« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月28日 (月)

明るいレンズで電視観望

今日は新月です。まあ、徹夜で星見をすることのない私に撮っては下弦から上弦までは十分好機なのですが。久しぶりに晴れたので前からやってみたかったことをやってみました。明るいレンズで電視観望をすること。SAMYANGの135mm、F2の望遠レンズにASI1600MC-COOLを付けてみました。場所は近くの郊外。遠征でなく近征です。ずいぶん薄明終了が早くなりました。18時20分にはもう終了です。ここは新潟市中心部から近いですが北から西にかけては海なので光害はありません。そっちに限ればいつもの山奥の遠征地の西側より暗いです。天頂にはそれほど濃くはありませんが天の川も十分見えています。宵の口でこれですから街の灯りが消える22時過ぎになれば相当良くなるものと思います。架台はAZ-GTiです。観望なのでこれで十分。はくちょう座あたりにレンズを向けてみました。すげー!PC画面一杯に星が広がっています。視野を動かすとぐりぐり着いてきます。ライブでこんなに見えるなんてちょっと感動。

網状星雲に向けてみました。

20191028

かすかですが見えます。ゲインを最大に上げれば数秒露出でも見え、まさにリアルタイムです。明るいレンズで暗いところだと、電視観望がこんなによく見えるとは思ってもいませんでした。これは楽しい。ライブスタックしてみましたが、経緯台のためか、スタックしてくれません。これはちょっと研究ですね。SAMYANGの135mmは機材整理の対象だったのですが、これでちょっと迷いが生じてきました。こういう遊びのために取っておこうかな・・・。北アメリカ星雲にも向けてみました。メキシコあたりはよく見えます。しかしちょっと薄雲が出始めてきたのでここまで。十分な観望は出来ませんでしたが、仕事帰りに寄れるここでも楽しめることがわかりました。M31とかM42を見たら凄いことになりそうです。馬頭も見えるかな、なんてことを考えるとちょっとわくわくしますね。これからの楽しみ方を見いだした気がします。

| | コメント (4)

2019年10月27日 (日)

イベント続きの週末

土曜日は高校の同窓会があり、久々に故郷の地を訪れました。

越後三山がよく見える・・・はずですが、この日は曇ってだめでした。

Dscn1034

会場はまさにこの間クマが出て何人か怪我したという場所にあります。まあ、駆除されたからもういないでしょう。

同窓会といっても全学年、全年度対象です。ですのでみんなに声をかければものすごい人数になるはず。そこはよくしたもので、幹事にあたった年度の学年に幹事が電話しまくって集めるというシステムらしい。現にこういう同窓会があることは卒業以来初めて知りました。今年がうちの年度が幹事でした。集まったのは百人くらい。半分はうちの年度の人たちでした。去年は70周年の節目の年で、ここの卒業生の渡辺謙さんもきてくれたそうです。司会の人が「君」付けで呼んでいましたので、たぶん同級生なのでしょう。

同窓会は定例的な会計報告のあとテーブルを囲んでの飲み会。そのあとは同じクラスだけで二次会、三次会と繰り出しました。卒業して45年です。風貌が変わった人、変わらない人、大金持ちもいれば私のようなビンボー人も・・・人生いろいろです。でも話し方やキャラは高校のときとまったく変わらないんですよね。私なんか地味で目立たなかったから、飲み会の最中でも「まるひくん、アンタもなにかしゃべってよ!」と怒られました。クラスのライングループを作ったみたいですが、私は今だにガラケー。グループには入れません。やっぱりスマホにしないとだめかなあ。

翌日は早々にホテルを出発。これもここにくるといつも撮る権現堂山。わりと晴れることが多いのですが、この日は朝霧がかかっていました。

Img_3240

日曜日は夕方、楽しみにしていた某女性シンガーのライブに行きました。楽しかったです。ライブって割とそのアーティストが出した最新アルバムの宣伝を兼ねて知らない曲を半分くらい歌うってあるあるですが、この日のはほとんどが昔の馴染みのある曲ばかり、やっぱりお客さんってそういうのを求めているんですよね。ライブに行く目的って「これを聞きにきた」って曲が必ずあると思うのですが、期待を裏切らず歌ってくれました。「私たち」。これでこのシンガーが誰かわかったらあなたも相当なファンですね。大事なアンコール曲でまさかの途中で歌詞を間違えやりなおし。このシンガーさんも還暦ですからご愛嬌。会場のみんな、同じようなお歳を召した方ばかりです。アンコールのあとはなんとまさかの記念撮影大会。しまった、カメラを持っていませんでした。ガラケーで撮ってもね。やっぱりスマホにするべきかなあ。まあ、新潟贔屓のようですので、またチャンスはあるでしょう。

さて、帰ってからやっぱりライン仲間はずれは寂しいと思いました。実はAZ-GTiコントロール用にしている娘のお下がりのiPhoneにLINEは入れてあります。アカウントも取ってあります。今まで誰にも友だち申請しなかっただけで、使えます。LINE IDを同級生にメールで教え、なんとかグループに入れてもらいました。すぐに書き込みがありました。カラオケ最中でした。動画付きでした。楽しいといえば楽しいですが、こういうの、のめり込んでしまうことがわかっているので手を出さなかったんですよね。このさきどうなるか、自分でもちょっと心配ではあります。

・・・と怒涛の週末が過ぎました。この秋はイベントが多かったです。来週は二男の結婚式。それですべて完了です。あとはのんびり冬を迎えたいです。

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

こういうのを撮っていきたい

だいぶ遅くなっちゃいましたが、9月26日に撮ったものです。このところいろんな事が重なりすぎて処理も滞っていて、やっと取りかかれました。

201909262_20191020004801

NGC7331とステファンの五つ子

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、上下2枚をモザイクしました。詳しいデータは割愛。枚数が全然稼げなくて荒れ荒れです。

私の自宅光害地でもこの程度は写ります。ですので、もっと枚数稼げればもう少しまともな作品になるのでは、と思っています。目標としては機材を整理して出来た資金でカメラをモノクロ冷却にしたい。遠征しないと決めれば平日でもじっくり撮れると思うので一つの対象を時間かけて丁寧に撮りたい。そんなところです。長焦点だと撮れる対象が増えますよね。あまり他の人が目を向けない対象も撮っていきたいと思っています。正直、短焦点での星雲はみなさんレベルが上がりすぎて私には無理です。誰の評価もいらないので、地味でも自分の撮りたい対象を撮って行きたいです。オラわくわくしてきたぞ。そのためにはまず資金だなー。機材整理をそろそろ始めねば。

| | コメント (6)

2019年10月17日 (木)

MacBook Airを修理

壊れたMacBook Airをもらいました。タダで。

Img_1012_r

液晶が見事に割れています。たぶんキーボードになにか載せたままで蓋を閉じたのでしょう。有りそうです。液晶割れ以外は問題なさそう。なんとか直す算段をしました。2012年製なのて゛もうメーカーでは修理を受け付けていません。していたとしても莫大な金額がかかりそうです。Mac修理専門会社に出す手もあります。メーカーより安いとはいえ、3~4万円くらいかかりそうです。そのお金を払う価値があるのか。このままオークションに出すという手もありますが、個人情報が入っているので初期化しなければならない。初期化するためには画面が映らなければできない。結局直さざるを得ないようです。アマゾンを見たらこれに使える修理用液晶パネルがありました。1万5千円。これなら許容範囲です。

届きました。

Img_1014_r

非常に薄いです。確かに割れやすい。

さて、次は分解です。ネットを見ると超ウルトラ難易度高そうです。素人は絶対やるな、と書いてあります。でもやっちゃいます。まずはベゼル剥がし。これは両面テープで貼ってあるだけです。しかし堅い。暖めながらヘラで少しずつ剥がすしかないのですが、焦るとベゼルを曲げてしまい、組み立て直したときみっともなくなるそうです。ベゼルを剥がすとき、注意しないと液晶を割ります。案の定注意しても液晶はバキバキに割れてしまいました。まあ、どうせ使えないんだしいいのですが、ガラス破片を取るのが大変でした。で、さらに大変なのが、液晶と本体をつないでいるケーブルを外すこと。これが狭い隙間からピンセットを使ってやるのですが、すごく器用さを要します。なんとか外しました。ここでミスに気づきました。液晶を剥がず時、ヘラで偏光板を傷つけてしまいました。ネットの分解法に書いてあったのですが読み飛ばしてしまいました。大きな影響はなさそうですが、ちょっとがっかり。なんとか液晶を付け終わり、本体とのケーブルを繋ぐのですが、これが外すよりさらに高難易度。人間ができる技ではありません。5mmくらいの隙間にピンセットを差し入れ、ほぼ手探りでコネクタに差し込むのですが、何度トライしてもうまくいきません。結局これだけで30分かかってしまいました。

なんとか組み立て終わり。

Img_1017_r

OSを再インストールしました。やったー!見事復活しました。久々に達成感のある作業でした。例の偏光板の傷は見えるものの、さほど目立たないし、白い背景でもなければわからないので実用上問題なさそうです。それに注意していたのですが、ゴミが1個だけですが入り込んでいました。いまさら取るわけにいかないし、しかたありません。

OSはLionでしたので、最新にアップグレードしようとしましたがCatalinaは本体が古くてサポート外です。Mojaveもだめ。2つ前のHigh Sierraが入りました。今持ってる15インチMacBook Proよりも軽いのでこちらをメインのノートパソコンにしようと思います。同じ環境にしようとWindowsもいれるべく、仮想化ソフトParallelsを入れてみました。しかしメインメモリが4GBしかないため、mac OSと分け合うと1.5GBしか使えません。これではWindows 10が動く訳ありません。Parallelsは諦めてBoot Campにしました。しかしこちらはWindows 10が未対応。無理矢理入れてみましたが、起動してしばらくすると魔のQRコードを表示してストップしてしまいます。ドライバが対応していないのでしょう。古いのでたぶん対応させる気もないのだと思います。Windows 7はもうすぐサポート終了だし、そこでWindows 8.1を入れることにしました。サポートは2023年まであるし、3年後にまた考えることにします。なんとかWindowsもインストールできました。どうせネットだけしか見ないので、Windowsはいらないのですが、ステラナビゲータを使いたいので、ほぼそのためだけです。

さて、こちらをメインにすると今まで使っていたMacBook Proはどうしましょう。メモリも多いしスペックも結構いいのですが2つ持っていてもしかたがないし、修理代を捻出するために売っちゃおうかな、と考えています。たぶん修理代より高く売れるでしょう。そうしたら機材更新計画の資金にしようと思います。そっちもそろそろ取りかからなければ。

| | コメント (2)

2019年10月11日 (金)

静けさ・・・

スーパー台風が迫ってきています。いよいよ明日。台風嫌いの私はビクビクです。今日はまだ穏やかです。風もそよ風程度。しかし台風前の風って弱くてもなにか不気味な雰囲気でいや~な気分です。海も結構凪いでいます。でも明日は大荒れなんでしょうね。

Img_3236

こういう時は乳房雲が出ることがあるのですが、出ていませんでした。でもなんか独特の雲ですね。台風ニュースあるあるですが、ラジオのアナウンサーが、台風が近づいているので雲の動きが速いです、とかよく言いますが、台風周辺の雲ってほぼ動かないですよね。本当は空見ていないだろ、とツッコミたくなります。

台風の左側は風が弱いといいます。実際このコースの時は強かった覚えがありません。でも今回のは強くて大きいのでその法則も当てはまらないかもしれません。なんとかたいした被害にならなくて通り過ぎてくれますように・・・(ー人ー)

| | コメント (2)

2019年10月10日 (木)

あるきっかけ

昨日に引き続きよく晴れました。仕事で根を詰めて気分転換でもしようと夕日でも見に行きました。

201910101

海水温の影響か、太陽が歪んでいます。グリーンフラッシュはわずかに緑になりましたが、現れませんでした。

夕焼けは美しかったです。

101910102

しばし至福の時を過ごした後、帰りました

帰り道、事故りました。・・・といっても自損です。バックでコンクリート壁にぶつかったので体はなんともないですが、後ろがほぼ大破です。修理には相当金額がかかりそうです。でも16万キロ走ったし、直す以外に買い換えも考えています。これをきっかけにある決断をしました。星見で遠征は止めます。実は最近なんとなく考えていたのですが、なかなか決心が付きませんでした。そう思った理由はいくつかあります。私のスタイルでは遠征しても長時間露光ができるわけでもなく、中途半端な作品しか撮れません。晴天率もここ何年かは低いですし、年に数えるくらいしか行けないのでモチベーションも下がっています。それなら自宅で撮れる対象を平日でも細々と撮っていたほうがよほど楽しめそうです。暗いところに行きたくなったら近くの郊外に行きます。西限定ですが案外暗いです。女房に話したら大賛成。あまり言わなかったけど、遠征の時はとても心配だったとのこと。天の川が見たくなったら私も一緒について行く、と言ってくれました。なんかちょっと心のもやもやが晴れた気分です。そう思えば今回の事故はいい方に向いたと考えるべきかもしれません。機材の大幅整理もやろうと思います。出来た資金で光害地でも楽しめるナローバンドでも始めようかな。

| | コメント (2)

2019年10月 9日 (水)

月を電視撮影

これも電視観望のひとつでしょうか。10cm反射(SE-AT100n)をAZ-GTiに載せたものを物星台に上げ、Wi-Fiを増設したPCでAZ-GTiをコントロールしながら家のPCともWi-Fiでつなぎ、リモートで電視観望しました。カメラはQHY5LⅡ。豆粒センサーですが、月の半分はカバーします。案外広いものです。全体を撮るための2枚モザイクしてみました。

20191009

MS-ICEでつなぎました。Photoshopではつながりません。なぜか昔のテレビの走査線みたいな縞模様が入ってしまいます。Photoshopのインターレース解除のフィルター使って消しました。Registaxでちょっとシャープに。5,000円で買った望遠鏡にしては上出来だと思います。これから寒くなりますし、こんな風に月夜でも家でぬくぬく月面探索できれば楽しいです。

明日も晴れる予報です。なんで満月期に晴れるんでしょうね。台風が週末に来るみたいに、自然の摂理も人間の都合を考えているんでしょうか。

| | コメント (2)

2019年10月 5日 (土)

行形亭へ行ってきました

行形亭へ行ってきました。今日、長男の結婚式があったからです。行形亭は創業300年、新潟市の老舗高級料亭として知られ、普通なら私のような庶民にはまず行くことができないお店です。

Img_3215

娘です。時々このブログにも登場していますが、相変わらず後ろ姿での登場です。今日はめいっぱいのおめかししてます。

実は挙式はキリスト教式でした。さすがにここにはチャペルはないので、別のところで挙げ、その後でここに。まあ、おめでたいので和洋折衷もいいのではないでしょうか。私は新郎の父ですので、今日はおもてなしをする側です。親族紹介、招待客への挨拶、両家代表挨拶など、普段慣れないことばかりで緊張しました。なんとか無事終わり、ほっとしているところです。

ところで行形亭は「いきなりや」と読みます。知らない人で一発で読める人はまずいないでしょう。子どもは最初に聞いたとき、全国チェーンのステーキ屋さんの姉妹店かと思ったそうです。女房は一生に一度来たかったそうですが、夢が叶って満足していました。最近は昔のような高級路線だけでなく、昼はカフェも初めて入り安くなったようです。とはいえ、この雰囲気は気軽にという感じではないですね。死ぬまでにもう一度行けるかどうか・・・

| | コメント (2)

2019年10月 2日 (水)

2番目の月もちょっと好き

本当でしたらこの記事は昨日載せるべきでしたが、SDカードを職場に忘れてきたので載せられませんでした。ですので1日遅れです。今日は三日月でしたね。

日没まもなく、薄雲が多いながらも前日の1番目の月よりもちょっと太い月が見えていました。これだけなら写真に撮る気もなかったのですが、ちょっとの間に急速に雲がなくなりあっという間に快晴。透明度も良くて夕焼けもきれいなあかね色です。これなら写真撮らねばとちょっと町外れまで行ってみました。

Img_3204

夕焼け空に星も輝き、高層の飛行機雲もいい演出しています。

望遠鏡を向けてみました。

Img_9430

mini Borg 60ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス、約980mm相当です。

露出を上げて地球照を出してみました。

Img_9429

三脚固定だったらぶれてしまいますね。AZ-GTiで追尾しています。結構こういうお気軽撮影に威力を発揮します。意外な使い道で重宝しています。

三日月以上はさすがにカメラを向ける気が失せてきます。撮るなら大きな望遠鏡できっちりシャープに撮ったり、拡大したりします。で、また満月近くになると東の薄明の空低い、おぼろげな月の風景を撮りたくなるんですよね。星雲マニアには嫌われる月ですが。撮りようによっては案外楽しい天体です。

| | コメント (2)

2019年10月 1日 (火)

メトカーフコンポジットできず

先日9月26日(正確には0時過ぎたので27日)に撮った C/2018 W2、アフリカーノ彗星を核基準コンポジットしてみました。

201909262

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN600、SharpCapで 30秒×12枚、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、若干トリミング

なかなか問題多い画像ですが、ご容赦を。LPR-Nフィルターによる色カブリをうまく補正できません。短時間露光にするため、GAINを600にしましたが、ほとんど実用になりません。メトカーフコンポジットはできなかったので普通の核基準コンポジットです。

メトカーフコンポジットって結構難易度高いことがわかりました。彗星の動く速度やレンズの焦点距離、カメラのピクセルサイズやらいろんな条件を加味しないとだめなんですね。ステライメージでステラナビゲータから軌道情報をもらって自動でできる機能もあるようですが、カメラの種類が限定され(ASI1600MCはリストにない)、Exifから時刻を読むのか、撮影前にカメラの時刻を合わせなければならないという、下準備も必要みたいです。何十枚もコンポジットするならやればとても強力なのでしょうが、私のようなにわかコメットシューターには敷居が高いです。それにしてもメトカーフコンポジットと核基準コンポジットの違いがよくわかりません。結果にどこか違いが出るんですかね。

それにしてもPC画面で見ていると30秒ごとにアニメーションを見ているように動いていくので楽しいです。彗星観望にこういう楽しみ方もあるのだと思いました。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »