2020年9月 9日 (水)

不穏な空

夕方、私のスマホに不穏な着信音が。私のスマホは緊急情報がくるとなんだか不安をかき立てられるような怪しい着信音にしてあります。このところは豪雨(といってもたいてい外れですが)、熱中症のお知らせが多く、また雨でも降るのかな、と見たら竜巻注意情報です。そういえば空がなんとなく暗い。竜巻注意情報で当たる確率は10%以下で大変低いそうなのですが、ちょうど就業時間も過ぎたし、もしかしたら、という期待をこめてちょっと出かけてみました。まあ、近づいてきたら逃げればいいやと・・・危ないですね。海に出てみました。だいたい海上に現れることが多いので。

202009091

しばらく海のほうを眺めていましたが気配なし。まあ、見ようと思ってみられるものではありません。その代わり遠くに遠雷が。

雷はだんだん激しくなってきます。ここだと砂山が影でよく見えないので開けたところに行ってみました。

20200909

動画を撮っていくつかを比較明合成しました。たった30秒ですがこれだけ落ちました。このあと雨が降り出してきました。雨が降ると自分のところも危ないので撮影中止。移動中もすごい。四方から光ってきます。水平方向に光るものも見え、なかなか近年になく見応えがありました。ちなみに車の中は雷に対して安全と言われています。落ちてもボディを伝わって地面に電気が流れるからです。昔知り合いとこのことで口論になって、相手は車はゴムのタイヤで絶縁されているから電気が流れないんだ、と言い張っていました。雷ほどの高電圧だとゴムなんてほぼ導電体に等しいんですけどね。その知り合いとはあれから一度も会っていません・・・

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

記録更新

午後仕事に出かけました。暑いなー、と思ってふと見た車載温度計が40℃。え?と思いました。夏の日なたに置いたままだと、走り出した直後は37℃とか38℃にはよくなります。それも走り出して風が当たれば実際の気温に下がります。でもしばらく走った後ですし、誤動作かと思っていたら41℃を示しました。こんなの見たことがありません。職場に戻ってネットを開いたら三条市で40.4℃とか。9月としては観測史上初めてだそうです。気温は地域で多少ばらつきがあるので、私が走っていたあたりが実際に41℃を記録していたとしても不思議じゃありません。

過去の記事を見たら2年まえも胎内市で40℃を記録したと書いてありました。それ以上だったんですね。夕方ちょっと出てみました。まだ35度以上あります。

Img_9698

なんか、2年前もこんな感じの雲だったような。

暑さを強調するような色彩にしてみました。

Img_9702

燃えるような太陽。太陽自身から受ける熱は冬も夏も変わらないはずなんですけどね。そう思うとなんだか不思議です。

帰り際、月が出ていたので1枚。ちょうど職場の駐車場からよく見えるところに昇っています。

Img_9748

さくっと撮って速攻で帰りました。夜になっても30℃切りません。熱帯夜よりも暑い夜はなんていうんでしたっけ。我が家の寝る部屋は風が通って比較的涼しく、普段はエアコンいらないのですが、ここ数日は付けずにいられません。来週もまだまだ続きそうです。

| | コメント (2)

2020年6月 2日 (火)

こないだの太陽

30日にグリーンフラッシュと、金星没を撮った時の太陽の写真をアップしときます。

Img_9412

だるま夕日っぽい形です。もしかしたら夕日の形とグリーンフラッシュ出現に相関関係があるのかもしれません。あの下側に伸びる赤いやつが金星にも出たのでしょうかね。

気象ネタ繋がりで今日見た雲です。

Img_3490

たぶん乳房雲なんだと思います。こないだのチコちゃんでやっていましたが、珍しい雲というので紹介されていました。でも案外よく見る気がします。たぶんみんな見ているのだろうけど、それと気がつかないだけじゃないでしょうか。それよりも一緒に紹介されていたロール雲がみたい。でもあれだけは特殊な地形条件が必要なようで、日本で見るのは難しそうです。

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

何かいいことが

今日の夕方、反薄明光線を見ました。普通の薄明光線だったようです。でも上に出るのもあまりないのでちょっとは珍しいということで。

Img_3458

珍しい現象だとは言われています。私も見たのは初めて。まあ、見ていたのかもしれませんが、今まで意識したことはありませんでした。本当の反薄明光線は夕方なら東の空に現れるそうです。やっぱりそれはまだ見たことがないかもです。こういう珍しい気象現象を見ると、なんとなくいいことのある予兆ではないかとつい思う癖がついています。でもそれが当たったことはありません・・・

少し暗くなったら月齢2の月が儚げに見られました。

Img_9327

月齢1〜3の月は見れれば撮ろうと毎月の習慣になりつつあります。どういうシチュエーションで撮るかはその時の気分次第。今日は自宅で手持ちの機材がBorgと、カメラがEOS Kiss X2につき、直焦点撮影。

ついでなので上に見えていた金星も。

Img_9332

490mm では欠けた姿なんて見えない。ピクセル等倍にしてちょっと半月型がわかる程度。GW中は晴れそうなのでステイホームして昼間から金星撮影でもしていようと思います。

| | コメント (2)

2020年2月20日 (木)

薄明光線(天使のはしご)

昨日、Eテレでヘウレーカという番組を観たのですが、雲の特集でした。その中で薄明光線というのも紹介していてそれが頭にあり、今日こんな光景が目に止まったので撮影してみました。

Img_3389

これはあんまり珍しいものではないですが、反薄明光線は結構珍しいらしいです。私は意識して見たことがありません。番組によると、あんまり雲に興味があって空をよく見ている人って少ないみたいです。ましてや雲の名前をいくつも知っているというのは逆に普通人でないような扱いで、私としてはちょっと心外。珍しい雲を見るとちょっとうれしい気持ちになるのですが、やっぱり普通の人は空なんて見上げているヒマなんてないんですかね。ちなみに一度見てみたいのはロール雲。日本だと難しいみたいですね。どんな地形や気象条件で見れるのでしょう。

西から晴れそうな気配でしたが、意に反し夜はなかなか雲が取れませんでした。新聞の月齢欄がだんだん細くなっていくのを見るとあせってきます。

| | コメント (3)

2020年2月15日 (土)

冬なのに春霞

今日は午後から晴れる予報でした。確かに晴れは晴れなのですが、透明度が最悪。春霞ですね。まだ2月なのに。

Img_3385

気温も4月並みだそうで。そういえば花見の時の気温と同じ感じ。いや、それよりも暖かいかも。

霞で黄色い太陽が角田山麓に沈んでいきます。

Img_0807

半分隠れました。

Img_0810

さすがにグリーンフラッシュは見えるはずがありません・

Img_0813

土曜日だし、透明度がよければ夜撮影でもと思いましたが、そんな感じではありません。でもせっかくの晴れの週末ですし、電視観望で楽しみました。その話はあとで。

 

 

| | コメント (2)

2019年10月11日 (金)

静けさ・・・

スーパー台風が迫ってきています。いよいよ明日。台風嫌いの私はビクビクです。今日はまだ穏やかです。風もそよ風程度。しかし台風前の風って弱くてもなにか不気味な雰囲気でいや~な気分です。海も結構凪いでいます。でも明日は大荒れなんでしょうね。

Img_3236

こういう時は乳房雲が出ることがあるのですが、出ていませんでした。でもなんか独特の雲ですね。台風ニュースあるあるですが、ラジオのアナウンサーが、台風が近づいているので雲の動きが速いです、とかよく言いますが、台風周辺の雲ってほぼ動かないですよね。本当は空見ていないだろ、とツッコミたくなります。

台風の左側は風が弱いといいます。実際このコースの時は強かった覚えがありません。でも今回のは強くて大きいのでその法則も当てはまらないかもしれません。なんとかたいした被害にならなくて通り過ぎてくれますように・・・(ー人ー)

| | コメント (2)

2019年9月23日 (月)

台風に思う

今日は台風17号が吹き荒れた1日でした。とはいえ、新潟県接近のときはすでに温帯低気圧に変わった後でしたが。

台風と言えば、風が吹くのはいやなのですが、前後には空気中の塵を吹き飛ばしてとてもクリアな大気になります。でも今回は違いました。

太陽が霞んでいます。

Img_1010

遠くの風景も霞がかかってまるで春先の黄砂のようです。

Img_1011

塵を吹き飛ばすどころか、逆に土埃を巻き上げたのでしょうか。秋の台風にこんなのは初めてです。このあと暴風が。我が家の玄関先の鉢植えが倒れました。幸い我が家には経済的被害がなしで通り過ぎていきました。

最近の台風報道にはちょっと違和感感じることがあります。今回のようにあるときを境にいきなり温帯低気圧に変わり、以後は台風なんて存在しなかったごとく名前が消えてしまうこと。せめて元台風17号とか言ってくれればいいのにね。それから、大型か超大型の台風しかそう呼ばなくなりました。それ以外は大きさの呼称なし。以前は小型とか中型とかあったんですが。強さも強いか非常に強いか猛烈としか呼ばなくなりました。弱い台風や並の台風はどこへ行っちゃったんでしょう。そういう弱いとか小さいという呼び方をすると警戒しなくなるから、というのが理由らしいですね。この間の15号の時は小型といわずコンパクトといって濁していましたね。某局のアナウンサーが小型と言いかけて訂正した場面もありました。そうでなくてもあまりたいしたことなさそうな気象でも大げさにいうようになりましたね。とにかく過大に言っておけばなにもなかったとして、そっちのほうがいいだろう、とか。経済損失もあることでしょうし、どっちがいいのか考えさせられます。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

春霞

春霞っていうんですかね、今日はとても透明度が悪い日でした。

Img_2887

まだ太陽は高いのに、まるで夕日のようです。黄砂とかPM2.5とは違うようです。小雨がぱらついていましたので、たぶん寒気が入って湿った空気に覆われていたのでしょう。今日は赤かったですが、たまに真っ白な太陽になることがあります。今日は塵が多かったのかもしれません
おとといの日曜日は雲が多いながらも透明度は良かったです。昨日と今日は晴れ予報だったのですが、こうも透明度が悪けりゃね。

ようやく仕事も落ち着いてきたし、新月期に向かってきているのにこの先は雪すら降る予報。なかなか巡り合わせがよくないです。

ココログは相変わらずだめです。改行ができるようになったとのことでしたが、今度は空きすぎます。以前の記事と同じ<p>タグですが、2回改行している感じ。過去記事を呼び出して保存し直すとなにも変えていないのに広がっちゃいます。なんでこんな簡単なことができないかな。どこかに移転しようかな・・・

| | コメント (6)

2019年1月25日 (金)

浮島現象

今日は冬には珍しく荒海の向こうに粟島が見えました。

20190125

ちょっと浮いているように見えます。浮島現象といいます。冬に空気が冷たく、海が暖かい時に見られます。一種の蜃気楼です・・・と、前述した空の本に解説してありました。この本、結構今まで見逃していた現象を詳しく解説してあります。まあ、あんまり理解はしていないのですが、そういう予備知識があるのとないのとでは空とか風景見る楽しみも変わってきます。星が見られないのでこんなところに楽しみを見いだしています。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧