« 自宅観望の決定打 | トップページ | 今日のネオワイズ »

2020年7月16日 (木)

漁火とネオワイズ彗星

今日は待望の晴れでした。ずっと梅雨空続きでもうチャンスはないかと思っていましたが、奇跡的な晴れです。最初は近くの海岸に出るつもりでしがた、だんだん雲が出てきました。しかし北のほうは晴れています。そっちに行くことにしました。いつもの聖籠町の次第浜。日没直後につきました。すっきりした快晴です。北斗七星が見えるくらいにようやく双眼鏡で発見できました。航海薄明が終わる頃には肉眼でも見えるようになりました。肉眼で彗星を見るのは何十年ぶりでしょうか。

202007161

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8(28mm F4)、EOS 60D(ノーマル)、15秒×13枚、ISO800、Sequator、Photoshop CS6

沖合にはいか釣り船の漁火です。邪魔ではありますが、こうしてみると風情があります。昔と比べると上方にあまり光を放たなくなったようです。

望遠でも撮ってみました。

202007162_jpg

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.8)、EOS 60D(ノーマル)、ISO800、15秒×4枚、CD-1にてノータッチガイド、ステライメージ、FlatAide Pro、Photoshop CS6

ちょっと露出がたりません。イオンテイルはごくわずかしか写っていません。

隣に同業者らしき人が。その人は日没前から待機していたようです。機材の準備をしていたら話しかけてきました。彗星はどこにあるの、だそうです。双眼鏡を三脚に固定して見せてあげてようやく発見。確かに慣れていなければ肉眼でみるのはなかなか難しいです。星屋さんというより星景屋さんだったのかもしれません。

もう数枚撮りましたが、それは後日。なかなか美しい出来にはなりませんでしたが、記念です。やっとネオワイズまつりに参加できてうれしいです。

 

|

« 自宅観望の決定打 | トップページ | 今日のネオワイズ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私は胎内市長池で見てました。
肉眼で尾を引いた彗星らしい姿がわかりました。
光度は2等で尾の長さは肉眼で10度と見ました。

漁火と彗星いいですねー。

投稿: skame | 2020年7月17日 (金) 06時29分

良い写りの写真で羨ましいです。
私の朝焼けの中の写真とは大違い。
なんか、ヘールボップを思い出しますね。
こちらからは北側の高さ5度程度以北だけが晴れていたので、海に向かおうか?思案していましたが、仕事が遅くなり断念しました。
ここ1週間くらいで私も海へ遠征したと思っています。
どこか良いポイントないですかねぇ・・・。
それにしても漁火ってけっこうな光害ですね。

投稿: ecl | 2020年7月17日 (金) 08時37分

skameさん
やっぱり遠征されていたのですね。そこでしたら割と近くでした。
形は昔のベネット彗星を想像しました。あれは明るかったです。朝起きたばかりの寝ぼけまなにもすぐに飛び込んできました。そこまで明るくはないですが、再び彗星らしい彗星を見られてうれしいです。

投稿: まるひ | 2020年7月17日 (金) 23時16分

eclさん
明け方は見逃しましたが、ようやくチャンスが訪れました。それもこんな快晴で超ラッキーです。
ヘールボップも大きかったですが、実はあまり印象にありません。写真にも撮ったんですけどね。願わくば百武彗星のような全天を横切るような長大な彗星にもお目にかかりたいです。
こうしてみると漁火は明るいですが、実際の現場ではそれほど明るく感じませんでした。あれらはたぶん水平線の向こうなんだと思います。直射はすごいですけどね。
今日も少し晴れましたが、このところの晴れ間は北に有利なようです。あとわずかですが、チャンスがあったらぜひ海までおいでください。

投稿: まるひ | 2020年7月17日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自宅観望の決定打 | トップページ | 今日のネオワイズ »