2019年7月13日 (土)

星屋の天の川

先週、県北遠征に行ったときの比較的早い時間の天の川です。

After

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(11mm F3.5)、Astro 60D(約-9℃)、ISO1600、2分×8枚、CD-1でノータッチガイド、Rstackerでコンポジット、Photoshopで画像処理

これを星景写真のカテゴリーにするか、星野写真にするかで考えましたが、星野写真のほうにしました。私の基準では風景が写り込んでいても風景になんらかの主張がないと星景とは呼ばないことにしています。これは風景は流れていますし、真っ黒に潰れていますので、天の川を撮ったらたまたま写り込んだよけいなもの、という認識です。「新星景」風に風景も止めれば星景写真にするのですが、南の風景って合成しにくいし、そもそもつまらない前景なので今回は止めませんでした。

ちょっと派手でしょうか。最近の天の川写真はインスタ映え的に空をかなりブルーにする傾向にあるようです。私も最近そうしていますが、そこまでど派手にするのは性に合いません。ソフトフィルター使うのもよくありますね。これを撮っている隣に風景屋さんがいましたが、やはり使っていました。私は冬の星座や天の川のない春の星座には使うこともありますが、夏の天の川には使いません。せっかくのさらさら感がぼてぼてしてしまって天の川らしくなくなってしまうみたいで。夏は天の川が主体であって、星座の形を目立たさなくてもいいと思うんですよね。

などと、星屋的に天の川写真を語ってしまいました。風景屋さんの撮る天の川もまた素晴らしいですが、私にはセンスがないのでどうしてもこっちに走ってしまいます。

| | コメント (4)

2019年7月 7日 (日)

七夕の天の川

梅雨時の日本では7月7日に晴れることは滅多にありません。ですのでせっかくの七夕なのに天の川が見られるということは日本国民あまりないのではないでしょうか。そんな中、運がいいことに昨日の遠征で七夕の天の川を撮ることができました。えっ?昨日は6日だから違うって?

201907062

Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F2.8、(10mm F4)、ISO1600、2分×8枚、Astro 60D(約-9度)CD-1ノータッチガイド、ステライメージ、Photoshopで画像処理

撮影開始が6日23時55分終了が7日0時11分、まあ日をまたいで一応7日の天の川ということで。

振り向けばもうアンドロメダとカシオペアも昇り始めています。

201907063

Zenitar 16mm F2.8(F4)、ISO1600、2分×9枚、Astro 60D(約-9度)CD-1ノータッチガイド、ステライメージ、Photoshopで画像処理

まだ梅雨最中だというのに夏を通り越して秋を感じます。この日の予報では快晴でした。しかし日中雲が多く、どうも怪しい感じ。悩んだ末、比較的雲が来なそうな北へ向かうことにしました。雲はまったく無いわけではありませんでしたが、天の川鑑賞には十分、0時頃にはほぼ無くなりました。今シーズン初めての天の川撮影を楽しむことができました。

| | コメント (2)

2019年5月26日 (日)

成功か失敗か

このところ晴れが続きます。逆にいつ遠征に行けばいいか悩むところです。25日は週末で月も出るのが真夜中。さくっと撮って明るくなる前に帰って寝るというパターンの私にとってはちょうどいいです。明るい18時に出発、遠征地にはまだ明るい19時半に着きました。この日は忘れ物もなし。ゆっくり機材を設営しているうちに薄明終了を迎えました。久しぶりにAstro 60Dを使ってみることにしました。ASI1600MC-COOLは感度はいいのですが、露出決めが面倒、色が乏しい、画像処理も一手間かかるので遠征ではなるべく使わないようにします。しかし、デジ一はSDカード記録だとすべての撮影終了まで結果が見られないので、失敗しても気づかずそのまま無駄に時間をつぶしてしまうことがあります。ですのでそういう悔しい思いをしないためにEOS Utilityと使うことにしました。遠征での導入は初めて。ぶっつけ本番です。ちょっと心配はありましたが、それ自身のミスはありませんでした。しかしケアレスミス発生。他にもいくつかのトラブル。今回はハード面のミスではなくソフト面のミスが目立ちました。そっちの方の処理はゆっくりやることにして、撮影の合間に放置して撮った画像を1枚。

2019052512

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F3.2) EOS 60D(ノーマル) ISO1600 3分×12枚 CD-1ノータッチガイド、Photoshop CS6で画像処理

70mmのノータッチは自信がなかったのですが、わずかに流れた程度で概ねうまくいってくれました。「なんちゃって極望」いい仕事してくれます。案外ノーマルでもカラフルに撮れてくれます。赤い星雲だからといって赤すぎるのを好まない私にとってはこういうナチュラルカラーも好みです。

明日以降メイン撮影の処理をしてみますが、うまくいったようないかないような・・・まだ撮影用パソコンに入ったままです。ちょっと画像を開くのが怖いです。


ちょっと迫力不足なので入れ替えました。(5/27)

| | コメント (4)

2019年2月 8日 (金)

冬のカラフルエリア

今回遠征のメインはこれでした。冬のカラフルエリアと呼ぶべく、オリオン付近。

201902053

SAMYANG 135mm F2(F2.8)、Astro 60D(約-25℃)、ISO1600、300秒×11枚+300秒×11枚上下モザイク、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージでコンポジット、Photoshop CS6で画像処理、フラットダークなし、若干トリミング

2枚モザイクしてみました。ちょっと重なりが多すぎてほとんど真四角。西側は光害でカブリ気味で少々補正が大変でした。しかしこのレンズはF2.8に絞ると周辺減光がほとんどありません。ただ赤ハロがあるのでちょっと全体に赤っぽくなります。画像処理で消すのは面倒そうです。三ツ星あたりの青や赤が入り乱れている領域がきれいで好きです。でも難しいです。もうちょっときれいに出したい。M42東のもやもやはうまく出ません。総露出も光学系の感度も足りないのでしょうね。

余った時間でカモメ星雲を撮ってみました。こちらは300秒×8枚コンポジットです。

201902052

初めて撮ってみました。意外に淡いです。ここはもう少し長焦点で撮ってみたい。

それにしても久々に雲の心配なく撮ることができました。命の洗濯をした気分です。

| | コメント (12)

2018年12月12日 (水)

新潟で46P

今日は夕方まで雨でした。日が沈んだ頃に西の低空がやや明るくなったのが見えましたが、まさか晴れるとは全く思っていませんでした。18時頃コンビニに行く時に空を見たら雲は多いものの晴れ間があります。雲を避ければウィルタネン彗星を撮れるのではないかとそそくさと簡単機材を用意して近くの郊外まで出かけました。しかし風がすごい。やわい赤道儀ですので微妙に揺れます。まずは135mmで撮ってみましたが、ライブビューでも星が震えています。1分でも星像がボケてしまいました。しかたないので標準ズームに切り替えました。35mm相当です。ちょうどプレアデスとヒアデスも入りました。

20181212

1分2枚をコンポジットしました。もう少し撮る予定でしたが、雲も飛んできますし、風が強すぎて耐えられません。居たのはほんの15分程度。超速攻の撮影でした。新潟市の郊外ですが、沼田よりも光害がひどい感じです。西から北は天の川も見えるくらいですが、東から南はちょっとだめです。やっぱり遠征したいところですが安定して晴れる予報でもないとなかなか出かけられません。年末の満月過ぎに期待します。

| | コメント (6)

2018年11月 5日 (月)

道院に集う

3日はよく晴れました。週末と新月期が重なった快晴って今年になって初めてのような気がします。いつもは自宅観望でお茶を濁していますが、こんな日は遠征しないわけには行きません。いい機会なのでいつもの撮影地ではなく、いつもコメントをいただく皆さんにお会いしたくなり中越方面に出かけました。長岡市(旧栃尾市)の道院キャンプ場の駐車場です。去年下見に来ていました。夜は初めてです。すでに何台かの車が停まっています。ご迷惑にならないよう、恐る恐る侵入し、端っこに停めてとりあえずご挨拶。けんちゃさんとnjpさんでした。他には長岡市や新潟市からいらしたという数名の方々とご一緒です。新潟県内でこんな人の多い有名撮影地にくるなんて初めてです。いつも単独撮影しかしない私はちょっと緊張してしまいます。この日は明日のお出かけに備えてあまり長居するつもりでなかったので簡単機材です。とりあえず撮影の合間に放置して撮ったもの。

201811031

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(15mmくらい F3.2)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、5分×10枚、CD-1でノータッチガイド、RAP2、Photoshop、ステライメージ、ダーク、フラット処理

プレアデス付近の天の川と対日照です。30数枚撮ったのですが、薄雲通過や高度によるカブりで10枚しか使えませんでした。なかなかカブりと対日照の区別がつきにくく苦労しました。まだ完全でないかも。

途中でeclさんがいらしゃいました。暗くてお顔が拝見できませんでしたが、撮影中けんちゃさん、njpさん共々、いろいろお話を伺い楽しいひとときを過ごすことができました。eclさん、コーヒーごちそうになり、ありがとうございました。私は0時過ぎに早々においとまさせていただきました。大勢での撮影も楽しいものですね。またいつか機会がありましたらご一緒させていただけたらと思います。

| | コメント (10)

2017年9月21日 (木)

読みを誤る

今日は晴れるはずでした。遠征にも行くつもりでした。朝からバッテリーにも充電していました。昼頃予報に反して土砂降りの雨があっても夕方は晴れると信じていました。しかし日没になっても雲は消えません。むしろ増えていく感じ。このところこんな天気ばかりなので、やっぱりだめかー、と諦めました。しかし薄明が終わる頃から急速に雲が消えていきます。いつの間にか快晴。読みを誤りました。休日前ならダメ元で出かけたところですが、平日ですので深夜まで居られないため、あまり冒険はできません。しかしこのまま何も撮らずに帰るにはもったいなさ過ぎる。ということで近間でほんのちょっとだけ。

向かった先は佐潟の裏

201709212

かなり無理しています。光害カブリが酷いのでそこだけトリミングしています。暗い空ならとてもきれいに撮れたんでしょうね。

西の空はこんな感じ

201709211

久しく暗い空に出会えていません。直立する天の川に秋を感じますが、時既に遅し。

薄明終了の19時10分頃から19時50分までのごく短時間撮影でした。普通に仕事して帰るより早く帰宅できました。明日の天気に賭けようと思います。しかし、2日連続して晴れるなんて期待薄だろうなー

| | コメント (2)

2017年3月26日 (日)

かみのけ座

25日土曜日、あんまりお天気はよくありませんでしたが、遠征に行ってきました。結果は・・・聞かないでください。機材トラブルがあったわけではありませんが、長焦点撮影の難しさを今更ながらに味わってきました。また近間で経験積んで次へ進もうと思います。

何にも成果がないのも悲しいので合間に撮ったかみのけ座

201703251

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.8)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、1分×10枚、CD-1ノータッチガイド

春の星座の中で好きな対象です。カメラレンズでもNGC4565の細い姿が写るのが楽しいです。40年以上前の天文少年時代も撮ったものです。

春はそこまでなのに天気が良くならないですね。とうとう新月期も終わりです。春物銀河を撮りまくるという夢は叶うのでしょうか。

| | コメント (2)

2017年3月10日 (金)

バッテンオリオン

満月期だし、晴れないし、この前撮ってまだ未公開だった写真でも。

バッテンオリオン

Img_1234

ダメ出しされるほどの写真でもないんですけどね。ちょうど空を飛んでた飛行機が描いてくれました。

もう一枚。こちらは正統派のぐるぐる。

Img_1243

まあ、平凡ですが、空の暗さがよくわかります。この間の沼越峠の登り口からです。ここは東西南北目立った光害がないので結構いいところかもしれません。冬季閉鎖が解除されるまでは冬場の絶好の撮影スポットです。これから積雪期はいつもの早出の撮影地ではなくここにしようと思います。

先週の連続晴天とは打って変わって晴れなくなりました。先週のうちに金星撮っておいて良かったです。でも来週晴れたらさらに細くなった姿を収めてみたいです。

| | コメント (2)

2017年3月 2日 (木)

冬の赤物たち

28日のプチ遠征で撮ったもう1枚はこれ。冬の天の川です。

201702282

Zenitar 16mm F2.8(F4)、Astro 60D(約-24℃)、ISO1600、4分×4枚、CD-1ノータッチガイド、Photoshop CS6とFlatAide Proで画像処理

久しぶりにZenitarを使ってみました。いつもはすぐに露がついてしまいますが、気温が低いとつきません。この時期はヒーターもいらないので楽です。

自分では珍しく赤者を強調してみました。Photoshopで赤成分のマスク作って炙りだしました。やり方をすっかり忘れています。ド派手にならないように気をつけました。大気光カブリと光害カブリがひどいですがFlatAide Proできれいに消せました。ほとんどオートですが、どうやってカブリと天の川を判別しているんでしょうね。

いつも撮影するところでは広角だとほぼ地上が写ってしまいますが、ここは開けているので写りません。一度こういうのを撮りたかったです。道路の真ん中です。雪がないときは車が通る可能性があるので機材を広げられませんが、すぐ先で除雪が切れているので絶対に車が通ることはありません。堂々と撮影できます。ただ、橋の上なので歩くと僅かに振動があるかもしれません。そこだけ気をつければ冬場の撮影地としては最適です。来年は望遠鏡持って来てみたいです。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧