2023年6月24日 (土)

やっぱり天然ホタル

やっぱりホタルは観光用に養殖されたものでない、自然に飛んでいるのを観たいと思い、いつもの新発田の某河川へいってきました。

まず去年乱舞が観られた奥のほうに行ってみたのですが、一匹も飛んでいません。20時50分頃まで待ってみましたが全然だめです。なぜ去年だけ飛んでいたのか、わかりません。そこで少し下流の毎年必ず観られるポイントに行ってみました。おお、いるいる。

いつもと少しアングルを変えてアジサイを入れてみました。

202306231

たくさん飛んでいるのはもう少し先なのでちょっとだけ移動。

202306232

左は藪だし、このあたりにも熊は出てくるのであまり車から離れたくありません。このあたりにしておきます。

結構上にも飛んでいます。晴れていたならホタル星景が撮れたでしょう。

202306233

20時15分頃までいました。途中一台だけホタル見物らしい車が来ていきました。地元の人以外あまり知られていないのがいいところです。

ちょっと涼しかったからでしょうか。数は少なめだった気がします。上流にもいなかったし、やっぱり全体的に少なくなってきているのでしょうか。ほかのところはもうあまり探す気はないので、来年も観るならここにするつもりです。

| | コメント (2)

2023年6月21日 (水)

ようやくホタルを

今日は夏至です。それとは関係ありませんが、ようやく今年のホタルを観ることができました。場所は近くの福井ホタルの里です。

202306211

久しぶりに来てみました。平日なので人はまばらです。どういうわけか、いつもは乱舞している川沿いにはほとんど飛んでいません。代わりに奥のほうの林の中に盛んに飛んでいました。気温とか天候が関係あるんですかね。人の手の入ったホタルはあまり好まないので今週末あたり山のほうの天然ホタルを観に行こうと思います。

| | コメント (0)

2022年6月20日 (月)

今年もホタルを

今日は北区で用事があり、終わったのが18時過ぎ。時間もちょうどいいのでホタルを見に行くことにしました。毎年行っている新発田市の奥の某河川。実は先週の金曜日、東区のじゅんさい池に行ってみました。ここはホタルの人工繁殖地です。早めに着きましたが、明るいうちからカメラマンが数人待ち構えています。駐車場にも暗くなるのを待っているそれっぽい人たちが。なんか、多くのカメラマンの一人に紛れて撮るのかと思うと、急に興ざめしてしまい、結局暗くなるのを待たず帰ってきてしまいました。人と同じものを撮るのが嫌いな性分です。そんなわけ今年もやっぱりいつものプライベートホタルへ。毎年撮っているスポットはまた同じ構図でしか撮れないと思うと、今回は場所を変えて少し奥へ行ってみました。

202206201

10秒露出の35枚です。ここは過去に飛んでいるところを見なかったのですが、川の様子からして飛ばないはずはないと思い、じっと待っていたところ、やや遅めの時間の20時ちょっと前から飛び始めました。乱舞とは行きませんが、結構な数です。近くの用水池の工事が終わり、再び戻ってきたのかもしれません。

こちらは同じ処からの下流側です。

202206202

10秒39枚です。街灯や家の明かりが里山っぽさを醸し出しています。観光地ホタルでもなく、山の奥人知れず飛ぶホタルよりもこういうのが好きです。人もほかにいなく、ロケーションもいいので機会があったらもう一回きてみたいです。

| | コメント (2)

2021年6月21日 (月)

月夜のホタル

今日は新潟市の北区にちょっと配達。それを済ませたのが17時半。今日は夏至で日没までまだ1時間半もあります。適当に時間を潰して新発田市の某河川の上流に向かいます。近年場所は明かさないことにしています。まあ、毎年同じ場所なのでわかる人はわかるのですが。

19時半頃です。毎年同じアングルなのでちょっと場所を変えてみました。

202106211 

二王子岳をバックにしてみました。

202106212

涼しかったのか、ちょっと動きが鈍かったみたいです。

やっぱりいつも撮る橋の上から

202106213 

大きな月がありますが、元気に飛んでいます。月が明るい夜はあまり飛ばないといいますが、実はそれを実感したことはありません。

帰りにこの上流も少し探ってみました。ここほど飛んでいなくて、さらに上流は全く飛んでいません。この川ではこのあたりが最もたくさん飛んでいるみたいです。ここはホタルの里としてあまり宣伝していないようで、いつ来ても見物人はほとんどいません。願わくばいつまでもひっそりとこのままであって欲しいものです。

| | コメント (4)

2020年6月24日 (水)

私をホタルに連れてって

今日は蒸し暑い日。ホタルも飛びそうな気がして撮影に行ってみようかと思っていたら女房が、今日ホタル見に連れてってよ、と行ってきました。まあ、一人で行くよりは楽しいので了解。ただ、なかなか女房の場合、行く場所について細かい。前に行ったあそこはいやだ、とか、養殖ホタルもいやで、自然に飛んでいるところがいい、とか結構注文が多いです。去年行った和島は気に入ったようで、そこに行くことにしました。途中夕ご飯を食べ、着いたのが19時半。その前に立ち寄った池で1枚。

202006241

このマジックアワーといえる、幽玄な雰囲気が好きです。

さて、去年行った場所がわからない。目星を付けてきたのですが、行ってみると雰囲気が違う。ホタルはいません。もう1カ所心当たりのある場所に行ってみましたが、そことも違う。でもホタルはまあまあ飛んでいたのでそこで見ることにしました。

202006242

10秒28枚です。5分弱といったところでしょうか。見た目はあまり飛んでいないように見えましたが、写真にするとちょっと乱舞っぽく見えます。私はゲンジとヘイケの違いがよくわからないのですが、発光周期が短いのでヘイケなのかもしれません。結構高いところを飛んだり、水路から離れた田んぼのほうまで飛んで行っているものもいました。ここで10分くらい見て、せっかくなので新規開拓してみようとマップで目星を付けたところにいってみました。しかしいません。数匹わずかに舞っている程度で鑑賞するほどではありません。このあたり、ホタルはどこにでも見ることができますが、数が多いところとなるとそれなりに探さなければならないようです。もう今年は終了でしょう。また来年来てみます。

| | コメント (4)

2020年6月18日 (木)

乱舞に遭遇

今日は北区で仕事。17時半頃に終わりましたが、せっかくなのでここから近くの新発田市の某所にホタルを探しに行こうと思いました。暗くなるまでまだ2時間もあります。スーパーの駐車場とか福島潟で時間をつぶしてようやく暗くなりかけた19時半に現地到着。行く場所は決めています。まだ全然飛んでいません。だめかなあ、と諦めようとしたのですがよく見ると数匹光っています。せっかくなのでもう少し待っていたところ、みるみるうちにどんどん飛び始め10分もすると乱舞状態に。ここには数年通っていますが、こんな凄いのは初めてです。

202006181

露出6秒でわずか10枚のコンポジット。総露出1分でこれだけです。どれだけ凄かったかおわかりいただけたでしょうか。

202006182

こちらはマックスの少し前。それでも5秒11枚です。

撮影中地元らしき人が二人やってきました。やっぱり今日は凄いとのこと。別のポイントも教えてもらいました。そろそろ帰ろうと思った20時、1台の車が。撮影らしいです。カメラを準備していました。こういうところでかち合うのは苦手なので立ち去りましたが、しかしここも有名撮影地になったのでしょうかね。知る人ぞ知るポイントだと思っていたのですが。今後はこういうホタル撮影地はブログで公表しないことにします。人がたくさん押し寄せて近隣の迷惑になって撮影禁止とかになるのはイヤですから。私もシーズン1回くらいしか来ないことにします。いつまでも聖地でありますように。

| | コメント (2)

2019年7月 8日 (月)

ヒメとの出会い

6日に天気が怪しいにもかかわらず北へ向かったのはもう一つ訳があります。一度でいいからヒメボタルを見てみたかったこと。出そうなところに狙いを付けて、明るいうちにちょっと下見。飛ぶ時間は20時~21時くらいらしいのでそれまでおにぎりでも食べながら待ちます。三日月は薄雲越しでした。20時ちょっと前に先ほどのところに行ってみました。もう真っ暗。空以外には何も見えません。ホタルなんて飛んでいません。やっぱり難しいな、と思って帰ろうかなと思ったところ草陰に閃光が!おお、これがヒメボタルか。この歳になると感動することなんて滅多にないですが、マジで感動です。でも乱舞にはほど遠い。1~2匹が気が向いたときにフラフラと飛び回っているという感じ。写真に写ってくれるかな、と半信半疑でシャッターを開けました。

201907061

総露出時間は10分くらいだったでしょうか。とうとう構図の真ん中には飛んできてくれませんでした。でも写りました。これだけで大満足です。乱舞しているような写真は1時間くらい露出するそうですね。もっと粘ればさらに写ったのかもしれませんが、慣れない森の中はちょっと不安なのでこれで撤収しました。人生で一度見ておきたいものの一つにヒメボタルがありましたが、これで宿題を一つ終えた気分です。次があるかはわかりません。私には結構難易度高いのでこれでお終いかもしれません。

| | コメント (4)

2019年6月23日 (日)

再びホタルの聖地へ

おととい行ったばかりだというのに、今日もまたあのホタル聖地に行ってきました。日曜日ですが、珍しく夕飯に子どもが一人もいない。老夫婦二人でご飯食べるのも味気ないし、外で食べようということになり、ついでにどこかドライブでも、じゃホタルを見に行こうかということになりました。女房は人のいっぱいいるところはイヤだそうです。そういうところは私と意見が合います。去年行った五頭山方面はあまり好みでなかったらしく、それではということで見つけたばかりのそこに連れていきました。途中でラーメンを食べ、着いたのは20時ちょっと過ぎ。おとといほどたくさんではないですが、そこそこ飛んでいます。

201906231

 70mm  中望遠レンズです。8秒32枚、約4分少々。いいですね。こういう里山で人と共存するホタルの風景をずっとイメージしていました。

シーズンなのに他にはまったく人が訪れる気配はありません。ゆっくりと見ることができます。女房もとても満足していたようです。この場所は大事にしたいです。まだまだ奥にもいそうですが、車は禁止なので次にくることがあったら歩いて行ってみます。それにしてもこのあたり、まだまだ聖地はありそうです。来年も開拓してみたいです。

| | コメント (2)

2019年6月21日 (金)

ホタルの聖地

そろそろホタルシーズン開幕です。今日は蒸し暑く風もない、月も出るのが遅いので絶好のホタル発生日和とにらみました。どこへ行こうか。近隣の観光ホタルは人を見に行くようなものです。ここ数年通っている五頭山方面もロケーションがいまいち。新しいところを開拓しようと逆の中越方面に行くことにします。去年もちょっと行ってみたのですが結構飛んでいるようです。今回は別のところにしようとグーグルマップで目星をつけてそこを目標にしました。特にホタルの生態に詳しいわけでもなく、生育に適した川があるかどうかもわかりません。かなり行き当たりばったりです。集落の中はLED街灯だらけ。こんなところにいるのかなあ、と思いながらさらに奥地に進むと街灯もなくなりました。車を停めて見たら数匹ちらほらと。おお、いるではないか。あたりを見渡したらかなりの乱舞。

201906213

こういう生活圏に飛んでいるホタルをずっと撮りたいと思っていました。

201906214

どっちを向いてもホタルだらけ。すごいです。まさにホタルの聖地を探し当てた気分です。

201906215

奥のほうもかなり乱舞していましたが、農作業車以外通行禁止の立て札があったので止めました。マナーは守らねば。

しかしここはすごい。たぶん地元の人以外あまり知らないはずです。場所は秘密です。近年いい撮影ポイントにカメラマンが群がりトラブルが増えているといいます。万が一私のブログが発端になったとしたら悲しいことですし、責任も感じてしまいます。今シーズンはこれだけでもう満足した感じですが、次にくるとしたら中望遠くらいで撮ってみようと思います。

| | コメント (2)

2018年6月26日 (火)

ホタルデー

今日は蒸し暑い日でした。満月近いですが曇っているし、ホタルが飛ぶには絶好の日と思い観に行くことにしました。たまには、と女房を誘ってみたら、行く、との返事。久しぶりに一人ではないホタル見物です。初めはじゅんさい池に行こうと思っていたのですが、女房が、あんな人を見に行くようなところはイヤだ、というので急遽目的地変更。そのまま真っ直ぐ行けば着く五頭山方面へ。去年行った松岡川にしました。明るいうちに着いたので一番奥まで行ってみました。Satoさん情報の通り、大工事中。去年までの美しい里山風景はどこにもありません。しばらくホタルが出るのを待ちましたが、一匹も観ることができずその場を離れました。女房は、残念だったね帰ろうか、と言いましたがいやいや、ここで何も見せないで帰る訳にいかないので別のポイントへ。そこは去年たくさん飛んでいたので必ず居るはず。着いた当初は数匹程度でしたがだんだん増えてきました。

201806264

乱舞とまでは行きませんが、結構飛んでいます。気温が高いせいか動きも激しいです。

201806265

20分くらいいたでしょうか。女房も満足げに見入っていました。やっぱり自然のホタルはいいですね。

帰り道、去年まで飛んでいたいくつかのポイントに立ち寄ってみましたが、全く見ることができませんでした。もう終わったのか、それとも住まなくなったのか。人工的に増やそうとしているところは増えていますが、自然のところはやっぱり減っているのかもしれません。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧