2018年8月23日 (木)

史上最高

今日は暑かったー。それもそのはず、新潟は観測史上最高の気温を記録したそうです。胎内市で40.8度。40度越えは北陸地方全体でも初とか。私のところの新潟市でもそれに近いくらいはいったはずです。職場はエアコンガンガン使っているので感じませんでしたが、14時頃出かけたときは風が熱風状態でした。日が沈んでも30度切りません。

Img_9577

暑そうな画像を載せようと思いましたが、夕方は曇ってしまいました。でも暑かったことには違いありません。

| | コメント (4)

2018年4月 2日 (月)

県都霞む

平日ですが、ちょっと女房とお出かけ。ついでにメディアシップに登ってみました。

Dscn0970

今日はだいぶ霞んでいたと思いましたがこれは酷い。なんとなく普段の透明度が悪いのと違う感じ。もしかしたらPM2.5でしょうか。

帰って調べてみたらこんな感じでした。

201804021500

新潟市あたりは35~40μg/m3だったようです。非常に多いわけでもないけど多いほうです。そういえば過去に新潟は100μg/m3という記録がありました。あのときは確かに凄かった。 その後これほどのものはなかったので、新潟にはPM2.5はあまり飛んでこないのかと思いましたが、そうではないようですね。これも明日には遠ざかるようです。しかし満月も過ぎ、あれだけ晴天が続いた日々もお終いです。満月期に晴れるというジンクスは破られないようです。

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

太陽柱

珍しい現象を見ることができました。

Img_2222

太陽柱です。風のない寒い晴れた日に見られます。前日の大雪がウソのように晴れ渡り、そのかわり放射冷却現象で非常に寒かったです。新潟市内でもマイナス5℃、同じ新潟市で内陸の秋葉区ではマイナス10℃だったようです。

過去には1度だけ見たことがあります。小学生か中学生の時、当時住んでいた十日町市でやっぱり2月か3月の寒い夕方、太陽から伸びる光の柱を見ました。その時は知識がなかったのでこれが黄道光なのかと思いました。黄道光を知っていたと言うことは天文に興味を持った小学五年生より上だったということになります。

私は朝寝坊なので日の出前に起きることはまずないのですが、朝早く車で出た女房が、無事に着いた、というメールで起こされたからです。普通ならそのまま寝るところですが、天気が良かったのでなんとなくカメラ持って外に出たらこの光景に出会えました。実はこの写真は私の寝ている枕元の窓から。外だとJRの架線が邪魔なので家に戻って撮りました。しかし窓が凍って開きません。窓越しで本当はちょっとコントラスト悪いです。

早起きするといいこともありますね。ちょっと生活習慣見直そうかな。

| | コメント (2)

2018年1月12日 (金)

1.12豪雪の記録

勝手に名付けてしまいましたが、これは記録に残る豪雪となるでしょう。新潟市は11日、午前中は積雪0cmだったのですが、午後からみるみるうちに積もり始め、12日明け方には80cmという積雪を記録しました。6年前の大雪のときでもここまで一気に積もったわけではないのでその時の比ではありません。

11日午後の雲です。

201801111400

普段は佐渡にブロックされて新潟市はあまり降らないのですが、今回は能登半島のほうから攻めて来ているので佐渡ブロックが役に立っていないことが見て取れます。

こちらは24時間降雪量

201801120900

見事に新潟市周辺に降雪が集中しています。

前日から車で出勤は無理だろうと諦めて電車で行けるのなら電車で行こうと思っていましたが、朝起きたら・・・

Img_2184

昨夜よりもさらに倍積もっています。なんでも例年の10倍とか。しかしこういう時の何倍という表現には違和感あります。1cmが10cmでも10倍ですし、1mが10mでも10倍。あんまり意味ないと思います。

幹線道路は除雪はされていますが大渋滞。あちこちで道路脇に突っ込んだのか、立ち往生している車が渋滞に拍車をかけています。

Img_2191

除雪していない脇道は膝上まで潜ります。こんなのは小学校の時、当時十日町での通学以来です。

Img_2194

女房です。

倒れました。

Img_2195

私の車です。

Img_2199

昨夜は21時に帰宅してその時は積もっていませんでしたが、一晩でこのような有様です。80cmの雪を自力で除雪して幹線まで出すのはムリ。電車も全線運休です。仕事は休むことにしました。

コンビニはガッツありますね。一応駐車場は除雪してあります。しかし配送はどうなっているのでしょう。おにぎりとかなにも棚にありませんでした。

Img_2200

10時頃になると渋滞も解消しています。日も差してきました。歩道が狭いです。すれ違いができません。こういう時譲り合ってお礼を言い合うのも雪国ならではの習慣です。懐かしい。

Img_2203

こんな光景、新潟市で見れるとは思いませんでした。雪下ろしが必要なレベルです。

Img_2205

6年前を超えてすごいです。車出すなんて不可能です。町内の人たちも少し雪掻きして諦めたようです。

Img_2207

ようやく峠を超えて青空も見えてきました。

Img_2208

向こうは踏切ですが、1台の車が踏切の直前で立ち往生していました。踏切の向こうは除雪していなくて行くことができません。知らないで突っ込もうとしたようです。声をかけてお手伝いしました。前の家の人が雪掻きしていたので使っていなかったスコップをお借りして周りの雪をのけてみましたがどうにも手強い。最後の手段、ジャッキアップしました。ト○タ車の車載ジャッキって使いにくいです。なかなか苦労しました。結局片輪だけではだめで両輪をジャッキアップして抱いている雪を除いてようやく脱出成功。1時間位かかりました。途中で近所のおじさんがあれこれ口出ししてくるもので、かえって時間がかかりました。融雪剤とか撒いていましたが、こんなときには役に立たないんですけど。JAFを呼んでいたみたいですが、いつ来るかわからないとのことで感謝されました。なんでも県外からレンタカーで出張に来ていたそうです。

JR越後線は除雪していません。終日運休でした。明日のセンター試験はどうなるのでしょう。

Img_2209

物星台に上がる階段はこの通り。上がってみましたが腰まで埋まってしまいなかなか上がれません。しかし耐雪構造がウリなのでこれくらいではへっちゃらです。

Img_2211

物星台からの光景

Img_2212

夕方ようやく除雪車が来てくれました。女房の軽だけは出せるようになりました。しかし裏の私の駐車場はやってくれていません。このぶんだと明日も車は出せないでしょう。明日、あさっては休みだからいいとして、月曜日はどうやって出勤しましょう。頑張って土日で道を作るしかないのでしょうか。

追加

 


まさか自宅前で雪景色星景を撮れるとは

Img_2218

| | コメント (12)

2018年1月 9日 (火)

晴れ上がり

今日は大荒れの天気でした。大暴風雨。しかしあまりに風が強いので、大雨をもたらしていた雲もあっという間に吹き飛んでしまいます。

新潟市内のバイパスを走っていたらすごい黒雲で大嵐。まだ日没の時間でないのにライトを点けないと走れません。もう二度と太陽が顔を出すなんてことはないんじゃないかと思わせるほど真っ暗です。しかしそう思ったのもほんの一瞬。地平線に見えた僅かな光がみるみるうちに青空に変わっていきます。そのあまりのスピードに神々しさすら感じたので動画にしてみました。

約3分間の出来事でしたが、時間は2倍に縮めてあります。遥か向こうの僅かな雲間があっという間に空一面に広がる様が体感できると思います。

この青空ももう5分も走ったら車が揺れるほどの暴風雨に早変わり。新潟の冬は過酷です。

| | コメント (8)

2017年9月19日 (火)

佐渡沖の雷光

新月期なのにすっきりしません。台風一過の空にわずかにチャンスがありましたが、休日の夜なので遠征出来ませんでした。ネタも尽きてきたので、わずかな晴れ間に期待をかけて近くの郊外までなにか撮ろうと出かけました。初めは直焦点のつもりでしたが、雲も多くさして撮りたいものもなし、どうしようかと思っていたらなにやら佐渡沖が光っています。そいうえば車の中で見ていた天気予報で佐渡沖に発達した雨雲がありました。星は適当に出ているし、雷と星が撮れるあまりない機会なので、直焦点撮影は中止して海に向かいました。

Img_1980

確かに雷光が写っていますが、さほど面白い画ではありませんね。

なので30分くらい放置して動画にしてみました。

佐渡沖がビカビカ光っているのがわかります。雨雲レーダー見たら佐渡よりさらに数十キロ向こうみたいですね。やっぱり稲妻が見えないとつまらないです。冬の稲妻は星との同時撮影が難しいし、夏はこのあたり滅多に雷はならないし、雷星景はなかなか難しいです。

あんまり晴れないので、もうほとんど撮影のモチベーションがありません。あさってあたり晴れる予報ですが、どうせ天文晴れとまでいかないんだろうなー、と最初から諦めています。今年は本当にだめかも。

| | コメント (4)

2017年4月 7日 (金)

首都消失

今日の午後は予報では晴れ間が出るはずでした。しかし3時頃、なにやら遠くが不穏な雰囲気。黒い雲の下が霞んでいます。こういうときは下は大豪雨のはず。そっち方面に用事ああったので車を走らせその中に突入。しかし何も降っていません。代わりに濃霧。雨と思っていたのは霧でした。昔、首都消失という映画がありました。突然東京が黒い雲のような物体に覆われ、入ることも出ることもできず、中と外との情報も全く遮断されてしまうというあらすじ。霧に突っ込むときはよくその映画のことを思い出します。

夕方から晴れるなんてとんでもない、ずっと霧に覆われています。明け方の霧はたまにありますが、日中は珍しい。

夜帰宅するときは、普段灯りの灯る住宅街は全く見えず道路の両脇真っ暗。新潟市内方面も灯りは見えません。本当に消失した感じ。

Img_1397

もうすぐ発生して12時間立ちます。こんなに長く発生しているのも記憶にありません。どうなっちゃったんでしょう。

しかし都市の灯りが見えないのは怖いというより案外落ち着くものです。たまにでいいのでこんな日を作ってもらいないですかね。都市部の真ん中から天の川を見てみたいです。

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

冬の積乱雲

日本海側は冬に積乱雲がよく見られます。

Img_1175

夏は山の方から湧いてきますが、冬は海から湧いてきます。雷もよく鳴ります。新潟は全国でも3番目に雷の多い県だそうです。夏はほとんど鳴らなくて冬に集中しています。そういえば、4日の朝7時頃、雷のような地鳴りが一瞬聞こえて目がさめました。その後もしばらく耳には聞こえませんが、低周波のような低い振動が続いていました。雷とはちょっと違い、なんだかわからず不思議でした。その日の通勤のラジオで南太平洋のフィジーあたりでちょうどその頃、大きな地震があったと報じていました。そのエネルギーが伝わってきたのでしょうか。まさかねー

ラジオではよく天気の実況をしますが、その日も、新潟市は日差しが出てきました、なんて放送をしていました。冬型の気圧配置のときは雲の切れ間から日が差すことはよくありますが、決して好天に向かっているわけではありません。すぐにまた雲に隠れます。結構誤解を招く言い方なのでいつも気になっています。

こんな光景が見られるもの冬ならでは。

Img_1182

それにしてもしばらく晴れる気配は全くなしです。1ヶ月予報は例年より低温に更新されました。今は雪はほとんどないですが、やっぱり降るのかもしれません。

| | コメント (8)