« 大化けするか? | トップページ | 新月ロード »

2020年3月25日 (水)

新月のアトラス彗星

今日は最近まれに見る新月の快晴。普通ならメイン機材で撮影三昧ですが、そっちは諦めちょっと近くの郊外でアトラス彗星を撮ることにしました。久しぶりの望遠鏡でのガイド撮影です。しかし赤道儀が調子悪い。いきなりアライメントの途中で止まったりします。接触が悪かったのか、ケーブルをつなぎ直したらなんとか動くようになりました。EQDIRECTのケーブルを持ってこなかったので手動で彗星を導入します。ステラナビゲータの画面を印刷したものを見ながら四苦八苦。やっぱり自動導入でないと効率悪いです。なんとか構図も決まり、撮り始めたのは20時ちょっとすぎ。普通の時間に帰宅する予定なので1時間くらいしかありません。

202003251

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-19℃)、ISO3200、180秒×8枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、ステライメージ、Photoshop、FlatAide Pro

周辺減光がひどかったですが、無謀にもフラットなしで仕上げてしまいました。フラット画像の在庫がなかったです。撮るのも面倒でFlatAideのお世話になりました。若干トリミングしています。やっぱりISO3200はノイズっぽくなります。でもグリーンが綺麗に撮れてうれしいです。左下にわずかに尾が見えます。上が北です。天頂よりやや北にいましたので、見た目では下が北になるのですが、天体写真のルールではこれでいいのでしょうかね。

合間に撮ったお別れする冬の星座

202003252

結構広々して気持ちのいいところです。光害地に近いですが。見ての通り、西〜北はそこそこです。収穫シーズンになるとドロボーも出没するとかで、ちょっと物騒なところでもあります。

|

« 大化けするか? | トップページ | 新月ロード »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
アトラス彗星、8センチで8.8等とみました。
コマが大きく淡い印象です。
7×50双眼鏡でも見えるようですが、自信ありません。
空の暗いところでは8×42双眼鏡でみえているそうです。
もう望遠レンズでもとれそうですね。

投稿: skame | 2020年3月26日 (木) 07時45分

skameさん
いつもレポートありがとうございます。
だんだんと明るくなっているんですね。ステラナビゲータの太陽系モードで見たらまだまだ太陽から遠い。5月下旬には急速に増光しそうで楽しみです。
私も7×50の双眼鏡で見てみましたが、それとははっきり確認できませんでした。眼視はもう少し明るくなってからでしょうか。

投稿: まるひ | 2020年3月26日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大化けするか? | トップページ | 新月ロード »