« 星空の世界展のチケットを買いました | トップページ | 狐の毛皮星雲 »

2023年12月 4日 (月)

海に出てみた

低緯度オーロラを狙ったわけではありませんが、久々にこんな写真を撮ってみました。

202312041

夕方北区に用事で、18時頃終わりました。もしかしたら夕方晴れるかもという期待を込めて機材を準備してきました。ほんのちょっと前までは雲が多かったのですが、まさかの快晴。さっそく海に出てみました。ここは東港のちょっと向こうの次第浜。日没後の西の対象を撮るとき良く行くところです。波も少し高く気温も3℃ですごく寒いのですが、人の気配がします。星屋でもなさそうだし、釣りをする天気でもありません。話し声も聞こえますが、暗くて一人なのか二人なのかもわからない。もっと距離を取ろうと思ったのですが、大きな水たまりがあって行けないのでしかたなく20mくらい離れて機材を出しました。すごく寒いのに動こうとする気配がありません。私は30分くらいいましたが、私が帰る頃もまだいました。いったいなんの目的で来ていたのでしょう。謎です。

|

« 星空の世界展のチケットを買いました | トップページ | 狐の毛皮星雲 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

オーロラを見に来たわけではないですよね。

投稿: skame | 2023年12月 5日 (火) 07時22分

今ネットのニュースを見たら、中国でオーロラが見られたそうです。
写真を見ると下方経過を過ぎた北斗のあたりまで赤い光が写っているので、もう少し遅い時間帯なら、まるひさんのカメラに写ったかもしれません。

投稿: | 2023年12月 5日 (火) 07時30分

昨晩は、まさかの快晴でしたね!低空まで良く晴れていて星の軌跡が殆ど海との境界まで見えているのではないでしょうか。

夜の浜はいろんな人がいて、ちょっと怖いです。

私も快晴に誘われて機材を出しました。20時過ぎに一旦雲に覆われて諦めようかと思ったのですが、ひまわりの画像を信じて粘ったら、22時頃からは雲の通過はあるものの結構良い空でした。月は明るかったですけどね・・・

投稿: tantan | 2023年12月 5日 (火) 11時45分

skameさん
さすがにいつ出るかわからないものをわざわざ寒い目をして見にいくのはちょっと・・・
でもちょうど出ていたのですね。中国は広いですから緯度的にどのへんなんでしょうね。
肉眼では見れなくても、写真には写ることもありそうなので大きな磁気嵐が起こったときは積極的に撮りに行きたいです。
真北のあたりはぼんやりしていますが、あれがそうだったりして。でも方角的に粟島の明かりですかね。

投稿: まるひ | 2023年12月 5日 (火) 22時56分

tantanさん
さすがにこの貴重な晴れ間を逃しませんでしたね。私も帰ってからなにか撮ろうと思ったのですが、雲も多いし機材を出す元気がありませんでした。
冬前に撮りたい対象はいっぱいあるのですが。
でも月があってもあれだけ写るのでしたら十分過ぎると思います。トールの兜も一度は撮ってみたいのですが、低すぎてうちからは難物です。M42もちょうど電線に沿うように移動するので難物のひとつです。ここ数年M42はまともに撮ったことがありません。

投稿: まるひ | 2023年12月 5日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星空の世界展のチケットを買いました | トップページ | 狐の毛皮星雲 »