« 電視観望は失敗 | トップページ | 今年も水芭蕉 »

2020年3月18日 (水)

失敗失敗失敗の連続

18日は久々にほぼ一晩中晴れました。予報を見ても雲が出ることはまずなさそうなので、直焦点撮影をすることにしました。実に3ヶ月ぶり。あんまり久しぶりすぎて、手順を忘れてしまいました。ステラナビゲータで望遠鏡コントロールが接続できない。一生懸命RS232Cで繋ごうとしていました。EQDIRECTはASCOMなのをすっかり忘れてしまいました。しかしASCOMにしても繋がらない。しばらく格闘しましたがだめ。諦めてハンドコントローラで導入しようとしました。しかし導入だけで一苦労。構図の微調整までできません。いかにPCコントロールが偉大なことか。頭を冷やしてしばしいじくり直しやっと繋がりました。ポート番号がずれていました。その設定方法すら思い出せません。あらゆることを忘れています。他にも失敗が多数。なんとか撮れたのがこれ。

M108

おおくま座のM108銀河です。ふくろう星雲を撮るとオマケみたいに付いてくるちょっとかわいそうな対象。今回はセンターで撮ってみました。

簡単にデータです。HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、Lのみ(GAIN356 289秒×8枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

この日のトラブルを列挙します。

  • ステラナビゲータでの望遠鏡コントロールの接続法を間違えていた
  • EQDIRECTが接続できない
  • バーティノフマスクが割れていた
  • ある対象を撮影中に電線通過で失敗
  • Synscanのボタンのランプがいくつか点かない
  • EQ6PROが異音を出す
  • EQ6PROを手動で動かすジョイスティックの反応おかしい

ざっとこんなところ。3ヶ月のブランクは大きいです。

|

« 電視観望は失敗 | トップページ | 今年も水芭蕉 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

本当に久々の快晴でしたね。一晩晴れていたのは久しぶりではないでしょうか。

ブランクが長いと頭も機材もトラブルが多いですよね。私もガイドカメラが認識されず随分悩みましたが、なんとか思い出せました・・・冷却CCDもあまり調子が良くなかった感じです。きちんと覚え書きを作っておけば良いのでしょうが、不精な性格が災いし、いつもその場しのぎです。

投稿: tantan | 2020年3月20日 (金) 06時43分

今まででも晴れないことはなかったですが、本格的機材を出すにはちょっと、という感じでしたから、本当に久しぶりでした。
機材は使ってあげないとだめですね。特に私は一部機材は屋外のコンテナに入れっぱなしですからサビも出てきたし、これからたくさん使ってあげないと。
私は機材の管理ができなくて、ケーブルとかアダプターがあっちこっちに散乱してどこにあるかわからなくなったりします。バーティノフマスクもその辺にほん投げて(新潟弁)おいたせいで割れてしまったし、反省です。

投稿: まるひ | 2020年3月20日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電視観望は失敗 | トップページ | 今年も水芭蕉 »