« 晴れの日はそわそわ | トップページ | 失敗失敗失敗の連続 »

2020年3月14日 (土)

電視観望は失敗

12日はポタ赤撮影の脇で電子観望もしてみました。しかしアAZ-GTiのライメントの途中でいきなり停止してしまいました。それ以後いくらやっても動きません。Wi-Fiに接続しない。スマホとパソコンからやってみましたがどちらもだめ。そういえば以前もこんなことがあって、いろいろやったら動いたのですが、やりかたが思い出せません。しかたがないのでAZ-GTiはあきらめ、撮影を終えたCD-1でに載せました。極軸もろくすっぽ合わせませんが、数秒くらいなら問題ないでしょう。miniBorg 60EDにASI-1600MC-COOLを付けました。

ライブでわずかに馬頭星雲が見えます。写真では明るく見えますが、実際はかなり暗いことがわかります。

Img_3391

M42にも向けてみました。こちらは明るさは余裕。

Img_3392

しかし10秒以上露出をかけると適当に北に向けただけのノータッチガイドでは流れてしまいます。やっぱりお気楽電子観望とはいえ、なんらかの形でガイドしなければ楽しめません。

ライブコンポジットして保存した画像を処理してみました。

202003123

GAIN400で10秒を30枚コンポジットしました。元画像は露出アンダー気味でしたが、かなり画像処理であぶり出しました。結構無理があります。きちんとした機材でたっぷり露出をかけて写してみたいです。新月期にかけてもう一回くらいチャンスがあれば写せるかもしれません。ここは新潟市とはいえ、西のほうは海なのでそっちに限れば山の遠征地からよりも暗いです。

ここは砂丘の畑ですので、ちょっと風が吹いたあとは道路が砂漠状態です。翌日車をみるとタイヤ周りは砂だらけ。職場に着いたらすぐに洗車が必須です。それさえなければ近い割りにいい撮影地なんですけど。

あとで試してみたらAZ-GTiのから端末に割り当てるIPアドレスを自動でなく、固定にしたら動きました。この間動かなかった時は逆だったと思いましたが。どうもこいつはよくわかりません。

|

« 晴れの日はそわそわ | トップページ | 失敗失敗失敗の連続 »

電視観望」カテゴリの記事

コメント

ここはカノープスが見えたかもしれない丘ですね。
風で砂が飛ばない日は北西の空はよさそうです。

C/2019Y4アトラス彗星が明るくなりそうで、
五月の半ばころ北西の低空に2~3等で見えそうです。(私見です。)
私は3月14日に10.8等と見ましたが、空の暗いところでは、8~9等と観測されています。
近日点通過は5月31日で、それ以降は北半球から観測が難しくなり、南半球でも太陽からあまり離れないので見るのは難しそうです。海外では最大マイナス12等というとんでもない予測がありますが、マイナス2~3等は期待したいところです。

投稿: skame | 2020年3月17日 (火) 16時12分

skameさん
こんばんは、ご無沙汰しています。
そうです。ここはちょっと小高い、カノープスが見えるかもしれないと思って、結局検証の結果見えないことがわかったところです。
アトラス彗星、skameさん予報では2〜3等級ですか!それは楽しみです。ちょっとしか情報得ていないのですが、マイナス12等級になって満月が2つになるとかの記事を読んで、さすがにジョークかと思ったらそういうマジな予報もあるのですね。彗星はどんな風に化けるかわからないので注目していきます。
どうもありがとうございます。私は彗星の情報に疎いのでまた教えてください。

投稿: まるひ | 2020年3月17日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れの日はそわそわ | トップページ | 失敗失敗失敗の連続 »