2024年4月13日 (土)

上堰潟ライトアップ

家族でお花見は恒例です。今年はどこに行こうかと話し合ったのですが、どこも行き飽きたし、今年はいつもと違う上堰潟に行ってみようということになりました。私にとってはいつものウォーキングコースであったり、星景写真の行きつけだったりするのですが、今年からライトアップしているそう。

Img_1111

地味なぼんぼりくらいと思っていたのですが、結構こったライトアップです。人もたくさんです。屋台は出ていないのでスーパーでたこ焼きとか買い込んでレジャーシートを敷いてお花見を楽しみました。例年になく暖かくて楽しめました。

ここに来たなら星景を撮らずにいられません。

Img_1112_20240414000501

ライトアップ桜と星は同時に写らないので桜は写っていません。

向こうに1本、ライトアップなのか、対岸からのヘッドライトなのか明るい桜がありました。

Img_1114

星景は久しぶりで、露出と絞りが適正でなかったのか、露出不足です。月もあるし、仕方ないのかもしれません。腕が鈍ったかな。

| | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

海に出てみた

低緯度オーロラを狙ったわけではありませんが、久々にこんな写真を撮ってみました。

202312041

夕方北区に用事で、18時頃終わりました。もしかしたら夕方晴れるかもという期待を込めて機材を準備してきました。ほんのちょっと前までは雲が多かったのですが、まさかの快晴。さっそく海に出てみました。ここは東港のちょっと向こうの次第浜。日没後の西の対象を撮るとき良く行くところです。波も少し高く気温も3℃ですごく寒いのですが、人の気配がします。星屋でもなさそうだし、釣りをする天気でもありません。話し声も聞こえますが、暗くて一人なのか二人なのかもわからない。もっと距離を取ろうと思ったのですが、大きな水たまりがあって行けないのでしかたなく20mくらい離れて機材を出しました。すごく寒いのに動こうとする気配がありません。私は30分くらいいましたが、私が帰る頃もまだいました。いったいなんの目的で来ていたのでしょう。謎です。

| | コメント (5)

2023年11月 1日 (水)

北斗七星下方通過

今日は夕方東区で仕事がありました。終わったのは18時でしたが家に帰るのはまだ早いのでちょっと海岸に出てみました。ここは飛行場の近くです。

北斗七星がちょうど下方通過中です。

Img_2180

30分くらい露光してみました。

Img_2181

その間に離陸する飛行機が2機、着陸する飛行機が1機、ヘリコプターが1機。なかなか賑やかです。星景的にはうるさすぎですが、まあ想定内です。なんてたって飛行場ですからね。

カメラはコンデジです。星空モードで撮りました。目的がなければデジ一を持ち歩くことはないですが、コンデジだけは常備しています。いざというときでもなにかしら撮れます。星景は久しぶりです。露光中星空の下でじっと待つのもいいものです。遠くに星でない点が見えて、それが移動しながらだんだん近づいてくるのもわくわくします。久しぶりに楽しい気分を味わいました。

| | コメント (0)

2023年8月 9日 (水)

家族で星見

昨日の8月8日、家族で遠征しました。女房が満天の星空を観たいとずっと言っていたのですが、今までチャンスがないまま何年かが過ぎてきました。ようやく家族の都合と天候が一致してやっと実現。せっかくなので中途半端なところではなく、本州トップクラスの暗さを誇る山形の樽口峠に行くことにしました。遠征を禁じられている私ですが、女房の付き添いならOKなのです。車を走らせること2時間、到着。

おお、久々の素晴らしい星空・・・と言いたいところですが、結構な雲があります。私は天の川がどれだかすぐにわかりますが、家族は説明するまでわかりません。それでも久々の無光害の星空は素晴らしいです。

202308081

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(20mm F3.5)、Astro 60D(約-5℃)、ISO1600、3分×8枚、CD-1でノータッチガイド、PixInsight、Photoshopで画像処理

さすがに濃い天の川です。こういうの観るのは久しぶりです。フェーン現象のため、透明度は最高。星のきらめきも下界とは違います。まるでイルミネーションのよう。

広めのレンズで撮ってみました。

202308082

Zenitar 16mm F2.8、EOS 5DMarkⅡ、ISO1600、30秒分×1枚

こんな空でした。ちょっと残念。それにしても雲が白い。以前来た時には雲は真っ黒で存在に気がつかず、なんとなく星が少ない領域があるなあ、というのでやっとわかったくらいでした。ここ何年で光害も進んできたということでしょうか。

スナップ的にコンデジで撮ってみました。

202308083

PowerShot G7X、星空モード

気が付きませんでしたが流星が写りこんでいます。結構情感出てますし、結局あまり凝らないで撮ったこれが一番きれいかも。

せっかくなのでもう1枚追加

202308084

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(20mm F3.5)、EOS60D(ノーマル)、ISO3200、15秒×14枚、Sequator、Photoshop CS6

私たち以外に1グループいました。でも星を撮っているという雰囲気でなく、しばらくしたら車に入ってライトも消してしまいました。車中泊でもするのでしょうか。22時半頃月の出。その頃になってようやく雲が少なくなり、天頂に流れる天の川を見ることができました。でも家族は、せっかくなら着いて初めて空を見上げた時にこれならもっと感動したのに、とか言っていました。まあわからないではないですが、天気はしかたがないですね。家に着いたのは0時半。久々に暗い空を満喫しました。次があるかどうか。

| | コメント (0)

2023年4月 4日 (火)

ムーンロード

満月頃の月が海に沈もうとしているとき、輝く道が現れるんだよ、と夜勤をしている子供が教えてくれました。私は明け方が苦手なので見たことがありません。調べてみるとそれはムーンロードと呼ばれるものでした。そんなにきれいなものなら一度くらい見ておこうと、頑張って起きて近くの海まで行ってみました。満月には2日早いですが、ちょうどいい高さに月が海の上に輝いています。

202304041

おお、これがムーンロードと呼ばれるものか。確かに美しいです。三日月でできるものは見たことがありますが、輝きが違います。

ちょっともやっぽいですが、今度はもっとクリアな夜に来てみたいです。できるならば。

202304042

これを撮って、さて帰ろうと車に戻ったらなにやら一台の車が駐車場に入ってきます。パトカーです。これがうわさに聞く星見の時の職務質問か。こんばんは~何してるんですか?口調は柔らかいですが、不審なことしてないだろうな、という疑惑で満ちています。こちらには今撮ったばかりの写真という物的証拠がありますからそれを見せて、月を撮ってたんです、と言ったら、へーきれいなんですね、とそれ以上はあまり追及せず、一応免許証だけ確認して無罪放免となりました。まあ、車も公園の駐車場に停めたし、危ないところ行ってないし、横断歩道渡ったし、やましいところは一つもないです。結構市街地で星見をしているかたはこういうことよくあるようですが、私は初めてです。いつもはもっと山奥ですからおまわりさんもきませんし、ちょっと貴重な体験でした。

 

| | コメント (0)

2023年4月 3日 (月)

やっぱり桜星景

桜星景は天候に左右されますので、撮ったり撮らなかったりですが、今年は満月期と重なりちょっと映えそうなので撮ってみました。

お気に入りの仁箇堤

202304031

前に来たときよりもずいぶん枝振りが立派になった気がします。

202304032

たまに同業者がいることがありますが、今年はだれもいません。この近くの上堰潟のほうに行っているのでしょう。向こうは向こうでいいのですが、私はやっぱりこちらのほうが好きです。

| | コメント (2)

2023年3月22日 (水)

春の海

このところ晴天が続いていますが、夜になると薄雲が出てきて撮影には適しません。明日からはしばらく雨模様ですが、最後の日にようやく雲のない夕方になりました。しかし透明度はあまりよくありません。

帰宅途中で海に立ち寄ってみました。

202303221

金星と沈もうとしている冬の星座です。星は淡いですが、なかなかいい風情です。

オリオン座も霞んでいます。しかし南側は明るい。大した都市でもないのですが、日本海が暗いんでしょうね。

202303222

あさって、ここから細い月と金星のダイヤモンドリングを撮ろうと思ったのですが、天気は悪そうです。残念。

| | コメント (0)

2023年3月 6日 (月)

角田山と金星木星

金星と木星はだいぶ離れてしまいました。しかし写真的にはこれくらい離れたほうが絵になりますね。

角田山に沈もうとしています。

Img_0660

この時はもう薄明が終わっています。夕焼けの中で撮ろうと思ったのですが、ちょっと今日中にやっておきたいことがあって出遅れてしまいました。しかし満月1日前でもあり、月光の空も美しいものです。

Img_0659

生活圏での星景もなかなかいいものだと思います。

| | コメント (2)

2023年3月 3日 (金)

最接近翌日

今日は夕方新潟天文研究会の写真展に行ってきました(会場風景略)。お客さんは誰もいなくてゆったりと観ることができました。帰り道、西の方はやや明るく、晴れる予感もしたのですが、18時頃は結構な雨。だめっぽかったのですが、帰宅するには少し時間があったのでビッグスワンの駐車場で時間をつぶしていたら雨は上がり、空を見ると雲間から金星と木星が。

Img_0653

雲から出たり入ったり。今日は19時に家に帰る約束をしていたので、18時30分には撤収しました。この10分後には雲はほぼなくなりきれいな空が。もうちょっと居れば良かったな、と思いましたが仕方ありません。撮れただけでも良かったと思うことにします。明日からはもっとよく晴れますが、だんだん離れて行きます。余裕があったら引き続き撮ってみます。

| | コメント (0)

2023年1月17日 (火)

久しぶりすぎて

シーズンに一回くらいは暗いところでオリオン座を撮ろうと自分に課しています。今日は最良の日でもなさそうですが、これを逃すと次の機会はわからないのでとりあえず出かけてみました。目的地は五泉の奥、銀杏の里と呼ばれるところです。例年なら新潟市内は積雪がなくてもここまでくると最低でも50㎝は積もっているのですが、全くありません。こんなことは初めて。その代わり撮影場所はどこでも選べます。

あんまり久しぶりすぎていろんなところでポカをかましてしまいました。星景用の広角レンズを忘れました。仕方がないのでバッグにあった標準ズームです。

202301171

昔の星野写真っぽいですね。こういうのもいいかもしれません。しかし、ポタ赤の極軸合わせで北極星を間違えました。薄雲がかかっていてわかりにくかったというのもあるのですが、それにしても今まで一回も間違えたことはありません。撮り終えてなんだか星が流れているな、と思いやっと気が付きました。撮り直しも面倒なのでその画像で処理しました。

昇るシリウス

202301172

12枚くらい撮ってSequatorで合成しようと思ったのですが、地上がぶれてしまいます。そうでした。赤道儀で追尾していました。地上と空を別処理するのも面倒なので1枚のみです。まあ、薄雲がかかっていて大した絵でないのでこれでいいことにします。19時半には帰宅の途に就きました。20時半に自宅着。普段と変わりません。もう遠征はきつくなりました。

0時頃空を見たら見事な快晴。家で撮ればよかったかな、とちょっと後悔です。でも明け方には雪になりそうだし、万が一予報が早まって機材が濡れては大変なので、今日はやらないでよかったことにします。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧