« 今年のGW | トップページ | ブラックホールからのジェット »

2019年5月 6日 (月)

宇宙の深淵

この連休はよく晴れました。4日の日も快晴。遠征したかったですが前日に家族ドライブで買ってきた山菜で宴会。とはいえ、せっかくの新月ですので自宅から撮影。終電の過ぎた0時過ぎから始めました。長焦点買ったら撮りたいとずっと思ってきたものです。

ヘルクレス座銀河団

201905041

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、GAIN350、SharpCapで600秒×5枚、総露出50分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、若干トリミング

5億光年先の銀河団です。こういう宇宙の深淵を覗くような対象を撮るのが夢でした。導入はステラナビゲータを使い、冷却カメラのライブ映像見ながらやれば案外楽です。デジタル一眼とハンドコントローラでの導入だとどれだけ時間がかかることでしょう。PC様様です。しかし画像処理は難しいです。カブリがひどい。カメラのアンプノイズだと思うのですが、フラットで消えないカブリに悩まされました。ダーク引いたら少しは減りましたが光害ムラもあるのか、強調するとひどくなります。フォトショップで少しずつ消しましたがこの程度です。私にはこれが限界。このシリーズはこれからも撮り続けていこうと思います。

ところで、今日の地方紙に出ていたのですが、4日の夜、あの棚田で有名な十日町市(旧松代町)の星峠で、星景写真を撮りに来られたと思われる方が、車ごと崖から落ちて亡くなられたそうです。私の知る限りでは星の撮影での事故は初めて聞きました。ニュースにならないだけで結構あるのかもしれませんが、私も割と夜危ないところに撮影にいくこともあります。事故なんて起こりっこないと最近油断していました。肝に銘じないといけませんね。

|

« 今年のGW | トップページ | ブラックホールからのジェット »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こういう私自身が知らなかった対象を見せられると、興味津々で心が釘付けになります。
しかも5億年前の光ですって!
画角こそ小さいですが、マルカリアンチェーンに負けず劣らずの見応え。
こんなのを捕らえられるなんてさすがです!
それも自宅から・・・。

最近は同好会の皆様と星撮りに行きますが、今でも時々、思い立ったように単独行動をします。
数年前の晩秋『積雪のため通行止め』と書いてある看板の脇をすり抜けて撮影現場に入りました。
「もし、事故ったら、発見は半年後の雪解けの頃なんだろうな~」なんて思ったら怖くなったことを思い出します。
暗がりを求めて山奥に入って行く訳ですが、お互い気を付けたいですよね。

投稿: ecl | 2019年5月 7日 (火) 00時21分

大変ご無沙汰しています。
久しぶりにブログを拝見し、本記事を目にしました。
たまに訪れる場所ですので、他人事ではなかったです。

車のライトを消していたという話もあり、果たしてあのような場所で他の人に配慮したと思われるその行為が、正しかったのかと考えさせられてしまいました。

そういえば私も以前、真夜中にあの場所を訪れた時、確かにライトをスモールにして走行した記憶があります。何気なくしていることが案外危険だったりすることもあると再認識した次第です。

天体写真に対するコメントではなく、大変失礼しました。

投稿: 星のおじさん | 2019年5月 7日 (火) 20時27分

eclさん
ひとつひとつは小さいですが、集団で固まっているのを見るとなんか楽しいです。子どもの頃からの憧れの天体でしたが、自分で撮れる日がくるなんて思ってもみませんでした。しかし5億年前って恐竜が現れた時代からまたその倍もさかのぼるんですね。その時の光だなんて信じがたいです。
私はあんまり危ない所は行かないのですが、たまに峠に登ることがあります。いい気になって飛ばしていますが、考えれば危ないです。落ちたら何日も発見されないかもしれないですね。気を付けます。

投稿: まるひ | 2019年5月 7日 (火) 23時02分

「星のおじさん」さん
どうもご無沙汰しております。時々ブログは拝見させていただいていますが、あまり天文ネタがなくさみしく思っていました。また再開されたようでうれしいです。
私もあそこは昼ですが一度行ったことがあります。道も広いし、そんなに危険な場所でないように思いました。4日は快晴で絶好の撮影日和でしたからたぶん大勢のカメラマンがいたのでしょうね。その中でヘッドライトを点けて走るのは確かに気が引けたと思います。でも安全には替えられません。難しいですね。

投稿: まるひ | 2019年5月 7日 (火) 23時20分

まさに深宇宙!凄いチャレンジングな対象を撮られましたね。
それも県庁所在地のご自宅からですから、ビックリです。
5億光年の光はとっても見ごたえありますね。

投稿: ちーすけ | 2019年5月 8日 (水) 14時35分

ちーすけさん
いやいや、ちーすけさんのペルセウス座銀河団と比べたら、全然鑑賞に堪えません。そもそもこれを撮ろうと思ったのもちーすけさんにインスパイアされたからです。
まだまだ銀河団はたくさんありますので、私もあんなカラフルで美しい作品をものにしたいです。そのためにはやっぱり光害地から抜け出さなければいけませんね。たまには遠征もしようと思います。

投稿: まるひ | 2019年5月 8日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のGW | トップページ | ブラックホールからのジェット »