2017年11月18日 (土)

銀杏星景

昨日17日は久しぶりの晴れ。それに新月。週末ですので制限なく遠征行けます。プレミアムフライデーより嬉しい新月フライデー。とはいえ、天気は下り坂ですのでそんなに長くはいられないはず。ダメなら薄雲混じりでもいいので銀杏星景を撮ろうと五泉蛭野の銀杏の里にしました。今が盛りです。ここの唯一のお店、銀杏茶屋に行くのが好きです。しかしシーズンの休日しかやっていないのでもう来週は店じまいしているかも。

東以外は結構薄雲があります。しかし撮りたい対象がある東側だけが雲がありません。こういうラッキーも珍しいです。

201711174

冬の星座が登ってきました。低空は薄雲っぽいです。この日の目的はCG-4での中望遠のガイド撮影。やっぱりごく薄い雲が結構流れていたようです。使えるコマは案外少ないかも。23時ころになってとうとう撮影不可能なくらいの雲がかかり始めました。潔く中止。しかし撤収完了したら雲はどこかに行ってしまい、さっきより良い空です。もう一度設営するのも面倒ですし、銀杏星景を撮ることにしました。ここには星景にぴったりのいい大木があります。この時間は車はほぼ通りません。まずノーマルカメラでまず撮ったのですが、こんな機会もあまりないので冷却改造カメラに替えて取り直しました。

201711173

銀杏と星空は別々に撮って合成しています。惜しかったのはやっぱり薄雲が少し流れていること、ピントがちょっといい加減だったので片ボケしてしまったこと。広角といえどピントに手を抜けませんね。

1週間先まで雨マークです。月も大きくなってくるし、銀杏の葉も落ちるでしょうからもう一度撮ろうと思っても来年です。

| | コメント (2)

2017年11月17日 (金)

晴れを信じて

今日は天気予報は曇り、GPVも真っ白ですが、なぜだか今晩は晴れると確信して、昼からバッテリーの充電やら機材の積み込みしていました。案の定夕方からほぼ快晴。温暖前線と寒冷前線の間は晴れます。根拠はそれのみですが、当たりました。とはいえ、たぶん長い時間は晴れないだろうと、外れてもいいようにいつもの遠征地より手前の村松の銀杏の里にしました。銀杏はちょうど見頃です。

まだ車の通りも多いし、オリオンが上がってこないのでこんなものを。柿星景。

201711171

車のライトを当ててみましたが、明るすぎ。風情がないのでノーライトです。

このあとメインのつもりで来た、撮影をしますが処理に時間がかかりそうなので後ほど。そもそもまだ見ていないので成功か失敗かもわかりません。

23時頃薄雲が多くなってきたので止めました。撤収終わったら再び晴れてきて、勿体ないのでオリオンと銀杏を撮ってみました。

201711172

とりあえず固定ですが、ちょっと本気出して撮ったものもあるのでそれも後ほど。

今日はこの2枚。疲れたし、もう寝ます。若い皆さんと違って夜更かしは苦手です。

| | コメント (4)

2017年11月11日 (土)

あなたが落としたのは

昨日10日はちょこっと晴れました。予報は怪しかったのですが、温暖前線と寒冷前線の間はわりと雲がないことが多いので休日前ですし、直焦点と星景とどっちに転んでもいい装備で出かけました。しかしやっぱり薄雲です。直焦点は諦めて雲間から星景にしました。

比較的雲の少ない南の一つ星。

201711101

魚眼ですが、無理やりソフトフィルターを引っ掛けて撮りました。ケラレましたのでトリミングしています。

雲は切れないのでこれを撮って諦めて帰ろうとしました。車に戻り機材を積み込んでいたら、ソフトフィルターがないことに気が付きました。ヤバイ、引っ掛けていたことをど忘れして落としてしまったんでしょうか。あせって撮影場所に戻り探しました。しかし見つかりません。もしかしたら池に落ちてしまったのかも。こんなとき女神さまが「あなたが落としたのはこのHEUIB-II フィルターですか?」とかいって池から出てきたら「はい、それは私が落としたHEUIB-II フィルターです」とか言っちゃうんだろうなあ、なんて妄想しながら10分くらい探しました。しかし見つかりません。82mmは結構高いんです。諦めて帰り支度を始めました。SDカードをしまう時、ケースを落としてしまいました。ケースを拾うためライトを照らしたらなんと、フィルターがドアの前に落ちているではありませんか。なんでもかんでもポケットに入れてしまう癖があるのですが、たぶんポケットから落っこちたんでしょう。しかし踏まなくてよかったー。やっぱり女神さまがこっそり置いていってくれたのだろうと信じることにします。

帰ろうとして空を見上げたらなんと薄雲は取れてほぼ快晴です。せっかくですから撮りたかった構図のために再び機材を持ち出しました。

201711102

また落っことすといけないのでフィルターなしです。しばらく晴れていそうでしたが、風も冷たくなってきたのでこのあとすぐ帰りました。この晴れ間もやっぱり女神さまのおかげでしょうか。

| | コメント (2)

2017年11月 9日 (木)

星ぐるぐると灯台ぐるぐる

日没後、なーんか晴れているっぽいので月も21:30まで昇ってこないし、久しぶりにガイド撮影でもしてみようかと簡単なほうの赤道儀とカメラ、コ・ボーグを持って大根畑へ行ってみました。しかしまだ大根は収穫真っ最中。オマケに風も強いし雲も少しある、意気消沈して止めました。しかし帰宅するのはまだ早い18:30です。19:30より早く帰ってくるなと言われています。どこかで時間つぶそうと海に行ってみることにしました。四ツ興野浜とか巻漁港とか行ってみましたが、あんまりいいロケーションじゃありません。角田浜まで足を伸ばしました。

Img_2091

灯台の光がぐるぐる回っています。レンズはコ・ボーグしか持ってこなかったのでコンデジで撮りました。風が強くて星がギザギザです。

Img_2094

灯台を入れるとデネブが入りません。やっぱり広角持ってくるんでした。いつもは保険の意味で直焦点撮影のつもりでも広角も持ってくるのですが、今日は星景撮るつもりはまったくありませんでした。

しばらくすると立っていられないほどの強風が吹き荒れてきました。さすがに中止。まだ大三角形が沈み切らないうちにちゃんした機材持ってもう一度きてみたいです。

| | コメント (8)

2017年11月 8日 (水)

南の一つ星

弥彦山ではポタ赤でも何枚か撮りました。

沈みゆく天の川

201711062

地上風景と星空は別々に撮って合成しました。

ロープウェイ山頂駅からとても明るいライトが照らされていてここまで届きます。非常に邪魔なのでこの石標で陰にしました。いっしょにテレビ塔の赤いライトも隠れました。これはアクセントとして入れたかったのですが。山頂駅のライトはこのあと消えました。一晩中点いているわけでもなさそうです。

フォーマルハウトと夜景

201711063

これも合成です。星に合わせると夜景が明るすぎます。夜景はごく短時間で撮りました。秋の星空はさして目立つ星座がなく、星景には向きません。唯一の秋の一等星ですが、周りになにもないので寂しいですね。でもこの孤独さも私は好きです。

だんだん冬型の気圧配置が現れるようになってきました。大根収穫も始まったようです。それのなにが関係あるかというと、収穫が終われば再び大手を振って大根畑で撮影ができるからです。冬の貴重な撮影地です。

| | コメント (6)

2017年11月 6日 (月)

てっぺん取ったどー

他の方のブログで拝見し、自分も一度やってみたかった。

201711061

ポーズ取るとかで弾けるのはちょっと歳なので、地味ですが北斗の柄杓に頭を突っ込んでみました。

場所は弥彦山の山頂。600mくらい?最高地点ではないですが、簡単に登れる丘の上で達成感が味わえます。

お決まりのぐるぐるですが、大失敗。

Img_2090

40分くらい露光したところで、風で三脚が倒れてしまいました。ちょうど倒れた直後に気づいたようです。左半分にカシオペアが写っています。コンデジの星空軌跡モードだと最後の1枚で失敗するとすべておしゃかなのでリスク高いです。あんまり使いたくないのですが、手軽さには勝てません。

他にも月が出るまでの1時間、数枚星景も撮りました。誰も来るわけないと思っていたら2組のアベック(死語)が登ってきました。落ち着かないので月も出たし、早々に引き上げました。ごく短時間でしたが、久々の星空で同級会の年齢ボケを振り払うことができました。

| | コメント (10)

2017年10月17日 (火)

都市星景も

今日は19時半にお客さま訪問の予定。なんでこんな時間に・・・と思いますが、普段勤務時間なんてあってないようなものなので、こういう時こそきちんと仕事しなければなりません。しかしそれまでどうやって時間をつぶそうか。こんな時は公園へ。雲が多いながらも星が出ているので星景でも撮ってみます。

Img_2036

都市星景風です。雲がなければいいんですけどね。さそり座なんですけど、光害地ど真ん中なので雲がなくても天の川は写らないでしょう。

冬とか、たまたま帰宅時に晴れたけど時間がないときはここにきます。未来都市っぽい星景が撮れるのでちょっと気にいっています。反対側は潟を挟んでビル群がありますがちょっと雲があって写真になりませんでした。全く雲がなく、透明度のいいときにそっちも撮ってみたいです。

| | コメント (6)

2017年10月13日 (金)

遠征久しぶり

予報も実際の空もいまいちっぽいですが、久しぶりの月のない週末。万が一の天文晴れを期待して遠征することにしました。しかし大物機材は諸事情により持っていけない、ですので予め昨日のうちにminiBorgシステムを車に積んで置きました。仕事が終わった時は新潟市の中央区にいました。いつもの五泉方面でもいいのですが、なんとなく雲の感じで新発田のほうにしてみました。19時半頃到着。雲はありますが、撮りたい対象のほうは晴れています。雲が押し寄せないうちにと、急いで設営しますが、案の定設営終わった頃は雲に覆われました。それでも雲間から撮影。半分テストなのでダメでもいいです。

撮影の合間に撮った登る冬の星座

Img_2032

こちらは北の方角

Img_2034

テスト撮影くらいしかできませんね。CG-4で250mmが撮影できるかのテストです。結果は残念なことに終わりました。それは後ほどですが、CG-4自体の精度としては250mmを追うには十分です。しかしその他の部分で強度が弱いらしく、大変歩留まりが悪いです。短焦点舐めてました。初心に返ってしっかりやり直します。

| | コメント (2)

2017年9月20日 (水)

命の洗濯

最近なんだか、仕事したくねー、っていう気分が抜けません。特にストレスがあるわけではないのですが、なにに付けても億劫。たまには非日常感を味わおうかと、新潟市北区のほうに仕事で行った帰り、足を伸ばして温泉につかってみることにしました。旧笹神村今板温泉湯本館。美人若女将で有名?です。有名かどうかはわかりませんが、美人は本当です。玄関を入るとその若女将自ら迎えてくれました。ただの日帰り入浴だけなのに。ここは去年泊まりで訪れたことがあります。隠れ宿という感じの落ち着いた雰囲気でとても気に入りました。平日でしたが結構泊まり客がいるみたいです。でもちょうど夕食時なのでしょう。貸し切り状態でした。

温泉で至福の時を過ごして外に出たところ、空は雲間から星が。夕方は大豪雨。もの凄い雨と風でした。それを思うと星が出ていることが信じられません。ちょっと寄り道しました。

Img_1984

雲は見ている間に消えて行き、天頂にははくちょう座の天の川が。本当に久しぶりの天の川です。

Img_1982_2

体からすぅーっと何かが抜けていくような感じがして、温泉と星空で命の洗濯をした気分です。

しかし、新潟市内に入ると再び土砂降りの雨。そしてまた今見上げると星空。本当に変わりやすい。寒冷渦というものが通過したためらしいですね。明日は寒冷渦一過の星空、ちょっと期待しています。

| | コメント (4)

2017年9月 6日 (水)

見えていたのかも

4日に撮った夕日ですが、県北ではグリーンフラッシュが見れたとのこと。ならばこっちだって出なかったはずはないと、もう一度画像処理をやり直してみました。

2017090422

少しトリミングしました。赤成分が多かったので、カラーバランスを調整しました。そうしたら緑が浮き出てきました。色毎の強調はしていません。確かにファインダー越しに見たイメージに近いです。やっぱり出ていたと認定したいと思います。ただ、写真的には満足でないので納得したわけではありません。これからも追い続けます。

この帰り道に上堰潟でやっている藁アートを見てきました。

これはサイ?

201709045

満月近い月があるので作品も明るく撮れてますし、透明度がいいので星もきれいに写っています。

これは藁アート史上最大といわれている作品。

201709046

確かにでかい。今年は10回目なので獣(十)がテーマだそうです。もういくつかあるようですが,暗くて場所がわからないため、明るい時に場所を確認してそのあと夜来てみたいと思います。

しかしモチーフとしては何年か前の、落ちた空飛ぶ円盤みたいな遊び心のあるもののほうが好きです。なんか子供受けするものが多くなってネタ的にはちょっとつまらない。季節柄ちょうどいいので、月に帰るかぐや姫、とか作らないですかね。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧