« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月30日 (日)

内合に近づく金星

アップした日は2日過ぎていますが、日付は撮影当日にしました。7月30日の金星です。

カラーです。

202307031

こっちはモノクロ。でもIRパスフィルター付けています。

2023073022

Edge HD800、直焦点(2000mm)、カラーはASI290MC、モノクロはASI290MM(IRパスフィルター)

もう日没後に観ることは難しくなりました。内合近くの金星は昼に撮ることにしています。前日に機材を出しておいて簡単にアライメントしておきます。ファインダーでは見つけられるので導入は比較的簡単です。シーイングは比較的良かったようです。日語没後だとたぶんもっと悪いんでしょうね。今年の内合は割と太陽から離れています。余裕で撮影できそうですが天候次第です。あと、お盆と重なるので趣味を優先できるかどうか・・・

| | コメント (0)

2023年7月28日 (金)

チューリップ星雲

今回の撮影でとりあえず第一弾はチューリップ星雲(Sh2-101)です。

※画像を入れ替えました。

202307222

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm) 、ASI533MM Pro(約-10℃)、撮像ソフトNINA、S(GAIN100 450秒×6枚 ビニング1)、 A(GAIN100 450秒×8枚 ビニング1)、O(GAIN100 450秒×8枚 ビニング1)、ZWO EAFでオートフォーカス、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ 、PHD2 Guiding、PixInsght 、Photoshop CS6 で画像処理、ダーク・フラットあり

色は何色にしていいかわからないので適当です。青成分のある対象はなるべく青くするのが好きです。よく作例で見かける星雲ですが、実はどこにあるのか全然知りませんでした。たまたま調べたらはくちょう座の天の川の真ん中にあり、写しやすいところにあったので取ってみました。よく写ります。このカメラと焦点距離にぴったりです。

これは先週22日に撮ったものです。一週間たちますがあれからずっと機材を出しっぱなしです。フラットも撮れなかったのでこのままだと素材が貯まる一方です。そろそろ限界なので今日フラット撮影用の白いフィルムをかぶせ、日没後に職場からリモートでフラット撮りました。まだ5対象残っています。今も撮影中なのでまだまだ増えます。いつになったらこの晴天が終わるのでしょう。

| | コメント (2)

2023年7月26日 (水)

晴れすぎて困る

毎日暑いです。よく晴れています。透明度も比較的良さそうなので海まで出てみました。

Img_0830

大きな黒点が出ています。

あまりグリーンになる気配はなかったのですが、沈む直前緑になった気がします。

Img_0836

ファインダー越しのほうがはっきりと緑になりました。写真ではさほどでもない感じ。これをグリーンフラッシュとするかは悩むところです。私的には認定しないかな。

梅雨が明けてから晴れ続きです。22日から晴れていますから、もう5日連続です。雨が降る気配もないので機材は出しっ放し。ただ、日没後は少し雲があるので、それが取れる22時頃から撮影を開始します。ちょうど月も沈む頃だし、5時間くらい撮影できます。今も撮影中。困るのは画像処理ができないこと。基本的にフラットは使い回ししないことにしているので毎回撮っています。でも機材を下ろすのが面倒なのと、こんなこと滅多にないので撮影を優先しているため、まだフラット撮っていません。素材は貯まる一方です。まだまだ晴れは続きそうです。満月に近くなっていますが、ナローだと月も関係なく撮れちゃうことも問題。遠征するわけでもないのでいくら晴れてもいいんですが、一日くらい雨が来ることを願っています。

| | コメント (2)

2023年7月21日 (金)

三日月・金星

梅雨は明けたようですが、なかなかすっきりしません。湿度が高くもやもやしています。まあ、それでもしばらくなんにも撮っていなかったので望遠鏡とカメラを持って海に出てみました。水平近くは雲があって日没は撮れませんでした。それでも日が沈んだ後に月と金星が見えてきました。

miniBORG 60ED(960mm)、EOS 60D、ノートリミング

202307211

まだ薄明が残る感を出してみました。

こちらは金星。

202307212

これもノートリミングです。内合近いとは言え、このままだとちっちゃい。

ピクセル等倍でトリミングしてみました。

202307213

三日月とおんなじような位相です。なお、これらは皆、上を天頂にしてあります。

水星も見えているはずですが、確認できませんでした。-0.9等なら見えても良さそうですが、低空なのと薄雲だからでしょうか。昨日は月と金星と水星がいい位置にいたので撮れば良かったです。透明度もまあまあだったのに惜しいことしました。

夜は撮影しようかどうしようか迷う空です。21時頃までは雲がありましたがその後はなくなりました。しかし予報は良くないし、なによりも機材出すのがめんどくさい。止めました。年々おっくうになっていきます。

| | コメント (0)

2023年7月18日 (火)

異世界?タイプスリップ?

次に行ったところはスタジオセディック庄内オープンセット

Img_1865_r

時代劇の撮影に使われるオープンセットです。一度来てみたかったところですが、家族はだれも興味がないので、近くを通っても来る機会はありませんでした。ようやく今回念願叶いました。中は広く、バスもあるのですが、すべて歩くことにしました。所要時間は約2時間。

ここは宿場町エリア

Img_1881_r

休日なのに私以外、人を見ることはありません。この異世界に迷い込んだ感がたまりません。大学時代の友人で作るLINEグループできさらぎ駅ごっこをしました。写真とそれっぽいコメントを送ったら一人だけが意図をわかってくれたようでうれしかったです。

これは戦国大手門

Img_1888_r

タイプスリップしたと言ったら信じる人もいそうですが、これでだいたいの人は映画のロケセットかなあ、と気がついたようです。

農村エリア。広大な田園風景がいきなり広がります。まさに日本の原風景

Img_1894_r

向こうに見えるのは映画版おしんの撮影に使われた家です。

ここは漁村エリア。

Img_1914_r

道の向こうに海があるイメージです。山の中なんですけど、本当にそんな感じがします。

はずれには時代劇っぽくない欧風の建物

Img_1919_r

南フランスの民家だそうです。

中にはそれっぽい調度品が。

Img_1922_r

これはなんにも撮影には使われなかったそう。途中で企画倒れになって使うことのないまま建物だけが残ったとのこと。映画の撮影にはよくあることらしいです。

出口にはこんな現代風の建物も

Img_1932_r

おくりびとに出てくる銭湯です。元からここにあったわけではなく移設してきたそうです。

結構たくさんの映画が撮られているようですが、実を言うとこの手の映画は私はあまり関心がなく、ほとんど観ていません。でも世界観は楽しめました。いくつかは知っている映画もあるのでAmazon Primeで探して観てみようと思います。

今回の一人ドライブは往復380km。歩きも多く、体力的には結構ハードでした。ここは月山の麓なのですが、月山には8合目の1400mまで車で登れるようです。山岳ドライブが好きな私としてはぜひ来年来てみたい。でももう歳だし、行けるかなあ・・・

| | コメント (4)

2023年7月17日 (月)

海の日だから笹川流れへ

7月17日は海の日。年に一度の恒例一人ドライブの日です。今回は北へ。

ここは笹川流れ

Img_1850_r

昔なら海水浴客の車で大渋滞なのですが、今はレジャーも多様化か、純粋に海水浴している人はほぼいません。みんなキャンプです。昔泊まったことのある民宿ももう場所すらわからなくなっていました。

せっかくなので観光施設に立ち寄ります。ここから遊覧船が出ています。

Img_1854_r

岩牡蠣を食べました。

Img_1853_r

大きいのなら1個で千円くらいですが、これは小ぶりなので2個で千円。二口で食べてしまいます。そう考えるとコスパの悪い食べ物ですね。

寝屋の海岸で鉾立岩と粟島をバックに。

Img_1856_r

子供の頃、おばあちゃんの実家がここにあったので、あの鉾立岩の下で泳いだものでした。今はも漁港化して遊泳禁止です。

さらに北へ。山形県に入り、月山の麓まで来ました。立派な観光施設があったので立ち寄ってみましたが、やってる気配なし。トイレだけは開放してあったのでお借りしました。

Img_1857_r

レストランだったみたいです。私はこの脇の木陰の下で高原の風に吹かれながらおにぎりを食べました。何台もの車が入ってきては帰って行きました。

月山高原牧場を一回りしてみました。

Img_1863_r

牛がのんびりと草を食んでいます。山羊は暑いのは木陰の下でじっとしていました。

何か見たことのある風景。

Img_1860_r

Windows XPの壁紙ではないですか。

明日に続きます。

| | コメント (2)

2023年7月14日 (金)

便利なFitsView

今まで画像フォーマットをFitsでなく、TIFFにしていた理由のひとつが、パソコンで気軽に開けるビュワーがなかったことなのですが、いろいろ探してみて自分に一番ぴったりなのがやっと見つかりました。ASIFitsViewです。

20230714-234327

これはZWOの製品のためのASIStudioという、撮影からオートフォーカスまで、簡易でありながら多機能を備えた統合型天体撮影ソフトに入っているひとつの機能です。ZWOのウェブサイトから無料でダウンロードできます。様々な機能についてはここでは述べませんが、この中にASIFitsViewがあります。ASIStudioをインストールするとFitsファイルがデフォルトでASIFitsViewに関連づけられます。Fitsファイルをダブルクリックするだけで素早く開くことができます。自動的にストレッチもしてくれますので写っているものをすぐに確認できます。さくさく動くし、かなり便利。機能は少ないですが、プレビューだけできればいいので十分です。Windows標準のフォトビューアー並の手軽さで、こういうのを求めていました。ASIStudioのほかの機能は使わないのですが、単独でASIFitsViewだけをインストールすることはできないようです。プログラムの中からASIFitsViewの実行ファイルのショートカットをデスクトップ上に作りました。Fitsファイルにプレビューアイコンをくっつけてくれればいいのですが、それは贅沢というものでしょう。ともかくこれで今後はストレスなくFitsファイルを扱えそうです。

| | コメント (0)

2023年7月 9日 (日)

ヒマなので再処理

ずっと雨続きで星関係はなんにもできなくてヒマなので過去画像を再処理してみました。元の画像はこちら

202208284_20230710232801

データは元のページを参照。変わった感を出すために画像を回転させて俯瞰してるみたいにしてみました。

今持てる画像処理ツールをみんな使ってみました。ノイズ処理かけ過ぎか、ちょっとのっぺりしてしまいました。色だけはどうしてもパープルさが抜けません(パープル成分抜いてみました)。本当はもっと青っぽくしたいのですができません。まあ、これはこれでカラフルなのでいいことにします。新月期に向かっていますが、しばらく撮影できそうな様子はありません。

| | コメント (0)

2023年7月 6日 (木)

季節外れの黄砂

昨日のニュースで、今日6日黄砂が来るかもしれないとのこと。その場合は7月としては観測史上初だそうです。

今日の夕方です。

Img_1832

Img_1839

Img_1840

いつもの夕焼けと違って黄色が鮮やかです。黄砂のようです。いろいろ害を及ぼすやっかいものですが、夕焼けは美しく彩ってくれます。

| | コメント (2)

2023年7月 4日 (火)

シーイング超悪し

今日は梅雨の晴れ間。また明日からはしばらく晴れは望めそうにないので変化の忙しい金星を撮ってみました。

20230704

シーイングがものすごく悪い。大荒れの海の底を眺めているようです。一万枚撮って10%をスタックしてみました。こんなものでしょうか。形の記録だけできただけでもよしとしたいと思います。

このあと、カメラを組み替えてナローでなにか撮ろうかと思いましたがやや雲があるし、なんとなくすっきりしない空。GPVの予報も良くないし、めんどくさい思いをして組み替えて撮れなかったら悲しいので撤収しました。22時頃みたら雲はなくなっています。やっぱり撮れば良かったかなとちょっと後悔。

| | コメント (2)

2023年7月 1日 (土)

使い方が違う

うちの猫がこんな遊びにはまっています。

Img_1825

丸い段ボールの溝にはまっているボールをツメで引っかけて取り出すゲームなのですが、いつからかこんな風に咬みちぎり始めました。

それ、遊び方が違うんですが。

Img_1827

ついにはぐるぐる巻きに巻いてある段ボールまでほどき始めました。

Img_1830

まあ、これはこれで面白いのならやらせておきます。ほかの家の中のものにはあまり手を出しません。人間が叱らなければいいのだと思っているみたいです。それはそれで賢いのかもしれません。もうすぐ原型をとどめなくなると思いますが、そうしたらまた買ってあげようと思います。

| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »