« ボウズは免れました | トップページ | 清津峡へ行ってきました »

2020年10月20日 (火)

光軸の重要性

今日はよく晴れました。この秋最高の快晴かもしれません。まだ新月期ではありますので、惑星撮影なんかほっぽらかしてDeep Sky撮影に集中したいところですが、火星の大シルチスがこっちを向いている時期なのでやっぱり撮っておこうと望遠鏡を向けました。シーイングはあまりよくはありませんが最悪でもなさそう。像を見たらなんだかボケている。こんなものかなあ、と思いながらもいろいろいじっていて、たまたまピントが外れた像をみたら光軸がかなりずれているではないですか。土曜日の撮影の時、入念に合わせたつもりだったのですが、全く合っていません。どうりで星像も変だった訳です。あらたに合わせ直して撮りました。

2020102012

結構いいではないですか。私の中ではベストの部類です。

ちなみに合わせ直す前に撮ったものがこちら。

202010202

まるっきり違いますね。光軸が合っていないと全然解像度が落ちる、とはいいますが、いままであまり実感したことがありませんでした。大きな反省です。もしかしてこの数年間シュミカセの性能まったく生かしていなかったのかもしれません。合わせ方のコツも少しわかってきました。これからは毎回面倒がらず、必ず合わせて撮影に入ろうと思います。

10月26日


1枚目の写真を画像処理し直して入れ替えました。

|

« ボウズは免れました | トップページ | 清津峡へ行ってきました »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

昨夜は良い空でした。
最接近を過ぎてもまだ模様がはっきりしていて素晴らしいです。私は惑星と月の撮影はしないのですが、火星、木星、土星が一度に空にあるうちに観望くらいはしたいですが、庭に望遠鏡を出すのは熊が怖いです。

惑星撮影では反射望遠鏡の光軸調整が重要なのですね。これほど写りに差があるとは驚きました。星雲撮影しかしないので、せいぜい星が歪になる位にしか認識していませんでした。

投稿: tantan | 2020年10月21日 (水) 11時56分

tantanさん
惑星はシーズン中に撮っておかねば、という気持ちで撮っています。以前は惑星撮るにも機材を積んで視界のいいところまで行かなければ撮れませんでしたが、いまはいつでも撮れる環境にあるので晴れれば撮っています。でも毎回代わり映えしないのが悩みの種です。
最近は目が悪くなってきているので眼視はほとんどしません。まあ、眼視に使える接眼レンズを持っていないというのもあるのですが。やっぱり星雲、銀河の撮影のほうがおもしろいですね。
機材調整は苦手でいつも適当なところで済ませているのですが、いけないですね。ようやく光軸調整の重要さがわかってきたところです。遅過ぎますね。
クマは玄関先にも現れるようですからお気をつけください。

投稿: まるひ | 2020年10月21日 (水) 22時14分

良く映っていますね 眼視でこれだけみえたら楽しいですが(笑)20日は私の所もシーングが良く 10月で一番模様が見えました 。シュミット カセグレンは光軸のズレには寛容で光軸調整は不要と思っていました。 

投稿: 月夜も星見 | 2020年10月22日 (木) 13時55分

こんばんは。
私も20日は自宅で観測でした。
せっかくの火星の接近なので、火星に望遠鏡を向けてみました。今シーズン三度目です。惑星ファンの方済みません。
シーイングはまずまずだと思います。
眼視では、下の光軸調整前の写真をぼかした感じに見えました。小さいですが南極冠はよく見えました。子午線の湾のパイプが南の薄暗い模様に近く見ずらいと思いました。
以前見たときは子午線の湾がくっきり見えたような気がします。
年齢のせいか飛蚊現象で惑星面が見にくいです。

光軸調整に関しては私はあまり気にしていません。焦点内像外像が同心円のドーナツ状に見えればOKとしています。
それ以上に極限等級を稼げば良いという考えなので、
23.5センチで14等星が見えるので今のままで十分と割り切っています。


投稿: skame | 2020年10月22日 (木) 21時19分

月夜も星見さん
20日は日本全国よく晴れたようですね。私も眼視してみたいのですが、なにせよく見えません。老眼だけならピントで調整できるのかもしれませんが、乱視もあるので像が鮮明に見えません。子供のときのほうがよく見えた気がします。
ニュートン使っていた時は滅多に光軸を合わせることがなかったです。シュミカセもそのつもりであんまり合わせませんでした。像が変だったとしても最良の像を知らないためにそれが普通だと思っていました。ピントが合っているときよりピントがずれているほうが光軸があっていないことがよくわかる、というのも意外でした。

投稿: まるひ | 2020年10月22日 (木) 22時29分

skameさん
20日は火星観望でしたか。C9鏡筒でしたっけ。いつかC11くらいを買って惑星を見てみたいという気持ちもありますが、ほぼ眼視は無理と諦めています。私も飛蚊症で惑星面をちらちらと影が舞ってうるさいです。左は飛蚊症でないのですが、利き目でないので見辛いです。やっぱりせっかくの大シルチス正面ですから見ておきたいです。もう2〜3日がチャンスでしょうか。晴れないですかね。
この日は成形を失敗したドーナツに見えてかなりずれていました。時間をかけて合わせ、しっかり固定すればいいのでしょうが、毎回合わせるつもりでいると、面倒なのでゆるく締めてしまって、逆に簡単にずれてしまうという悪循環に陥っています。

投稿: まるひ | 2020年10月22日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボウズは免れました | トップページ | 清津峡へ行ってきました »