« 私が欲しい!本当だったらね | トップページ | 長い猫 »

2021年4月21日 (水)

フルサイズの画角

こんなものが届きました。

Img_1354_r

EOS 5D Mark IIのケーブルスイッチでした。

Img_1355_r

EOS 60Dのケーブルスイッチが使えるかと思ったらコネクタが違う。メディアもコンパクトフラッシュだし、唯一共通で使えるのがバッテリー。最も互換性がなさそうなものがあって、ありそうなものがない、コンパクトフラッシュは昔EOS Kiss Digitalで使っていた2GBのカードがありました。ケーブルスイッチだけは買わなきゃならない。しかしケチって買ったボディにこれ以上お金かけたくない。純正はもちろん買えないし、アマゾンは1,000~2,000円くらい。それでもなんとなくもったいない気分。オークション探したら激安品がありました。290円!送料入れても430円。早速ポチりました。シャッター切るのには問題ないです。まあ、撮るのは月だし、このまま使ってもいいのですが、どうせならこれで星景も撮ってみたいと欲が出るのが人情。そこで2つ持ってる60D用のタイマースイッチの一つを5D Mark IIに使えるように改造しました。

Img_1356_r

分解してケーブルだけ外して半田付けしました。結線図はネットに出ていました。ちゃんと切れます。ちなみにこのタイマー、設定が少しわかりにくい。よくあるタイマーの設定の仕方はバルブの時間と、次の撮影までの空白時間を設定しますが、これはバルブの時間と、撮影を開始した時刻から次の撮影を開始する時刻までの時間を設定します。つまり、バルブが60秒で、空白が2秒だとしたら、62秒を設定します。初めはわかりにくかったですが、正確なインターバル時間を設定できるので、ある意味理にかなっていると思います。星景写真とかではどっちでもあまり関係ありませんが。

早速月を撮ってみました。HD800に0.7倍レデューサーを付けて1400mmです。ノートリミング。

EOS 5D Mark II

5dm2

これならスーパームーンでも楽勝です。もしかしたらレデューサー付けないで2000mmでもいけるかもしれません。

EOS 60D

60d

スーパームーンだと危ない。ちょっと視野がずれただけではみ出してしまいそうです。

月食に向けての準備は着々と進んでいます。これで晴れなかったらお笑いですが。

|

« 私が欲しい!本当だったらね | トップページ | 長い猫 »

機材」カテゴリの記事

月・太陽」カテゴリの記事

コメント

欲張って対象を画角ギリギリにすると、少しのガイドエラーでせわしなく修正しないといけないですものね。
やはり、月食は長いのでユックリと観望もしたいですし。
このくらいが丁度良いのではないでしょうか。
口径200㎜の解像度。
素晴らしい写真が期待できそうです。
月食、楽しみですよね。

投稿: ecl | 2021年4月22日 (木) 23時01分

画角だけで言えば、60EDにエクステンダー付けても同じ効果が得られますが、やっぱり20cmという口径で撮りたいんですよね。R200SSという手もありますが、どうもニュートンは使い慣れないのでトラブルが怖いです。次の満月でリハーサルしたいと思います。
2014年の皆既月食は美しかったです。あの透明感は光害地では見られないと思います。月食といえども遠征して暗いところで見るつもりです。

投稿: まるひ | 2021年4月22日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が欲しい!本当だったらね | トップページ | 長い猫 »