2021年1月25日 (月)

白鳥の湖星景

よく晴れました。満月期ではありますが、新潟で1月に3日も快晴があるなんてことは過去に記憶がありません。雪も多いですが晴れも多い。不思議な年です。

北区に行かなければならない用事があったのですが、この晴れに合わせてアポを取りました。時間も終わる頃が薄明終了時間になるように。仕事も星見に利用します。北区といえば福島潟です。行ってみました。しかしなんとなくカメラ持ち出す気にならない。こういう日は他にも誰かいるはず。あんまり広くないので鉢合わせする可能性大です。そういうのがちょっと苦手。止めて福島潟を出ました。なんとなく向かった先は瓢湖。瓢湖と福島潟とどこが違うんだ、と言われれば返す言葉がありませんが、なんとなく福島潟はアウェイ感があるけど、瓢湖はそうでもない、みたいなといったらいいでしょうか。

オリオン座の上に大きな月が輝いています。星の輝きは弱いですが、凍てつく感が出ています。

202101253

何枚か撮ってなにかおかしいと気づきました。風景がぼやけている。そうでした。前回撮影したときに最後にプロソフトンを付けてそのままだったのでした。てっきりプロソフトンクリアに替えたつもりだったのですが。せっかくきたのにこれで帰ってはもったいないと、駐車場に戻ってフィルター替えて取り直しです。

202101252

風景がクリアになりました。いいですね。でもオリオンが移動してしまったので湖畔の光を避けられませんでした。

ちょっとズームして白鳥をややアップに。

202101251

あまりはっきり写っていないですね。瓢湖は半面凍結しています。その上に白鳥がいたのですが、撮影中コウコウ言いながら大移動しました。こっちの気配に気が付いたのでしょうか。

帰ったら月夜でも撮れるというHα撮影しようと思ったのですが、さすがにほぼ逆光だし、ちょっと疲れたので止めました。もうしばらく晴れはないでしょう。

| | コメント (3)

2021年1月15日 (金)

山中へ向かう

本当に久しぶりの晴れです。しかし雪から発する水蒸気のせいか、空は全体にもやっています。でも雲がなければなんとかなるだろうと、50km山の方に向かいました。冬場によく使う阿賀町の沼越峠の上り口です。そっちには民家もなにもないのになぜか無駄に除雪がしてあります。雪は深いですが、新潟市中心部よりもはるかにきれいに除雪している道を快適に進みます。しかしなんということでしょう。目的地の700m手前で除雪が終わっています。

202101151

ここまできて帰るわけにはいかないので、どこかいい撮影ポイントはないかと探しました。道路からは撮れません。雪原を少し歩いたあたりで木立が邪魔にならないところを見つけました。雪を固めてポタ赤を設置します。

登る冬の大三角形です。

202101152_20210117000501

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、プロソフトン クリア、Astro 60D(約-27度)、ISO1600、星空2分×4枚、風景2分×2枚、CD-1でノータッチガイド、Rstackerでコンポジット、Photoshopで画像処理

昼間あれだけもやっていたのにクリアな空です。しかし秋の構図ですね。最近は宵の口しか星景は撮らないのでワンシーズン遅れた構図になってしまいます。

19時半には撤収しました。30分くらいで切り上げるつもりがなんだかんだと1時間居てしまいました。夜は出歩かない約束なので21時頃には帰らなければなりません。撮影に出かけた時、行きよりも帰りのほうがなんとなく楽しいです。道は空いているので飛ばせるし、撮影がうまくいくとちょっと充実感があります。この時間が好きで星やっているのかもしれません。

| | コメント (6)

2020年12月24日 (木)

おまけの星景

今回の見方によっては不要不急であるともいえる、県をまたいでの遠征。ほとんど車から降りることもありませんでしたが、楽しめました。群馬県って田んぼがないんですね。新潟は空いている農耕地はほぼ田んぼですが、このあたりは畑のみ。そういう風景って新潟県民にとっては新鮮です。高原なのでどこにいっても広々して気持ちいいです。新潟も平野はだだっ広いですが、それとは違う開放感があります。

暗くなる前、展望台から谷川岳方面を撮ってみました。

202012225

新潟では見られない風景です。美しい。街の灯りは水上あたりですかね。これを見ただけでも仮に星はボウズだったとしても諦めがつくというものです。

帰り間際、機材を撤収したあと、せっかくなので谷川岳に傾く夏の大三角形を撮りました。

202012226

これまた日本海側では海に沈む光景しか見られない私にとってはこの上ない美しさです。月のない夜でしたらさぞかし素晴らしいのでしょうね。

今回は木星土星の大接近が目的でしたが、星景目的で来てもいいかもしれません。でも夜は一人では出してもらえないでしょうね。女房は夜景好きなのでいつかドライブにさそって訪れてみたいです。

 

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

神様のくれた星空

12月に1度だけ晴れる日を私は勝手に神様のくれた星空と呼んでいます。新潟では冬に入ると快晴になる日はまず絶望的です。そんな時期になる前に1日だけ素晴らしい快晴になる日が結構あります。まさに昨日はそんな日でした。

日が沈むまでほぼ絶望的な空で、予報でも快晴になることはなさそうでしたが、まさに奇跡的ともいえる雲一つない空が現れました。そんなことをわずかに期待して機材を積んで仕事に出かけたのですが、ばっちりそれが報われました。

202012092

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、星空3分×4枚、風景1分×2枚、CD-1でノータッチガイド、Rstackerでダーク、Photoshopで画像処理

まずお断りしておきますが、だいぶねつ造しています。ここは結構送電線の鉄塔が多いのですが、星空と地上部の合成のときにうまく処理できないので消してしまいました。本当はこんなにすっきりしていません。もう少し行くと鉄塔がなく、二王子岳もよく望めるスポットがあるのですが、不慣れな場所で撮影地をさがすのに迷いそうだったので、いつものホーム撮影地で撮ってしまいました。今年またこれるかどうかわかりませんが、そこも探しておきます。深夜の遠征をしなくなった私にとって、こういうそこそこ暗くて1時間くらいで帰れるスポットは重要です。20時に撤収して21時前に帰宅できました。

これからはずっと雨や雪の日が続きそうです。撮影機会は本当にこれでおしまいかもしれません。新年ご挨拶の干支の写真を撮らなければならなくてずっとチャンスを狙っていましたが、やっと叶いました。ちょっと焦っていました。

| | コメント (6)

2020年11月17日 (火)

久々の星景

今日も晴れました。昨日も晴れとカウントするならば、これで6日連続で晴れたことになります。新潟としては奇跡に近いです。新月期で雲ひとつない快晴とくればなにか撮らないわけにはいきません。そういえばしばらく星景カテゴリーの記事を書いていません。たまには星景でもとちょっとでかけてみました。

シーサイドラインの間瀬、こめぐりの郷公園

202011171

透明度は悪かったです。天の川もはっきりしないし、星にあまり輝きがないですね。この間本屋さんで手に取った、日本の星景ポイント紹介の本で新潟県唯一の場所がここでした。そんなに暗くもないし、それほど絶景かなあ、と、いつも通りかかっている私にはそう思えるのでした。

この方角以外にはさして絵になる場所でもないので、これだけ撮って帰りました。まだ20時前。普段より早いくらいです。

せっかくですので、星景カテゴリーではありませんが、砂嵐の発生した火星を撮ってみました。まずはいつもの大きさ比較のX2.5倍パワーメイト付きで

202011172

中央の筋みたいなのがそれなんでしょうか。

こっちは3倍バローで撮ったもの

202011173

もっとぶわーっと火星全体に広がっているのかと思いましたが、局所的なんですね。よくわからないのでコメント控えます。写りはよくありませんが、まあ、記録です。

明日からはしばらく晴れそうにありません。ひとつ撮り忘れた対象がありました。望遠鏡片付けた後で気がつきました。まあ、月があっても、今しか見れないわけでもないのですが、シーイングだけはよくなければならない。宿題忘れたみたいでちょっともやもやしていますが、冬に入るまでに機会はあるでしょうか。

| | コメント (2)

2020年7月22日 (水)

残り物のネオワイズ

16日に撮ったネオワイズ彗星がもう1つありました。ボツにしようかと思っていましたが、せっかくなので記念に上げておきます。

202007164

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(16mm F3.5)、EOS 60D(ノーマル)、ISO800、15秒×12枚、Sequator、Photoshopで画像処理

ちょっと派手に絵画的にしてみました。現実的ではありません。星もこんなに沢山見えません。Photoshopの明るさの最大値フィルターを使って肥大化させました。お遊びとして見てください。

これでネオワイズ彗星の在庫がなくなりました。晴れなければもう出せません。明日は地球最接近です。尾はどれくらい長く見えるのか楽しみなのですがお天気は悪そうです。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

佐渡に沈む金星

内合まであと6日と迫った金星です。

202005291

mini Borg 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス(980mm)、EOS 60D、AZ-GTi経緯台モード

あまり透明度はよくありませんでしたが、グリーンフラッシュがてら金星でも撮ってみようと海まで出てみました。グリーンフラッシュは見えませんでしたが、まあそれはどうでもいいです。本命はこちら。この日の日没は18時59分、金星没は19時44分、太陽との離角は8.5度です。光度は-3.9等だし日没直後なら見えるだろうと思っていたら肉眼ではまるっきり見えません。日が沈んで10分くらいたったころに双眼鏡で探し回ったらようやく見つけました。それでも一度見失うとまた探すのが大変です。980mmだとさすがにカメラ三脚で導入は難しい。積んであったAZ-GTiを出しました。北極星は見えないので適当に北に向け、月でアライメントを撮って金星を導入。でもずれて入ってくれません。肉眼では見えないのでスポットファインダーも使えません。双眼鏡で探して佐渡の山を目印になんとか導入できました。やっぱり簡易でも自動追尾は便利です。金星といえどこれだけ低空だと露出は2秒以上かけなければなりません。

佐渡に沈む数秒前です。

202005292

山に半分かかったところを撮りたかったのですが、シャッターチャンスを逃しました。この次に切った時は既に山に隠れたあとでした。とうとう最後まで肉眼では金星を見ることはできませんでした。なんだか湿気が多いらしく、海の上はもやが発生しています。水墨画風の金星もいいものですね。海に沈む瞬間を撮ってみたいものですがそこまで低空だとよほど透明度が良くないと難しいでしょうね。今回はもうだめでしょう。次の1年半後は1月ですし、冬の日本海は荒れてきつい。3年後の8月に再びチャンスがあります。その頃にまだモチベーションが残っていればいいのですが。

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

無観客桜

この週末は桜真っ盛り。昼は人多いだろうから夜行ってみようか。近くの川沿いの桜並木はぼんぼり点いていたからそこも点いているでしょ、と女房と阿賀野市の瓢湖に行ってみました。真っ暗。ライトアップのライトはセットしてありましたが、点いていません。人なんてうち以外誰も歩いていません。ある意味独り占め状態です。私的には桜星景が撮れるからいいのですがさすがに女房は不満げです。

202004112

真っ暗で桜鑑賞どころではありませんが、風のない水面がウユニ塩湖みたいで、それはそれで女房は感激していたみたいです。

もう一箇所行ってみようと、福島潟へ行ってみました。ここは例年でも全くライトアップしていないことはわかっています。もしかしたら星景マニアの人が1〜2人いるかもしれないくらいでほぼ無人のはず。

202004113

若干明るいのはうちの車のスモールライトです。誰もいないみたいだし、ハイビームで走り抜け、束の間の夜桜見物でした。私だけ桜星景を楽しんで自分は夜桜楽しめなかった女房はただ寒かっただけで膨れ顔していました。ちょっと悪かったです。でもこのご時世、どこ行ってもたぶんライトアップなんてしていないのだと思います。結局家を出てから帰るまで、スーパーに立ち寄った以外では誰一人とも会いませんでした。安全な夜桜見物でしたが、やっぱり人がいっぱいいて賑やかで、屋台でいろいろ買い食いしながら楽しむ桜がいいです。来年はそうありますように。

| | コメント (2)

2020年4月 8日 (水)

超現実桜

分かっててやっています。派手過ぎですね。でもたまにはいいでしょう。案外桜にはこういうの似合っている気がします。

202004074

可能な限り派手にしてみました。現実感なんて無視。どれだけ超現実的にできるかやってみました。

こちらは菜の花が参加して一層カラフル。空の青と桜の赤と菜の花の黄色のコントラストはもはや星景写真と呼んでいいのか。

202004075

11枚をSequaterで処理しました。その後Photoshopで色調など調整。2枚目は明るさの最大値フィルターをわずかにかけてあります。解像度変更前にフィルターかけて、その後で解像度を落とすと少し星が大きく見えて見栄えがするようになります。ただ色が乏しくなり輪郭も不自然になって若干リアル感は落ちますが。

ここは新潟市西蒲区の上堰潟公園。今年はちょうど菜の花と開花時期が一致して両方楽しめます。桜って案外成長が早い気がします。ここの桜も数年前は小木でした。だんだんここも桜の名所になりつつあります。

| | コメント (6)

2020年4月 7日 (火)

菜の花や月は東に

日没頃、昇って間もない儚げな月がきれいでした。一茶(間違えました、与謝蕪村でした)の俳句の情景に浮かびます。

202004071

適当な機材を積んでいなかったのでコンデジでの撮影です。月にも菜の花にもピントが合わずなかなかうまくいきません。「日は西に」の方は残念ながら沈んだ後でした。

4日遅れですが金星とプレアデスを撮りに行きました。

202004072

桜もいい頃合いに咲いて、これはまたこれでいい日だったのかも。

200mm縦位置でぎりぎりなんとか収まります。

202004073

コ・ボーグ36EDです。一応ガイドして4枚コンポジットしました。今回の記念写真はこれだけです。次はいつだろ。

 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧