2017年2月28日 (火)

こっそりと遠征

よく晴れましたねー。2月とは思えない。帯状移動性高気圧が来てそろそろ冬も終わりの気配です。

昨日は一応家族に出かける宣言をして撮影に行きました。しかしさすがに二晩連続は言い出せません。でもこのお天気のがしたらもったいないです。そういえばまだ冬景色のオリオン撮っていませんでした。なんとかいつもと同じ帰宅時間に帰れるように調整して遠征しようと決めました。

場所は阿賀町の奥、沼越峠。といっても冬季閉鎖中なので峠までは行けません。除雪してある一番奥に行ってみようと思いました。片道1時間くらい。20時に向こうを出ればいつもの帰宅時間21時には帰れます。星見に行ったことはバレません。18時半頃職場を出て、19時ちょっと前に着きました。49号線の五十島から入りました。よく除雪してあって走りやすいです。もちろん対向車はありません。峠を登り始める橋のところで除雪が終わっていました。視界もバッチリ。南がよく開けています。冬の星座が目の前に広がっています。真っ暗でこんなによく見える場所は初めてです。

201702281

2対象撮ったところで時間切れ。20時ちょうどに出発しました。21時5分に帰宅できました。なんとも慌ただしいですが、まあ、しかたがありません。平穏に家庭生活を送りながら趣味を楽しむのも一苦労です。だからこそ楽しいのかもしれませんが。

| | コメント (12)

2017年1月31日 (火)

1月まとめ

1月はさしたる成果がありませんでした。唯一26日のプチ遠征でちょっと撮れたくらい。28日は晴れそうな予感がして機材を積んで出撃OKの気分で帰宅し、夜中まで待ちましたが結局薄雲が取れませんでした。また次の新月期まで休憩です。

しばらく何もアップするものがない予感なので26日に撮れたもの、まとめて載せます。

Img_4843

Img_5012

Img_5015

201701265

冬らしくみんな青っぽくしてみました。1月はこれでお終い。

今日ステライメージ8のバージョンアップ案内が来ました。早速注文しました。バレンタインデーに届くみたいです。チョコより楽しみ・・・まあもらえないんですけどね。

| | コメント (8)

2017年1月26日 (木)

雪中行軍

今日は予報ではいい天気になるはず・・・だったのですが夕方17時過ぎても全天曇りで雨まで降っています。予報は外れか、と思ったのですが、南のほうは晴れ間があります。それから急速に晴れてきました。予報は当たりました。しかし北ほど悪く南ほど良さそうなので南に行くことにしました。行った先は弥彦山麓の国上寺。道路が心配でしたが除雪してあります。しかし凍っています。滑りながらもなんとか到着しました。もちろん誰もいません。でも結構駐車場は街灯が多いです。有名な吊り橋の見える展望台に行ってみました。そこまでは歩きです。雪中行軍とは大げさですが、幸いに先達の足跡があって、それをたどっていったら数分で付きました。

201701262

さすがに吊り橋は渡った形跡がありません。ここの脇を踏み固めて撮影場所を作ります。

201701261

夜景がきれいです。下界は霧が出ていました。なかなかいい感じ。内陸側の暗いところに行こうと思ったのですが、滅多にこれないのでここにして良かったです。ここはカノープスが見えた弥彦山頂上の直下。標高も低いし、もやもありそうだし、さすがに見えないでしょうね。

もう何枚か撮りましたがもう疲れたので寝ます。明日以降処理してアップします。

| | コメント (8)

2017年1月18日 (水)

前線の狭間で

晴れる予報ではなかったのですが、今日は昼から結構青空が広がってきました。これほどの青空を拝めたのは今年初めてかもしれません。しかし予報では夕方から下り坂とのこと。なので期待もせず、なんの用意もせず仕事に出かけました。でも17時頃はまだ意外に晴れ間があります。なんにも機材は用意してありませんが、せっかくなのでコンデジでなにか撮ってみようと鳥屋野潟のスポーツ公園に行ってみました。G7Xは常に持っています。三脚も常備。これだけでもなにか写せるでしょう。長靴に履き替えて雪中を歩きます。

201701181

金星と火星が夕空に輝いています。ビッグスワンがいいモニュメントになっています。

雪は20cmくらいでしょうか。誰も足跡を付けていない雪原を歩くのはわくわくします。子供に返った気分です。なんでもこういう未踏の雪原を歩くのは、男の子(?)の深層にあるフロンティア精神を呼び起こすのだそうですね。

201701182

ちょうどオリオンあたりの雲が切れたので、2分くらい軌跡モードで撮影してみました。このあとすぐに雲に覆われてしまいました。

今22時半ですが、雷がなっています。寒冷前線が通過中のようです。温暖前線と寒冷前線の間に入ると晴れますね。しかし短時間です。この先はしばらく晴れる様子がありません。もうすぐ新月期なのに。実質これが今年の撮り初めになりました。

| | コメント (6)

2016年12月21日 (水)

まさかの積雪

今日は冬至でした。しかし今日が最も日の入りが遅いわけではありません。12月初旬頃が最も遅く、すでに4分ほど早まっています。日の出はまだこれからも遅くなり、1月初旬が最も遅い。夕刻に星見をする私にとってはすでに活動時間が短くなりつつあります。

久しぶりの晴れ。ちょうど夕方に旧豊栄市に仕事があったので、そのまま星見に向かいました。どこにしようかと思いましたが、新発田方面にしました。目的の場所があったのですが、なんと、まさかの積雪で車が入れません。この間の雪は新潟市内はすっかり溶けてしまったのに、さすがにこの辺りは侮れません。それでも除雪してある道をさまよって、なんとか撮影を敢行しました。

201612211

新星景風には今回しませんでした。固定風景も撮ったのですが杉林って美しくないですね。合成もきれいに決まらなかったし、ちょうどぎりぎり出てきたシリウスも隠れてしまいます。風景がぼやっとしてるのもこうしてみると星が引き立っていいものです。

撮れたのはこれ1対象だけ。まだ20時回ったばかりでしたが、早々に帰途に着きました。せっかくきたのでもう1時間くらい撮りたかったですが、女房が、今日は早く帰ってきてオーラ、を出していたのであまり遅くなれません。21時過ぎには帰宅しました。

これから年末までの天気はどうなのでしょうね。実質これが撮り納めになるかもしれません。M42を撮りたかったですが、来年、いや来シーズンに持ち越しでしょうか。

| | コメント (8)

2016年12月 4日 (日)

雪迎えの贈り物

3日土曜日は週末で月明かりなしの晴れ予報、本当に久しぶりです。10~11月とそこそこ撮影には出かけていましたが、まともな写真は撮れず終いでした。そろそろ禁断症状が出始めたところです。朝は雨が降っていましたが、予報的には間違いなく晴れると確信。遠足前の子どものようにワクワクの気分です。お昼にちょっと散歩、その頃はほぼ青空が広がっていました。髪の毛とか服にやたら蜘蛛の糸が絡みつきます。雪迎えです。この時期大量発生します。車にもたくさんの蜘蛛が張り付いていました。こういう晩秋の晴れた日に糸と一緒に飛んできます。この快晴は雪迎えの贈り物なのでしょう。こういう冬前の貴重な晴れ間を勝手にそう名付けました。

薄明終了は18時、随分早いものです。夏至の頃ならまだ沈むまで1時間もあります。星屋的にはたくさん撮れるのでうれしいですね。16時には出ようと思いましたが、ちょっと準備に手間取り、出たのは16時半。18時に現地に着きましたが、もう真っ暗。三日月ですが、意外に明るいです。でもすぐ山陰に隠れてしまいました。

この日はせっかくの貴重な晴れ間なのでまだ使いこなせていないHD800はやめてR200SSにしました。結果を先に申しますと、半分失敗。大きなトラブルがありました。でもまあ、なんとか狙いのものは撮れました。画像処理に手間が掛かりそうなのでゆっくりやります。とりあえず撮影合間に撮った登るオリオンです。

201612031

無改造デジカメで撮りました。ヒアデスの東側が少し明るいのは対日照かもしれません。今年はとうとう時期を逃して撮れませんでした。ここまで天の川に近づくと区別がつきません。

イメージ通りの作品になるかどうかは画像処理が終わるまでわかりません。明日以降アップします。

| | コメント (8)

2016年11月 7日 (月)

荒野のオリオン

今日は1日中晴れましたね。たぶん夜も一晩中快晴でしょう。平日ですが、この日を逃さない星マニアの方はたくさんいると思います。私もできればなにか撮影したかった。でも諸事情により、この新月期は諦めることにします。

還暦を過ぎて皮肉にも仕事が忙しくなりました。本当ならちょっとセーブしてのんびりしたかったのですが、そうもいかないようです。まあでも一時的なものだと思いますが。21時過ぎまで職場にいました。早く帰りたかったですが、ちょっと寄り道してみました。

荒野の向こうに登るオリオン

Img_4633

ここは新潟市西区の四ツ郷屋。広大な土地が原野のようになっています。ここに大規模ソーラー発電施設ができるんだそうです。前は畑とか、草木の生えた空き地でした。1ヶ月位前通りかかったら重機でならしてまるでネバダ州の荒野のようでした。日本で広々とした光景といえば、水田とか畑とか、人の手が入ったところくらいしかお目にかかれませんが、ちょっと感動でした。しかしもうだいぶ整地されてきてあまり荒野の雰囲気がなくなってきています。もう少し早く撮っておきたかったです。

こちら側もたぶん整地される予定のはずです。

Img_4634

ちょっとヨーロッパ的で絵画のような風景で好きだったのですが、それともお別れになりそうです。ソーラーパネルが並べばそれなりにシュールなのでしょうが、そんな風景も残しておきたかったです。

| | コメント (2)

2016年10月24日 (月)

沈みゆく天の川

今日はよく晴れそう。しかし平日なので遠征は不可能。でも薄明後1時間くらいはポタ赤撮影ならできそうです。新発田の山の方に行こうと思いましたが、そちら方面は雲があります。GPVでもそう言っています。久しぶりに海に行くことにしました。

沈みゆく射手座の天の川

Img_4614

いつも春に黄道光を撮りに来るところです。それ以外の季節でくることは滅多にありません。夏の華やかな象徴を10月に見るとセンチメンタルな気分になります。数多い夏の終わりを歌った曲が頭の中をめぐります。

この日の目的は、CD-1できちんと極軸を合わせたら、どこまで中望遠がガイドできるか試すこと。まず70mmでやってみました。3分と5分で概ね点像です。予想は当たったようです。しかしよく見るとダルマ状です。僅かに動いたのでしょう。135mmはすべてだめ。3分は行けると思ったのですが、これは赤道儀の精度の問題というより、三脚や雲台などの強度の問題のようです。これらを強度アップすればたぶんいけるのでしょうけど、お金もかかるし、本来広角のガイドを目的にしているポタ赤にしてみれば本末転倒です。ですのでやるつもりはないです。ポタ赤で中望遠ガイドするときはSWATでも買うかもしれません。今はお金がないのでそれはなしです。広角~標準はCD-1、中望遠以上はEQ6PROでやっていこうと決心つきました。

| | コメント (2)

2016年9月15日 (木)

セイウチも帰りたい

今日は中秋の名月。天気予報に反し、よく晴れたとは言えませんが、薄雲ながらまあまあの名月を観ることができました。満月期に行ってみたかった、とあるところへ。

こんなところにセイウチ君が。なにやら吠えているようです。

201609155

月に向かって吠えています。

201609154

どうやら帰りたいようです。もしかしたら月からのお迎えを待っているのかも。

こっちにはカメレオン君

201609151

長い舌で今にも襲いかかってきそうです。

こちらはアリさん。

201609152

あんな小さいアリもこれだけでかいとド迫力です。動き出しそうでちょっと不気味。

セイウチ君はまだ吠えています。

201609153

もしかして海の生き物だから故郷は土星じゃない?だとしたらそっちじゃなくて後ろですよ。ちなみに赤い方は火星またはアンタレスだから間違えないでね。

| | コメント (10)

2016年9月 4日 (日)

行く夏

3日はよく晴れました。やっぱり前日の微妙な天気で行かなくてよかった。透明度は昨日よりずっといいです。ただ、風がやや強い。シーイングは悪いです。星が激しくまたたいています。R200SSの試写ですのでシーイングは結構影響しそうです。

星景は撮らないつもりできましたが、一応道具だけは持ってきました。やっぱりこの天の川を見ると撮らずにはいられません。セッティングしながらちょっと撮ってみました。

201609031

西に傾いていく天の川に夏が行くのを感じます。

これは冷却ですが、ノーマルだとノイズが相当ひどいです。この日は暑かった。夜でも風が生温いです。冷却の威力の絶大さを感じました。ノーマルは全部ボツ。

R200SSの結果は私的には失敗ともいえないまあまあなものになりました。ただ、満足とも言えない。やっぱり難しいです。画像処理にも時間が掛かりそうなので満月期にかけてゆっくりやります。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧