« 残り物のネオワイズ | トップページ | 新潟の星空~切手バージョン~ »

2020年7月23日 (木)

海の日にダム巡り

海の日は一人ドライブが恒例です。今年はなるべく県を跨がないように。今回は深山に行ってみたい。数十年ぶりに三面ダムにでも行って見ることにしました。急ぐ旅ではないのでのんびりと。

胎内市の長池です。

Img_3582_r

池一面にハスが咲いていました。もうシーズン遅いかもです。

岩船港に着いた時にはもうお昼で、そこの食堂で海鮮丼を食べました。空いているかと思いきや、普通の休日と変わりない混みよう。新潟の片田舎はこんなものなんでしょう。私は一人すみっこで静かに食べました。

瀬波海岸も海水浴客や釣り客が。少ないようですが、まだ梅雨も明けていないのでこんなものなんでしょう。

Img_3587_r

ここから見える弥彦山と角田山はまるで島のようです。

国道7号線から三面方面に曲がるときこんなオブジェが。

Img_3594_r

ずっと気になっています。存在は天野尚さんの写真でし知りました。高速道路からもよく見えます。近くで見たかったので寄ってみました。見る角度によって形が変わります。きれいな饅頭型に見えるのはどのアングルからなのでしょう。ここを前景に星景写真撮ってみたいのですが、まだ実現していません。

山道を走らせると三面ダムに着きました。なかなか険しい道です。前に来たのは40年くらい前。なんとなく記憶にあります。

Img_3597_r

昭和28年に完成で、新潟県で最も古いダムだそうです。私が生まれる3年前です。しかしコンクリートって持つものですね。

次に寄ったのが二子島森林公園。ここは30年くらい前にキャンプしたことがあります。

Img_3599_r

シンボル的な水上の遊歩道は当時のままです。当時はキャンプサイトまで苦労して道具を運びましたが、今はオートキャンプなんですね。ほぼ満員状態でした。

途中、橋の上で恒例のセルフポートレート。

Img_3605_r

道は狭く、橋の上だけが駐車してもすれ違えるくらいです。まあ、すれ違う車は2〜3台でしたが。

奥三面ダムまではずいぶん遠い感じがします。初めてで道が不安なせいだからですかね。

Img_3610_r

ようやくたどり着きました。アーチ式ダムはかっこいいです。こちらは平成13年にできたので真新しいといってもいいと思います。このダム湖の下に集落があったなんて信じられません。よくぞこんな山奥に人が住んでいたものです。

もう少し観光地っぽいのを期待していたのですが、なんにもありません。新潟県で観光地になっているのって奥只見ダムくらいでしょうか。トイレくらいはあると思って探したらこんな案内が。

Img_3613_r

いったいどこだというのでしょう。矢印の先は崖しかありません。矢印の方向に扉を開けるのかと思ってやってみても開きません。しかたありません、謎のままです。本当はこの先を山形県小国町に出るルートで帰りたかったのですが、通行止めでした。まあ。かなり険しい道が続きそうで、あまり自信もなかったのでよかったのかもしれません。

帰り道、すげー巨岩の渓流が。

Img_3621_r

野猿の岩場と言われています。あそこの上で猿が遊ぶのだそうです。ほんとかいな。

ダムはもう一つ、猿田ダムというものがあるようですが、案内看板が出ておらず、行けそうにないので諦めました。あとは一路帰宅です。上は雨でしたが、降りたら止んでいます。深山気分を味わえリフレッシュできました。

最後にもう一箇所気になっていたところに寄ってみました。岩船の石船神社です。

Img_3625_r

ここも通るたび何十年も気になっていたのですが寄るチャンスがありませんでした。決意して寄ってみようと思ったのですが、駐車場がない。あるにはあるのですが、参拝者以外駐車禁止と書いたコーンが置いてあって入れません。ずらして中に停めればいいのか悩みましたが、気が小さいのでそこまでできませんでした。ちょっとだけ車を停めて参道脇にあった石碑を撮影。磐舟招魂社だそうです。石船神社の参道はこの左。いわれのある神社らしいのでぜひ一度行ってみたい。チャンスはまたあるでしょう。

18時に家に着きました。ほぼ新潟県は行き尽くしたので今度は県外に出てみたいです。でももう歳なのでだんだんパワーがなくなりつつあります。来年も行けるといいんですけど。

|

« 残り物のネオワイズ | トップページ | 新潟の星空~切手バージョン~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そろそろ3年ぶりに奥三面ダム方面に行ってみたいなあと思っていた矢先だっただけに、興味深く記事を読みました。奥三面ダムから小国へ抜ける道は、近年痛苦℃目になっていることが多いです。高校2年のときに初めて奥三面集落へバイクで行きました。村が集団移転する前の年でした。もちろん小国ルートで行きました。以来3回くらい小国ルートのその林道を走っていますが、昔も今も超悪路です。車が痛むので、このルートは走らないほうが無難です。ところで、奥三面ダムには外灯がありますが、実際には夜間点灯されることはありません(多分今でもそうでしょう)。なので、星見には絶好の地。くねくね道が長く続くので、運転疲れるからもう何年も行ってませんが。
猿田ダムは大したことないです。キャンプなら朝日スーパーライン沿い、猿田野営場がお勧め。でも、今でもやっているかどうかは不明。鳴海森林公園もほとんど捨てられている風情でしたから。

投稿: Toshihiko Sato | 2020年7月27日 (月) 21時42分

近年通行止めに・・・と書いたはずが、誤変換でへんな漢字の羅列になってしまいました。

投稿: Toshihiko Sato | 2020年7月27日 (月) 21時43分

Satoさん
Satoさんも行かれる予定なんですね。私が前に来たのは遥か昔。その時に撮った写真が県展に入選したんですよ。三面の春、とかいうタイトルだったかな・・・いつも村上を通るたびにまた行ってみたいと思っていたのですが、この歳になってようやく行く気になれました。奥三面は今回初めてでしたが、とても遠く感じました。あそこに集落があったなんてとても思えません。興味があるので図書館で資料を探してみます。小国ルートは相当難所みたいですね。ストリートビューも途中で引き返しているし、通ってみたいですが運転に自信もなくなってきたし、もうだめかもしれません。星見には絶好だと思いましたが、昼でさえ怖いのに夜は絶対無理です。ヒメボタルもなんとなくいそうな雰囲気がありました。猿田ダムは地味っぽいですね。案内もありませんでした。一度は朝日スーパーラインで山形抜けてみたいのですが、これも難所と感じました。でもいつかは頑張って行ってみたいです。

投稿: まるひ | 2020年7月28日 (火) 22時44分

Youtubeに奥三面ダムから小国ルートの動画がありました。今でも未舗装区間がとても長く、狭くて険しいことが実感できました。私には踏破は無理です。あきらめが付きました。

投稿: まるひ | 2020年7月28日 (火) 23時26分

連投失礼します。
朝日スーパーラインはそれほど悪路ではないです。半分くらいは未舗装ですが。ただ、やはり長いです。距離があります。疲れます。展望地も道中とくにあるわけではないので、よけい疲れます。達成感はそれなりに残りますが、ぼくはもう行くことはないかな。でも、一度は是非(笑)

投稿: Toshihiko Sato | 2020年7月29日 (水) 01時00分

朝日スーパーラインって、眺めがよくて、紅葉シーズンとかに快適なドライビングが楽しめる観光道路というイメージがあるんですが、実際はどうもそうではなさそうですね。延々と続くダートは舗装路しか乗らない軟弱ドライバーには堪えそうです。昔は今みたいに峠を貫くトンネルなんてありませんでしたから、狭くて曲がりくねった砂利道が当たり前でした。あえてそんな道を好んで走った時もありましたが、最近はちょっと危ないと思うようになってきました。でも朝日スーパー林道と呼ばれていた時代から完走は目標だったので、まだ自信があるうちに一度は走りたい・・・と思っているんですが。

投稿: まるひ | 2020年7月30日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残り物のネオワイズ | トップページ | 新潟の星空~切手バージョン~ »