« M101超新星 | トップページ | M57の広がり »

2023年5月27日 (土)

保護ガラス交換

こんなものが海外から届きました。

Img_1661_r

中身は

Img_1662_r

CMOSカメラの保護ガラスでした。

Img_1663_r

ちっちゃ。こんなものが海を渡ってきたんですね。本体$16ですが、送料が$30。日本で手に入らないので仕方ありません。

なんでこんなもの買ったかというと、CMOSカメラASI290MCをショートノーズピースに交換したのですが、その時にセンサーと保護ガラスの間に埃が入り込んでしまい、クリーニングしようと何度も悪銭苦闘しました。しかし素人の悲しさでますます悪化して、ついには保護ガラスに傷が付いてしまいました。もうガラスを交換するか買い換えるしかないのですが、ガラスだけが購入できることを知り取り寄せたという次第です。失敗は許されないので、まずなるべく埃が立たない環境で分解。センサーはクリーニング棒(ペンタ棒)で慎重にゴミを取り除きます。望遠鏡に付けてゴミの様子を見ながら、何度目かにほぼセンサー側に付いていないことを確認し、埃が落ちないよう逆さまに置いて、届いた保護ガラスを慎重にかつ迅速にセンサーにかぶせます。すかさずノーズピースを取り付け望遠鏡に付けて確認。おお、ほぼゴミはなくなりました、これでようやく実用になります。

交換したASI290MC。

Img_1664_r

ってか外観はなんにも変わりませんけどね。交換前後のゴミの様子を記録すればよかったですが、あまりに緊張して取る余裕がありませんでした。

電子観望とか、惑星撮影に使いますが、ゴミのせいで前回の木星、土星、火星シーズンはまったく撮りませんでした。そろそろ金星が好機になるのでやっと出番がありそうです。

|

« M101超新星 | トップページ | M57の広がり »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M101超新星 | トップページ | M57の広がり »