« 再びホタルの聖地へ | トップページ | ネタがないときゃ空を撮る »

2019年6月26日 (水)

梅雨の晴れ間

まあ、だれでも思いつきそうなタイトルですが、ほぼ日記なのでこんなのしか思いつきません。

昨日は微妙な天気でした。昼はほとんど快晴で透明度も抜群だったのに日没と同時に雲が広がってしまいました。遠征しようかと思ったのですが諸事情により止めて正解です。こんな時なんとなくほっとするのは性格がねじ曲がっているからでしょうか。それでも天気予報では夜半前から晴れる様子です。ですので物星台で撮影することにします。雲が無くなればちょっとした星雲でも撮れるかと期待したのですが、雲はなかなか無くならないので二大惑星でも。

20190625

シーイングは5段階で言えば下から2番目くらいでしょうか。それでも無理矢理画像処理してこれくらいになりました。少しコツがわかってきた気がします。次は拡大してみたいです。それにしても光軸合わせは難しいです。たぶん70点くらいだと思います。恒星がいびつになります。せめて90点くらいまで追い込みたいです。0時を過ぎたあたりでも雲はなくなりません。月もそろそろ出るし、年寄りは眠くなります。機材を片付けたとたん雲がなくなり快晴になりました。天文あるあるです。

翌日なぜか背中が痛い。原因がわかりません。ここ1週間、1日100kmくらい遠出する日が何日かあったのでそのせいかと思いました。しかし今日は痛む場所が違うし、痛さもちょっと強い。はっと気づいたのが夕べ赤道儀を持ち上げたこと。そう思えば痛む場所も納得がいきます。ちょっとショックです。あれ持ち上げられなかったらこの先の天文人生どうなるのでしょう。まだまだ簡易機材に落ち着きたくありません。いまさら筋トレして筋肉戻るんですかね。まあ、可能な限り頑張ってみます。

予報に反して今0時になるところですが、ほぼほぼ快晴です。気象衛星ではすぐそこまで雲が迫っているのに頑張っています。こんなことなら昨日の機材出しっ放しにして今夜も撮るんでした。明日から先の見えない雨の日が続きます。この新月期はお休みですね。ほとんど日記でした。

|

« 再びホタルの聖地へ | トップページ | ネタがないときゃ空を撮る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の使っている EM-200も重いです足に落とすと粉砕骨折になりそうです(笑) シートを掛けて外に置いています 雨が続く時に家へ入れます 出し入れが出来る体力を長く維持したいです。

投稿: 月夜も星見 | 2019年6月27日 (木) 08時56分

まるひさん、持ち上げた瞬間にぎっくり来なくて良かったですね。撤収の途中で身動きできなくなると大変なので、サポーターは欠かせません。それから星見櫓の出入り口も怪我をしないうちに段差を改善しなければと思っている今日この頃です。

お天気を気にせず出しっぱなしに出来るとありがたいですね。

投稿: tantan | 2019年6月27日 (木) 15時46分

月夜も星見さん
EM-200も私のEQ6PROと同じくらいでしょうか。実は私一度落としました。すんでのところで足には免れました。代わりにACアダプタが犠牲になってくれました。マジでぞっとしました。
私もビニール袋3重にかけて放置することがあるのですが、万が一雨が漏れたらと思うと心配です。晴れの続く夏くらい出しておこうと考えるのですが。天文趣味も体力気力が勝負ですね。

投稿: まるひ | 2019年6月27日 (木) 22時49分

tantanさん
私はぎっくりはやったことないのですが、女房は2回やりました。車は運転どころか、シートに座るのもできないようですね。まれにこれ以上無理したら来るな、という瞬間はあります。遠征でやってしまうと帰れないし、電話も通じないし、どうしうようかと考えることがあります。いっそ大好きな星空の下で心不全などで逝ってしまったほうが幸せかも、と思ったりもします。まあ家族は大迷惑でしょうが。
いつかは物星台専門になるのでしょうね。その時には常設できるような環境にしておきたいです。

投稿: まるひ | 2019年6月27日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再びホタルの聖地へ | トップページ | ネタがないときゃ空を撮る »