« 微妙に県をまたぎました | トップページ | 睡魔に負ける »

2020年8月26日 (水)

夏の惑星状星雲二体

1週間前の18日に撮りましたが、処理が面倒でずっと放置していました。夏の惑星状星雲です。

まずM57、環状星雲です。

202008181

HD800(約2000mm)、ASI183MM Pro(約-15℃)、SharpCap、L(GAIN120 180秒×13枚)、R(GAIN200 180秒×5枚)G(GAIN200 180秒×5枚)B(GAIN200 180秒×5枚)、 EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

M57は数え切れないほど撮りましたが、まるひ史上最もよく撮れたと思います。簡単に写りますが、きれいに撮るのは難しい対象です。中心を何色にしたらいいか悩みましたが、ブルー系にしました。グリーンもよく見ますが、こっちの方が涼しげで好きです。

同じ夜に撮ったM27、あれい星雲です。

202008182

HD800(約2000mm)、ASI183MM Pro(約-15℃)、SharpCap、L(GAIN120 180秒×10枚)、R(GAIN200 180秒×4枚)G(GAIN200 180秒×4枚)B(GAIN200 180秒×4枚)、 EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

こちらも何度となく撮りましたが、一度大写ししたかった対象です。もう少し露出をかけたかったですが、星雲系は淡い部分を無理に持ち上げる処理は好きでないのでこれくらいでもいいのかもしれません。ちょっと色のバランスが変。ニュートンでないのに謎のスパイダーみたいな光条が出ています。電線かもしれません。なにかと問題も多いですが、惑星状星雲は光害地でもよく写るので楽しいです。

|

« 微妙に県をまたぎました | トップページ | 睡魔に負ける »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

自宅撮影のM57,M27良いですね。内部構造も写っていて見ごたえあります。銀河に比べれば明るい分撮影しやすいでしょうか。新潟は雪も多いので電線を地下埋設にしてほしいと思うのは私だけでしょうか。

投稿: tantan | 2020年8月27日 (木) 16時41分

光害地なので撮る対象は限られますが、長焦点だとたくさんあるのでまだまだ飽きそうにありません。
やっぱり興味があるのは銀河ですが、暗いしなかなか難しいです。ホントに電線はなんとかしたいですが、どうにもならないです。隣の家だと電線邪魔にならないのでほんの数メートルが命運を分けています。大通りはそのうち地中化あり得なくもないですが、こんな路地は永久にならないでしょうね。

投稿: まるひ | 2020年8月27日 (木) 22時38分

M57は良い色合いと思います。
HD800は少し、光軸が合っていないのが残念です。
自分もHD800+レデューサーの光軸調整中です。
実写で確かめたいが、天候が良いと撮影に比重が・・・・。


投稿: njp | 2020年8月30日 (日) 18時01分

njpさん
色だけいじるだけで結構な時間を費やしました。正解はないですが、私はこの色が好きです。
光軸は合ってないですね。星が丸く写りません。一応合わせるのですが、目で見てなんとなく、こんなもんでいいだろ、と思ってもだめですね。やっぱり実写で試すしかないのでしょうか。満月期は撮れないので、晴れたときにじっくりやってみます。

投稿: まるひ | 2020年8月31日 (月) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微妙に県をまたぎました | トップページ | 睡魔に負ける »