« M82のジェット | トップページ | 淡いけどなんとかなる »

2021年3月 7日 (日)

N.I.N.Aを入れてみたのですが

天体写真マニアの間で人気が高まっている・・・ようなフリーで高機能、使いやすいと言われている統合撮像ソフト、N.I.N.Aを入れてみました。実は入れるのは2回目。数ヶ月前にも一度入れてみてあまりよく使えなくて結局アンインストールしたのですが。NINA忘れられない・・・もう一度入れてみました。なんとかカメラも認識し、ASCOMも動くところまで行き、PHD2とも連携でき、ちょうど夜晴れたのでテストしてみました。しかしなぜかライブビューができない。撮像しても転送でエラーが出る。結局撮影した画像を見ることはできませんでした。そういえば前回もそんな理由で使えないと思って辞めたのでした。どこかやり方が悪いのか、うちのシステムでは対応しないのか。まあ、そうでなくても導入はどうするのかとか、露出が1秒からでしか設定できず、GAINもスライダーでないので上限と下限がわからないとか、不便はいっぱいあります。どうも私には使えそうにありません。ドームのコントロールとか、フォーカサーとか、リモート天文台向けに作られたソフトのようです。結局私には使い慣れたステラナビゲータとPHD2と、SharpCapが身の丈にあっているようです。

前半薄雲がちの空でしたが、後半はよくなってきました。でもちょっとした家族会議があったので撮影に身が入らず、なんとなく導入してライブスタックで放置しておいた、かに星雲だけが成果?140フレーム、露出1時間越えの大作?です。ただしLのみ。

Stack_32bits_140frames_3906s

|

« M82のジェット | トップページ | 淡いけどなんとかなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私のブログにも顛末を書きましたが、昨晩NINAでの撮影に成功しました。NINAを起動するときに右下にCanonの○○と表示されますが、Canonのカメラに限った事ではないかもしれないと思い、常駐しているEOSUtilityを終了してみたら、あっけなく撮像データをダウンロード出来ました。動作も一晩中安定していたので、私の場合はこれが原因という事でお知らせします。

Sh2-240見事に写りましたね。これは本当に淡いです。

投稿: tantan | 2021年3月 9日 (火) 08時48分

tantanさん
情報ありがとうございます。私のPCにもEOSUtilityは入っています。でも見たら常駐されていません。う〜んなぜだろう・・・いろいろいじっていたら単に表示ウィンドウを切り替えていなかっただけのようでした。撮像ウィンドウに出るわけではなく、画像ウィンドウを見なければならないのですね。転送もできているようです。しかしこの間は確かにエラーが出ていたのですが、なぜだったのでしょう。
少し光が見えてきたので、もう少しやってみます。
Sh2-240は昔、tantanさんとご一緒したときに写されていたのを見て初めて知りました。10年以上も前のことです。亀のごとくな歩みです。

投稿: まるひ | 2021年3月 9日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M82のジェット | トップページ | 淡いけどなんとかなる »