« 星マスクの重要性 | トップページ | 空に月、川に星 »

2019年8月10日 (土)

シーイング良・・・ですが

今日も暑い。久々に夕方比較的早い時間に帰れたので望遠鏡覗くことにしました。赤道儀は数日前から物星台に設置しっぱなしです。筒を載せるだけ。案外シーイングは良さそうです。最良とか行きませんが、良くらい。

201908103

HD800+ASI290MC、SharpCap、AutoStakkert、Registax

割とよく撮れたと思います。そこで2倍バローを付けてみました。

201908101

う~ん、何ですかね。像が悪くなっています。そもそも余計な光学系を追加するわけですからいくらかの劣化があるのは当然だとしても、解像度もコントラストも落ちている。バローレンズの品質が悪いのか。やっぱり安物はだめなのかなあ。最近あるブログでこれとほぼ同じ光学系とカメラでこれより遥かに素晴らしい作品を見ました。解はあるので感張ればそこまで行けるということです。まず疑わしいのが光軸です。きちんと合っていないというのは明らかなのですが、どうにもコツがつかめません。そもそも最近は夕方晴れてもすぐに曇られてしまうので、じっくり合わせるということができません。その次はバローの買い換えですかね。パワーメイトが欲しいけど高いし、さほど大きな差はないという記事も見るし、悩ましいところです。やっぱり光軸きちんと合わせて良シーイングを待つしかないんですかね。惑星は写すだけなら簡単だけど極めるというのはすごく難しいです。

 

|

« 星マスクの重要性 | トップページ | 空に月、川に星 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星マスクの重要性 | トップページ | 空に月、川に星 »