« ホーム撮影地に異変 | トップページ | らせん星雲 »

2019年8月 4日 (日)

セカンド撮影地へ

ホーム撮影地もいつまでも安住の地でなくなりつつあるようで、最近は時間のあるときは別のところに行くこともあります。村上市の向こう、天蓋高原です。新潟、いや日本屈指の星見スポットでもありますが、関東圏からは遠すぎるのでそれほど多くのマニアは訪れません。それでも晴れた日には人を見かけないことはないです。交流広場は駐車場も広く、トイレ、水も整備されていますので普通はみなさんここで撮影されるようです。しかし、私はどうもいろいろ車が出入りするところは好きではありません。ですので私はいつもここから少し離れた農道で撮影をすることにしています。まず誰も来ないし、交流広場よりも視界が開けていて、宇宙の真ん中に一人立つ気分が味わえるので最高です。

夕暮れの頃に到着しました。

Img_3064

若干傾斜はありますが、地面は舗装されていますので機材は設営には困りません。農道とはいえ、ここだけ広い。車駐めて機材をいくつか立てても余裕があります。メイン機材での撮影は相変わらず忘れ物とか、失敗続きで今回も成果はほぼなしです。しかし夏の一日を宇宙の真ん中で過ごせたことがなによりの幸せです。

撤収間際に撮った星空

201908031

パノラマ合成しました。左のオレンジは村上市の灯りです。日本屈指の星空とはいえ、あの方角だけは残念です。右にも青い灯りが。あちらには大きな街はないのですが、光の色からして都市光ではないようです。こういう灯りが周囲にいくつかありますが、もしかしたら日本海の漁り火かもしれません。あれも光害なんでしょうけど、見ている分には美しいと感じました。

機材を撤収中に車が1台やってきました。この時間、こんなところに来るのは同業者以外にありません。と思ったら通り過ぎて行きました。星屋さんなら声をかけてくると思いましたが、そうでないところを見るとただ走り屋さんかもしれません。たまに農道の真ん中でカメラを放置して撮ることもありますが、やらなくてよかったです。誰もこないだろうとは思えど、車も脇に駐め、機材も車が通れるスペースを空けて設置したのですが、正解でした。夏の夜の天蓋高原は星屋さん以外にもいろいろな人が集まります。

|

« ホーム撮影地に異変 | トップページ | らせん星雲 »

星見」カテゴリの記事

コメント

ニアミスでしたね。ぼくも土日2日連続でこの場所へ行きました。とはいえ、まるひさんのポイントより若干下手側。進入経路も異なるので、出会わなかったのでしょう。ぼくが近年行くのは、もっぱらこちら。まるひさんにある場所をお教えしましたよね。あの小道から道路をはさんで対岸に農道があります(ですから十字路になっているんです、よく見ると)よね、そこの農道を入っていくと100mほどで溜池が出てきて(今回ここでホタルを最初撮っていました)、さらに100mで段々田んぼの入り口に出ます。ここもいい場所ですよ。土曜は空気も乾いていて、シーンイングが良かったと思います。まるひさんの行かれた日はどちらでしたか?日曜は湿度も高く、若干眠い空でした。

投稿: Toshihiko Sato | 2019年8月 5日 (月) 11時39分

ニアミスでしたね。私が行ったのも土曜日です。いい空でした。直線で500mも離れていないところにいらしたんですね。通りかかった車はSatoさんかと思いましたが、スポーツタイプでしたし、Satoさんなら声をかけて来るでしょう。
あの農道は去年降りたのですが、確か池まで行かないで途中で引き返して、あの段々田んぼのところまで行かなかったような気がします。そこも広々していいところのようですね。南に鉄塔がない分、いいかもしれません。今度行ってみます。
新潟からは高速無料区間使って1時間半で来れます。案外時間がかからないのでこれからも行く機会が増えると思います。週末の晴れた日は比較的高い確率で松の木平あたりにいるかもしれません。探してみてください。

投稿: まるひ | 2019年8月 5日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーム撮影地に異変 | トップページ | らせん星雲 »