« ネタがないときゃ空を撮る | トップページ | 七夕の天の川 »

2019年7月 5日 (金)

やっぱり空を撮る

昨日は月齢1の月と火星と水星の接近の日でした。撮りたかったのですが急用が。仕事だったら、あっ、その日ダメなんですぅ、とか言えるのですが、逆に仕事絡みでないとそっちを優先しなければならない気になります。曇り予報だったのでたぶん見られないだろうと思っていたら、当日になって急に晴れてきました。梅雨時の天気予報は翌日でも当てになりません。雲は多めでしたが移動すればたぶん雲間から見られたのだろうと思うとちょっと惜しかった気分です。ま、たいした現象でもないししょうがないや、と思うことにします。

といいながら未練がましく今日、ちょっと離れてしまいましたが月齢2の月と火星と水星を一緒に納めたくて、夕方出かけました。

Img_2995

例の越後平野がきれいなところです。しかしだめだー、月のあたりは雲で覆われています。水星火星はとてもじゃないけど探せません。これだけ撮って諦めました。地味だけど結構接近モノが好きなんですよね。誰そ彼どきがなんともいえません。最近そういうことに楽しみを見いだしています。

|

« ネタがないときゃ空を撮る | トップページ | 七夕の天の川 »

一般写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネタがないときゃ空を撮る | トップページ | 七夕の天の川 »