« ノーパソが壊れました | トップページ | 秋桜・コスモス・COSMOS »

2020年10月13日 (火)

未来予想図

久しぶりに星ナビを買いました。お目当ては付録。

Img_1294

今後20年間に起こる天文現象が載ったカレンダーです。

こういうのが欲しかったです。月食がいつ起こるかとか、惑星の接近とか、ステラナビゲータで調べればわかるのでしょうが、やっぱり紙に書いてあるのを見るのが早いです。逆にここに書いてある現象をシミュレーションしてみるのもまた楽しみです。ぱっと見で興味を引いたのが、2020年代は日食が日本でほぼ見られないこと。これは意外でした。そう思えば今年6月の部分日食が見られたのはとてもラッキーと言わざるをえません。あとは近いうちに起こる現象で面白そうなのが2024年12月8日の土星食。これは我が家からでも十分見られるので楽しみです。ただ冬ですから晴れるかどうかが問題ですが。久しく見ていない水星日面経過は2032年までありません。結構頻繁かと思いましたがそうではないのですね。生涯で2回見ました。直近で見たのは2006年11月8日でした。もう見れないかもしれません。

20年後といえば、私は83歳です。生きていられるかは五分五分。少なくとも今と同じ星見スタイルができているとは思えません。モチベーションが残っていればいいのですが、歳取るとあらゆるものから興味が薄れていくといいますからね。星を眺める執着だけは最後まで残しておきたいです。

|

« ノーパソが壊れました | トップページ | 秋桜・コスモス・COSMOS »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

星ナビは定期購読していますが、東京からの荷物は数日の家庭検疫とばかりに、すぐには開封しません。
そんなことをしていると、結局開けないまま3冊がたまってしまいました。

2035の皆既日食まで15年ですね。
近場で見られる天文の花方現象。
是非、健康体で見て写真撮影したいと思っています。
天気予報と睨めっこしつつ、右往左往できる状態だったら幸せなのかも。
私の目標は次のハレーを見ることなのですが、100歳ちょっと前です。
望遠鏡なんてとても無理かもしれないですが、一緒に見ませんか。

投稿: ecl | 2020年10月14日 (水) 08時52分

イベントもの好きのeclさんにとって貴重な一冊になりそうですね。もう開封されたでしょうか。
今後しばらく部分日食ですらほとんどないので、次に見る日食はもしかしたら2035年になるかもしれませんね。2030年の金環日食も見てみたい。でも北海道ですので難しいかも。皆既なら絶対いくんでしょうけどね。
2012年の金環日食は前橋で見ました。2035年の皆既日食も前橋で見られるんですね。金環日食見ているとき、通りかかった人とお話をし、2035年にもここで皆既日食が見られるんですよ、といったら、じゃ23年後にまたここで会いましょう、とかいって分かれました。ちょっと夢のある会話を楽しみました。
次のハレー彗星は2061年ですか。私は生きていれば105歳です。万が一長生きしてしまったらぜひ一緒に見ましょう。

投稿: まるひ | 2020年10月15日 (木) 00時10分

20年後ですか 自分は81歳です 体力が落ちて重い機材は使え無いと思います 軽い望遠鏡と双眼鏡で星を見ているかな?と思います 20年はあっという間です 月明りが有っても透明度が良ければ 望遠鏡を出そうと思います あと月をもっと見たいと思います。

投稿: 月夜も星見 | 2020年10月15日 (木) 19時56分

月夜も星見さん
おお、私とほぼ同年代ですね。
私の父は93歳ですが、まだしっかりしています。その遺伝子を継いでいるのであれば私も長生きできるのでしょうか。ただ、あんまりアクティブ老人をアピールしたくないので、夜の趣味である星見を目立たないように細々とやっていくのが性に合っている気がします。
月とか惑星は光害があってもばっちり快晴でなくても楽しめますからいいですね。あんまり無理せず、その時見られる対象を見て楽しめればいいと思っています。

投稿: まるひ | 2020年10月16日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノーパソが壊れました | トップページ | 秋桜・コスモス・COSMOS »