« 夜桜散歩 | トップページ | 吾輩がいっぱい »

2019年4月18日 (木)

天リフに載らなくなりました

久々に黒点が見えています。

201904130

13日撮りました。記念程度なのでカメラの向きとかあまり気にせず、北がどっちかもわかりません。なんでも1年半ぶりの「大」黒点だそうです。ほんとかいな、と思って太陽黒点観測サイトで見てみたら、確かにこのクラスが前に見えたのは2017年10月でした。黒点も大きければ撮り甲斐があるのですが、こんなのじゃね。活動期に入るのはいつなのでしょう。

ところで、天リフに全く載らなくなりました。天リフはRSSをチェックし、タイトルやカテゴリー、本文の最初の方を見て、天文らしいワードがあれば自動的に載せるしくみらしいです。ですので、カテゴリーが「天体写真」「星景写真」であれば100%掲載されていたのですが、このところそれらのカテゴリーの記事でも載りません。ニフティーがブログの改良(改悪)をした頃と大体一致するのでそのせいかな、と思っていますが、それにしても他のニフティーブログは載っているものもあります。私の記事のレベルが低いのでお断りされてるのかも。まあ、でも天リフに載るようになってから、あまり大勢の人の目に止まりたくないような日記的な記事を意識して書かなくなってきたので、できれば掲載止めたいと思っていたところなのでちょうど良かったです。私のように目立つのが嫌いな人間には向かなかったようで、このまま永遠に載らないことを願います。

|

« 夜桜散歩 | トップページ | 吾輩がいっぱい »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

大きめの黒点が出ていますね。
先日も極々小さい物が有ったようですが、これだけの大きさは本当久しぶり。
そろそろサイクル24の底なのでしょうけど、サイクル25が普通の活動に戻ってくれることを期待します。
やはりノッペラボウより賑やかな太陽面の方が馴染みが有ります。

そういえば天リフに載らなくなりましたね。
私は『お気に入り』に登録させてもらっているので気付きませんでした。
ブログ運営会社による様々な不具合には困りものです。

投稿: ecl | 2019年4月20日 (土) 06時25分

これが大きいというのも寂しいですね。2017年7月にはこれより大きいのが現れ。肉眼でも見れた気がします。活動期に入ったかな、とちょっと嬉しかったのですが、またなくなってしまいました。活動期に入ると地球に及ぼす影響もあるのでしょうが、やっぱり黒点はあって当たり前という思いがあります。
天リフって載る人はいつも載っていて、常連さんは決まっている、という感じ。一応1日1回覗きますが、全てを開くわけではありません。写真より読み物系のブログをつい開いてしまいます。炎上すれすれ、独断の意見ほど面白いです。

投稿: まるひ | 2019年4月21日 (日) 01時25分

先輩
人生真面目にやっているだけでは
駄目なのか?いろいろ思う今日この頃です
疲れました。

投稿: うら | 2019年4月21日 (日) 21時41分

うらさん、こんにちは
あらあら、お悩みなんですね。
なにかあったのでしょうか・・・
うちも今、ある懸案事項で同じ心境です。全く自分の分身が投稿してきたのかと思いました。
私もメンタル強くないのでなにかと戦うことが苦手です。ホント、こっちはまじめに誰にも迷惑掛けないでやってきたのに・・・って思いです。
お互いなんとか切り抜けましょうよ。

投稿: まるひ | 2019年4月22日 (月) 13時14分

先輩、御心配お掛けしました。
申し訳ありません!
ライバル関係にある同業者の方が亡くなりました。その方の奥様と御子息の方の私に対する思いが辛いです。何とか思いを変えられないかな?と悩みます。
夜中走っている時に、ふと見上げる夜空に
いろいろな思い考えが浮かびます。
あの星まで何光年?私の人生って一瞬?
思いや疑問はつきません。
究極は宇宙の始まりです。
その前は何?
先輩、ホーキングのビッグクエスチョン読みました?仕事の合間に読んでいます。

投稿: うら | 2019年4月23日 (火) 00時35分

こんにちは
私が望遠鏡で最初に見たのが太陽黒点、夏休みの研究も黒点の観察、なんてのはどうでも良いのですが…(笑
天リフとココログの相性が悪いようで。星なんか関係ない私の炎上記事(真面目に言えば報道?)が載ってたり。
期待したほど総合ポータル的じゃなくて、内容も掲載されるブログも偏ってきているので最近は飽き気味なのです。

投稿: ふみふみ | 2019年4月23日 (火) 07時31分

うらさん
う〜ん、そういうお悩みだったのですね。さぞお辛いことと思います。気休めにもならないと思いますが、新潟市のどこかにほんのちょっとですがうらさんのことを気にかけている人間がいると胸の片隅に思っておいてください。
私も夜空を見上げるといろんなことを思います。もしかしてこの地球は全宇宙唯一の生命ある星じゃないかとか、地球上に人間が現れたのってよかったことなのか、とか・・・
ビッグクエスチョンは読みたいとは思っていましたが、あまり本を読まない私にとってハードカバーの本はなかなかとっつきにくいです。今日本屋さんで立ち読みしてきました。他のサイエンス系の本とくらべてわかりやすいですね。生命の定義に当てはめると、コンピュータウイルスは生命なんだとか。今度読んでみます。

投稿: まるひ | 2019年4月23日 (火) 23時26分

ふみふみさん
中学校の天文部だと昼しか活動できないから太陽しか観測できない・・・あるあるですね。当時は投影板でも見ていましたが、サングラス付けて眼視もしていました。今なら考えられないですね。おかげで安全な太陽観測のスキル身につけました。たまに危ない目にも会いましたが。
そういえば、最近天文ネタでない記事もよく掲載されている気がします。新着ブログの紹介サイトという意味では1日1回覗いています。それ以外のコーナーは滅多に見ないです。私は結構内輪ネタ的な記事を書くことが多いので、恥ずかしさもあり、今回外されたのはむしろよかったです。

投稿: まるひ | 2019年4月24日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜桜散歩 | トップページ | 吾輩がいっぱい »