« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月29日 (水)

悲願のオメガ

寒冷前線通過後は透明度が良くなります。先週までの透明度の悪さとは打って変わって青い空。なんでもおとといは新潟県では史上初めて光化学スモッグが観測されたそうです。夕方までは南低空には雲がありましたが、積乱雲みたいなのでたぶん日が沈めば消えるだろうと、思い切って遠征することにしました。狙いはω星団。新潟市から半径1時間以内では新発田市のあそこ以外は撮影ポイントはないと思っています。20時頃到着しました。まだ薄明終了には30分ありますが、双眼鏡でも楽に見えます。思えば眼視できたのは初めてかもしれません。機材は面倒がないAZ-GTiとミニボーグにしました。子午線近いので経緯台でもそんなに視野回転しないだろうと。アライメント後、ωを導入したらちゃんと入っています。10秒程度の試し撮りでも十分確認できます。ωよりさらに低空の微恒星まで見えるし、透明度は最高です。ISO1600の1分でもカブリません。こんなことはかつてなかったです。2分かけても大丈夫。しかしガイドがうまくいかないのでISOを上げて1分にしました。こんなことならちゃんとした赤道儀持ってくるんでした。薄明終了ちょっと前から本撮影を始めました。

201905291

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、EOS 60D(ノーマル)、ISO3200、60秒×18枚、AZ-GTi経緯台モード、ステライメージでフラット、ダーク、コンポジット、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、トリミング

今までで最高に良く撮れたω星団です。新潟の低空でも案外撮れるものですね。低空ゆえ、さかんに飛行機が横切っています。面倒なので消しません。まあ、南紀に行けばもっと凄いのが撮れるのでしょうが。新潟でこれだけ撮れれば御の字です。今度はもう少し長いレンズとちゃんとした赤道儀で撮ってみたいです。しかし次のチャンスはいつでしょう。もう永遠にないかもしれません。

| | コメント (16)

2019年5月28日 (火)

恐るべし上方光束

今日は久しぶりに雨の一日でした。雲も低く垂れ込めていました。こんな日だからこそというのもありますが、やけに光害が空に反射して明るく見えます。これは私の住む市の郊外。

Img_2957

あのあたり住宅地です。街灯がみんな丸い裸電球みたいなやつで、傘もなく空に光を放出しまくりです。市街地から少し離れているので天頂なら天の川も見えそうな暗さなのですが、あれじゃあだめでしょうね。今や環境意識が高まっているおかげで、光害に関する条例を挙げている自治体もあるようですが、我が市ではちょっと検索した限りではそんな条例は見当たりませんでした。日本海側最大都市と言われながら、少し中心部から離れると自然豊かな恵まれた環境と自負しているのですが、光害に関してはあんまり考えていないようです。とはいえ、もうあんな街灯は流行らないはずですから、次に交換するときは改善してくれると思うので、早く老朽化することを願うばかりです。

| | コメント (2)

2019年5月27日 (月)

南北回転花火

25日の遠征ではメインの対象はまだ春の銀河でした。カメラは無難の冷却デジ一、ただ今回初めてSDカード記録にしないでパソコンから直接取り込むEOS Utilityを使ってみました。ピント合わせも楽だし、撮影中に結果がわかるのが便利です。自宅撮影では使ったことがありましたが、遠征では初めて。ちょと不安でしたがなんとかうまくいきました。導入に手こずるかと思いましたが、感度を最大に上げ、数十秒露光で対象が写るので、数回の調整で中央に導入することができました。まずはオフアキで。しかしなかなかガイドがうまく行きません。すぐにガイド星を見失ってしまいます。またボウズもいやなので、ガイド鏡方式に切り替えました。ガイド自身はミスしません。しかし出てきた画像を見ると流れています。やっぱり1400mmでもオフアキでないとダメなのか。再びオフアキに戻しました。そうしたらなぜかガイドがうまくいきます。う~ん、なんだったのか。まあ、これで撮影開始です。はき出される画像は今までにないくらい明るくてばっちり写っています。今回は成功かな・・・と思った終盤、感度をISO6400にしていたことに気がつきました。3200でもノイズっぽくて使わないのに、ましてや6400なんて失敗だー、と絶望的に。どうりで明るいはずです。まあでもコンポジットすればなんとかなるだろうとそのまま継続しました。20枚くらい撮る予定でしたが、月が出る時間になり中止。結局使えたコマは9枚でした。北の回転花火M101です。

201905252

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm(レデューサで1400mm)、Astro 60D(約-14℃)、ISO6400、450秒×9枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、ステライメージ、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

ISO6400でもあんがい使えます。ただ枚数はもっと多くしたほうがいいでしょうね。元が暗い光学系なので恐れずに高感度で撮るのが正解なのかもしれません。

これを撮る前に南の回転花火と言われるM83を撮ってみました。

201905253

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm(レデューサで1400mm)、Astro 60D(約-14℃)、ISO1600、450秒×3枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStacker、ステライメージ、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

こちらもせめて8枚は撮ろうと思ったのですが、4枚目からガイドしなくなりました。子午線越えでストップです。まだ余裕があるので少し延ばせるように調整してみようと思います。しかしシーイングは超悪い。星がボテボテです。ガイドの失敗もそのせいかもしれません。まあ、M101はまだまだ研鑽しなければなりませんが、今年はこれで一応満足としたいと思います。やっぱり光害地で撮るのと全然違う。自宅撮影は楽ですが、遠征も怠らないようにしなければなりません。

| | コメント (4)

2019年5月26日 (日)

成功か失敗か

このところ晴れが続きます。逆にいつ遠征に行けばいいか悩むところです。25日は週末で月も出るのが真夜中。さくっと撮って明るくなる前に帰って寝るというパターンの私にとってはちょうどいいです。明るい18時に出発、遠征地にはまだ明るい19時半に着きました。この日は忘れ物もなし。ゆっくり機材を設営しているうちに薄明終了を迎えました。久しぶりにAstro 60Dを使ってみることにしました。ASI1600MC-COOLは感度はいいのですが、露出決めが面倒、色が乏しい、画像処理も一手間かかるので遠征ではなるべく使わないようにします。しかし、デジ一はSDカード記録だとすべての撮影終了まで結果が見られないので、失敗しても気づかずそのまま無駄に時間をつぶしてしまうことがあります。ですのでそういう悔しい思いをしないためにEOS Utilityと使うことにしました。遠征での導入は初めて。ぶっつけ本番です。ちょっと心配はありましたが、それ自身のミスはありませんでした。しかしケアレスミス発生。他にもいくつかのトラブル。今回はハード面のミスではなくソフト面のミスが目立ちました。そっちの方の処理はゆっくりやることにして、撮影の合間に放置して撮った画像を1枚。

2019052512

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F3.2) EOS 60D(ノーマル) ISO1600 3分×12枚 CD-1ノータッチガイド、Photoshop CS6で画像処理

70mmのノータッチは自信がなかったのですが、わずかに流れた程度で概ねうまくいってくれました。「なんちゃって極望」いい仕事してくれます。案外ノーマルでもカラフルに撮れてくれます。赤い星雲だからといって赤すぎるのを好まない私にとってはこういうナチュラルカラーも好みです。

明日以降メイン撮影の処理をしてみますが、うまくいったようないかないような・・・まだ撮影用パソコンに入ったままです。ちょっと画像を開くのが怖いです。


ちょっと迫力不足なので入れ替えました。(5/27)

| | コメント (4)

2019年5月24日 (金)

ここも有名撮影地なのか

晴れたのでちょっと夜の俳諧をしました。ここは「はさ木」並木で有名な西蒲区夏井。

 Img_2954

十数分くらい露光しようと思っていたのですが、車が入ってきました。それで中断。こんなところ夜に来るなんてただの休憩かと思っていたら車から降りてカメラをセットし始めました。星景目的なんでしょうか。ここからの星景もよく見ますが、自分が撮影中に来る人がいるなんて思ってもいませんでした。ルームライトに照らされたかたは女性のようでした。星景写真ももう一般風景写真のひとつのジャンルですね。

しかしここは道路のすぐ脇なので交通量もそれなりにあります。比較的暗いのですが、ハイビームの光は強烈です。あんまり下を向いた構図だともろに光が当たってしまいますので上向けの構図です。

Img_2955

なんだかはさ木でなくてもいいような、普通のぐるぐるになってしまいました。上の光芒は雲でなく、車のライトのゴーストのようです。夏以降は稲が育ちすぎてちょっと撮影がしにくくなりそうです。冬にオリオンと一緒に撮るのなんかが良さそうかもしれません。その頃また来てみます。

| | コメント (2)

ただ写っているだけ

  なんでしょうね、これは。

 20190523

例のあれです。今の季節南天低く見える存在。昼は案外透明度も良さそうだったのですが、夕方から悪くなり、薄雲も出てきました。条件悪いなーと思いましたが、過去にはこれくらいでも写っていたので、ものは試しと近くの畑に出かけました。AZ-GTiとミニボーグ(約290mm)を使いました。双眼鏡でも見えません。いつもガイドにしている左上の三角の並びも星もとても淡いです。しかしさすが自動導入経緯台。スリースターアライメントしたら見えなくてもちゃんと入ってくれています。露出は1分かけました。過去の経験から光害でも恐れずに露出をかける方が写るということを学んでいます。しかしやっぱり明る過ぎ。近くにはゴルフ場の光がまばゆい。右のカブリはそれです。

ちなみにJPEG撮って出しはこれ

Img_0270

なんですか、これは。なんか年々環境が悪くなって行っている気がします。本当は載せたくないのですが、毎年必ず撮っているので自分のための記録です。しかしいい撮影地ないですかね。新潟市近辺は南に大きな街があるし、ないところだと山に遮られるし、いい場所ありません。生涯一度でいいからまともなのを撮りたいのですが、県外でも遠征しないと無理ですかね。

| | コメント (4)

2019年5月22日 (水)

月の出を狙う

今日は昨日の雨と打って変わり、とてもいい天気でした。撮影に出かけたいところですが、月の出が22時と中途半端。じゃ月を狙おうと思いましたが、せっかくなのでまだ写したことのない、月の出の瞬間を撮ってみようと思いました。沈むのを撮るのは簡単ですが、出る瞬間ってどこに出るかわからない。そこでAZ-GTiを使うことにしました。あらかじめ近い木星でアライメント取っておきます。それから月の出の数分前に月を導入しておけば視野の中心から月が出てくるはず。私の車の駐車場からだとちょうどベストな位置から昇るはず。と思ったのですが、導入してみたら近くの木立に隠されてしまいました。その木のおかげでうちの物星台からω星団が見えないし、本当に邪魔な木です。そのまま機材を持って平行移動しました。月の出時刻になっても現れません。どうやら低空雲があるようです。5分くらい待ったらようやく雲の間からオレンジ色の月が顔を覗かせてきました。

20190522

mini Borg 60ED+1.4倍テレコンバータ+EOS Kiss X2、トリミング

こういう、ある時間に現れるものを待つ間ってわくわくしますね。昔のSL撮影を思い出します。今度は低空に雲の無い時を狙って山影から出る瞬間を狙ってみたいです。

| | コメント (2)

2019年5月18日 (土)

月も撮ります

苦手ではありますが、たまに月も撮ります。

21_18_596277

HD800とASI290MCで撮りました。シーイングが良かったのだと思います。今までにない良い出来です(自画自賛)。月って案外難しいです。月は割と軟調に仕上げるようにしています。天体写真ではコントラストのスライダーは普通右よりにしますが、月に限り左側に動かしています。フィルム時代でも4号とか5号の印画紙は星野用でしたが、月には3号や2号を使っていました。これくらいのクォリティーの画像をモザイクして月全体を写したいですが、根気がないです。いずれ遠征が出来なくなって自宅撮影専門になったときの楽しみに撮っておきます。

オマケです。同じ日に撮ったものです。いまいちなんですが、記録のためにアップしておきます。

21_22_256243

| | コメント (2)

2019年5月15日 (水)

有名撮影地って

ここは好きなスポットです。年に1回この時期に撮りにきます。去年は天候が悪くてチャンスがありませんでしたが、今年は連日の晴れでいつでのOKという感じ。もう少しすると稲が伸びて水面に反射する夕日が撮れなくなるので、今日が最後のチャンスだったでしょうか。

Img_0257

毎年同じだと能が無いので手前に咲いていた花を入れてみました。おととしまではなかったです。

ここはかなりいい撮影スポットだと思います。有名撮影地を名乗ってもいいくらい。でもそのわりには撮影している人をあまり見かけることがありません。有名撮影地とそうでないところの違いってなんなのでしょうね。先日事故のあった十日町市の星峠にはその晩100人くらいのカメラマンがいたそうです。あの場所は行ったことがありますが、あそこに100人ってすごいです。私は最近風景写真を撮ることがなくなってしまいました。撮るにしてもそんな有名撮影地には行きません。人が大勢いるところはなんか気恥ずかしいです。自分の感性で探し当てた場所で撮るのが好きです。とはいえ、そうそうそんな場所ってないんですねどね。

| | コメント (6)

2019年5月12日 (日)

まさかの失敗

最近失敗ネタばかりです。ちょっと前、10~11日です。透明度は悪かったです。月は0時頃沈みますが、休日前だし2時間くらいは撮影できそうと、自宅から大型銀河でもと狙ってみました。今回はHD800にレデューサーを付けて1400mmでの撮影です。非常に楽です。オフアキでも簡単にガイド星が見つかりますし、ガイドも失敗しない。なにより明るい。拡大率がやや下がる以外はいいことずくめ。まだ月の残る23時頃から撮影を始めました。

M51です。

201905101

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN400、SharpCapで 300秒×9枚コンポジット、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

さて、月が沈んでから本番。M101を狙ってみます。大きい割には淡い。光害地ではなかなか難しいです。しかし時間の許す限り枚数を稼いでみたい。ガイド星も難なく見つかり、ガイドもミスなくばっちり決まっています。雲もまったく流れてきません。対象は天頂。若干透明度が悪い以外は最高のコンディションです。0時頃から始めました。パソコンの画像にもばっちり写っています。2時間撮ることにしました。その間ネット見たり、うたた寝しながら時間を過ごし、そろそろ終わりにしようとパソコンに向かいキャプチャー終了ボタンを押そうとしましたが、終了ボタンが押せません。なんと!!キャプチャー開始ボタンを押していませんでした。この2時間はなんだったのか・・・その絶望感たるや、パソコンの前で突っ伏して1分くらい動けませんでした。途中で機材トラブルとか、雲が出てきて失敗とかならまだ諦めもつきますが、全てが順調だっただけにがっかり感も半端じゃありません。かなりショック。2時でしたが、諦めがつかず、薄明開始まで撮ることにしました。

201905111

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN400、SharpCapで 360秒×14枚コンポジット、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

 やや西に傾きつつあり、電線通過のコマもあり画像はよくありません。ムラも多くあんまり美しくない。フォトコンで見る写真は鮮明で美しいですが、あれが簡単に写せるわけじゃない。思うよりもずっと淡く難物です。やっぱり光害地では難しいのかもしれませんね。それにしてもあの失敗は惜しかった。あれが成功していたらもうちょっとはマシになっていたかもしれません。

今日は午後から急速に透明度が上がってきました。非常にいい空です。ただし月がある。ここしばらく晴れ過ぎて疲れました。しばらく休みます。

| | コメント (10)

2019年5月 8日 (水)

とことんついてない

連日晴れが続いていて、今日も晴れる気がしたんですが・・・

だんだん月も太くなるし、今日が最後のチャンスだな、と予報はやや怪しいにもかかわらず、遠征しちゃいました。出発した19時頃はまだほぼ快晴でした。西に少し雲がありますが、たぶん夜になれば消える雲だと高をくくっていました。さて、撮影地に到着、まだ晴れています。機材をセットし望遠鏡の載せようとしたら、あっ、と声こそ出ませんでしたが心の中で叫んでしまいました、バランスウェイトを忘れました。そこそこ重いHD800がバランスウェイトなしで使える訳ありません。車に積もうと玄関脇に置いていたものをうっかり忘れてしまいました。なんか使えるものはないかと一生懸命考えます。予備で持ってきたバッテリーをつるすことにしました。しかし危険すぎる。ずり落ちないように子午線付近の対象限定ならなんとかなるかもと、とりあえずM104でも写そうかとそっちに向けました。なんとかなりそうです。しかしここでまた、あっ、という叫び。ガイドケーブルがありません。ケーブル類はまとめておいたはずなのですが、どうもそれだけ忘れたようです。最近は自宅と職場で機材を分散しているのでこういうことが起こりがちです。前回の遠征でもフード忘れたし。いつか作ろうと思っていたのですが、ほんとうに持ち物リスト作ろうと思います。さらに今回に限り予備機材もありません。本当にボウズです。空を見上げるといつのまにか薄雲が広がっています。これなら諦めもつきます。残念な気持ちと裏腹にちょっとほっとした気分です。全くなにも撮らないのもなんなので証拠写真をコンデジで撮りました。

西に傾く三日月

Img_2940

南のからす座とスピカ

Img_2944

春の大曲線の半分

Img_2945

本日の遠征成果、以上。

| | コメント (6)

2019年5月 7日 (火)

ブラックホールからのジェット

GW中の晴れ間にいろいろなものを撮りました。でもみんな中途半端です。これぞというものは撮れませんでしたが、こんなものも撮っていました。

M87銀河

20190502

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN400、SharpCapで180秒×7枚、総露出21分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、画像処理、トリミング

2日に撮りました。最近世間を賑わせている、ブラックホールの可視化に成功した天体です。普通なら渦巻きのない楕円銀河で面白味もないのですが、時流に乗ってみたかったのと、ジェットが写るかなと思ってカメラを向けてみました。さすがの2000mmです。そこそこ写りました。あのジェットの長さは6~7000光年あって、今でも光速で伸びているのだとか。これまた壮大ですね。

しかし今日も晴れています。あんまり晴れすぎてちょっと風が強いという理由をつけて、機材設置を途中で止めて家に入ってしまいました。去年と比べると贅沢なことです。

| | コメント (4)

2019年5月 6日 (月)

宇宙の深淵

この連休はよく晴れました。4日の日も快晴。遠征したかったですが前日に家族ドライブで買ってきた山菜で宴会。とはいえ、せっかくの新月ですので自宅から撮影。終電の過ぎた0時過ぎから始めました。長焦点買ったら撮りたいとずっと思ってきたものです。

ヘルクレス座銀河団

201905041

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、GAIN350、SharpCapで600秒×5枚、総露出50分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6、FlatAide Proで画像処理、若干トリミング

5億光年先の銀河団です。こういう宇宙の深淵を覗くような対象を撮るのが夢でした。導入はステラナビゲータを使い、冷却カメラのライブ映像見ながらやれば案外楽です。デジタル一眼とハンドコントローラでの導入だとどれだけ時間がかかることでしょう。PC様様です。しかし画像処理は難しいです。カブリがひどい。カメラのアンプノイズだと思うのですが、フラットで消えないカブリに悩まされました。ダーク引いたら少しは減りましたが光害ムラもあるのか、強調するとひどくなります。フォトショップで少しずつ消しましたがこの程度です。私にはこれが限界。このシリーズはこれからも撮り続けていこうと思います。

ところで、今日の地方紙に出ていたのですが、4日の夜、あの棚田で有名な十日町市(旧松代町)の星峠で、星景写真を撮りに来られたと思われる方が、車ごと崖から落ちて亡くなられたそうです。私の知る限りでは星の撮影での事故は初めて聞きました。ニュースにならないだけで結構あるのかもしれませんが、私も割と夜危ないところに撮影にいくこともあります。事故なんて起こりっこないと最近油断していました。肝に銘じないといけませんね。

| | コメント (6)

2019年5月 4日 (土)

今年のGW

今年は10連休です。こんなに長い休みは社会人になって以来初めてかもしれません。もう飽きました。かといって仕事したいわけではないのですが。しかし今回のGWはよく晴れています。新月期と重なり毎日撮影ができます。とはいえ、家族イベントもあるのでいつでも遠征できるわけではありません。自宅撮影中心になります。

3日に撮りました。M63ひまわり銀河です。

201905031

HD800(約2000mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、GAIN400、SharpCapで450秒×10枚、総露出75分、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

20枚ほど撮ったのですが、電車が通った時のコマは星が肥大するので使えません。肥大するならまだしも、編成が多い車両だと振動が大きくてガイド星が飛び、そこでガイドしなくなります。最終電車が通った0時過ぎからが本格撮影になります。その頃には光害も少なくなっているのでちょうどいいです。フラットがうまくいかないのでやっていません。トリミングでごまかしました。ガイドはうまく行きました。この間の失敗はなんだったのか。

今日もよく晴れています。透明度も高いし、できれば遠征したかった。しかし今日は昨日家族ドライブで買ってきた山菜料理パーティーです。物星台で撮影しています。明日はさしたるイベントもないので晴れれば遠征したいです。しかし天気は怪しい。なかなかうまくいかないものです。

| | コメント (6)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »