« 北か南か | トップページ | 室内観望 »

2019年6月19日 (水)

地震と惑星大接近

イベントものはその日にアップしたいと思っているのですが、昨日はブログを書こうと思ったところに地震発生。私のところもかなり揺れました。っていうか津波で避難指示まで出ています。私のところは海に近いとはいえ、高台でむしろ避難場所になっているところの近くですので逃げようもありません。被害の状況もわからないのに脳天気にブログ書いている場合でもないので自粛。ずっと地震情報のテレビ見ていました。幸いというか人的被害はほとんどなく、思ったほど大被害ではなかったようなので今日はブログ書く余裕も出てきました。とはいえ、震源近くは住宅被害などあったようですのでお見舞い申し上げます。

昨日のイベントは火星と水星の大接近。あまり惑星とか月の接近モノは興味がないのですが、今回はかなり近づく様子です。目立った天文現象のない今年にあっては、私的には最大イベントです。天気が危ぶまれましたが空を見ると南は怪しいですが、北のほうは結構晴れ間のある様子。先週グリーンフラッシュで行ったばかりですが、またまた聖籠町の次第浜まで行きました。雲は多いながらも西のほうには隙間があります。暗くなりいくつかの星も見え始めた頃、双眼鏡で探していたら雲間から現れました。

201906181

miniBORG 60ED+0.85倍レデューサー(約295mm)、EOS 60D、AZ-GTi経緯台モード、若干トリミング

透明度は悪いと思いましたが、周りの星も結構写っていますね。月の半径分くらいまで接近しています。肉眼では水星はかろうじて見えましたが、火星のほうはよくわかりませんでした。

カメラレンズでも撮ってみました。

201906182

TAMRON SP AF 28-75mm(約60mm)、EOS 60D、固定撮影

右上の星は双子座のカストルとポルックスです。海にはイカ釣り船。このあと雲に隠れてしまいましたのでここで撤収です。

さて、この2時間後に地震が発生するわけです。より震源に近いし海岸ですので、ちょっと運が悪かったら、天文マニア津波にさらわれる、なんてことにもなりかねなかったかと思うと怖いです。海岸で撮影しているときにたまに、ここで地震が起こったらどうなるんだろう、とかおぼろげに考えることもあります。そんなことが現実になりそうな夜でした。

|

« 北か南か | トップページ | 室内観望 »

星見」カテゴリの記事

コメント

まるひさん、早々のお見舞いありがとうございました。
惑星接近を撮影されていたのですね。何事も無くて本当に良かったです。2時間というのは、確かに一歩間違えばという感じですよね。海岸は津波、山奥では土砂災害、夜活動する星屋は何か災害に巻き込まれるときは夜間なので怖いです。


子どもの頃、惑星直列で大災害とかまことしやかに騒ぎましたが、「地震と惑星大接近」というタイトルでふと思い出しました。地震はいまだに予知できないようですから怖いです。

投稿: tantan | 2019年6月20日 (木) 06時37分

tantanさん
今回はたまたま海岸にいるときに発生しませんでしたが、いるときに起こっていたらかなりびびったと思います。
揺れは感じなくても津波がくることがあるそうですから地震情報に注意しなければなりませんね。やっぱりスマホに替えようかな。
山奥にいるときの地震も怖いです。人気の無い峠で起こったら誰にも発見されずに孤立してしまうかもしれません。でもそればっかり気にして行動が狭くなってもなんですし・・・
そうか、この地震は火星と水星が近づいた重力の影響・・・なーんてそういうの好きな人は主張するかもですね。

投稿: まるひ | 2019年6月20日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北か南か | トップページ | 室内観望 »