« ちょっと派手なM101 | トップページ | 初めての脱走 »

2024年4月28日 (日)

ふくろう星雲の周辺?

27日は黄砂混じりで月もある最悪とも言える空でしたが、GPVも外れまあ雲はないしなにか撮ってみることにしました。しかしまともに撮れるわけはないので春の空にはあまりない惑星状星雲ということでふくろう星雲M97を撮ってみました。

202404271

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm) 、ASI533MM Pro(約-10℃)、撮像ソフトNINA、A(GAIN100 450秒×11枚 ビニング1) O(GAIN100 450秒×15枚 ビニング1) ZWO EAFでオートフォーカス、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M 、PHD2 Guiding、PixInsight 、Photoshop CS6 で画像処理、トリミング

普通に画像処理してみたのですが、普通です。ふくろう星雲って撮りやすいけどちょっと面白みに欠ける対象です。と思ったのですが、なんか周辺にありそうな感じがします。あんまり見たことないですし、画像処理のミスかなと思ったのですが画像検索してみると海外の作例で周辺になんか写っているのが見つかりました。そこで普通っぽい処理は止めて激しく強調してみると浮かび上がってきました。なんかありますね。作例に写っているのとだいたい同じです。最近惑星状星雲が意外に広がっていることを知るのですが、ふくろう星雲にもあることは初めて知りました。あんまり興味のなかった対象ですが、こんどきっちり撮ってみたいと思います。

|

« ちょっと派手なM101 | トップページ | 初めての脱走 »

星雲・星団」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

これは意外な発見かも。
淡い周辺部は知りませんでした。

投稿: skame | 2024年4月29日 (月) 19時08分

ふくろう星雲は今までにも何度か撮っていて、昔はなかなかきれいに撮れませんでした。ここ2~3年はまずまずなものが撮れていたのですが、毎年同じで飽きてきたので思い切って強調してみたらこんなものがあると気づきました。
日本の作例には見当たらず、懐疑的だったのですが、海外の作例にはいくつか見つかったので存在を信じることができました。
ナローバンドのOⅢに写るようです。次に撮るときはこれ狙いでもっとはっきり写してみたいと思います。

投稿: まるひ | 2024年4月29日 (月) 23時20分

こんにちは。
とても透明感のある画像ですね。見入ってしまいました。
ナローバンドのAOO合成ですね。私もちょっと前にフクロウ星雲の
LRGB合成を撮りましたが、かすかに周辺部にガスの広がりが認められました。
http://tukinoboru.cocolog-nifty.com/.preview/entry/5c509e19547e94656a7da6c403283339
今度ナローでも撮ってみたくなりました。

投稿: ヤマボウシ | 2024年4月30日 (火) 05時52分

すいません。
リンクのアドレス間違えました。
http://tukinoboru.cocolog-nifty.com/blog/2024/03/post-276787.html
多分これで大丈夫かと。

投稿: ヤマボウシ | 2024年4月30日 (火) 05時55分

ヤマボウシさん
コメントありがとうございます。
作品拝見しました。LRGB撮影でも見えるのですね。しかしかなりの難物のようで、きれいに撮るのはナローでも難しそうです。
撮影地は暗そうですね。うらやましいです。私のところからは写らない小さな遠方銀河も写っていて見応えあります。
是非ナローでも狙ってみてください。

投稿: まるひ | 2024年4月30日 (火) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと派手なM101 | トップページ | 初めての脱走 »