« ASI290MMファーストライト | トップページ | 今シーズン初の火星 »

2020年8月14日 (金)

おうちでペルセウス

天気予報は芳しくありません。このところ晴れる予報がありません。でも予報に反してたまに晴れたりします。昨日13~14日にかけて予報では曇りでしたが案外雲も少なくそこそこ星が見えていました。極大は過ぎてしまいましたがまだまだペルセウス座流星群は見えると思います。でも遠征するのは億劫。おうちで見ることにしました。カメラをセット。露出5秒、ISOは6400、レンズも開放F2.8で撮りました。流星に長時間露出は不要。感度高めに被らない程度の短時間露出で明るいものなら光害地でも写ります。約1時間半の撮影で確認できる流星は7枚撮れました。

そのうちの1枚

202008140039

14日0:39頃。物星台の上でビーチベッドで眺めていたら見ることができました。かなり明るかったですが、写真ではそれほどでもないんですね。

こちらは0:54頃

202008140054

39分のものよりも明るい感じですが、このときは家に入っていて見れませんでした。

結局眼視できたのは1個だけ。我が家はかなり視界が悪いのでしかたありません。天気のせいもありますが、暗いところまでいって見る元気は今年は出ませんでした。まあでも家でこれだけ写ればいいほうかなと思います。

今晩も予報に反し快晴です。でも夕方から晴れていないと心の準備ができないので機材出す気になれません。でも明日も休みだし、せっかくなので眼視でもしてから寝ます。

8月15日


 せっかくなので写った7枚を全部合成してみました。

20200814

ヨーク見ると6つ見えています。1個は雲に重なって見えないみたいです。私の今年のペルセウス座流星群はこれがすべてです。

 

|

« ASI290MMファーストライト | トップページ | 今シーズン初の火星 »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASI290MMファーストライト | トップページ | 今シーズン初の火星 »