« 梅雨の晴れ間 | トップページ | やっぱり空を撮る »

2019年7月 2日 (火)

ネタがないときゃ空を撮る

このところ梅雨らしい天気が続き、星にはお目にかかれません。新月期ですが休業状態です。あんまり更新しないと安否を気遣われそうなのでなにか書きます。

室内にじっと閉じこもるのが苦手です。仕事でずっと職場にいたとしても夕方になると外の空気を吸いたくなります。休みの日でも雨が降っていても傘さして散歩に行きます。犬の散歩みたいに毎日外を歩かないと体が腐りそうです。息子も同じみたいですが、女房と娘は一日中であろうが何日であろうが閉じこもることが出来るらしいです。将来寝たきりになったら気が狂ってしまうかもしれません。おかげで引きこもりとは無縁の人生でしたが。それはさておいて、夕方涼しい空気を吸いたくなり、日没後の海岸を散歩してみました。

Img_2978

なんだか夕焼けが出るかどうかという曇り空でしたが、意外にきれいなあかね色に染まってくれました。ここは新潟市の関屋分水の河口、関分公園です。遊歩道があるのでいい散歩コースです。

月見草が咲いていました。

Img_2983

マツヨイグサを月見草と呼ぶこともあるようです。ググってみたら本当の月見草はピンクなんだとか。じゃやっぱりこれはマツヨイグサなんですかね。そういえば胎内の桃崎浜に月見草の地の看板を見た覚えがあります。グーグルマップで見たらありました。確かにピンクの本物が咲くらしいです。日没と共に咲いて、日の出と共にしぼむのだとか。はかない美しさなんでしょうね。これはぜひ一度見てみたい。この夏の楽しみにしたいと思います。

|

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | やっぱり空を撮る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よい色に染まりましたね。古屋君からも綺麗な夕焼けが見えましたが、やはり新潟らしいのは海を染める夕焼けと海に沈む夕日ですね。
マツヨイグサは子どもの頃は海岸や空き地に雑草のように生えていた記憶がありますが、最近はこうやって保護しているのでしょうか。ハマナスやグミも減ったような気がします。

投稿: tantan | 2019年7月 4日 (木) 05時20分

tantanさん
この日は大して期待はしていなかったのですが、思いがけずきれいな色に染まってくれました。ネタがなかったら海に行くのは手ですね。
私も新潟市の砂丘にさくマツヨイグサやグミはイメージにあるのですが、はっきりしたものではなく、なんか話を聞いて脳内記憶が作られただけのような気がします。
今日は月齢1の月と火星と水星が接近する日でした。ずっと狙っていたのですが昨日になって用事ができ出かけられませんでした。西の空は微妙でしたが見られたとしたらちょっと残念です・・・

投稿: まるひ | 2019年7月 4日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の晴れ間 | トップページ | やっぱり空を撮る »