« デネブを撮ってみた | トップページ | 1番目の月がいちばん好き »

2019年9月27日 (金)

こんなところにC/2018 W2

昨日はよく晴れました。何ヶ月ぶり。いや、晴れるだけならこの1ヶ月に2~3日あったと思いますが、満月期だったんですよね。新月期に晴れるのは2ヶ月ぶりくらいかも。平日なんで、というよりなかなか遠征もおっくうになってきたので自宅でお気軽撮影にしました。極軸もばっちり合ったみたいで、導入もすべての天体が一発で視野に入ります。家の中からパソコン使ってのんびり撮っていました。暇なのでネットみてたらアフリカーノ彗星というのがいい条件のところにいるみたいです。どこかと探してみたら今撮影している対象の至近角距離。導入してみました。一発で1400mmの視野に入ってくれました。こうも自動導入が決まると気持ちいいですね。

201909261

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN450、SharpCapで 180秒×1枚、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

動き早っ。3分でこんなに動いています。ステラナビゲータによると尾は下に出ていますが、写真では左上に出ているように見えます。カブリ除去仕切れなかったのでカブリかもしれませんが、わかりません。ちなみに上が北です。星図の通りです。短時間露光で複数枚撮影してみましたが、メトカーフコンポジットやってみたいです。やったことないのでうまくできるかわかりませんがまたしばらく天気悪そうなのでのんびりやってみます。

|

« デネブを撮ってみた | トップページ | 1番目の月がいちばん好き »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ほんとう、久しぶりに星空撮影日和になりました。
GPVでは薄雲が拡がる予報でしたが、信じなくて良かったです。
まるひ様もアフリカーノを撮られていたのですね。
ステラナビゲーターで光度を調べたら、ここ数日が最大光度。
どうやら地球に一番近づいていたようです。
実は私も撮影しましたが、2分露出でもコマが伸びてしまいました(涙)
ここ最近は肉眼彗星の出現も少なく、9等くらいの彗星でも喜んで撮りました。
久しぶりに明るいヤツが現われないですかね~ぇ。

投稿: ecl | 2019年9月28日 (土) 08時09分

こんばんは。
25日にアフリカ―ノ彗星をみましたが、思ったより暗く23.5センチシュミカセで11等くらいでした。
ペガススの四辺形にあって見やすいです。

丁度25日に地球が彗星の軌道面を通ってダストの尾が写りやすいようです。動きが早いので長焦点ならメトカーフ法になるでしょうか。

投稿: skame | 2019年9月28日 (土) 20時38分

eclさん
彗星情報に疎いので、全然眼中にありませんでした。他の方のブログで知り、どこだろうと探したらまさに天頂にいたので導入してみました。フィールドで手動で導入してたらたぶん見つけられなかったでしょう。室内撮影のメリットを感じました。
大彗星は20年に一度現れると聞いたことがあります。ヘールボップからもう20年以上経つんですよね。自分が星になる前にもう一度見たいです。

投稿: まるひ | 2019年9月29日 (日) 00時04分

skameさん
すみません、ココログのコメント表示に不具合があってお返事遅くなってしまいました。
そういえば25日も雲が多いながら星が出ていましたね。
11等ですか。予報よりも暗いんですね。もう少し暗いところで撮れば尾も写ったかもしれませんが、光害地ですのでこれ以上は難しそうです。
メトカーフ法ってよく理解していませんが、事前の準備とか難しいようですね。これから自宅撮影が多くなれば腰を落ち着けてやれるのでいつか挑戦してみたいです。

投稿: まるひ | 2019年9月29日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デネブを撮ってみた | トップページ | 1番目の月がいちばん好き »