« セカンド撮影地へ | トップページ | 星マスクの重要性 »

2019年8月 6日 (火)

らせん星雲

タイトルが思いつかないので、そのものずばりです。

201908033

R200SS 20cm 800mm(コマコレPHで760mm F3.8)、Astro 60D(約-5℃)、ISO3200、300秒×10枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding RAP2、ステライメージ、StarNet++、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

私的にはちょっと画像処理をまじめにやってみました。まあ、決して褒められた出来ではないのですが。中心部は青が正解なのか、緑が正解なのかわかりません。私は涼しげな青が好きなのでこんな感じにしました。周辺はもっと赤かったのですが、派手なのは好まないので抑え気味にしてあります。撮影者の好みが出る対象だと思います。

この日も重要なものを忘れました。ガイドカメラ用のUSBケーブル。なにかないかと探し回ったら、自作シャッターコントローラーに付いていました。しかし短い。ぎりぎりなのでパソコンを持ち上げる工夫をしたりと涙ぐましい努力でした。機材の整理整頓が苦手です。いつもぐちゃぐちゃ。だから忘れるんです。みなさんきちんと機材管理していますよね。私はだめです。

さらに言うと、本当はこの日の狙いはM20三裂星雲だったのですが、だめでした。なぜか視野の真ん中に入らない。自動導入で近傍の恒星は入るのに、M20を指定すると全く外れてしまいます。理由がわかりません。なんとか手動で真ん中に入れてガイドしてみますが、どうしても流れてしまう。時間も勿体ないので止めました。今までM20をきちんと撮ったことがありません。どうも相性が悪いみたいです。子どもの頃からの憧れの対象なんですが、一生撮れず終いになるかもしれません。

|

« セカンド撮影地へ | トップページ | 星マスクの重要性 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

らせん星雲、綺麗ですね。らせんの立体感も感じられます。
実は私はまるひさんと逆で、今までらせん星雲をまともに撮ったっ事がありません。狙った日に曇られたり、機材トラブルだったり上手くいきませんでした。一度はしっかり撮ってみたいです。その代わり三裂星雲はとりあえず2,3枚撮っています。 
 結局南天の低空は新潟ではチャンスが少ないという事でしょうか。それとも相性みたいなものがあるのでしょうかね。

投稿: tantan | 2019年8月 7日 (水) 07時41分

それは意外。tantanさんがこのメジャー対象を撮れていないとは。
私は三裂以外にも彼岸花、出目金、わし、オメガなどまだまだたくさんあります。
冬物ではかもめもそうですが、馬頭も満足なのはないんですよね。
こうやって挙げてみると、赤モノを後回しにしている傾向が見られます。やっぱり好みは現れるんですね。

投稿: まるひ | 2019年8月 7日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セカンド撮影地へ | トップページ | 星マスクの重要性 »