« 太陽の変化(へんげ) | トップページ | 地震と惑星大接近 »

2019年6月14日 (金)

北か南か

昨日のグリーンフラッシュですが、せっかくなのでトリミングして拡大してみました。

201906136

mini BORG45ED+1.4倍テレコンバータ+2倍テレプラス(約840mm)、EOS 60D、強トリミング、画像処理もして少し鑑賞用に調整しました。

昨日グリーンフラッシュを見に行くとき、北にしようか南にしようか悩みました。いつもなら南です。夏至に近いので佐渡に沈まない最も近いところは寺泊の向こう、和島あたりです。逆に北は聖籠町あたりが最も近い。東港の少し向こうです。職場からですと南の方が10kmくらい近い。でも北に行く機会ってあんまりないです。佐渡の右側に沈む夕日も見てみたい。これからは佐渡に沈まないポイントは逃げるように北上し10月には山形県まで行ってしまいます。そんなに行ける機会はない、と思ったら少々遠くても北に行くことにしました。まあでも自宅は職場よりも10kmくらい北なので、撮ったあとで家に帰ることを考えるとどっちでもほとんど同じなんですけど。

17時半頃出発して18時半頃には着きました。まだ太陽は高い。事前にストリートビューでチェックした、次第浜あたりにします。駐車場が完備されている隣の網代浜という手もありましたが、釣り人の車が多いので、静かに見たい私としては少し離れた砂利道で止めて三脚を立てました。

そこから見た粟島のパノラマ。840mmで3枚合成です。コントラストが低いのでPhotomergeでもICEでもつないでくれません。手動で合成しました。ここまでくると粟島もでかいですね。

201906137

遥か遠くに胎内沖のガス田基地が見えます。これも超望遠でこんなに近くに。

201906138

いつも思うんですが、あそこでの世間から隔離されている生活がどんななのかってちょっと興味があります。南極観測隊に近いものがあるんですかね。

撮影後は一路帰宅。20時半頃着きました。夕日を撮影したあと、マジックアワーを楽しみながら帰るのも好きなんですよね。

|

« 太陽の変化(へんげ) | トップページ | 地震と惑星大接近 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい写真になりましたね。
私みたいにコンデジ片手に出かけるのと違って、写りが素晴らしい!
これは玄関先に飾らなければ・・・ですね。

投稿: ecl | 2019年6月15日 (土) 08時57分

この季節はボーグを夕日仕様に仕立てて車に積んでいて、いつ何時チャンスが訪れてもいいようにスタンバイしています。いったい仕事もほったらかしてなにしてるんでしょうね。まあ、還暦もとうに過ぎましたし、給料も下がったので、そんなに働かなくてもいいかなと、テキトーに楽しむことにしています。
玄関先に飾るのもいいですね。しかし家族とか訪問客はたぶんなんだかわからないでしょう。沈む前の夕日のほうがまだ一般受けするかもしれません。

投稿: まるひ | 2019年6月15日 (土) 18時11分

その昔、ガス田基地の仕事をした事がありました。
と言っても基地に出向いた訳ではなく、あくまで陸上の会社での打合せでした。
でも懐かしい、、当時の担当者の顔を思い出しました。

海に沈む夕日を撮ってみたいのですが、帰宅時間を考えるとなかなか行けないのが切ない所ですね。

投稿: 小太郎 | 2019年6月15日 (土) 20時05分

小太郎さん
へーそうなんですか。あれっていつからあるんでしょうね。自分の記憶では30年くらい前からあるように感じています。あのあたりを走るたびに眺めていました。一週間ごとにヘリで交代するとかいう話を聞いた気がします。生活の場でもあるわけですから施設ってホテル並なんですかね。そういう所に興味があります。
小太郎さんのところは内陸ですから海に沈む夕日ってあまり見る機会ないのでしょうね。子どもの頃私も内陸に住んでいましたから海なんて数年に1度くらいしか見る機会がありませんでした。久しぶりに見る海ってすごく感動したものです。今は毎日見ていてなんの珍しさもありません。

投稿: まるひ | 2019年6月15日 (土) 23時40分

これは、まさにグリーンフラッシュ!
綺麗な緑色ですね~。
興味はあるものの、まだしっかり見た事は一度もありません。重い腰をあげて通わないとなんでしょうけれど、まるひさんの美しい画像を見させてもらったことで、もう満足してしまいそう。

投稿: ちーすけ | 2019年6月15日 (土) 23時59分

ちーすけさん
グリーンフラッシュって、案外いつでも見られるような気がしていましたが、思えば6年目にして初めて見ました。
年間5~6回は挑戦していたと思うので、30回目くらいにしようやくといったところかもしれません。
でも見られなくても過程が楽しいので、見られなくて残念とかそういう気分ではありませんでした。
どういう条件だと見れるのか、というのがまだわかっていません。透明度に加え、気温と水温も関係しているような気がしています。そちらからですとなかなか難しいと思いますが、チャンスがあったらぜひ狙ってみてください。

投稿: まるひ | 2019年6月16日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽の変化(へんげ) | トップページ | 地震と惑星大接近 »