていただけで、下りですれ違う車もありません。走り屋さんとかもっと多いと思ったんですけど、静かです。たまに高いところに来ると気持ちいいですね。下界の雑事を忘れられます。

| | コメント (4)

2017年8月31日 (木)

雲のスリットから

今日は朝から透明度がよく、予報では夕方から佐渡方面は晴れ間が出そうな感じ。ぴったり当たりました。夕方、佐渡の上空だけ雲がありません。雲量は97%(推測)でしょうか。でも太陽撮るには水平線上1度でも雲がなければ十分。

Img_1953

この日佐渡に夕日が沈まない場所は野積です。そこまで遠征しました。

Img_6311

透明度はいいのですが、グリーンが足りない。

Img_6319

この日もだめでした。条件はかなりいいと踏んだのですがいつもよりグリーン成分が少ない感じです。見える条件ってなんなのでしょうね。

夕焼け空を堪能して帰ってきました。

Img_6320

グリーンフラッシュ狙いは半ば賭け見たいなものですが、それでもこうして出そうな時に出かけていくのが楽しいです。見たい反面、簡単に見せてくれないという状況を楽しんでいます。

| | コメント (4)

2016年10月14日 (金)

グリーンフラッシュ・・・でしょうか?

今日14日は最近まれに見る快晴。もしかしたら見えるかもしれない、と思いながらも仕事が終わる時間を考えると海まで行く時間がない、そんなことで機材は持たないで出てしまいました。しかし17時頃フリーになったのでアレはだめでもこの間作った「佐渡に夕日が沈まないマップ」を検証をしてみたいと、すぐ近くの海岸まで出てみました。新潟市中央区の水族館前の駐車場です。マップの予想は大体当たり、陸からわずかに外れた海に没する夕日が見えました。透明度が結構いいようです。もしかしたら見えるのかも。ボーグを持ってこなかったことを後悔しました。仕方がないのでG7Xをデジタルズーム最大限まで伸ばして撮ってみました。

Img_0987

我ながらシャッターチャンスは絶妙だったと思います。1秒前後してもこの瞬間撮れなかったと思います。緑に見えるような見えないような・・・やっぱりもっと望遠でないとだめですね。明日もこんな空だったら今度はちゃんと撮ってみます。

振り向くと満月近い月

Img_0989

こんないい天気で満月期なんて悔しいですね。

この後再びお客さまの所へ。1時間くらい居ましたが19時に帰ったら女房に怒られそうなのでちょっと道草。

Img_0990

月明かりの星景もちょっといいものです。船は30分間微動だにしません。しかし昔に比べて上方まで照らさなくなった気がします。

明日も晴れますね。でも14番目の月があります。せっかくの週末ですので近くの郊外でEQ6PROのテストドライブをしようと思います。

| | コメント (6)

2016年9月27日 (火)

佐渡に夕日が沈まないマップ

またまた自分の興味でこんな地図を作って見ました。

佐渡に夕日が沈まないマップ

Niigata_yuuhi

なぜこんなものを作ったかというと、グリーンフラッシュを見るためには夕日が海に沈むところがいい。しかし新潟は佐渡があるために季節によってその場所が変わります。その場所が一目でわかったらいいと思ったからです。

ステラナビゲータで毎月5日と20日の日没の方角を調べます。フォトショップの定規を使って佐渡の端っこからその角度の接線を引いて、本土と交わったところで見る夕日が佐渡と海の境界に沈みます。まあ、大体ですが、大まかな目安でいいでしょう。赤い●の南側、青い●の北側だと海に沈みます。混み合ってわかりずらいので青い●のほうは毎月20日だけにしました。10月~2月は遥か県北になるので記入していません。

ようやく私の近くで海に沈む夕日を見ることができるようになりました。それまでは結構な距離を移動していました。しかしグリーンフラッシュシーズンって夏ですよね。せっかく作りましたが来年の夏まで使い道がないかもしれません。

| | コメント (6)

2013年9月17日 (火)

グリーンフラッシュ狙っています

この間まで、晴れませんね、がご挨拶でしたが、今日は一変、晴れましたね、がご挨拶です。でもその後に、満月じゃあねえ、がつきます。

ということで、月があっても楽しめる対象ということでグリーンフラッシュ追いかけています。必ずしも海に沈まなくてもいいことがわかりました。若干雲があっても水平線ごくわずかでも隙間があればチャンスがあることもわかりました。ここは四ツ郷屋浜。今の季節は佐渡に沈みます。佐渡上空には若干の雲。でもチャレンジしてみました。

201309171

前回はシャッター速度最速にしても露光オーバーでしたのでND8フィルター付けてみました。BORG45ED+1.4倍テレコンバータです。トリミングしています。

上の方が緑っぽいですね。これが沈む瞬間ピカッと光るのでしょうか。気のせいかもしれませんがこの少しあと一瞬閃光が輝いた気がしました。それがそうだったのかもしれませんが、沈む直前ではなくまだだいぶ頭が出ているときでした。そうだとするとタイミング的に思っていたよりもずっと早いのかもしれません。それにほぼ瞬間ですのでチャンスが難しい。次回は動画で撮ってみようかと思います。

明日も晴れそうです。仕事の予定もすでに撮影を考慮して組んでいます。そんなことでいいのか。

| | コメント (6)

2013年6月14日 (金)

次に期待

初めてのグリーンフラッシュはどうも不成功に終わったと自分の中で結論付けました。でもどんな風に見えるか、勉強させてもらったので次に期待します。見るまであきらめません。それは別としてこの日はほかにもいろいろいい写真が撮れたのでご紹介します。

どういう訳か虹

Dscn0332

雨が降っている様子はないのですが、太陽の反対にはくっきりと虹が出ています。ここからだいぶ離れた中越地方でも見られたようですが、局地的ににわか雨でも降っていたのでしょうか。

沈みそうな太陽

201306137

よく見るのは花瓶を伏せたような形ですが、これはキノコ形です。水面の付近の大気温度が普段と違っていたのでしょうか。富山県での日没写真にこれと似たのがありました。蜃気楼が出る条件に近いのかもしれません。

沈む瞬間

201306138

どこまでも平べったく広がっていって沈んだ瞬間がはっきりわかりませんでした。あんまりこういうの見たことがないです。やっぱり大気条件が変わっていたのでしょうかね。

夕焼け

Dscn0335

空気が澄んでいると夕焼けも非常にきれいですね。

グリーンフラッシュは必ずしも海に沈む夕日でなくても見られることがあるそうです。佐渡の西側の陸地はほぼ水平線に近いのでここまでこなくてもいいかもしれません。分水や寺泊あたりでも見られるかもしれません。見るまで頑張りま~す。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧