« 終末っぽく | トップページ | M51 »

2020年4月17日 (金)

M100

16日はよく晴れました。せっかくなので黄道光撮影に行こうかとも思いましたが最近は出かけるパワーもなく、自宅で銀河撮影することにしました。今日晴れることは予想がついていたので、おとといセットした赤道儀はそのまま物星台に置いたままで、極軸合わせの手間が省けました。撮ったことのないものでも撮ろうといろいろステラナビゲータで探します。フェスオン銀河が好きです。M100にしました。DSS画像見ると南にも大きめの楕円銀河があります。それも入れた構図にします。こういう微妙な位置合わせは室内からパソコン操作でなければやってられません。フィールドでハンドコントローラ使ってやった日には永久に決まらないと思います。

202004161

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、Lのみ(GAIN300 450秒×7枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理

GAIN300はやっぱり高いようです。ノイズっぽさが撮れません。まあ7枚程度は全然足りないです。ASI183MM Pro のユニティゲインは120らしいですが、それで撮るとノイズっぽさも消えるんでしょうか。でも露出時間がかかって大変そうです。PHD2のガイドはうまくいきました。前日は全く追ってくれなかったのですが、何が悪かったのでしょうか。今回はダークを引いてみました。もしかしたらノイズを星と勘違いしてそれを追っていたのかもしれません。こういう細かいところも手を抜けないですね。

自宅撮影といえど、平日は1時頃やめてしまいます。カラーを撮る時間はありませんでした。しばらくはモノクロのみの撮影になりそうです。

|

« 終末っぽく | トップページ | M51 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

M100見事ですね。市内で撮影したとは思えません。遠方銀河もしっかり写っていて、構造も良く写っていますね。これなら自粛中でも家撮りで十分楽しめます。まあ新潟の星屋は3密とは無縁ですけどね。

モノクロ撮影の難点は晴れの少ない新潟だと、次の撮影でRGBを撮り足す事が出来ない事でしょうか。ノイズでガイド、オフアキあるあるのような気がします。

投稿: tantan | 2020年4月18日 (土) 07時45分

昨晩はGPV予報も良く、撮影意欲をそそられましたが、そんな時に限って緊急事態宣言が。
お陰で、まるひ様を見習って、宅撮りして楽しめました。
春の銀河は長い焦点を持っていないので、いつも同じ対象ばかりでしたが、こうなってみると、意外と1000mmくらいでも楽しめそうなものが多いのかもしれませんね。
こんど私もM100狙ってみます。

投稿: ecl | 2020年4月18日 (土) 07時59分

tantanさん
この日は透明度が比較的良かったのでよく写りました。しかしシーイングは悪かったようでディテールが出ていません。
Pixinsight使えばもっとよく仕上げられるんでしょうか。でも素材がよくなければだめなような気もします。お試し版を使ってみようと思うのですが、なかなか腰が上がりません。
せめて2日連続して晴れればLRGB撮れるのでしょうけど、新潟が2日連続晴れることなんてまずありません。

投稿: まるひ | 2020年4月18日 (土) 21時53分

eclさん
eclさんがあの晴天で遠征しないなんて、非常事態宣言おそるべしですね。
宅撮りも対象選べば結構いけると思いますよ。いろんな方のブログを拝見していますと、むしろ遠征派って少ないのではと感じます。eclさんはいつでも暗い空にアクセスできるのでうらやましいです。
1000mmでも大きめ銀河は見応えありますし、小型銀河でも宇宙の真ん中に漂う姿は美しいです。ぜひそういう対象も狙ってください。

投稿: まるひ | 2020年4月18日 (土) 22時01分

PixInsightの話が出たので・・・

PIを使い始めて10年近くになりますが、使っている機能はまだまだほんの一部です。それでもPIなしでは天体写真の処理をやる気にはならないほど高機能で便利だと思っています。ステライメージも使っていますが、PIを主にした当初には、SIの繰り返し作業から解放されたーと感じた記憶があります。

PIはフジカラーと一緒で、美しい○○はより美しく、そうでない○○は、それなりに・・・です。

背中を押す意味で、長所を列記します。
1、常にバージョンアップしているが購入時以降お金がかからない。
2、めんどうくさがりには、バッチ処理がとても便利
3、他のソフトでは代用できない機能がある

もともと銀河の処理向きのソフトです。散光星雲から入るより、ずっと使いやすく感じると思います。ぜひ挑戦してください。自粛が解けたら勉強会しましょう。

投稿: tantan | 2020年4月19日 (日) 06時25分

tantanさん
PIのことを話題に出すと必ずプッシュがありますね。
DSOを本格的にやろうと思うと避けられない道なのではないかと考えています。
私の場合、そうでない○○は、それなりに・・・が悩ましいところです。環境的に光害地でしか撮れないのでせっかくの機能生かせるのかなと。
こんな画像でももう少しましになるのならば導入してみたいです。お試し版をインストールしてみようと思います。tantanさんという先生がいるので心強いです。

投稿: まるひ | 2020年4月19日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終末っぽく | トップページ | M51 »