« 意外によく写る | トップページ | 晴れますね »

2019年11月27日 (水)

NGC891なんちゃってLRGB

 26日のちょっとの晴れ間に撮ったのはこれでした。

NGC891

20191126

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-10℃)、ノーフィルター、GAIN250、300秒×15枚+450秒×4枚、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

ASI183MM Proを初めて長焦点で使ってみました。ASI1600MC COOLの2000mmとASI183MM Proの1400mmの画角がだいたい同じなんですね。わかりやすい。画像処理後では明るく見えますが、大きい割には案外暗いです。エッジオン銀河では好きな対象です。かたち的には NGC4565より好きです。

そういえば去年も同じものをカラーで撮っていました。それを使ってLRGB合成してみました。

201911262

去年撮った「これ」をRGB画像に使いました。去年よりはノイズが減っています。なんちゃってLRGB合成ですが、それなりに効果はあるようです。しかしL画像が大事なんでしょうね。フラット撮るのを忘れました。背景もムラがあります。23日よりは透明度はよくなかったです。近征でもいいからもう少し暗いところにいけばもうちょっと良く写るんでしょうね。しかし重い機材を準備して出かけようという気が本当になくなりました。撮影中の寒さにも耐えられないかもしれません。人間、楽なほうに慣れちゃうと本当にダメですね。

|

« 意外によく写る | トップページ | 晴れますね »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

いや~、流石の一言です!
素晴らしい画像にビックリ。長焦点で冷却モノクロをあっさり使いこなし、更に秘伝のタレで難なくLRGB合成されちゃうあたり、凄すぎます。流石、まるひさんですね!

投稿: ちーすけ | 2019年11月28日 (木) 09時54分

使いこなすだなんて、まだテスト段階です〜
というか、カラー処理しなければむしろ簡単なんですよね。RGB合成とか、なんちゃらフィルターとかに手を出せばそんなわけにはいかないと思います。
このLRGBは、なんちゃって、なので褒められたものでないです〜
もうちょっと慣れたらフィルターホィールと、とりあえずRGBフィルター買ってまともなやつ目指します。

投稿: まるひ | 2019年11月29日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外によく写る | トップページ | 晴れますね »