2019年8月 1日 (木)

どちらが好き?

先日のハーバルパークでの天の川です。

201907282

ドノーマルの直球、まさに星野写真の王道と言うべく、ごく普通に仕上げたポタ赤ガイドの天の川です。

こんな風にもしてみました。

201907283

まさにSNS映え狙いのコテコテ天の川です。ちなみにソフトフィルター使って、Sequatorで合成、Photoshopでど派手レタッチ、逆周辺減光処理しています。絵画ですね。

私のような古い人間は前者のほうにほのぼのとした味わいを感じるのですが、今の若い人の感性だと後者になるんでしょうね。まあ、でもこうやって並べて見ると後者も悪くないな、と感じてきます。案外こういうのもありかな、とか思ってきました。しかしみなさんどこかで見たことあるなあ、と思ってらっしゃるでしょうね。やっぱり自分ではこういうの止めておきます。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

ここも有名撮影地なのか

晴れたのでちょっと夜の俳諧をしました。ここは「はさ木」並木で有名な西蒲区夏井。

 Img_2954

十数分くらい露光しようと思っていたのですが、車が入ってきました。それで中断。こんなところ夜に来るなんてただの休憩かと思っていたら車から降りてカメラをセットし始めました。星景目的なんでしょうか。ここからの星景もよく見ますが、自分が撮影中に来る人がいるなんて思ってもいませんでした。ルームライトに照らされたかたは女性のようでした。星景写真ももう一般風景写真のひとつのジャンルですね。

しかしここは道路のすぐ脇なので交通量もそれなりにあります。比較的暗いのですが、ハイビームの光は強烈です。あんまり下を向いた構図だともろに光が当たってしまいますので上向けの構図です。

Img_2955

なんだかはさ木でなくてもいいような、普通のぐるぐるになってしまいました。上の光芒は雲でなく、車のライトのゴーストのようです。夏以降は稲が育ちすぎてちょっと撮影がしにくくなりそうです。冬にオリオンと一緒に撮るのなんかが良さそうかもしれません。その頃また来てみます。

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成最後の星空

28日は日中は薄雲がち、衛星画像見ても雲は切れそうにありません。GPVも怪しい。でも天気予報では21時頃から晴れる予想。しばらく遠征していないし、だめでもいいや、と出かけることにしました。案の定、夕方から雲が厚くなってきました。現地に着くと星は薄雲を通してわずかに見える程度、北極星も見えません。それでもしばらくじっと待っていたら、予報通り21時頃から雲は薄くなり、22時頃には快晴となりました。

HD800を持ってきました。春の遠方銀河狙いです。しかしどうにも調子が悪い。今回はEQDIRECTで、SynScanコントローラ使わずに全てパソコンから操作してみました。なかなかキャリブレーションがうまくいかない。狙いの対象が入ってきません。カメラはASI1600MC-COOLです。感度上げるとリアルで狙いの銀河など見れるので構図決めが楽です。しかしどうも導入がうまくいかない。EQMODやステラナビゲータの設定が悪いのかもしれません。1回全ての電源を入れ直して緯度経度もちゃんと入れたらなんとか導入するようになりました。しかし、PHD2がどうにも追尾してくれません。オフアキですが、結構明るい星を入れてもすぐに、ガイド星を見失った、というエラーで追尾してくれません。原因不明です。シンチレーションはかなり悪い感じ。星像はぼけています。それと手を抜いて極軸をポールマスター使わずに極軸望遠鏡で簡易的に合わせたからかもしれません。0時頃まであれこれ格闘していましたが、結局1枚も撮像せず終いでした。う〜〜〜・・・こんな敗北感は初めてです。諦めました。空はため息が出るほど美しいです。

昇りかけのさそり座です。

201904281

翌日から2〜3日天気は悪そうです。実質これが平成最後の星空となるでしょう。

201904282

私をいろんなところに連れていってくれた愛車と天の川のツーショットです。令和になってもお世話になります。平成の撮り納めはちょっと残念でしたが、令和の撮り初めはうまくいきますように。それではみなさん、良い時代をお迎えください。

 

| | コメント (12)

2019年4月16日 (火)

春宵一刻値千金に桜を撮らず

今日はよく晴れました。それを狙って昨日行くべき客先を今日にずらし、夕方には新潟市の北区へ。終わった時は日没直前。福島潟にいましたが、星はまだ出てこない。そこでの撮影はキャンセルと決めます。しかしどこにしようか。夕方は天の川は上がっていない。桜と絡めるなら西のオリオンでしょう。でもそっちは新潟の光害が。ならば海のほうならいいだろうと、そっちに行くことにしました。

途中、二王子岳の上の地球影とビーナスベルト

Img_0191

しかし、海側なんて桜の名所思いつきません。名所でなくても枝ぶりのいい桜でもあれば、と思ったのですが、夜だしロケハンもなしでは無謀だったと気がつきました。とりあえず瀬波の諸上寺公園がいいかな、とそこを目指したのですが、遠い。21時までには家に帰りたいし・・・挫折しました。なにも撮らないで帰るのもアホみたいなので塩谷の海岸まで出てみました

20190416

せっかくの桜満開の時期なのにぜんぜん桜と関係ない写真になってしまいました。満月に照らされた桜星景って結構好きなんですがとうとう撮れず終い。やっぱり地の利のある西蒲区あたりで撮ります。でも桜が咲いているうちに再びこんないい空があるでしょうか。

| | コメント (4)

2019年4月14日 (日)

福島潟星景

12日夜はよく晴れました。しかし夜半過ぎまで月があります。私的には遠征はできません。家でぬくぬく銀河まつりにしようかと思いましたが、桜のシーズンですし休日前だし、星景でも撮ろうかと出かけました。行き先は福島潟。あまり認知されていませんが、いい桜の名所です。

まずは途中の蓮池で

201904134

まだ月は沈みきっていません。天の川は淡くて肉眼で見えないほどです。ここの岸には一面菜の花が咲いていたのですが、ここ数年は工事しているためかほとんどなくなりました。

オニバス池近くの桜ロード

201904131

月は沈みましたが、透明度がよくないのか、天の川は淡いです。同業者がお一人いらっしゃいました。撮影中だったようですが、脇を通り過ぎました。邪魔してすみません。車は○スティ○のかたでした。

天の川が少し高くなりました。

201904133

対角魚眼です。天の川は少し濃くなりました。桜はまだ5~7分咲きくらいだったでしょうか。ちょっと早かったかもしれません。

天の川も高くなり、構図も取りにくくなった1時半頃撤収しました。3年前よりも枝がでかくなったようです。次のシーズンは来るかどうか・・・散るまでのもう数日間、晴れたら今度は近くの桜のところに行こうと思います。

 

| | コメント (6)

2019年4月 9日 (火)

賑やかな宵

なにげに天文カレンダーを見たら今日はヒアデス星団の食。加えて火星と月の接近。近くにはプレアデスもあるし、なにやら賑やかな春の宵です。夕方から雲もなくなり透明度もいいです。最近案外晴れに恵まれます。まだ薄明残る宵闇のなか、近くの鎮守様まで出かけました。

201904091

ここの桜が好きです。有名でもないのでいつ行っても誰もいなくて風情があります。まだつぼみですが、空だけではつまらないので枝をいれてみました。

これを処理しているとき、滅多に私の写真に評をしない女房が、この写真好き、と言ってきました。そしてやおらネットを検索して私に見せた絵が高島野十郎という画家の作品。これと同じではないですか。さらに一月前に撮った月齢1の月の写真とも似ているものがある。女房はこういうわびさびのある絵が好きなようです。印刷して飾ってあげたいですが、私的には満足いく出来ではありません。自分で納得できるものが撮れたら飾ろうと思います。

| | コメント (2)

2019年4月 2日 (火)

もう一つの吊り橋星景

この間の吊り橋黄道光を写したところからほんのちょっと場所を変えて撮ったものです。

201903282

固定15秒16枚をSequatorで処理

風景も出してみました。南は雲と光害が酷いですね。黄道光もほとんど見えませんし、そのあたり、雲が迫っています。雑多なものが写りすぎ。写真は引き算を実感させられます。それと黄道光を撮っている最中、あの雲がこっちに来なかったのはほとんど運が良かったとしかいいようがありません。あの写真で今年の天体写真の運、使い切ったかもしれません。弥彦山スカイラインはたしか4月1日にオープンしたはず。晴れたら今度はそこからの黄道光見てみたいです。

| | コメント (2)

2019年3月28日 (木)

吊り橋と黄道光

年度末の忙しさも今日で終わり。それに合わせたようにいいお天気になってくれました。透明度も結構いい。おとといの霞の空はなんだったのでしょう。こんな日をずっと待ち焦がれていました。燕市の国上山へ。そこの吊り橋の上に黄道光が立ち上りそうだと、2年前に訪れたときにわかりました、今日が絶好の日。18時半頃出発し、着いたのはまだ薄明の残る19時ちょっと過ぎ。さすがに誰もいません。あまりはっきりとは見えませんが、かすかに黄道光が確認できます。

201903281

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、星空2分×8枚、風景1分×4枚、CD-1でノータッチガイド、Rstackerでダーク、Photoshopで画像処理

イメージ通りに仕上がりました。これを撮りたかったんですよね。

もうすぐ新年度が始まります。忙しさからも少しは開放され、またゆっくり星を眺められるようになると思うとちょっとうれしいです。

| | コメント (8)

2019年2月22日 (金)

ちょっと寄り道

今日は晴れたといえば晴れましたが、星見的にはほぼ曇りと言っていいような天気でした。しかし夕方新潟市北区に用事があったので、あの星景写真の聖地、福島潟に行ってきました。仕事が終わったのが18時半頃、薄明もそろそろ終わりです。昼間はもやで覆われていましたが、結構いいオリオンが見えています。車には冬中は防寒着やらスコップ、長靴と、冬用グッズを常備しています。早速着込んで長靴に履き替えて出撃。う~ん、ちょっと薄雲が多くなってきました。

201902221

超広角でも縦位置にしないとオリオンが入りません。Sequatorでコンポジットしてみましたが、どうも地上部がきれいに止まりません。ブレてしまいます。地上部だけ別にコンポジットして合成しました。

対角魚眼でも撮ってみました。

201902222

やっぱり風景が流れてしまいます。こちらは面倒なのでそのままです。最初のときにもこんなふうになって、あとで処理の間違いに気づいてうまくいったのですが、今回もそれかもしれません。研究してみます。うまくいったら差し替えます。しかしダークは必ず取らないといけませんね。輝点ノイズが尾を引いてしまいます。スタンプツールで消しました。

ここ新潟は来週一週間連続で晴れマークが出ています。まだ2月だというのにそんなことがあったら奇跡です。ありえません。新月期に向かい、星見にはうれしいですが、ちょっと気味悪いくらいです。

2/23


設定が間違っていたことがわかりました。Freeze Groundにチェックを入れませんでした。デフォルトがAccumulationというのがよくわかりません。Freeze Groundをデフォルトにして欲しいです。せっかくなので比較のために両方貼っておきます。

201902224

| | コメント (10)

2019年2月11日 (月)

怖い目に遭いました

先週の遠征時に撮影したものがまだありました。西に傾くおうしとオリオンです。

201902054

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.2)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、星空3分×5枚、風景3分×2枚、CD-1でノータッチガイド、Photoshop

久しぶりに二値マスク合成しました。境目部分をちょっとお絵かきしちゃいましたが、そこそこ自然に仕上がったと思います。

春の星座もついでに。大熊と獅子の背中合わせの構図がちょっとお気に入りです。

201902055

これを撮っている最中、向こうの山のほうからキャンキャンという犬の鳴き声が聞こえてきました。中型犬か小型犬っぽい声です。そっちは冬季閉鎖中の峠道でもちろん民家はありません。もしかしたら野犬?実は私、犬が苦手。吠えられると恐怖ですくんでしまいます。だんだん近づいてきます。きたらどうしよう・・・機材を置いて逃げるわけにもいかないし、腹を決めました。折り畳み椅子を武器にして戦います。LEDライトを声の方向に向けるときらりと光る眼玉が。必死に威嚇すべく、目玉のほうに走って向かっていきました。逃げていったようです。鳴き声が遠くなっていきます。それでもしばらくさまよっている感じでした。なんだったのでしょう。猫も意外な山奥でも見ることがあります。人間が置き去りにしていったんですかね。どうやって冬を生き延びているのか、謎です。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧