« 撮り初めのM42 | トップページ | 同じ黒姫山でも »

2024年1月15日 (月)

GraXpertをPixInsightから使う

このところ、GraXpertというカブリ補正ソフトが大人気です。高性能なのに無料ですのでその理由がうかがえます。しかし、スタンドアロンで動作するので画像処理ソフトから一旦吐き出さないと使えません。そのために行ったり来たりするのも不便です。と思っていたところ、PixInsightに組み込んで直接GraXpertを呼び出すことができるという情報を聞きました。やってみようと調べたのですが、本家のサイトには書いてありません。日本のサイトにはほとんど情報がありません。Youtubeに海外の方がアップした動画がいくつかありますが、肝心なところがよくわからない。そもそも動画の解説って冗長な情報が多くて本当に知りたいことにはなかなかたどり着けないのであまり好きではありません。それでもその動画や、いくつかのフォーラムを眺めていたらようやくわかりました。簡単にまとめてみましたのでご紹介します。ただしWindows版です。すでに皆さん知っているであろう知識は割愛しています。

GraXpertの最新版をダウンロードしてインストールします。
PixInsightを起動します。
RESOURCEメニュー → Update → Manage Repositories を開きます。
Addボタンを押し、URL欄に下記URLを入力します。
https://www.ideviceapps.de/PixInsight/Utilities/
OKで戻ったら、RESOURCEメニュー → Update → Check for updates を開きます。
Applyボタンを押し、組み込みます。
完了したらPixInsightを再起動してアップデートします。
SCRIPTメニューのToolBoxにGraXpertが入っていますので呼び出します。
最初の一回だけGraXpert本体へのパスを設定する必要があります。
スパナマークを押すとダイアログが現れますが、ここではNoを押します。
GraXpertの本体を指定します。通常は下記のフォルダにあります。
C:\Users\個人フォルダ名\AppData\Local\Programs\GraXpert
これでPixInsightからGraXpertが利用できるようになりました。

さっそく過去画像で効果を試してみました。

N891

光害カブリとも言えない変なカブリで、DBEとかではなかなか取れず苦労したものですが、クリック一発でここまで改善しました。スタンドアロン版よりはパラメーターも少なく、AIに任せるしかできませんが、面倒くさがりな私には十分な性能です。春の銀河まつりに早く活用したいですね。

|

« 撮り初めのM42 | トップページ | 同じ黒姫山でも »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

GraXpertのPI版インストールにあたりこちらの情報で大変助かりました。ありがとうございます。

投稿: ノリヅカ | 2024年1月19日 (金) 23時32分

ノリヅカさん
この記事が役に立ててうれしいです。
組み込めるという情報はちらほら目にしていても、具体的なやり方になかなかたどりつけませんでした。
詳しく丁寧に書くことは苦手なので簡単ではありますが、ヒントになったようでよかったです。
こちらこそご覧いただきどうもありがとうございました。

投稿: まるひ | 2024年1月20日 (土) 23時10分

大変参考になります。
出来ればもう一つご教授願いたいことがあります。

説明通りに進めたのですが下記のところでつまずいています。

 >>SCRIPTメニューのToolBoxにGraXpertが入っていますので呼び出します。

SCRIPTメニューに「ToolBox」の項目が見当たりません。
何か原因に心当たりはありますでしょうか?

PixInsight、GraXpertともに2024年3月4日時点でWIN版の一番新しいバージョンをインストールしてあります。

宜しくお願い致します。

投稿: ヒデアキ | 2024年3月 4日 (月) 15時13分

ヒデアキさん
コメントありがとうございます。
私もよくはわからないのですが、とうやら「ToolBox」はここのサイトが供給しているようです。
https://www.ideviceapps.de/
その中のいくつかあるSCRIPTのひとつにGraXpert scriptがあり、これは特にGraXpertをインストールしていなくても現れます(しかしインストールされていなければ機能しません)。
私の記事とだいたい同じ事が描いてありますが、下記サイトを参考にもう一度PixInsight Toolboxを組み込んでみてはいかがでしょうか。
https://www.ideviceapps.de/pixinsight-toolbox.html
よろしくお願いします。

投稿: まるひ | 2024年3月 4日 (月) 19時05分

お忙しいところアドバイスに感謝です。
全てに不慣れでお恥ずかしい限りです。
もう一度ゆっくり読みながら試してみたいと思います。

投稿: ヒデアキ | 2024年3月 6日 (水) 10時02分

上記の問題について、こんな書き込みを見つけたので貼っておきます。

thats unfortunately a known issue. When this happens pls. do the following:
1) Open SCRIPT
2) Click on Feature Scripts
3) Click on Add
4) Navigate to where the scripts folder is located (PixInsight/src/scripts)
5) Click on the scripts folder and then click the Select Folder button.
6) After additional scripts are found, click OK. Then click on Done.
7) The Toolbox should now be visible when SCRIPT is opened.

ご参考に

投稿: まるひ | 2024年4月 3日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮り初めのM42 | トップページ | 同じ黒姫山でも »