« 月夜も上等 | トップページ | 天体カメラのダイナミックレンジ »

2021年2月 1日 (月)

12年越しの合成

ちょうど勾玉星雲が天頂近くにあったので撮ってみました。

202101315

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、ASI183MM Pro(約-15℃)、SharpCap、Hαのみ(GAIN200 450秒×10枚 ビニング2)、EQ6PRO、ガイド鏡Pencil Borg、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ9、、Photoshop CS6で画像処理

たしか電線通過を2回ほどしているのですが、ほとんど影響は見られません。多数枚コンポジットすれば電線通過はそれほど恐れずにすむのかもしれません。

勾玉のカラーはないかな、と自分のブログ内検索してみましたら一応同じような構図が見つかりました。きっちり12年前。数日に分けて撮ったものを合成というのはあるようですが、まさか12年前の画像とコンポジットするなんてのは私くらいではないでしょうか。

この画像を使いました。

202101316

カメラも光学系も全然違いますから、全く合いません。なんとなく色がついたという程度。それでもまあ面白いです。2度楽しめるので冬場のいい暇つぶしになります。

|

« 月夜も上等 | トップページ | 天体カメラのダイナミックレンジ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月夜も上等 | トップページ | 天体カメラのダイナミックレンジ »