« 12年越しの合成 | トップページ | この子・・・ »

2021年2月 4日 (木)

天体カメラのダイナミックレンジ

先日晴れた日に撮影したものがもう一つ残っていました。

コーン星雲です。

202102011

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、ASI183MM Pro(約-15℃)、SharpCap、Hαのみ(GAIN200 450秒×9枚 ビニング2)、EQ6PRO、ガイド鏡Pencil Borg、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ9、、Photoshop CS6で画像処理

最後のほうは低空になったし、いつのまにか霜が降りていたのにも気がつかないで撮っていました。かなり強調したので背景は荒れ荒れです。

ちなみに強調しない前の撮って出しは

2021020112

ほとんどなにも見えませんね。初めての人は失敗だと思うに違いありません。これをひたすらレベルを切り詰めると星雲が浮かび上がってきます。すごいダイナミックレンジですね。私も最初はわからずに、撮って出し画像で星雲が見えるようにゲインを上げていました。そうすると簡単に飽和して真っ白に飛んでしまうんですよね。ゲインは極力低くし、画像処理の段階で持ち上げるのを知ったのはずっと後から。こういうのは誰も教えてくれませんし、カメラのマニュアルにも書いてありません。自分で見つけろ、ということなんですね。私はまだまだ手探り状態が続いています。

|

« 12年越しの合成 | トップページ | この子・・・ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12年越しの合成 | トップページ | この子・・・ »