« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月29日 (金)

海から観た12P

今日は朝が土砂降りの雨でした。予報では午後から晴れとなっていましたがとても信じられなく、日没近くになっても雲は取れません。しかし日没後急速に雲がなくなり快晴になりました。でもカメラを忘れてきました。職場には冷却のEOS 60Dがあります。レンズはというと標準ズームしかありません。タイマースイッチもなくただのケーブルスイッチです。これで撮るしかありません。

202403291_20240330004701

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8(75mm/F3.5)、Astro 60D(常温)、30秒×17枚、CD-1でノータッチガイド、トリミング、その他のデータ省略

安物レンズの上にピンぼけでしたがBlurXTerminatorに救われました。撮影時はいい加減になりました。いけないですね。

黄砂がせまっているようですが、まだ来ていないようです。でも透明度は悪い。それでも双眼鏡では確認できました。

せっかくなので一枚だけ帰り際に広角で撮ってみました。

202403292

中央に12Pが確認できますが、木星はぼやけています。透明度悪いですね。木星に伸びている光芒は黄道光なのかどうか。

ここは四ツ郷屋浜。これを撮っている間、車が1台通り過ぎていきました。よくアベ○ク(死語)の車がいるので特に珍しくはないのですが帰り際に横を通ったら、望遠鏡が見えました。TAKAHASHIっぽかったです。同業者をここで見るのは初めてです。ヘッドライト浴びせちゃってすみません。もしここを見ていたとしたらこの場を借りてお詫び申し上げます。

| | コメント (4)

2024年3月27日 (水)

12PとM33

今日は夕方から晴れてきました。だいぶ低くなりましたが、ボン・ブルックス彗星(12P)を撮りに郊外に出てみました。少し遠くなりましたが、EOS 60Dと135mmでM33と一緒に入れてみました。

202403272 

Askar FMA135(口径30mm、焦点距離135mm、F4.5)、EOS 60D(ノーマル)、2分×3枚、CD-1でノータッチガイド、その他のデータ省略

なかなか画像処理がうまく行かず苦労しました。超低空ですからね。黄道光の中に入っていたのも原因かもしれません。

220mmでも撮ってみました。

202403271 

コ・ボーグ36ED(口径36mm、焦点距離220mm、F6.1)、EOS 60D(ノーマル)、2分×3枚、CD-1でノータッチガイド、トリミング、その他のデータ省略

地平に近い対象は上を天頂にするようにしています。全然フラットが合わず、仕上げは適当です。ここまで低空だとどんなに頑張ってもきれいになりません。センサーのゴミも多かったし、久しぶりのデジタル一眼での撮影でしたが、勘が戻りません。

今日は双眼鏡で確認ができました。裸眼では見えませんでした。今まで撮れなかった分、晴れればできるだけ撮ってみようと思います。

| | コメント (4)

2024年3月24日 (日)

ようやく12P

ようやくボン・ブルックス彗星(12P)を撮ることができました。

202403241

miniBORG 60ED+0.85レデューサー(約298mm)、ASI-1600MC COOL(-10℃)、GAIN 100、10秒x20枚コンポジット、EQ6PRO、ノータッチガイド、PixInsight、Photoshop CS6で画像処理、ダーク・フラット、トリミング

透明度は悪いし、満月前の月はあるし、低空だし、条件は悪いですがなんとか記念撮影できました。天気が悪くて全くチャンスがありませんでしたが、たまたま日曜日で夕ご飯前に速攻で機材を出しわずか10分ほどで撮影。こういうとき自宅撮影で赤道儀出しっ放しというのは便利です。M33が近くにあったようですが、もう少し短焦点にすれば入ったかも。ちょっと惜しかったです。4月10日は月齢1の月と並びます。是非とも晴れて欲しいものです。

| | コメント (2)

2024年3月20日 (水)

NGC3521

16日は月が出る前にこれも撮っていました。

しし座の銀河、NGC3521です。

202403062

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI533MM Pro(約-10℃)、NINA、LRGB合成(IR GAIN100 450秒×8枚 ビニング1)、(R GAIN100 450秒×4枚 ビニング1)、(G GAIN100 450秒×4枚 ビニング1) 、(B GAIN100 450秒×5枚 ビニング1)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、PixInsight、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

月が明るかったのでLの代わりにIR720を使っています。なかなかに苦労しました。割と撮りやすい位置にあるのですが、最もベストな南中時に電柱に引っかかってガイドミスです。電柱通過を待って再度導入。ただし上下反転です。しかしPixinsightのWBPPが優秀で、なにも考えずともそろえてくれます。周辺の淡い部分が不規則でカブリ処理の失敗かと思いましたが実際にこんな形のようです。月夜でしたし、枚数が少なすぎですが、ちゃんと撮れば結構面白い対象のようです。

春分の日だというのに雪が舞っています。今年は史上2番目の暖冬とか言いながら暖かいという気がしません。なんだかんだ言いながら最後には帳尻を合わせているのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

幻のM102~NGC5866~

16日の土曜日は久しぶりにちょっとだけ晴れました。しかし月があります。1時に沈みますのでそれから撮影しました。

りゅう座の銀河、NGC5866です。

202403161

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI533MM Pro(約-10℃)、NINA、LRGB合成(L GAIN100 450秒×16枚 ビニング1)、(R GAIN100 450秒×4枚 ビニング1)、(G GAIN100 450秒×5枚 ビニング1) 、(B GAIN100 450秒×4枚 ビニング1)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、PixInsight、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

中央の暗黒帯がソンブレロ銀河を思わせます。この銀河を探すとき、NGC5866で探したのですが、ステラナビゲーターでは同じ場所をM102が示しています。メシエ天体なのにあんまり聞かないなあ、と思ったらM102であるかどうかはっきりしていないそうです。メシエカタログに示された場所にはそれらしい天体がなく、いろんな説がある中でこのNGC5866が一番近いので、それではないかと言われているとか。真相は、まさにディープスカイの中です。

| | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

春の嵐

今日は晴れているのに強風が吹き荒れ透明度がすごく悪い。黄砂かと思いましたがそうではないようです。郊外の砂丘地に行ってみましたらこんな感じ。

Img_2271

原因はこの砂嵐のせいなんですかね。しかしさすがに砂が飛ぶようなところでもない、内陸の方や海の上でも視界が悪いのでそれはまた別の原因でしょうか。

Img_2273

黄砂なら夕焼けが黄色になります。普通です。たまに真っ白な夕日のこともありますが、それはまた別の大気内物質なのでしょうか。

それにしても今年は晴れの日が少ない。冬とはいえ、もう少しは晴れていた気がします。春が近いというのに今年はなんとなく晴れに恵まれない気がしています。

| | コメント (4)

2024年3月14日 (木)

写真展に行ってきました2024

今日やっと新潟天文研究会(新天研)の写真展に行くことができました。去年までは実家が近くだったため、寄るついでに行くことができたのですが、もう実家に寄る必要がなくなってしまったので、行くきっかけは自分で作らなければなりません。

Dsc_1149

17時半頃です。ほかのお客さんが一人いましたが、その方が出ると私一人の貸し切り状態。会長のWさんが受付をしていました。ここ数年は常時いらっしゃるようです。私のことは覚えていてくださって、いつもありがとうございます、と声を掛けてくださいます。

今回は例年になく星景写真が多い印象です。美しい作品もたくさん。木立の間に輝くオリオンの写真がありました。観た瞬間、あそこか、と思って解説を見たらそうでした。私も数年前に撮ったところです。特に有名撮影地ではありませんが、木立の雰囲気だけでわかるものです。

一通り観た後、会長さんと少しお話をしました。お土産に絵はがきと会長さんのポスターをいただきました。私の職場の壁は会長さんのポスターで埋まっています。19日まで開催。まだ行かれていない方はこの週末に是非。

| | コメント (0)

2024年3月 7日 (木)

そういえば今日から写真展

うっかり忘れていましたが、今日から恒例、新潟天文研究会(新天研)の写真展が開催です。

500

ポスターの写真は新天研のホームページより拝借しました。

19日まで。場所はいつもの中央区姥ヶ山アークオアシスです(新潟市民には亀田のムサシと言った方がいいかも)。美しい写真をご堪能ください。会長さんとお話されるのもいいかも。

私はこのところ公私でバタバタしており、行ける日がはっきりわかりません。人の波も途絶えた平日の夕方になるでしょう。

| | コメント (2)

2024年3月 1日 (金)

二人目の孫か

うちの孫のカテゴリを作っておきながらほとんど記事を載せていません。そんな間にもすくすくと育ち、自立歩行するまでになりました。

 

Img_2262

孫のみならず、あんまり家族に関する記事は載せたくないのです。旅行記にはちょっと載りますが、まああれは自分のための日記なので。

とか言っているうちに、なんと二人目の孫ができた宣言。ようやく人並みのおじいちゃんに近づいてきた気分です。秋には中国に単身赴任している次男も帰ってくるし、そうしたらまたボコボコと増えるかもしれません。うれしい反面、懐具合も気になるのであります。

| | コメント (2)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »