2017年9月20日 (水)

命の洗濯

最近なんだか、仕事したくねー、っていう気分が抜けません。特にストレスがあるわけではないのですが、なにに付けても億劫。たまには非日常感を味わおうかと、新潟市北区のほうに仕事で行った帰り、足を伸ばして温泉につかってみることにしました。旧笹神村今板温泉湯本館。美人若女将で有名?です。有名かどうかはわかりませんが、美人は本当です。玄関を入るとその若女将自ら迎えてくれました。ただの日帰り入浴だけなのに。ここは去年泊まりで訪れたことがあります。隠れ宿という感じの落ち着いた雰囲気でとても気に入りました。平日でしたが結構泊まり客がいるみたいです。でもちょうど夕食時なのでしょう。貸し切り状態でした。

温泉で至福の時を過ごして外に出たところ、空は雲間から星が。夕方は大豪雨。もの凄い雨と風でした。それを思うと星が出ていることが信じられません。ちょっと寄り道しました。

Img_1984

雲は見ている間に消えて行き、天頂にははくちょう座の天の川が。本当に久しぶりの天の川です。

Img_1982_2

体からすぅーっと何かが抜けていくような感じがして、温泉と星空で命の洗濯をした気分です。

しかし、新潟市内に入ると再び土砂降りの雨。そしてまた今見上げると星空。本当に変わりやすい。寒冷渦というものが通過したためらしいですね。明日は寒冷渦一過の星空、ちょっと期待しています。

| | コメント (4)

2017年9月 6日 (水)

見えていたのかも

4日に撮った夕日ですが、県北ではグリーンフラッシュが見れたとのこと。ならばこっちだって出なかったはずはないと、もう一度画像処理をやり直してみました。

2017090422

少しトリミングしました。赤成分が多かったので、カラーバランスを調整しました。そうしたら緑が浮き出てきました。色毎の強調はしていません。確かにファインダー越しに見たイメージに近いです。やっぱり出ていたと認定したいと思います。ただ、写真的には満足でないので納得したわけではありません。これからも追い続けます。

この帰り道に上堰潟でやっている藁アートを見てきました。

これはサイ?

201709045

満月近い月があるので作品も明るく撮れてますし、透明度がいいので星もきれいに写っています。

これは藁アート史上最大といわれている作品。

201709046

確かにでかい。今年は10回目なので獣(十)がテーマだそうです。もういくつかあるようですが,暗くて場所がわからないため、明るい時に場所を確認してそのあと夜来てみたいと思います。

しかしモチーフとしては何年か前の、落ちた空飛ぶ円盤みたいな遊び心のあるもののほうが好きです。なんか子供受けするものが多くなってネタ的にはちょっとつまらない。季節柄ちょうどいいので、月に帰るかぐや姫、とか作らないですかね。

| | コメント (4)

2017年9月 4日 (月)

見えたような気が

今日は薄雲がちな空でしたが、夕方から徐々に北から雲がなくなってきました。目指す方角はまだ雲がありますが、一日中、職場にこもっていたので外の空気が吸いたくなり、だめでもいいや、と海を目指しました。夕日佐渡マップによると、弥彦山頂上からの夕日が海に沈むようです。そこに行ってみることにしました。職場からは40分くらいで着きます。日没に間に合うか心配でしたが余裕で間に合いました。

大きな黒点が出ています。

201709041

ファインダー越しに見ていましたが、グリーンになった気がしました。

201709042

しかし、写真でははっきり写っていません。今日は結構緑成分が多いように見えたのですが、ファインダー越しは当てにならないのでしょうか。

しかし標高600mで見る空は美しいです。

Img_1971

夕焼けがひときわ鮮やかですが、たぶん佐渡上空の薄雲に反射しているのだと思います。それのせいでグリーンフラッシュが拝めなかったのかもしれません。

滅多にこないので星が輝きだすまでとどまっていました。寺泊方面の夜景と沈むさそり座です。

201709043

31日は手前の海岸で夕日を見ていました。

夕焼けと北斗

201709044

空も海も賑やかですね。本当は星だけを撮りたいのですが、避けることはできません。

意外に交通量は少ないです。1時間くらいいましたが1台の車が通り過ぎただけです。このあと頂上経由で帰りましたが、夜景見物の車が2台くらい停まっていただけで、下りですれ違う車もありません。走り屋さんとかもっと多いと思ったんですけど、静かです。たまに高いところに来ると気持ちいいですね。下界の雑事を忘れられます。

| | コメント (4)

2017年8月15日 (火)

スター&アニマルウォッチング

14日はキャンプが中止になってしまい、楽しみにしていた子供に天の川を見せたいという願望が果たせなくなりました。諦めきれないのでせめてもの、ということでプラネタリムに行ってきました。子供向けのプログラムの合間に本来のプラネタリウムらしい、その夜の星空生解説の会があったのでそれを観ました。作り物ですが、久々の満天の星空を満喫。双眼鏡持参してあちこち観てみたら球状星団はそれっぽく見えます。M31も肉眼では見えなかった伴星雲も見えました。最近のはよくできていますね。昔は双眼鏡をプラネタリウムに持ち込むのはジョークでしかなかったのですが。

帰りにお茶していたら、少し青空が出ているということで、夜に本物の天の川を見に行こう、という流れになってしまいました。女房はぎっくり腰で可愛そうですが留守番。娘と長男の3人で出かけました。行き先は沼越峠です。

残念なことに射手座方面は薄雲でほぼ見えません。僅かに天の川は認識できましたが、天の川を初めて見る娘は雲との区別がつかなかったみたいです。

北は比較的雲が少なく、はくちょう座からカシオペアあたりの天の川はよく見えました。

20170814

秋の天の川を眺める娘。昼に見たプラネタリウムと同じ星空でした。

もう一つの目的は夜の野生動物を見ること。これは娘が非常に見たがり星より楽しみだったようです。沼越峠を走ると必ず2~3匹のタヌキかウサギに出会います。まず見られるだろうと自信を持って連れてきたのですが、この日に限って1匹も出会いません。娘がっかりです。でも諦めないでいつもの早出の撮影地に行ってみました。ここでもよくタヌキに出会います。でもいない。しかし、ここで大きな流れ星に遭遇。娘は流れ星が初めてだそうで、まあ、一つ思い出を作ってあげることができました。まだ諦めきれず最後の望みで早出ダムに行ってきました。そこでようやくタヌキ一匹に遭遇。娘大興奮。すごく喜んでいました。私にしてみれば珍しくもないですが、動物園以外で野生の動物を見るのがとても新鮮らしいですね。

帰ってから娘が三男にそのことを自慢したら三男もすげー見たかった、とかいうので週末に近くの里山にまたナイトアニマルウォッチングに行く話が出来上がってしまいました。ここでもかなりの高確率でタヌキ、ウサギに出会えます。女房も腰が良くなっていたらついてくるそうです。まあ、寂しい夏休みでしたが、なんとか思い出は作ってあげられそうです。

| | コメント (10)

2017年7月19日 (水)

まだ梅雨開けず

今日は梅雨の中休み、といった天気でしょうか。朝からそこそこ晴れています。関東甲信地方は梅雨明けしたようですが、越はまだです。いつも毎年置いてけぼりにされます。透明度は悪いですが、せっかくの新月期なのでちょいと遠征に行ってきました。平日ですし長くできないのでいつもより少し近い村松の奥にしました。

合間に放置して撮った天の川方面

201707191

田んぼにわずかにホタルが舞っています。乱舞ほどではありませんが、周りに数匹飛んでいました。飛び回るほどの元気がなくフラフラとそこらを漂っているという感じ。撮影につきあってもらっているようで、なんとなく親近感が湧きます。カメラに止まったり、機材を入れた紙袋に入り込んだりとまとわりついています。

あまり時間がありませんでしたが、中望遠で撮影しました。しかし透明度が悪く決していい結果ではありません。お見せ出来るくらいに仕上がったら公開します。

| | コメント (4)

2017年5月21日 (日)

水田星景

20日は久しぶりに遠征に出かけました。雪が溶けてから初めてかもしれません。透明度は19日のほうが良かったです。結構視界は悪かったですが、空が暗ければそこそこよく見えます。メインはHD800で春物銀河ですが、合間にちょっとだけ登ってきた天の川を撮りました。

201705201

これは失敗。TOKINA AT-X 11-20ですが、なぜかピントを外してしまいました。中央はましですが、左がドーナツ状でとてもひどく、ボツにしようと思いましたが、強トリミングでごまかしての公開です。

こちらは悪くない。ピント合わせ直したわけではないのに、何でだろう。

201705202

EOS 60Dノーマルです。改造EOSはメインの直焦点で使っているので。ちょっと赤が寂しいです。初めてダークとコンポジットにRStackerを使ってみました。RAWで書き戻しができるのでPhotoshopで現像できます。

皆さん、水田に写る天の川を撮っているので私も撮ってみました。星空ガイド、地上固定だと水に写った星だけ流れてしまうので、いっそ両方流しちゃえ、とこんな風になりました。

201705203

サソリが全景はいっていませんが、わざとです。なるべく水田のほうを広く取りたかったので。5分露光。比較明でもない、普通のバルブ撮影です。ノイズもそんなにないし、星の色もよく出ているし、空が暗ければ比較明よりもいいですね。

メインの直焦点の処理はまだです。成功したような、失敗したような。結果が出るまでわかりません。

| | コメント (6)

2017年5月19日 (金)

オメガ星景

今日は素晴らしくよく晴れました。週末だし、遠征しようかと考えましたが、明日もこんな天気のようだし、土曜のほうが都合がいいので明日にしました。でもせっかく透明度も抜群なのでなにか撮らねば、と思いついたのが昨日の続き。

南の低空が暗いところがないなら、いっそ星景風に撮っちゃえ、とこんな感じにしてみました。

20170519

SIGMAの70mmです。星空部はISO1600でガイド30秒8枚、地上部はISO800で固定30秒1枚。

今日はケンタウルス座Αを入れてみました。結構高いですね。次は直焦点で狙ってみたいです。

| | コメント (10)

2017年4月28日 (金)

月とヒアデス、プレアデス

28日も前日に引き続き晴れました。実は昨日はちょっと撮影に。2日連続では行けません。でも晴れたらなにか撮らないと気が済まない。職場から月齢2の月か、木星でもと思いましたが、ふとステラナビゲータを見ると細い月がヒアデスの中にいます。隣にはプレアデスも。なかなか賑やかな光景。これを撮ることにしました。

場所は海岸、四ツ郷屋浜

Img_5821

ちょっと雲がありますがいい感じですね。月への階段というのでしょうか。でも満月限定みたいですから違うか。

薄明も終わった頃

Img_5830

オリオンが海に片足突っ込みそう。秋までさよならです。月の後ろが僅かに明るいのは黄道光?見た目ではもやが多くてあまりきれいな空ではなかったですが、写真にするときれいです。

明日からGWです。結構お天気は良さそう。でも家の行事が目白押しで星見はできないみたいです。

| | コメント (8)

2017年4月18日 (火)

隠れた名所

新潟市西蒲区の角田山山麓にある仁箇堤は隠れた桜の名所として時々紹介されていますが、あまり見物に来ている人はいません。確かに桜と堤と角田山がセットになって調和が取れて美しい風景です。ただ、桜自身は数も少ないし、枝ぶりがいいものもそんなにないのでそこがいまいちなのかもしれませんが。

桜と堤と角田山オリオン

Img_5727

星空部はソフトフィルターと追尾、風景部はフィルターなしで固定

あいにく角田山に雲が湧いていてなかなか取れません。だんだんと広がってきました。

大小柄杓と桜

Img_5729

少しLEDライトを当ててみました。この桜だけは大木でなかなかいい枝ぶりです。

ぎょしゃ座とふたご座を入れてみました。

Img_5730

これもLEDライト

G7Xで3分くらいです。これも車のダッシュボードに置いて撮りました。

Img_1475

車のスモールライトをちょっと付けてみました。程よく照らされていい桜の色です。なかなかいい枝ぶりですが、左側に電柱があります。それさえなければほんとに写真向けのいい桜です。

この近くに有名な夫婦桜があるのですが、有名なだけに他の撮影者とバッティングする可能性があるのであんまり行く気になれません。ちょっとアクセスにも不便なところです。遠くから点景で撮るのも絵になるので機会があったらそんな風に撮ってみようと思います。

| | コメント (2)

2017年4月13日 (木)

恒例春の黄道光

これも恒例になりました、春の黄道光。

201704131

合成とかでだいぶ創作が入っていますが、ご容赦ください。黄道光はアートだと思っています。

今日は午後からよく晴れてきました。透明度も比較的いいです。桜星景とどっちにしようかと思いましたが、透明度がいいことはあまりないのでこれにしました。とはいえ、去年よりはよくないです。肉眼でぼやっと見えますが、去年のように光芒がはっきりと見えるほどではありませんでした。まあ、4月に入りもう寝かかっているのもあると思います。

おおいぬからカシオペアまで

201704132

4枚撮りましたが、2枚目以降急速に透明度が悪くなってきたので1枚のみです。月が登ってきたからかもしれません。

この時期の天の川は佐渡に横たわります。最高の空のときに本当の佐渡に横たふ天の河を撮ってみたいです。

春になり晴れ間も増えてきて撮るものがたくさんになりました。毎日東奔西走しています。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧