2024年4月19日 (金)

衝突銀河~NGC4567,4568~

おとめ座の銀河、NGC4567と4568、上はNGC4564です。

202404142

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI533MM Pro(約-10℃)、NINA、LRGB合成(IR GAIN100 450秒×15枚 ビニング1)、(R GAIN100 450秒×8枚 ビニング1)、(G GAIN100 450秒×8枚 ビニング1) 、(B GAIN100 450秒×8枚 ビニング1)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、PixInsight、Photoshop CS6で画像処理、ややトリミング

まさに衝突している銀河です。ちょう銀河とも言われています。予備知識がなかったのですが、なに撮ろうかとステラナビゲータを探していて見つけました。大宇宙の神秘を感じます。透明度が悪かったのでLの代わりにIRパスフィルターを使いました。結構よく写るものです。春の銀河はだいたい主なものは一度は撮っているのですが、これは初めてです。衝突銀河に興味があるのでほかにも探してみようと思います。

記事とは関係ありませんが、今日、月の周りに面白い雲が現れていたので記録のために載せておきます。波状雲ですかね。

Img_2331

| | コメント (0)

2024年4月17日 (水)

美しい黄砂

なにかと嫌われ者の黄砂ですが、私は結構好きです。

Img_2328

Img_2329

Img_2330

このご時世、一般的に嫌われているものを好きだというと叩かれかねないですが、夕焼けとは違う黄色のグラデーションがきれいだと思うんですよね。雷とか竜巻とか、被害をもたらす気象現象って結構美しいものが多いと思います。不謹慎と言われそうですが、そういうものに惹かれるんですよね。

| | コメント (2)

2024年3月15日 (金)

春の嵐

今日は晴れているのに強風が吹き荒れ透明度がすごく悪い。黄砂かと思いましたがそうではないようです。郊外の砂丘地に行ってみましたらこんな感じ。

Img_2271

原因はこの砂嵐のせいなんですかね。しかしさすがに砂が飛ぶようなところでもない、内陸の方や海の上でも視界が悪いのでそれはまた別の原因でしょうか。

Img_2273

黄砂なら夕焼けが黄色になります。普通です。たまに真っ白な夕日のこともありますが、それはまた別の大気内物質なのでしょうか。

それにしても今年は晴れの日が少ない。冬とはいえ、もう少しは晴れていた気がします。春が近いというのに今年はなんとなく晴れに恵まれない気がしています。

| | コメント (4)

2023年10月31日 (火)

家から滝雲

今日31日の朝、窓から遠くの山を見たらこんなものが。

Img_2164

あれは滝雲ではないですか。新潟市内から見られるなんてちょっとラッキーです。

滝雲と言えば魚沼市の枝折峠が有名。たぶん今朝も現れたことでしょう。高校、大学の頃は魚沼市(旧湯之谷村)に住んでいたので枝折峠は何度も車で行きました。あの頃は道は未舗装で狭く、午前と午後で一方通行が入れ替わるという難所でした。年に何回か車が落ちていたとも聞きます。そんなところでも駒ヶ岳の登山者のため、バスが定期運行していたのはすごいです。最後に行ったのは30年くらい前かもしれません。その時はすでに舗装されていて、一方通行もなくなっていた気がします。滝雲が有名になった今はすごいそうですね。出そうな明け方は激混みで車が停められないそうです。そのため、麓からシャトルバスも出るのだとか。隔世の感があります。見てみたい気もしますが、混むところは苦手なのでたぶん生涯行かないでしょう。滝雲が有名になる前に星見目的で一度行ってみたかったとは思いますが。昼なら行けそうなので死ぬまでにはもう一度くらいは行くかもしれません。

| | コメント (2)

2023年10月 6日 (金)

いきなり冬型

今日は西高東低の気圧配置、いわゆる冬型です。夕べから嵐が吹き荒れ、海も大荒れです。

Img_2126

砂丘のあたりは一面砂嵐。景色が霞んで見えます。冬の季節風が吹く頃はあのあたり雪ではなく、砂が降り積もって通行ができなくなります。

つい2週間前まで30℃越えで半袖で過ごせたのが嘘のようです。本当に秋が無くなったという感じです。早くに冬型の気圧配置が現れた年は冬も冬型になりやすい傾向がある気がしています。今年の冬は寒いかもしれません。とはいえ、冬型が強まる年は逆に新潟市近辺は積雪が少ないです。佐渡ブロックも科学的に証明されましたし、寒いけれど雪は少ない、というのが私の予想です。まあ、当たるも当たらないも確率50%くらいでしょう(つまり予想になっていない)。

| | コメント (0)

2023年8月23日 (水)

反薄明光線・・・でしょうか

今日の夕方、東の空を見るとこんなものが

Img_1951

反薄明光線でしょうか。普通の薄明光線は太陽から放射状に伸びる光芒であまり珍しくないですが、太陽の反対から広がるように見える反薄明光線は結構珍しいものだとか。見るためには夏の夕方、太陽の方角に高い積乱雲があることが条件です。ちょうどその条件にぴったりでした。かなり珍しい現象で、私も見たのは始めてかもしれません。それにしても今日は暑かったです。38℃越えだったようです。日が沈んだ後でも35℃ありました。23時でも30℃を上回っています。来週から少し涼しくなるようです。それでも32℃。なんか感覚がマヒしてきたみたいです。

| | コメント (4)

2023年7月 6日 (木)

季節外れの黄砂

昨日のニュースで、今日6日黄砂が来るかもしれないとのこと。その場合は7月としては観測史上初だそうです。

今日の夕方です。

Img_1832

Img_1839

Img_1840

いつもの夕焼けと違って黄色が鮮やかです。黄砂のようです。いろいろ害を及ぼすやっかいものですが、夕焼けは美しく彩ってくれます。

| | コメント (2)

2023年3月24日 (金)

黄砂の日の接近

今日はやけに空が霞んでいると思ったら、新潟で今年全国初の黄砂が観測されたとのこと。久しぶりの感じがします。2年ぶりなんだとか。

いつも行く鎧潟に行ってみました。角田山に夕日が沈もうとしています。

202303241

なんとも美しいグラデーションです。

望遠でも撮ってみました。結構大きな黒点が出ています。

202303242

フィルターなしで太陽撮影ができるのは黄砂の数少ないメリットかも。

さて、今日は金星と月の大接近。南では食されます。昨日までの予報では絶望的でしたが、急遽好転しました。

202303243

まだ薄明の残る頃です。だいぶ離れていますが、あと2時間もすれば大接近します。

本当は海にでも出て、最も近づく月没を見たかったのですが、西から雲が湧いてきたので止め、職場の窓から撮ることにしました。

202303244

結局このあとあの雲がどんどん押し寄せ見えなくなってしまいました。海に沈むところを見たかったですが、全国的に悪天候の中、見れただけでもラッキーと思うことにします。黄砂と相まって、なかなか美しいものが見れた一日でした。

| | コメント (4)

2023年1月25日 (水)

地吹雪

今日も寒かった。新潟市では観測史上最低気温だったそうです。まあ、全国いたるところで更新したところはあったようで、それほど寒かったということです。日中でもマイナス3℃ですからね。それでも降雪は少ないので道は意外と走りやすいです。凸凹がないので前後に車がなければ普通に60㎞/hは出せます。いきなりのスリップは怖いので対向車とすれ違う時は落としますが。せっかくなので仕事で出たついでに地吹雪を体験してみようとわざわざなにもない農道を走ってみました(良い子はまねをしないように)。海岸沿いはほとんど道に雪はありません。海側には地吹雪になるための雪がないので視界良好です。そこだけ見ると今の悪天候が信じられません。しかし、道を曲がって陸側に入ると天候が変わったわけではないのにいきなりの白い世界です。すでに雪が舞っています。

Img_1683

写真ではなかなか伝わりませんが、見た目の視界はかなり悪いです。ってゆうか、本当にすごい時の写真は真っ白でなにも写りません。地面を這うように雪が舞っています。車高の高い大型トラックだと案外視界はいいのかもしれません。ここから少し行ったら一時すごかったです。本当に1m先が見えません。路肩の駐車スペースでしばらくやり過ごしました。なにせ前後が見えないので、発進したとき運が悪いと後ろから追突されかねません。ホワイトアウトとよく言いますが、まさにその状態。でもどうしてもホワイトアウトというと織田裕二の顔しか浮かんできません。地吹雪という言葉のほうがしっくりきます。状況はめまぐるしく変わり、数分であたりが見えるようになりました。そのすきに発進して職場に向かいました。最近は地吹雪も数年に一回くらいしか経験できません。次はいつでしょう。

| | コメント (0)

2023年1月24日 (火)

凍り付く

最強寒波が訪れています。10時頃までは日も差して、穏やかでしたが、いきなりの雷と黒雲が押し寄せて、あっという間(本当にあっという間)に一面真っ白な世界になりました。気温もみるみる下がり日中なのにマイナスに。

ポカポカ陽気からほんの2時間後です。

Img_1678

すでにホワイトアウト状態。ちなみに道路の脇に立っているポールはこういうときのための目印になるもので、雪国ならではのものです。

それからずっと猛吹雪。ブリザードみたいなものです。駐車場に置いていた車がこんなになってしまいました。

Img_1682

屋根のある駐車場ですが、非常に細かい粉雪が舞い込んで降り積もったものです。こちらでもこういう光景はそんなに見かけるものではありません。

肝心の雪ですが、それほど降っているわけではなく、ただただ風で舞い上がってすごいように見えるだけで、積雪は多くありません。逆に凍り過ぎるとあんまりスリップもせず、車が走れなくなることもありません。ちょっとした雪でも上れない我が家の駐車場の坂もなんなく上れました。新潟に限ればメディアが騒ぐほどの混乱はなく、割と落ち着いています。ただただ寒いだけ。確かに寒さだけを取れば10年ぶりくらいかもしれません。明日もまだ居座るようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧