« 乱舞に遭遇 | トップページ | 私をホタルに連れてって »

2020年6月21日 (日)

ピーカンの日食

今日21日は夏至、父の日、そして部分日食の日でした。部分日食はそれほど興味ある現象ではないですが、快晴、日曜日、自宅物星台から全経過が見られるという好条件とくれば見ないわけには行きません。前日から入念に準備しました。

5分毎の連続撮影です。

202006211

風景は食が始まる少し前に撮ったものを合成しています。残念なことにインターバルタイマーの設定を間違えて、食の最初の方が失敗してしまいました。最初のコマはすでにもう欠けています。レンズの焦点距離や構図はステライメージで十分にシミュレーションし、予想通りに完璧に決まりました。トリミングもしていません。ただ、太陽用のNDフィルターを職場に忘れてきて、取りにいくのも面倒なので、家にあった日食メガネをレンズの前に貼り付けなんとか間に合わせました。今までは時計見ながら5分おきにシャッター切っていましたが、今回初めてインターバルタイマーを使いました。ずっと放置でもちゃんと撮ってくれましたので非常に楽でした。

メインのほうは前日の夜、入念に極軸を合わせておきました。機材のほうはmini Borg 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍(980mm)、ASI1600MC-COOL(冷却なし)です。あまりに天気がいいので家族の布団を全干しの中で行いました。

午前中にリハーサル撮影です。

Img_1190

当然家の中からリモート撮影。ステラナビゲータのリアルタイムシミュレーションを並べて見ていました。同じですね。

202006213

炎天下の中にいなくていいので熱中症対策にもなります。さらに今回初めてSharpCapで自動インターバル撮影。こちらは1分おきです。食の間中、全く操作することなしに勝手に120枚の撮影をしてくれました。追尾も少し動いたくらいで修正の必要もなく、ただ見ているだけ。合間にコンビニにも行ったりと非常に楽な撮影でした。まあ、これならネット中継見ているのとあまり変わりなく、ありがたみがないといえばそうかもしれないですけどね。

202006212

とりあえず食の最大あたりです。

カラーで撮っていたはずですが、ホワイトバランスを自動にしたら色が完全に抜けてしまった感じです。画像フォーマットもモノクロになっていたし、SharpCapはわからないことがまだまだたくさんあります。途中電線に阻まれながらも全経過中一片の雲もなく、どピーカンの中での撮影でした。120枚をどう処理するかはこれから考えます。過去にも日食で1分おきを切れ目なく撮れたことはなかったので、動画にでもしてみたいと思っています。でも手間もかかりそうだし、約束するものではありません。だいぶ経ってから公開するかもしれませんし、永久にしないかもしれません。

|

« 乱舞に遭遇 | トップページ | 私をホタルに連れてって »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

前日もダメ、翌日(今日)もダメ。
この日だけはとても良い天気でしたよね。
ただ夕方、こちらは天頂より南は薄雲に覆われてきました。
去年1月同様、北がピーカンだったのかもしれません。
上手く撮れていますね!

投稿: ecl | 2020年6月22日 (月) 23時58分

eclさん
本当に普段は晴れない、晴れても雲混じりなのに、奇跡のようにすっきり晴れましたね。日本全国良くなかったみたいですが、新潟だけ、それも新潟市だけが抜群に晴れた感じです。1981年7月31日以来かもしれません。
そちらはちょっと雲が出たのですね。こちらは日没まで全く雲なし。ちょうど日食が終わった頃から少し出てきたくらい。
自宅ですべて見られるので落ち着いて準備、撮影することができました。今回の撮影はすべて機械任せ。観望は日食メガネでたまに見るくらいでした。

投稿: まるひ | 2020年6月23日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乱舞に遭遇 | トップページ | 私をホタルに連れてって »