« 今年も水芭蕉 | トップページ | 新月のアトラス彗星 »

2020年3月21日 (土)

大化けするか?

ちょうどいい位置にC/2019Y4アトラス彗星がいましたのでカメラを向けてみました。

202003182

動きが早いので短時間ですが移動しています。モノクロカメラだとフィルター替えている間にも移動しますのでモノクロのみです。彗星はカラーカメラですね。この彗星はもしかしたらかなり増光されることが期待されています。どこかの予想ではマイナス12等級とかいっています。本当になったら夜空に満月が2つ輝くことになります。まあ、信ぴょう性は限りなく低いですし、かなり明るくなったとしても太陽に近くて実際は見れないのでは、と思っています。あくまで彗星のことなんて知らない素人の推測ですが。それでも写真に見栄えがするくらいには大きくなってほしいものです。これからしばらく注目していきます。

この日の目的の一つにこの間買ったガイドカメラ、QHY5III178Mの初実践がありました。テストする時間がなくていきなりでしたが、ピントはちょうど合ってくれました。延長筒をつけるとQHY5L-IIと同じになるみたいです。そのまま置き換えでばっちりピントが出ました。やっぱり広いです。だいたいどこ向けてもガイド星が見つかります。これはいいです。ガイド星を探し回るストレスと時間の節約のために安くないお金を出しましたが、正解だったと思うことにします。

|

« 今年も水芭蕉 | トップページ | 新月のアトラス彗星 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

アトラス彗星20日に15×70双眼鏡で見えました。
9.1等と見ました。コマが大きく淡い印象です。
着実に増光していて、国内でも8等台の観測があります。
まるひさんのこの写真を見ると少し尾をひいているように見えます。
5月の連休ころにかすかに肉眼で見えてくれば、かなり期待できそうです。
ところでこの写真はメトカーフ法のようにみえますが、
メトカーフモードとかあるのかなー。

投稿: skame | 2020年3月22日 (日) 07時46分

久しぶりに明るくなる話題の彗星の登場です。
Webでの近日点通過時-12等級って本当?って感じですよね。
でも、ステラナビでシミュレーションしていくと-0.8等と出ています。
その前後でもそれなりの明るさですので、5月末の明け方の空を期待しながら眺めたいと思います。

投稿: ecl | 2020年3月22日 (日) 13時24分

skameさん
9等級なんですね。ここは光害地ですからコマはよく写りませんが、この画角の3分の 1くらい広がっているみたいです。尾は確かに確認できます。尾の反対方向に移動しています。久々に尾のある彗星を見た気分です。
まだ1ヶ月以上楽しめるんですね。肉眼彗星になることを期待しています。
これは単に核基準でコンポジットしただけです。加算平均ですと恒星の軌跡がぼやけてはっきりしないので、比較明合成しました。邪道な方法かもしれませんが。

投稿: まるひ | 2020年3月23日 (月) 00時12分

eclさん
やっぱり彗星は暗いところで写したいですね。eclさんの写真はグリーンがとてもきれいです。深宇宙のオブジェクトもいろいろ写っていて、見ていて楽しいです。
私も次に晴れたらちょっと暗いところにいってみます。今回の彗星は北に見えているので、海に近い私は山に行くよりいい条件なので助かります。彗星はいつ化けるかわからなので晴れている限り目を向けていたいと思います。

投稿: まるひ | 2020年3月23日 (月) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も水芭蕉 | トップページ | 新月のアトラス彗星 »