« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

2019年ベストオブショット

2019年も終わろうとしています。今年の年末はなんだか忙しくて、ゆっくりブログを書くヒマもなかったのですが、けじめですので一年を振り返ってみたいと思います。

思えばあまり空にカメラを向けなかった気がします。特に後半は晴れに恵まれなかったこともありほとんどまともな作品がありません。いつものホーム遠征地は確か2回しか行かなかった記憶があります。

ベストと言える作品は思いつかないのですが、それでも自分ではいいと思ったこれを挙げたいと思います。

201903281_20191231183601

国上山で撮った千眼堂吊橋と黄道光です。珍しく撮影前にイメージしていたものがばっちり具現化できたものです。2年ぶりに星ナビにも入選できたちょっとうれしい作品でもあります。もう星景を撮ることもあまりなくなりましたが、それでもたまにはカメラ担いでいいロケーションとか探してみたいです。

では、みなさん良いお年を。

| | コメント (3)

2019年12月29日 (日)

スマホにしました・・・とうとう

先日、とうとうガラケーからスマホに機種変更してしまいました。

Img_1095

実はスマホには8年前に一度したことがあります。右のはその時のもの。ちっちゃ。使いにくくて3年くらいでまたガラケーに戻したのですが、昨今スマホでないとどうにも受けられないサービスとかがあってついに、抗えきれなくなりました。初めはタブレット代わりにWi-Fiのみで使ってみようかと、SIMフリー端末を買う予定で量販店に行ったのですが、店員さんの口車に乗ってしまい、安いプランがあるからと、結局ガラケーから機種変更してしまいました。まあ、どうせ2年後にガラケーは停波になるんだし、早かれ遅かれ変えなければならないのでいい潮時かなと思うことにしました。どちらもシャープ製。どうもスマホはシャープと縁があるみたいです。もっとでかいGalaxyと悩みましたが、このなんちゃってらくらくスマホモードが気に入ってこっちにしちゃいました。画面こそかんたんスマホのようですが、単なるメニューで解除すれば普通のアイコンになります。でも電話とメール受けるくらいしか普段はしないのでこっちのほうが果然便利です。最大の長所はバッテリーが持つこと。買ってから1週間たちますが、再充電していないのにまだ半分くらい残っています。子供のiPhone見てると毎日充電しなければならないようなのに、これは驚異的です。まあ、今のところ電話の待ち受けくらいにしか使っていないからかもしれませんが。スマホ持つにあたって自分に課したルールがあります。家族のいるところではいじらないこと、外では人前で暇つぶしに眺めないこと。それでもせっかくスマホ再デビューしたので天文系アプリ入れたり、電子マネーアプリ入れたりして有効に活用しようと思います。

| | コメント (4)

2019年12月24日 (火)

メリークリスマス星団

今日はクリスマスイブ。思いもかけず晴れました。サンタさんの贈り物でしょうか。天気予報とGPV見ていたら夜少しだけ晴れそうな気配。しかし夕方まで青空のかけらもなく全く頭から飛んでいましたが、20時頃帰宅の時見上げたら結構晴れているではありませんか。帰ってお風呂入ってご飯食べたら22時。天気はさらに良くなっています。今日が撮り納めだろうと思い、急遽機材を出してなにか撮影することにしました。HD800は設置に時間がかかるので60EDにしました。これなら極軸も適当でいいし、電車通過でもガイドミスしません。やっぱり簡単です。30分で設営完了。なにを撮ろうか考えました。M42かと思いましたが、LRGBで多段階露光だと手間がかかりすぎ。馬頭星雲に向けてみました。ちょっと違うなー。そうだ今日はクリスマスイブではないですか。我が家は土曜日にパーティしてしまったので、今日は普通の日です。気がつきませんでした。もうこれしかないでしょう。電線や電柱が邪魔にならない位置にあるのでちょうどいい。で、今撮影中です。処理するには時間がかかりそうでクリスマスと全然関係ない日に公開になりそうなので、とりあえず1枚だけを適当に処理したのを上げておきます。

20191224

R画像の1枚のみです。上はASI183MM特有の熱かぶりビーム。でもベツレヘムの星みたいなのでこのままにしておきます。本番の処理の時は消します。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

オフアキ用カメラ考察

オフアキでガイド撮影していますと、ガイド星が見つからないことに結構困ることがあります。特に星の少ない秋や春の遠方銀河撮影の時とか。今はQHY5L-IIを使っていますが、もっと広いセンサーのものが欲しくなりました。広けりゃ広いほどいいのか、と思ったらプリズムはそんなに大きくないのでケラレの問題に気づき、ちょっと確認してみることにしました。この間買ったASI183MM Proを付けてみました。

20191222

星の多いスバルあたりにむけて撮ってみました。視野全体が1インチセンサーのASI183MM Proです。確かに広さを活かしきれていません。半分くらいケラれています。実は1/1.2インチのASI174MM miniかQHY5III174Mを考えていました。しかしこれでもだいぶケラレます。無駄です。買わなくてよかった。ASI290MM mini(QHY5III290M)はQHY5L-IIとあまり変わらないので却下。ASI120MM miniはQHY5L-IIと同じ。当然却下。QHY5P-IIはちょっと広いだけ。感度も若干低いし買い換えるほどのメリットはなさそうです。QHY5-IIはかなり広い。値段も安い。これはいいかな、と思ったのですが、感度が低そう。やっぱり安いのには安いなりの理由があるのですね。残るはQHY5III178M。広さも十分。感度も高い。ZWOのほうで欲しかったのですが、そちらにはアイピースタイプがない。必然的にQHYのほうになります。まあ、ZWOのアイピースタイプはUSB2.0ですからQHYのUSB3.0対応のほうが惑星用にも使えるし、むしろいいかも。ということでQHY5III178Mに決定。ただし買うならば・・・です。まあ、冷静に考えるとガイドカメラにしてはちょっと高い。でもガイド星が見つからないことで残り少ない星見人生を無駄にしたくなければ、思い切って買ったほうが幸せになれるのかもしれません。どうしよっかなー・・・ちょっと考えてみます。



| | コメント (4)

2019年12月18日 (水)

初めてのLRGB~かに星雲~

良く晴れた16日、モノクロ冷却でのLRGB撮影ができました。満月に近い月があるし、夜半には曇りそうな予報なので無難なところで惑星状星雲にしました。大きくてこの季節天頂に見えるかに星雲。

20191216

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、SharpCap、L(GAIN400 120秒×10枚)、RGB(GAIN450 120秒×4枚)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

色が付いてちょっと感動。M1はこれぞといった写真を撮ったことがありませんが、その中では最もよく撮れたと思います。しかしノイズが多い。もっとゲインを下げて枚数多く撮らなければ行けません。画像処理は色の調整とかは確かにカラーより楽ですが、そこまでの下処理がカラーと比べると膨大に多い。LRGBの撮影意外に、ダーク撮って、フラット撮って、フラットダーク撮ってそれをLRGBに対して全部ですから。そしてそれらの画像も作らなければならない。なぜかステライメージで自動コンポジットができず、全部基準点打っています。普通なら1日で1対象仕上げることができますが、2日かかりました。まあ、初めてですし手順ももっと効率よくできるのではと思うので、これから研究してみます。ダークはあらかじめライブラリー作って置けそうですし、フラットも手抜き用にスカイフラットでない室内で撮ったものもライブラリー化しておこうかと考えています。次に晴れたら冬物の星雲とかも撮ってみたい。春になったら系外銀河。楽しみが広がりそうです。

| | コメント (8)

2019年12月14日 (土)

カレンダーを買いました

星マニアにとって、月齢や日没時間の書いてあるカレンダーはないとちょっと不便です。以前はビクセンカレンダーを買っていました。しかし送料かかるし高いし、写真もなんだかきれいだなーと思うののが少なく、数年前から買うのを止めています。もう一つの天文カレンダー、斉藤さんの「宙めぐり」を書いました。

Img_1091

隣はWさんの月面ポスターです。例年は新天研の写真展で買うのですが、そこまで待てない。新潟市内で買えるところは文信堂書店だそうです。近くに大学前店があるので行ってみましたがありませんでした。そこで万代の本店に行きました。そこで買うことができました。しかし、ここは駐車場がない。ちょっと離れたコインパーキングに停めて歩きました。斎藤さんのHPよく見たらムサシでもAmazonでも買えたんですね。今度はそっちで書います。

来年の天文現象でいちばん楽しみなのが12月22日の木星、土星の大接近です。地味ですが、同一視野内に縞模様の木星と輪のある土星が一緒に写っていたら圧巻でしょうね。新潟が曇っていたら県外まで行こうかと思うくらいです。来年はたくさん晴れますように・・・ってまだ早いか。

| | コメント (4)

2019年12月11日 (水)

カラー化計画は続く

こんなものが早速届きました。

Img_1087

中身は・・・

Img_1088

フィルターホイールでした。一緒にEOS用マウントも。

Img_1089

こちらは電気羊さんから買いました。在庫ありで入金した翌日もう届きました。思ったより小さいです。でもずっしりとして高級感があります。

取り付けはこんな風に

Img_1090

前側に一緒にかったEFW専用のEOSマウントを取り付け、後ろ側にはASI-183MM Proを取り付けます。アダプタはなにもつけず直接ねじ込みます。そうするとフランジバックが42mm、EOSは44mmですので2mm短い。付属のスペーサーをつけてみましたが1mm縮まって43mmに、まあ短いならピントは出るだろうと、これでいいことにします。

今ちょっと仕事が忙しく、テストは後にしよう・・・と最初は思ったのですが、こういうおもちゃがくるといてもたってもいられません。結局テスト撮影してしまいました。先日買ったフィルターを取り付け、EFWのASCOMドライバをZWOのサイトよりダウンロードします。設定するとSharpCapからホイールの切り替えができます。あいにく曇りなので窓から見えたこんなものを撮ってみました。

Si8

隣のコンビニの看板。おお、ちゃんと色がついている。RGB合成はステライメージで行いました。今までも時々RGB合成使っていたのでやり方はすぐにわかりました。モノクロカメラないのになんでやっていたかというと、惑星を撮ったとき、大気差による色ズレを一度RGB分解して、調整して合成する、ということをやっていたからです。Photoshopでもできるか、と思ってやってみたらやりかたがよくわかりません。結局、R画像をモノクロからRGBモードに変更。Rチャンネルはそのまま、GBチャンネルにはG画像、B画像をコピペしたらカラー化できました。ちょっとスマートでないので、ほかにいい方法はないかと考えています。

次に晴れたらHD800に付けてみたいです。しかしカメラの回転が面倒そう。BORGのような回転装置を取り付けられればいいのですが、当面はスリーブを緩めて回すしかないようです。

| | コメント (2)

2019年12月 9日 (月)

カラー化計画

こんなものが届きました。

Img_1085

LRGBフィルターセット

電気羊さんではなく、天文通りさんから買いました。ヤフーショッピングに出店しています。近日中に失効するpaypayボーナスライトのポイントが1万円分あったのですが、どうやって使おうかと思っていたところにこれを見つけました。ほぼ持ち出し無しで買うことができました。フィルターホイールも買わなければなりません。これは天文通りさんには手動のしかないので電気羊さんから買おうと思います。USBで遠隔操作できるやつです。しかしこのフィルター、写真だと色が薄くて大丈夫かと思うのですが、コーティングの反射のようで透かしてみるとちゃんとRGBの色が付いています。まあ、当たり前ですけどね。フィルター枠の厚みは5mmでした。フィルターホイールが厚み7mm以下でないとだめとのことで、実際にものを見てから注文しようと思っていたのですが、大丈夫のようです。早速注文します。次の新月期に間に合えばいいなあ。

今は1年で最も日の入りが早い時期なんですね。18時には天文薄明も終わるという、星屋的にはうれしい時期です。しかし満月ではね。今日は珍しくいい天気でした。

Img_3337

帰り道、まさに一番星が輝いていました。その上にも少し明るい星が。調べたら土星でした。透明度がいいんでしょうね。土星も案外明るく見えるものです。

| | コメント (4)

2019年12月 7日 (土)

HDDは分解

なにやら、オクに出したハードディスクに個人情報が大量に残っていたということで問題になってるというニュースがありました。

なんで抹消しなかったんでしょうね。ズボラな私ですが、それでもお客さまから廃棄を頼まれたパソコンとかHDDはまずデータが外に漏れないよう気を配ります。やっぱり一番確実なのは分解ですね。

Img_1078

ここ1年くらい預かったHDDを分解して出たプラッタです。何枚あるのでしょう。容量でいえばペタバイト行くのでしょうか。テラの 1000倍ですから、そこまで行かないですね。

分解は慣れれば案外簡単です。アマゾンで買った1000円くらいのトクルスドライバのセットを使います。まず見えるネジを全部外す。どんなHDDにも必ずラベルに隠れているネジが1〜2本ありますので、それも忘れないように。外したらマイナスドライバーで蓋をこじ開ければ簡単に開きます。この段階でプラッタが見えるので、マイナスドライバか何かでごりごり傷を付ければまず読むことはできません。プラッタを外すのでしたらプラッタを止めてるネジも外します。ヘッドが邪魔で外しにくいですが、ヘッドを外すか、プラッタが外れる位置まで退避させます。退避させるのはちょっとコツがあります。メーカーによってみんな違います。外れたプラッタは鏡のように綺麗で、すぐに捨てるのは勿体なくて貯めていたらこんなになってしまいました。これも捨てるときは金槌で一枚一枚曲げて捨てます。アルミ製なので一撃で曲がります。ちなみに隣はノート用の2.5インチHDD。こちらはガラス製なので叩くと粉々になります。割るときはビニール袋の中で割りましょう。

もう冬間近です。雪も降りました。星見的には春までお休み。たまにこういうネタでつないでいこうと思います。

| | コメント (2)

2019年12月 1日 (日)

やっと車が来ました

10月に夕日撮影の帰り、自滅しておしゃかになってしまった我が愛車の代わりがようやくきました。今日はそれの試運転を兼ねてドライブ。行き先は会津の大内宿。

Img_3319

6年前にも一度来ています。今回2度目。もう近郊はだいたい行き尽くしてしまったので行きたいところもほぼなかったのですが、女房が行ってみたいというので行くことにしました。外国人観光客で溢れています。ここも有名になったものですね。なにか食べようと思ったのですが、蕎麦以外にあまりない。手軽に食べられるスナック的なものもないし。結局300円の巨大焼きたて煎餅を食べただけで帰って来ました。最初に行ったときほどの感動はありませんでした。美味しいものを期待して行った女房には悪いことをしました。

来た車はこれです。

Img_3326

前と同じフィットシャトルの中古。色違いです。半年金生活で新車を買うだけの財力がすでにないのと、現行で売られている車で欲しいものがない、ということで、結局おんなじものにしちゃいました。実は結構気に入っているんですよね。乗りやすいし、使いやすいし。まあ、グレードは前のよりも上なので若干は目新しさはありますが。前のは16万キロ走って、今度のは6万キロですから寿命は延びたことになります。もう10年は乗らねば。もうぶつけません。

帰り道に虹らしきものが。

Img_3328

幻日の一種なんでしょうか。ちょっと珍しいものを見た気分です。

このあと一路帰宅。休日に家に子供がだれもいない日は夫婦でドライブに行くということが定着してきたみたいです。まだ独立していない子供も二人いますが、そいつらもだんだん家にいない機会が増えることでしょう。老後のささやかな楽しみです。

| | コメント (6)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »